TAG

FRB無制限の量的緩和開始。現金はゴミと化す。

2020年3月23日、FRBは無制限の量的緩和を開始した。FRBは新型コロナウィルスの影響による、経済の落ち込みをリカバリーするために緊急利下げによる金利ゼロ化、量的緩和の再開などやれる手は次々と繰り出してきました。 しかし、いずれもほぼ効果がない。 なぜなら、この経済の落ち込みの原因は、新型コロナウィルスの感染拡大が真の原因であり、それの感染拡大が止まらなければ株価は反発しません。 投資家として […]

期待リターンを高める金のポートフォリオへの組入(ポイント投資→CFD投資)

アメリカの長期金利の低下によるイールドカーブのフラット化→逆イールドは、かなり話題になっています。その主な理由は、この「逆イールド」現象が景気後退の前にかならず現れるものだからです。 この逆イールド(長期金利逆転現象)は、通常 「10年国債利回り」が「アメリカ2年国債利回り」より低くなってしまう現象です。 なぜこのようになったのか、またこの現象はめったに現れないため、逆イールドが現れたとき、ポイン […]

FRBは市場を救わない。市場はリスクオフへ。(楽天ポイント投資→CFD投資)

8/23注目されたジャクソンホールでのジェローム・パウエルFRB議長の講演の結果、市場は一層のリスクオフの様相を強めました。FRBの金融政策は、過去の経済指標の後追いであり、現状経済指標に異変が見られない状況下で積極的な利下げを期待すること自体無駄だったと言えます。 これまで1週間に一回づつ、今後のポジションについて私見を3つ述べましたが、今回のリスクオフの結果、3つともワークし利益を出しています […]

リスク資産は原油の空売りによるヘッジを推奨(ポイント投資→CFD投資)

①債券市場は、株式の期待利回りが低下し、景気後退のシグナルを送り続けている。その中でこれまでどおり株式などのリスクを取った資産を核にするのは危険すぎる。②そのため長期金利が低下している局面では、キャッシュポジションを増やすか、より積極的な戦略としてはドルの減価を見越して、金のポジションを拡大すべき。③リスク資産の比率は少なくし、ヘッジのために原油の空売り、為替ヘッジのためドル円の空売りを行う局面。 […]

チャートはドル円暴落を示唆(ポイント投資→CFD投資)

先週と大きく状況は変わっていませんが、状況としては以下の内容が資産構築に深く関わります。①すでに起こった経済指標を監視しつつ、金融政策を追随させる、現行の金融政策では戦力は逐次投入にならざるを得ず、最後は悪化のスピードに金融政策が追いつかなくなり、悪化は長期化してしまう。 ②リスク資産減価を起因とするリセッションを防止するため、FRBはさらなる利下げを行わざるを得ない。③金融政策を緩和し続けられる […]