2020年7月度 Tポイント投資(SBI証券)の運用益は+5,423円でした。

強力なポイント投資の一角である「SBI証券」・「SBIネオモバイル証券」によるTポイント投資
住んでいる地域にTポイントを稼げるドラッグストア「ウエルシア」が出店していたり、ENEOSのガソリンスタンドが存在する場合は、Tポイントが貯まる速度が向上します。
日々必要なものを購入してTポイントカードを提示すれば、投資できるほどTポイントが貯まっていきます。

Tポイント自体は毎月20日には「ウエルシア」で1.5倍の価値でポイント利用できるため、消費への充当も役立ちますが、投資に回して複利で運用することで将来の価値を高める資産膨張から得られる収益で、日々の消費程度はまかなえるようにするのが目的ですので全額投資に回しています。

現在Tポイント投資は追加入金無しで獲得したTポイントのみで「SBI証券」・「SBIネオモバイル証券」で投資が進行しています。

まずネット証券大手「SBI証券」はTポイントで投資信託に投資が100円~できます。
・「SBI証券」では全世界株式に1本で投資でき、目下最も低コストなインデックスファンド
SBI全世界株式インデックスファンド
・株式とは異なる値動きをして、通貨(ドル)の価値とは逆相関しインフレに強い
iシェアーズゴールドインデックスファンド(為替ヘッジあり)
以上の2本を投資対象としています。
※Tポイントの株式購入への充当は「SBIネオモバイル証券」ですので別の機会に譲ろうと思います。

関連記事

近年はポイントを活用して投資ができるようになってきました。現状ポイント投資でポイントも収集しやすく、投資商品などの環境が整っているのは、①楽天ポイント②dポイント③Tポイント以上が挙げられます。Tポイントに関しては、ヤフー側がスマホ決済サ[…]

共通ポイントの一つ「Tポイント」。実は投資にも利用できます。Tポイントの効率的な貯め方、投資の仕方を説明します。

7月Tポイント投資運用実績(SBI証券)

2020年7月のTポイント投資の実績です。
前回記録をつけた6月末段階の評価額は70,246円
そこから「SBI証券」へは1,971ptのTポイント投入です。
原資となるTポイントは、
・「JQ CARD エポスゴールド」で得られるJRキューポをTポイントに交換したもの
・ドラッグストア「ウエルシア」で得られたもの
・ガソリンスタンド「ENEOS」での給油で得られたもの
以上になります。

2020年7月末の残高は77,640円(含み損益+11,422円)
従って7月の運用益は+5,423円ということになります。

ファンド名評価額(円)構成比% 損益% 
SBI全世界株式
インデックス
17,15822.1%+1.22%
iシェアーズゴールド
インデックス
60,48277.9%+22.77%
合計77,640100%+17.25%

2019年9月あたりからTポイントで投資をやっているわけですが、始めた当初はへの投資をiシェアーズゴールドインデックスファンド(為替ヘッジあり)/信託報酬0.5085%で行っていました。
しかし三井住友TAM-SMTゴールドインデックスオープン(為替ヘッジあり)のほうが信託報酬が年率0.275%と安いので次からの定期投資はSMTゴールドインデックスオープン(為替ヘッジあり)になると思います。

7月のTポイントの配分は株式の方に比重をかけています。
SBI全世界株式インデックスファンド→1,832pt
iシェアーズゴールドインデックスファンド(為替ヘッジあり)→139pt
への投資はすでに価格が低位だったときに行っているため、現状では株式へ比重をかけて買い進めています。

NISA

Tポイントが膨大に獲得できるTカード プラス PREMIUM発行案件

TカードプラスPREMIUMは通常のカード利用で1%のTポイントがたまるクレジットカードです。

年会費は2,750円ですが、年1回でも利用すれば無料となりますので、実質年会費無料のカードです。

このクレジットカードの利点は、
①特定の店舗では+0.5%のポイント加算
②新規申し込み月度を含む4ヶ月間で合計3万円利用すると、Tポイント5,000ptがプレゼント
③上記の新規申し込み月度を含む4ヶ月は上乗せTポイント+1%(期間中は2%ということ)

①特定の店舗では+0.5%のポイント加算

この「TカードプラスPREMIUM」の利点の第一は、通常の利用では1%の加算に対して、特定の店舗の利用(TSUTAYA、蔦屋書店、洋服の青山、ザ・スーツカンパニー、ニッポンレンタカー、エディオン、100満ボルト)ではさらに+0.5%のTポイント加算となる点ですね。

正直、なかなか範囲が限られていますが、チャージでもポイントが満額付与され、利用でも+1%の還元率となるプリペイドカード「Kyash Card」を利用すればさほど気になる問題ではないと思います。

②新規申し込み月度を含む4ヶ月間で合計3万円利用すると、Tポイント5,000ptがプレゼント

TカードプラスPREMIUM」の利点の第二は、この新規入会特典ですね。
3万円利用で5,000円相当のTポイント付与は16.7%相当の還元率に相当しますので大きいです。

ただしTポイント付与の対象外の取引である楽天EdyへのチャージやTマネーチャージは、意味がないのでやめたほうがいいですね。

③上記の新規申し込み月度を含む4ヶ月は上乗せTポイント+1%(期間中は2%)

②の5,000ptという特典も大きいですが、「TカードプラスPREMIUM」の第三の利点は、入会月度を含む4ヶ月間はTポイントが倍増の2%の還元率で付与される点も大きいです。
細かく見てみましたが、特に上限もないのでTポイント収集には役立ちますね。

上乗せ分のポイント付与は、カード申込月の6ヶ月後となり、通常は1%の還元率です。

TカードプラスPREMIUM申込みはモッピー経由で爆益

TカードプラスPREMIUM」は公式サイトから申し込むよりも、ポイントサイト経由でカード申し込みしたほうが有利です。

TカードプラスPREMIUM」の申込みは、ポイントサイト「モッピー」経由で公式サイトの上記3つの特典に加えて、ポイントサイトから4,500円相当のポイントが付与される高額案件です。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング