WAONによる自動車税支払いが一部限定で復活!

WAONによる税金の支払いなどの収納代行は、2019年11月17日で終了していましたが、
一部の自動車税に限り、ミニストップでWAONによる支払いが2020年5月4日から復活しています。

WAONによる支払いは、それ自体はポイント付与の対象外ですが、
・イオンカードセレクトからのオートチャージで0.5%、
イオン銀行キャッシュ+デビットカードによるオートチャージで0.5%、
といずれも0.5%の還元率です。

しかもイオンカードでは5月10日まで利用金額の20%キャッシュバックキャンペーンが行われています。
郵送では間に合わないですが、カード店頭受取サービス(Web、店頭申込)で入会を行えば、十分時間がありますので、取り組む価値があります。

WAONで支払い可能な自動車税の種類

ホームページを見ると※一部と記述があり、全部の自動車税を支払えるわけではないようです。

2020年5月4日からWAONによる自動車税の支払いが可能になりましたが、支払いができる自動車税はすべてではありません。

払込票のバーコード番号(91)に続く6ケタの下記のものが対象です。
・548527・548953・548958
・548972・549084・549770
・550107・929170・929185
・929186・929208・929233
・959919・959982

これを見ても何が対象なのかは全然わかりませんね。

これは収納社局を表記しています。
・548527 三重県
・548953 岐阜県
・548958 大分県
・548972 電算システム
・549084 兵庫県
・549770 静岡県
・550107 電算システム
・929170 東京都
・929185 MUN
・929186 りそなKS
・929208 NTTデータ
・929233 電算システム
・959919 CNS
・959982 SMBCFS
以上から、今回のWAONの対応では、おそらく殆どは網羅していると思います。

WAONの他の還元が期待できる収納代行はnanaco・PayPayなど

nanacoは店頭で公共料金が「収納代行」によって支払えるため、nanacoへのクレジットチャージによりクレジットカードのポイントを得る方法が一般的です。

しかし、カード会社にとってもさほどのメリットが無いらしく、次々とサービスは終了し、新規でnanacoに登録できるクレジットカードもセブンカードセブンカードプラスだけとなっています。

すでにnanacoに高還元率のクレジットカードを登録していれば話は別ですが、メリットのあるカードは、
リクルートカード
 ・nanacoクレジットチャージ時の還元率1.2%
 ・1つのブランド(VISA・Master)あたり1ヶ月30,000円までが対象
 ・リクルートポイント→Pontaポイント→dポイントに交換可能。
一択となっています。
一方で新規登録が唯一可能となっているカードはセブンカードセブンカードプラスだけです。
セブンカードプラス(nanaco一体型)
 ・ nanacoクレジットチャージ時の 還元率0.5%
 ・貯まるポイントはnanacoポイント、nanacoに交換。

セブンカードプラス発行は、ポイントサイトちょびリッチ経由の発行で、公式サイトからnanacoポイントに加え、ちょびリッチから3,250円相当のポイントが付与されます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

いまから取り組むならイオンカードキャンペーンに乗ることが可能

イオンカードは2020年5月10日までの利用であれば、20%キャッシュバックの企画に乗ることが可能であり、郵送では間に合わないですが、カード店頭受取サービス(Web、店頭申込)で入会を行い、イオン銀行が出店しているイオンモールで受け取りを行えば、十分時間がありますので、取り組む価値があります。

企画は以下のとおりです。

【新規入会者限定】最大20%キャッシュバックキャンペーン

①対象者:イオンカード新規入会者
②応募期間:2020年3月1日~2020年7月10日
③還元対象:3月1日~5月10日期間中のカードショッピング&引き落とし口座がイオン銀行
③還元率/還元額:ポイント20%還元/還元額最大5,000円
④還元方法:キャッシュバック

前回のキャンペーンは還元ポイントが15,000円相当でしたが、今回は20%還元ではあるものの5,000円と薄く広い企画になっていますね。

ちなみにイオン銀行キャッシュ+デビットカードも対象であり、審査の必要なクレジットカードを発行しなくてもこのキャンペーンに乗ることができます。
イオン銀行キャッシュ+デビットカードの申込みは、ポイントサイト「ライフメディア」経由で新規入会キャンペーンの特典に加えて、ポイントサイトから230円相当のポイントが付与されます。
下記のバナー経由の新規入会で最大500円相当のポイントが付与されます。

ライフメディアへ無料登録

イオン銀行キャッシュ+デビットはデビットカード・WAON・イオン銀行キャッシュカードが一体化した1枚3役のカード

イオン銀行キャッシュ+デビットカードは、その1枚にクレジットカード・WAON・イオン銀行キャッシュカードの機能を兼ね備えています。

イオンカードが一番推しているカードだけに他のイオンカードにはない機能が付帯しています。

イオン銀行キャッシュ+デビットカードの致命的な問題は、カードと同様のショッピングによる還元率が0.5%と低いことです。
しかしこれは、イオングループ内のショッピングに関しては改定されて、イオングループで利用した際には、1.0%の還元率に変更となっています。

毎月20・30日はWAONカード・イオンカードによる決済で精算時に5%Offですので、月に2回以上5%以上の割引特典があることになります。

イオン以外の支払いが0.5%の還元率というのは物足りないという場合は、還元率が+0.5%となるプリペイドカード「ANA JCB プリペイドカード」に一旦チャージして0.5%の還元を得つつ、「ANA JCB プリペイドカード」で決済すれば、合算した還元率は1.0%になります。

しかし最も有利なのはイオン銀行キャッシュ+デビットカードによるWAONオートチャージで0.5%のポイント還元を受けつつ、イオングループ店舗の支払いでWAONによる決済で+1.0%、合計1.5%の還元率でお買い物を行うことです。

イオンカードセレクト搭載のWAONによるイオンでの支払いはオトクな支払い方法

イオン銀行キャッシュ+デビットカードの特別な機能としては、電子マネーWAONをオートチャージすると0.5%のポイントが付与されます。

イオンの店舗(もちろんマックスバリュも含む)でWAONで支払うと利用額200円につき2ポイント(1%還元)となります。
従って、オートチャージを設定しておけば、オートチャージで付与される0.5%が追加され常時1.5%の還元を享受できます。

またイオンではポイントが倍増する日が設定されており、それを活用することでさらに還元率を高めることができます。

① 毎月10日の「ありが10デー」では5倍の特典が優先され、0.5×5=2.5%+オートチャージ0.5%=3.0%の還元となります。

②毎月20・30日はお客様感謝デーで5%割引+1.5%ポイント付与です。

そう考えると、イオングループでのカード決済自体は1.0%なので、イオン銀行キャッシュ+デビットカード経由のWAONでの支払いのほうが有利と言えますね。

イオンではカード会員・WAON会員のみの優待セールがあり、WAON決済対応分の企画に欲しい商品が転がっている場合はチャンスですね。

イオン銀行はメインバンク候補になるほど使いやすい銀行

イオン銀行キャッシュ+デビットカードイオン銀行の口座も一緒に開設できます。
このイオン銀行Myステージを採用しており、
月間の使用しているサービスの内容によって優遇が変わってきます。
もっとも最上位はプラチナランクで最大のメリットは
・他行ATM利用回数5回無料
・他行振込回数5回無料
となります。

プラチナランクになるには150点の配点が必要です。
例えばイオン銀行キャッシュ+デビットカードモ保有者のモデルケースでは以下の利用状態で、プラチナランクとなります。
①イオンカードセレクトまたはキャッシュ+デビット保有→10点
②インターネットバンキング登録→30点
③給与受け取り→30点
④投資信託残高→10点
⑤投資信託自動積立の口座振替(1,000円以上)→30点
⑥WAONオートチャージ→10点
⑦WAON利用金額(1円~1万円未満)→10点
この時点で配点が130点になります。

ここから30点積み上げるには、WAONの利用額が増えれば問題なくクリアできます。
上記のモデルケースで行けば、2万~3万円の利用で+20点となりクリアできます。

現在は、無料で銀行間の送金とセブンイレブンのATMが1日1回無料でつかえる無料送金アプリ「pring(プリン)」があるので他行ATMが5回も無料で使えれば問題ないと思います。

関連記事

現在、利益を出せる領域が狭くなってきた本邦の銀行はATM利用を極力減らすべくデビットカードの発行に力を入れています。デビットカードは、決済金額が紐付けている銀行口座から瞬時に引き落とされる仕組みです。現金感覚で利用できるため、支出を管理し[…]

まとめ)WAONオートチャージで税金をオトクに支払おう!

WAONによる自動車税の支払い方法は以下のとおりです。
イオンカードセレクトイオン銀行キャッシュ+デビットカードを申し込む
②オートチャージの設定はイオン銀行ATMで行う
③自動車税納付書とWAON付帯のカードを一緒にミニストップ店頭で支払う
④オートチャージされるとオートチャージ分0.5%のポイント還元が受けられる

他にも様々な自動車税の支払い方法はありますが、イオン銀行をまだ開設していなくて検討中という方であれば、今回の機会に開設しWAONによる納税にトライしてみても良いでしょう。

イオン銀行キャッシュ+デビットカードの申込みは、ポイントサイト「ライフメディア」経由で新規入会キャンペーンの特典に加えて、ポイントサイトから230円相当のポイントが付与されます。
下記のバナー経由の新規入会で最大500円相当のポイントが付与されます。

ライフメディアへ無料登録
関連記事

毎年春に発生する自動車税は、毎年4月1日0時 時点の車の保有者に課税され、今年の4月から来年の3月までの1年間の税金を前払いで支払います。2020年 納付期限:6月1日※2020年は5月31日が日曜日であるため6月1日が納付期限となります[…]

自動車税の納付期限はいつ?オススメの納付方法

最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング・人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村



節約・貯蓄ランキング