三井住友カードのVポイントが改善!リニューアル後のチェックポイント

三井住友カードのポイントプログラムといえば、ワールドプレゼントでしたが、1ポイント=5円の価値という一見わかりにくい価値であることと、他のポイントプログラムが100~200円ごとに1ポイント付与などの細かい付与であるのに対して、1,000円ごとに1ポイント付与というハードルの高さがイマイチ感を醸し出していました。

しかし2020年6月1日でポイントプログラムを「Vポイント」にリニューアルしかなり使いやすくなったので、三井住友カードの利用機会が増えそうです。

以下のように改善されています。
・三井住友銀行のSMBCポイントと共有化
・1ポイント=1円の価値
・200円ごとに1ポイント付与
・ポイント交換は500ポイントごと

三井住友カード Vポイントの改善点

Vポイントの改善された点は以下の表の内容が一番大きいです。

項目Vポイント    ワールドプレゼント
ポイントの価値
1pt=1円1pt=5円
ポイントがたまる
利用額
200円ごと1pt1,000円ごと1pt
ポイント交換単位
500pt
(500円ごと)
200pt
(1000円ごと)
iDバリュー
1ptごと200ptごと

ポイントの価値は、例えば楽天スーパーポイントは1pt=1円、dポイントも1pt=1円と非常に明快です。
これがこれまでのワールドポイントだと1pt=5円という価値であったため、現在の金額換算を判断するのに計算し置き換える必要がありました。
それが今回の改善で非常にわかりやすい1pt=1円になったことで非常に使いやすくなりました。
これだけでも大きな改善ですが、今回のリニューアルではさらに大きな改善がなされています。

ポイントがより細かく貯まるようになった

三井住友カードのポイントは、1件ごとの決済ごとにポイントが付与されるのではなく、月間の合計金額に対してポイントが付与されます。

これは結構ありがたい制度で、バックグランドが一緒のdカードでは、1件の決済ごとにポイントが付与されるため、結構端数が無駄になっていました。

ところが三井住友カードのポイントプログラムは、月間合計のカウントであるため、1,000円以下の端数は無駄にはなるものの結構良心的な設計でした。

今回のVポイントへの改正では、月間合計額のカウントする設計はそのままに、200円毎に1ptと細かくなり200円以下の端数が無駄になる程度で細かくポイントがたまる設計になりました。

ポイント交換は1,000円単位から500円単位で可能に

ワールドプレゼントからVポイントへのリニューアルによって、1,000円単位での交換が500円単位と細かい交換ができるようになりました。

等価交換可能で有望な交換先は以下の2つですね。
楽天スーパーポイント
dポイント
いずれもポイント投資に振り向けることが可能ですので、消費にパッと使ってしまうよりも資産の拡大に寄与します。

楽天スーパーポイントへの交換は等価交換で、500円単位です。
このポイントは楽天証券でポイント利用の設定を行うことで、株・投資信託の購入にポイントを充てることができます。

dポイントへ交換は等価交換で、500円単位、リードタイムは毎月15日締め翌月10日反映です。
このポイントはdポイント投資でポイント投資が可能です。
dポイントを14時までの締め切り時までに「アクティブコース(THEOグロースAI 80%/THEOインカムAI 20%)」・「バランスコース(THEOグロースAI 45%/THEOインカムAI 55%)」・「各コースへのスイッチ」・「ポイント引き出し」を選択し18時に確定します。
そのため予め下落するのか、上昇するのかが判明しやすい設計になっているため、リターンを確保しするのが容易だと言えます。
従ってdポイント投資が目下のところオススメですので、三井住友カードのポイントはdポイントへの交換がオススメです。

ショッピングに便利なiDバリューへの交換

iDとはポストペイ(後払い)型の電子マネーで、レジで「iD」と宣言して、リーダーに近づけると非接触で決済ができます。
基本的にクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードに紐付けて、カードの与信枠から支払われます。
クレジットカードの非接触決済版と考えていただければ良いです。
開発は三井住友カードとドコモが開発した経緯があるため、三井住友カードdカードには最初から搭載されています。
またSMBCグループ傘下のセディナカードもスマホのiDアプリで非接触決済の設定をすることが可能です。

このiDの支払いは、クレジットカードだと月単位で請求金額が確定し、請求日に支払われますが、このときに他のカード利用と一緒に支払いが行われます。
その際に、iDキャッシュバックを申請しておくと、キャッシュバックの申請額分が、iD利用から割り引かれます。
一方で利用したiDの支払いにはポイントが付与されますので、ただで払ったのにポイントがつくような形式になります。

直近では感染症対策もあり、現金などの接触を伴う決済はリスクが伴います。
できるだけ非接触で決済を済ませたいという要望は多いでしょう。
iDは支払限度はクレジットカードと同一でありながら非接触決済ができ、Suicaのように予めチャージしなければならない電子マネーの煩わしさがありません。

dポイントへの交換とdポイント投資にそれほど重点をおいていない場合は、おすすめの利用方法ですね。

Vポイントのため方

三井住友カードのポイント還元率は基本200円につき1ポイントなので0.5%です。
正直、せっかく保有するならば楽天カード並の1%はほしいところです。

三井住友カードはマイ・ペイすリボを活用する

通常通り使っていると確かに0.5%の還元率ですが、三井住友カードは「マイ・ペイすリボ」という毎月設定した金額で自動的にリボ払いにする制度があります。
実はこの制度で手数料が発生するとポイント還元率は通常の2倍の1%にアップさせることができます。
しかしリボ払いの手数料は三井住友カードでは年率換算で15%ですので、正直割にあいません。
ですが三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」という自動リボ払い制度は、設定した金額を超えた部分に手数料がかかる設計になっています。
したがって、例えば毎月の支払いを5万円に設定すれば、50,100円など5万円をほんの僅かに超える額に調整すれば、手数料がかかる部分を最小化できます。
100円超えた程度ならば、その部分にかかる手数料は年間でも15円程度です。
一方で5万円の支払いに対するポイント還元率は+0.5%アップし1%になっていれば250pt=250円のポイントアップですので、十分ペイできます。

三井住友カードを利用する場合は、この特性を十分活用すると倍速でポイントをためることができます。

リボ払いは、手数料が高額であるためカード会社としてはそこに誘導するために様々な特典をつけています。
前述のように手数料さえ最小化しさえすれば、ポイントアップの特典も受けられますが、三井住友カードの場合、さらに複数の特典がついてきます。

その他のリボ払いのメリット 年会費無料/半額

三井住友カードでは基本年会費がかかりますが、「マイ・ペイすリボ」にしておくメリットとして、この年会費が無料もしくは半額になります。

券種年会費
クラシックカードなどの一般カード1,375円→無料
ゴールド/プライムゴールド
/エグゼクティブ/ヤングゴールド
半額

三井住友カードの一般カードの代表格クラシックカードでは、初年度の手数料は無料ですが、それ以外の年度では1,375円が年会費です。
ところが「マイ・ペイすリボ」を設定しているとこの年会費が無料化します。
ゴールドカードに至っては、年会費11,000円が半額になります。
これはなかなか見逃せない特典ですね。

その他のリボ払いのメリット ショッピング保険

「マイ・ペイすリボ」の支払い方法では、カードを利用して購入したものが壊れたり、盗まれた場合の保険サービスが付帯します。
買った日から200日間保証されるかなり手厚い保険です。

ゴールドプライム・ヤングゴールド・エグゼクティブカードでは通常の利用でショッピング保険が付与されていますが、その他のカードではリボ払い・分割3回払い以上の場合、ショッピング保険が適用されます。

いわゆるゴールドプライム・ヤングゴールド・エグゼクティブカード以外のカードの場合、「マイ・ペイすリボ」の支払いの保険適用範囲
・補償限度額:100万円
・自己負担額:3,000円
・対象期間:購入日から200日間
ただすべてのショッピングが保険の対象となるわけではなく、特にコンタクトレンズ・スマホなどの携帯式通信機器に関しては適用範囲外となります。

月間利用額の調整はプリペイドカードが便利

「マイ・ペイすリボ」がポイント2倍になるとはいっても、ピッタリ調整したとおりにはコントロールはしにくいかもしれません。
そこでプリペイドカードの登場です。
やはり+1%の還元率となる「Kyash Card」がチャージ金額にポイントも付与されるため、調整に向いています。
しかし同じプリペイドカードでも、三井住友カードが発行に関与しているカードへのチャージはポイントが付与されません。
ポイントが付与されない主要なプリペイドカードは以下の4つですね。
・Vプリカ
・かぞくのおさいふ
・dカードプリペイド
・TOYOTA Wallet
これらのカードにうっかりチャージして、「マイ・ペイすリボ」の月間設定支払額に調整してもポイントが付かないばかりか、チャージした金額は月々のポイント対象利用額から差し引かれて計算されますので調整してチャージする意味がありません。

やはり「Kyash Card」は非常に便利なカードだと言えますね。

※「Kyash Card」の申込みは、ポイントサイト「ライフメディア」経由の新規申込み100pt+QUIC Pay登録完了900ptと合わせて、最大1,000円相当のポイントが付与されます。
ライフメディア」への登録は下記バナー経由の申込みで最大500円相当のポイントが付与されます。
⬇登録は下記バナーをご利用ください。

ライフメディアへ無料登録

三井住友カードのキャンペーン

Vポイントも改善されたことですし、早速三井住友カードを申し込もうと思ったタイミングで新規入会キャンペーンがあると嬉しいですね。

三井住友カードでは2019年6月から「キャッシュレスプラン」と題して大規模なキャンペーンを断続的に行っています。

最大8,000円!カード利用の20%還元キャンペーン
対象となる三井住友カードに新規入会
②入会後の2ヶ月後までに、Vpassアプリログイン
③入会後の2ヶ月までにクレジットカードかiDで買物を行う。

肝心の新規入会特典ですが、最大額は先程記述したように8,000円となります。
付与されるタイミングは、毎月の利用金額に20%を乗じた金額をカード利用月+2ヵ月後末迄にプレゼントされます。

新たなキャッシュレスキャンペーン「With Cashlessキャンペーン」

三井住友カードは、2020年6月15日~8月31日までの間、あらたなキャンペーンとして「With Cashlessキャンペーン」を開始しています。

期間中、Vpassアプリにログインし、対象のクレジットカードで買い物すると、合計1万本全額キャッシュバック還元キャンペーンとなります。
上限は10万円までとなります。
以前やっていた「タダチャン」に酷似している企画ですが、違うのは新規入会以外も対象となっていることですね。

抽選は2回実施され、8月14日と9月18日までに当選発表がああります。
対象となるカードは以下の提携カード以外のスタンダードカードです。
・プライムゴールド
・ヤングゴールド
・エグゼクティブ
・プラチナ
・ゴールド
・三井住友カードA
・デビュープラス
・アミティエ
・Revo Style
・エブリプラス
・三井住友ゴールドカードVISA(SMBC)
・三井住友プライムゴールドVISA(SMBC)
・三井住友カードVISA(SMBC)
・SMBC CARD ゴールド
・SMBC CARD プライムゴールド
・SMBC CARD クラシックカード
・SMBC CARD アミティエカード
・SMBC CARD Suica クラシックカード
・SMBC CARD Suica アミティエカード
・One’s Card ゴールド
・One’s Card ヤングゴールド
・One’s Card エグゼクティブ
・One’s Card クラシック
・One’s Card クラシック.A
・One’s Card アミティエ
当方は、1.5%還元が可能な「エブリプラスカード」を活用しており、ここまで新規入会キャンペーンには該当しなかったのですが、ようやく既存の利用者にも恩恵が受けられる日が来たようです。



三井住友カードの申込みは、ポイントサイト「ワラウ」経由で新規入会特典に加えて、
ポイントサイトから5,510円相当のポイントが付与されます。
ワラウ」の新規登録は下記バナー経由で最大800円相当のポイント獲得のチャンスです。

まとめ

当方が使っている1.5%の還元率が叩き出せる「エブリプラスカード」は残念ながら2019年11月28日で新規申し込みが終了してしまっています。
しかし三井住友カードは、「マイ・ペイすリボ」さえ使いこなせれば、いわゆる高還元率カードに類する1%還元は平常運転で叩き出せ、ショッピング保険も付帯するため、アンカーで使える頼りになるカードですね。

Vポイントが使いやすくなったので、「エブリプラスカード」の有効期限が終了するときには、グレードアップしたカードに切り替えて末永く利用しようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


クレジットカードランキング