手動トラップトレードで最適なFX業者

トラップトレードでは、自動で運用できるマネースクウェアジャパンが有名ですが、当方としてはポイント投資をテーマにしているためネオモバFXで運用を公開しています。

ネオモバFX
SBIネオモバイル証券が2020年4月27日よりサービスを開始したFXトレードサービスで、Tポイントを利用できる・1通貨から取引可能・スプレッドが狭いなどメリットが大きいです。

しかし、他に選択肢は無いのかという疑問もあると思います。
現実的には、他にも自身も運用しているFX業者がありますので、その業者を選んだ理由も含め説明したいと思います。

実際に他に運用しているFX業者は2つ

ポイント投資の筆頭格としてネオモバFXを選んでいるものの特にポイントを利用することがなければ、以下の2つのFX業者をオススメしたいと思います。

手動トラップトレードをする前提で選択していますが、決め手は「コスト」・「取引単位」・「サーバーの強さ」です。


関連記事

ネオモバFXはスマホ1つで手軽にFX取引ができるサービスで、SBIネオモバイル証券が2020年4月27日よりサービスを開始したFXトレードのサービスです。SBIネオモバイル証券は少額投資ができるサービスとしてSBI証券がCCCマーケティ[…]

ネオモバFXの活用方法

ネオモバFXを含めたスペック比較

ネオモバFXも含めたスペックの比較をすると以下のようになります。

  ネオモバFX SBIFXトレード セントラル短資
通貨ペア数 26 34 25
最小取引単位 1通貨 1通貨 1,000通貨
最大取引単位 300万通貨 1,000万通貨 300万通貨
ドル円スプレッド 0pips 0~0.09pips 0.1pips
ユーロ円スプレッド 0.4pips 0.28~0.3pips 0.4pips
ユーロドルスプレッド 0.3pips 0.19pips 0.3pips
豪ドルNZドルスプレッド 2.8pips 1.89pips 6.0pips

以上の通り、ネオモバFXSBI FXトレードに対して一段劣ったスペックになります。
ただしドル円のスプレッドは0pipsですので、これは非常に優位です。

コストに関してはSBI FXトレードネオモバFXセントラル短資FXの順になります。
取引単位に関してもSBI FXトレードネオモバFXセントラル短資FXの順です。
しかしサーバーに関してはセントラル短資FXは定評があり、スイスフランショック時にも稼働しつづけトレードできていた実績があります。

スイスフランショックとは?

2015年1月15日にSNB(スイス国立銀行[スイスの中央銀行])が、対ユーロで1.20フランに設定していた防衛ラインを突如撤廃したことで突発的に発生したのがスイスフランショックです。
わずかな時間で3800pipsほどの暴落を見せたユーロ/スイスフランをはじめ、スイスフラン絡みの通貨ペアは一挙にスイスフラン高に振れました。

どんな凄い状態だったかというとチャートでご覧いただければわかります。

見ただけでトンデモナイですが、これが30分位で発生したと思うと恐ろしいですね。

このときはインターバンクのレートが消えてトレードできなかったらしかったのですが、SBI FXトレードセントラル短資FXはレートを配信し続けていました。

もっとも発表後15分間は15pips程度のスプレッドで踏みとどまっていたようですが、その後は200pipsにまでスプレッドは広がっていたようです。

それでも歴史的な大変動の中にあっても、レートを配信し続けられた実績はすごいと思います。

レートが消えた状態は、損切りしたくてもできない、利益確定したくてもできない状態ですので、実際にこれで借金を抱えた投資家や破綻したFX業者も存在します。

いざというときに備えて大混乱時でもレートを配信できていたFX業者を使いたいところです。

ちなみにチャートは軽くて高機能なMT4を利用していますが、楽天証券で無料で使えますので活用しています。

関連記事

トラップトレードでは、上昇・下落は予測せずに長期のレンジを想定して買い・売りのIFDON注文を設置して、利益獲得を狙うトレードです。そのため長期的なレンジが明確な通貨ペアが取引には望ましいです。またドル・円が絡むと株価急落時などのリスク回[…]

MT4が無料で使える楽天証券

楽天証券の口座開設はポイントサイト経由で更にポイントを獲得できます。

楽天証券の口座開設は、ポイントサイト「モッピー」経由の証券口座開設で「モッピー」から2,000円相当のポイントが付与されます。

ポイントサイト「モッピー」は下記のバナー経由の新規登録&入会後の利用で最大2,000円相当のポイントプレゼントです。

>>モッピーの新規登録キャンペーンで紹介経由で2,000円をもらう方法

ネオモバFXを利用するならいざというときにも備えよう

ネオモバFX自体は新興のFX業者ですのでこういったレート配信の実績はありませんが、同じSBIのグループ内ですのでSBI FXトレードに近似したシステムで運用されている可能性が高いです。

そのため、ネオモバFX・SBI FXトレードでメイン・サブ口座の組合せを設定しても、何らかの理由でトラブルが生じたときヘッジ目的の取引ができなくなる可能性があると思います。
そのためネオモバFXでポイント投資をする場合は、一方でヘッジ目的でセントラル短資FXの口座でメイン運用を心がけておくべきだと思います(当方もそのようにしています)。

セントラル短資FXと組合せて万全の体制を敷く

手動3すくみのトラップトレードを行う前提では、手動3すくみで運用しているドル円(USDJPY)・ユーロ円(EURJPY)・ユーロドル(EURUSD)のスプレッドはセントラル短資FXでは十分使用に耐えうるレベルだと思います。

ですが度々とレップトレードに優位と力説しているAUDNZDのスプレッドは、ネオモバFXと比較しても2倍以上高く、ヘッジ目的ならともかくメインの取引には向いていないと思います。

AUDNZDは、スイスフランショックや新型コロナウィルスのショック時でも需給が同じ地域なので一方的な値動きにならず、日足ベースで一定のレンジで動きます。
下記のチャートで確認いただけるとわかりますがトレンドラインだけの取引でも十分取引できそうなシンプルな値動きが特徴なので、トラップトレードに関わらず活用の範囲は広い通貨ペアです。

ですのでAUDNZDを活用するという前提に立った業者の組合せでは、今の所レート配信の安全性とサーバーの強靭さが不明なネオモバFXではAUDNZDのコストがセントラル短資FXに比べて安いためAUDNZD専用で運用し、他の手動3すくみで運用しているドル円(USDJPY)・ユーロ円(EURJPY)・ユーロドル(EURUSD)はセントラル短資FXで運用するという、使い分けが良いのではないかと思われます。

万一、何らかの事件で一方方向にレートが飛んだ場合でもスイスフランショックでもレートを配信できて決済注文も出せたセントラル短資FXならヘッジ注文も可能になる可能性が他の業者に比べて高いです。

手動トラップトレードで最適なFX業者:まとめ

手動トラップトレードで当方が選定したFX業者は、ネオモバFX以外では、メインはレートの安全性の問題でセントラル短資FXです。



SBI FXトレードも素晴らしいと思いますが、同じSBIグループで取引画面も似たような使用ですので、何らかのトラブルの際、同時にトラブルに見舞われる可能性を避けるため、あえてセントラル短資FXを使用するしています。
ポイント投資をしないのであればネオモバFXではなくて一回りスペックが上手のSBI FXトレードでトレードするとよりコストが下がるので組合せとしては最強になると思います。

SBI FX トレードは、ポイントサイト「ハピタス」経由の口座開設で、19,000円相当のポイントが獲得できる高額案件です。

ハピタス」への登録は無料で、下記のリンクボタン経由の登録と7日以内の500pt以上の広告利用で2,021円相当のポイントがプレゼントされます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

本ブログは、人気ブログランキングへ参加しております。

よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。