TAG

原油

FRB無制限の量的緩和開始。現金はゴミと化す。

2020年3月23日、FRBは無制限の量的緩和を開始した。FRBは新型コロナウィルスの影響による、経済の落ち込みをリカバリーするために緊急利下げによる金利ゼロ化、量的緩和の再開などやれる手は次々と繰り出してきました。 しかし、いずれもほぼ効果がない。 なぜなら、この経済の落ち込みの原因は、新型コロナウィルスの感染拡大が真の原因であり、それの感染拡大が止まらなければ株価は反発しません。 投資家として […]

原油は2019年下落する

現在、2018年10月~12月まで下落の一途をたどり、1~2月で一旦のリバウンドを果たしている原油ですが、原油自体が動力源の燃料でもあり、様々な製品の原料でもあるため、その価格の動向は気になるところです。 現在の原油価格のリバウンドに対して、昨日は久々にトランプ大統領のツイートによる牽制が行われました。その結果か否か、順調に一本調子でリバウンドしてきた原油は、1バレル=57.78ドルを記録していた […]

FRBは市場を救わない。市場はリスクオフへ。(楽天ポイント投資→CFD投資)

8/23注目されたジャクソンホールでのジェローム・パウエルFRB議長の講演の結果、市場は一層のリスクオフの様相を強めました。FRBの金融政策は、過去の経済指標の後追いであり、現状経済指標に異変が見られない状況下で積極的な利下げを期待すること自体無駄だったと言えます。 これまで1週間に一回づつ、今後のポジションについて私見を3つ述べましたが、今回のリスクオフの結果、3つともワークし利益を出しています […]

リスク資産は原油の空売りによるヘッジを推奨(ポイント投資→CFD投資)

①債券市場は、株式の期待利回りが低下し、景気後退のシグナルを送り続けている。その中でこれまでどおり株式などのリスクを取った資産を核にするのは危険すぎる。②そのため長期金利が低下している局面では、キャッシュポジションを増やすか、より積極的な戦略としてはドルの減価を見越して、金のポジションを拡大すべき。③リスク資産の比率は少なくし、ヘッジのために原油の空売り、為替ヘッジのためドル円の空売りを行う局面。 […]