TAG

SBI証券

2020年9月度 確定拠出年金 運用益は移管中のため運用が有りませんでした。

前職で加入していた企業型確定拠出年金の運用が終了し「SBI証券」で企業型の確定拠出年金の移管手続きが完了しました。 しかし、すぐには運用を開始せず資金を待機させて、2020年10月6日に運用指図を初めて行っています。理由はS&P500などのアメリカの代表的な株価指数は、データ上9月はもっとも運用成績が悪く、ここで資金を投入しても損失を招くだけだからです。確定拠出年金は投資するファンドをリス […]

Tポイントを利用できる「ネオモバFX」の活用方法

ネオモバFXはスマホ1つで手軽にFX取引ができるサービスで、SBIネオモバイル証券が2020年4月27日よりサービスを開始したFXトレードのサービスです。 SBIネオモバイル証券は少額投資ができるサービスとしてSBI証券がCCCマーケティングとの共同出資により設立した証券会社で「ネオモバ」の愛称で親しまれています。 SBIネオモバイル証券・ネオモバFXともにTポイントを利用できる点と少額投資が可能 […]

SBI証券でiDeCo口座開設で最大10万円分のAmazonギフト券があたるキャンペーン実施中

日本の年金制度は3階建てと呼ばれる仕組みになっています。3階建てとは以下のとおりです。①20歳以上で加入する国民年金②民間のサラリーマン・公務員等が加入する厚生年金保険、自営業者・フリーランスが加入する国民年金基金③従業員を対象として企業が独自に運営する企業年金制度上記3つの年金制度によって老後資金を支える設計になっています。 ですが③において企業では、独自の運用が困難になるなどの問題も発生してお […]

2020年8月度 確定拠出年金 運用益は+369,500円(+7.0%)でした。

前職で加入していた企業型確定拠出年金の運用が終了し「SBI証券」で企業型の確定拠出年金の移管手続きに入っています。 8月末まではアメリカの株式市場は一本調子の上昇を続けていましたが、9月初旬大幅な調整が入っています。こういった事態において、確定拠出年金は投資するファンドをリスクが高い株式投資信託からリスクの低い債券投資信託にスイッチングしても、運用中は非課税です。 通常は利益確定のたびに利益から課 […]

2020年7月度 確定拠出年金 運用益は+222,105円(+4.4%)でした。

「SBI証券」で企業型の確定拠出年金の移管手続きに入っています。退職して身分も確定してなかったので記述しきれない部分がありましたがもう少しで完了です。 確定拠出年金は投資するファンドをスイッチングしても、運用中は非課税です。通常は利益確定のたびに利益から課税されるため複利で増えていく効果が薄まりますが、確定拠出年金は普段は暴落を辛抱強く待ち、時折今回のような値動きが激しいときは、安全な債券投資から […]