2020年度4月度 Tポイント投資 運用実績

強力なポイント投資の一角である「SBI証券」によるポイント投資。
幸いなことに引越し先にTポイントを稼げるドラッグストア「ウェルシア」が出店しているため、Tポイントが貯まるようになりました。
日々必要なものを購入してTポイントカードを出しさえすれば、それなりにTポイントが貯まっていきます。
消費に充当してしまうよりも投資に回して、資産形成のため投資に回したほうが複利で増えていきます。

3月の運用実績をつけておけば、どれくらいの運用だったかわかるのですが、不真面目なことに記録にとっていませんでした。
ですので仕切り直して記録をとっておこうとおもいます。

当方が収集するTポイントのみで「SBI証券」で投資をしており、追加入金とかは全然ない状態で進行しています。

Tポイント投資運用実績

前回たまたま記事にした2020年3月8日では以下のような「SBI証券」口座の資産額でした。

評価額は51,315円ですね。
これに対して4月末までに11,000ptほどTポイントを投入しています。
その結果が以下の状態です。

評価額は、63,266円となっています。
ということはこの期間で951円程度運用益があったことになりますね。

ファンド名評価額構成比損益%
SBI全世界株式インデックス11,22917.7%-8.97%
iシェアーズゴールドインデックス52,03682.3%+6.84%
合計63,266100%+3.65%

約8ヶ月ほどのTポイント運用ですが、コロナウィルスによる資産価格の下落により株式運用が大打撃を受けています。
株式100%だったら利益は確実に吹っ飛んでいたと思いますが、分散のため「iシェアーズ・ゴールドインデックス」(為替ヘッジあり)に投資することで十分リカバリーできました。
アメリカの新規の感染者増加数が低下に転じ、アメリカの経済活動が再開に向けて動き出しましたので、今後の資産の比率は株式重視に切り替えて投資を行っていきます。

その際は、株式であれば一本で全世界の株式へ投資ができる
・SBI全世界株式インデックスファンド
・楽天全世界株式インデックスファンド
・eMAXIS全世界株式インデックスファンド
以上であれば、信託報酬は0.1%程度ですので運用成績の差は、誤差の範囲ですので、その後スイッチングでGMOクリック証券でCFD運用すれば差など無いようなものです。

ネット証券大手「SBI証券」はTポイントで投資信託に投資ができます。
※Tポイントの株式購入への充当は「ネオモバイル証券」となります。

関連記事

近年はポイントを活用して投資ができるようになってきました。現状ポイント投資でポイントも収集しやすく、投資商品などの環境が整っているのは、①楽天ポイント②dポイント③Tポイント以上が挙げられます。Tポイントに関しては、ヤフー側がスマホ決済サ[…]

共通ポイントの一つ「Tポイント」。実は投資にも利用できます。Tポイントの効率的な貯め方、投資の仕方を説明します。
NISA

Tポイント収集は「JQ CARD エポスゴールド」がおすすめ

Tポイント収集に役立つのは、「JQ CARD エポスゴールド」です。
さきほど触れたドラッグストアの「ウエルシア」の支払いは「JQ CARD エポスゴールド」で3%のポイント還元でチャージしたモバイルSuicaで支払っていますので、10,000円の消費で300円分のポイントが貯まります。
これにTポイントカードの提示で通常は110円で1ポイント貯まります。

この貯まるポイントはJRキューポという聞き慣れないポイントですが、これは「JQ CARD エポスゴールド」を発行しているJR九州のポイントです。
とすればJR九州を使わない人は関係ないと思いがちですが、JRキューポの提携交換先は以下のように多彩であり、その中にTポイントがあります。
エポスポイント
Gポイント
Pontaポイント
Tポイント

Tポイントに関しては500ptからの交換が可能ですので、貯まり次第次々に投入できます。
またJRキューポのサイトでは、交換には2~3週間かかると記述がありますが、私の場合はなぜなのかわかりませんが3営業日で交換されていました。

JQ CARD エポスゴールド」は以下の3要素により3%ものポイント還元でモバイルSuicaにチャージできます。
①3つの店舗・サービスを指定すると、指定された店舗・サービスは3倍ポイントつまり1.5%の還元率になります。
しかも年間のボーナスポイントとリボの繰り上げ返済によって、合計3.0%の還元率で 3つの選べるポイントアップショップが利用できます。
これには、モバイルSuicaが含まれていますので交通系はコレ一本でいけます。
またYahoo!公金払いも選べるため、税金の支払いも高い還元率で支払いできます。

② ①で少し触れたボーナスポイントは、年間利用50万円で0.5%分(2千500円分)ボーナス付与、100万円で1.0%相当(1万円)ボーナス付与となります。

③ 同じく①で概出していますが、支払いをショッピングリボに指定しておいて、請求額確定6日までにATMで全額返済すれば+0.5%還元率をアップ できます。

以上の①②③合計で最大3%もの高還元率でJQ CARD エポスゴールドは利用できるわけです。

関連記事

JR九州が発行元となっているエポス陣営のカード「JQ CARD エポス ゴールド」。インビテーションによって年会費無料で保有できる稀有なゴールドカードです。「JQ CARD エポス ゴールド」の主な利点は以下の3つです。 「選べるポ[…]

驚異の還元率2.5%「JQ CARD エポスゴールド」


JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。

エポスカード」発行は、ポイントサイト「ポイントタウン経由で、公式サイトからの入会特典に加えてポイントサイトから8,100円相当のポイントを獲得することができます。

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20100198469

さらにTポイントを貯めるにはウエルシアが欠かせない

ドラッグストア「ウエルシア」は、薬だけではなく、日用消耗品・食品まで品揃えした日常生活に欠かせないドラッグストアです。

イオングループの一角ですが、WAONPOINTなどの影の薄いポイントは扱わず、Tポイントを集客に利用しています。

毎週月曜日はTポイント2倍

決済前に提示するTポイントカードかモバイルTポイントカードで通常時は税込110円毎に1ポイント付与されますが、月曜日はそれが2倍になります。
ですので、「JQ CARD エポスゴールド」でチャージしたモバイルSuicaとあわせ技で5%もの還元率で「ウエルシア」で買い物ができることになります。

毎月20日はお客様感謝デー!200pt以上の利用で1.5倍分の価値になります。

できればTポイントは投資に回したいので、これはやっていませんが毎月20日に決済時にTポイントを利用すると200pt→300pt、500pt→750ptというようにTポイントの価値が1ポイント=1円ではなく1.5円に膨張します。
ポイント投資をやってない方であれば、これを狙うのが良いですね。

まとめ Tポイント投資は「JQ CARD エポスゴールド」と「ウエルシア」のセット運用

Tポイント運用ならば、ネット証券大手「SBI証券」の開設はもちろんですが、「JQ CARD エポスゴールド」でチャージしたモバイルSuicaの決済と「ウエルシア」のTポイントカード提示のあわせ技で5%もの還元率で普段の買い物ができるため、Tポイントの収集が捗ることになりますね。

最終的には、インデックスファンドの評価額が30万円に達したあたりで、CFDによるレバレッジ1倍のS&P500のロングポジションの構築を行えば、インデックスファンドを圧倒する低コストの運用が完成します。
ただし構築する証券口座はGMOクリック証券になります。

関連記事

CFD取引は、レバレッジをかけられる点が強調され投機的な利用と考えられがちです。確かに投機的な利用にも向いています。しかし結論から書くと、30万円以上の運用は、CFDで「S&P500」インデックスをレバレッジ1倍程度でロングしてい[…]

CFDを活用した長期インデックス投資
スマホ訴求

最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログランキングに参加しておりますので、よろしければ応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村