Tポイント投資のメリットと活用の仕方

近年はポイントを活用して投資ができるようになってきました。
現状ポイント投資でポイントも収集しやすく、投資商品などの環境が整っているのは、
楽天ポイント
dポイント
Tポイント
以上が挙げられます。

Tポイントに関しては、ヤフー側がスマホ決済サービス「PayPay」を開始し、それに付与するポイントをPayPayボーナスとしてから様相がかわり、中途半端にたまらなくなりました。

ですが、TポイントではSBI証券ネオモバイル証券Tポイントによる投資が可能です。

そこでこの記事ではTポイントがより集まる方法について情報を整理しておこうと思います。

Tポイントで投資できるSBI証券・ネオモバイル証券

ネット証券最大手「SBI証券」はTポイントで投資信託が買えます。

SBI証券をご存じない方はいないかも知れませんが、SBI証券はネット証券最大手の企業です。
ネット証券の中では口座数はダントツのトップです。
SBIホールディングスの参加のサービスには、このSBI証券ネオモバイル証券・SBIFXトレード・住信SBIネット銀行・SBI損保があります。

2020年3月現在SBIホールディングスの業績は絶好調と言っても良いです。
日本の最大の証券会社は、野村證券ですが現在の野村證券の口座数は533万口座、一方でSBI証券の口座数は514万口座を突破していますので、2021年度3月期決算時には野村證券を抜き去っていると思われます。

口座数拡大の最大要因は、NISAiDeCoの拡大に伴う、口座開設と投資信託購入にTポイントの利用が可能になったことでしょう。
投資信託は現在は100円単位での購入が可能となったことも拍車をかけていますね。

Tポイントで1株から投資ができるネオモバイル証券

ネオモバイル証券は従来の証券会社と異なるサビース展開をしている証券会社です。
手数料体系は定額制となっています。

主な特徴は以下のとおりです。
・1株から株を購入できる
・月額200円(税別)から取引し放題
Tポイントで株式を購入できる
・ロボアドバイザー「WealthNavi for ネオモバ」を1万円から運用可能

月額200円(税別)の手数料がかかると書いていますが、これにはTポイントが200ポイント付与されますので、消費税分の20円が実質負担です。
月額手数料の決済は、クレジットカードを設定しますので例えば、還元率1%の「Kyash Card」を設定し、「Kyash Card」へは楽天市場で2万円以上のショッピングで還元率が2%へギャップアップしている楽天カードでチャージすれば3%の還元率で手数料を払っていることになり負担は13円程度ということになります。

関連記事

楽天市場では楽天のサービスを利用するごとに、楽天市場での買物に対するポイント付与倍率がアップします。これを楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)と呼びます。内容はその都度更新され、一定ではありません。楽天SPU(スーパーポイントア[…]

楽天カードはとある条件をクリアすると楽天市場以外の利用が2%の高還元率カードになります。

Tポイントがたまる決済サービスはあまりない

決済サービスといえば、2018年後半辺りからスマホ決済サービスが相次ぐ高還元率企画で有名になりましたね。
これらを駆使すれば、ポイントがたまるため投資に回せそうな気がします。

投資ショッピング
サイト
カード
楽天スーパーポイントポイント投資
楽天証券
楽天市場楽天カード
dポイントdポイント投資dショッピングdカード
TポイントSBI証券
ネオモバイル証券
ヤフーショッピングヤフーカード

楽天スーパーポイントがたまるサービスは、楽天市場楽天カードに加えて楽天ペイもあるためポイントの収集には困らないと思います。

dポイントに関しては、dショッピングは楽天市場ほどではないですが、「d払い」のキャンペーンが強力であるため連携が強化されているAmazonや「d払い」を導入している実店舗の決済だけでdポイントはかなりためることができるでしょう。

ところがTポイントは、ヤフーショッピングではPayPayボーナスTポイントに分割され、上記の2つに比べてたまる効率としてはやや分が悪いです。
Tポイントといえば還元率1%のヤフーカードですので、それを活用することは勿論ですが、さらにそれを上回る還元率を誇るクレジットカードを併用することで加速度的にTポイントを貯めることができます。

それがJQ CARD エポスゴールドです。

Tポイントの効率的な貯め方

Tポイントを貯めるなら「JQ CARD エポスゴールド」

Tポイントを貯めるならヤフーカードよりもJQ CARD エポスゴールドが有利です。
ヤフーカードはベースの還元率が1%であるのに対して、JQ CARD エポスゴールド
は上手に使うと3%もの還元率で利用することができます。
まずはメリットから記述していきます。

主要なメリット

①3つの店舗・サービスを指定すると、指定された店舗・サービスは3倍ポイントつまり1.5%の還元率になります。
しかも年間のボーナスポイントとリボの繰り上げ返済によって、合計3.0%の還元率で 3つの選べるポイントアップショップが利用できます。
これには、モバイルSuicaが含まれていますので交通系はコレ一本でいけます。
またYahoo!公金払いも選べるため、税金の支払いも高い還元率で支払いできます。

② ①で少し触れましたが、年間利用50万円で0.5%分(2千500円分)ボーナス付与、100万円で1.0%相当(1万円)ボーナス付与となります。

③ 同じく①で概出していますが、支払いをショッピングリボに指定しておいて、請求額確定6日までにATMで全額返済すれば+0.5%還元率をアップ できます。

以上の①②③合計で最大3%もの高還元率でJQ CARD エポスゴールドは利用できるわけです。
このゴールドカードは、最初はJQ CARD エポスでコツコツ利用していくことで、ゴールドカードへの「インビテーション(招待)」を受け、ゴールドでありながら年会費無料で保有することができます。
疑問なのは、なぜエポスカードエポスゴールドカードのルートとJQ CARD エポスJQ CARD エポスゴールドとの違いだと思います。
これはたまるポイントが違います。
JQ CARD エポスゴールドJRキューポという聞き慣れないポイントが貯まります。
JRキューポTポイントと直接等価交換することができるため、このTポイントを投資に活用することができます。

しかもヤフーカードよりも加速度的にポイントがたまるはずです。

関連記事

①JQ CARD エポス ゴールドはデフォルトでの還元率が飛び抜けて高いクレジットカードです。特に特典として3つの店舗・サービスの還元率を3倍・つまり1.5%にデフォルトで設定できます。そしてさらに還元率を上積みできるのですが、それはこれ[…]


JQ CARD エポスゴールドの申し込み手順

JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。

エポスカード」発行は、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で、入会特典に加えてポイントサイトから4,000円相当のポイントを獲得することができます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20040612710

Tポイントを集めるなら「ドットマネー」

ドットマネーは、無料でポイントを交換できるサイトです。
うまく利用すると、ポイントという資産をノーリスクで1~25%近く増加させることができます。

ポイント交換サイトとして、頻繁に利用するのが、
Gポイント「.money(ドットマネー)」です。
Gポイントは様々なサービスのポイントを、
電子マネーなどに交換できるサイトです。小さな単位でも交換できますが、通常は手数料が発生します。
Gポイントは広告案件をこなせば手数料は回避できます。
もちろんWAONなどの交換手数料が無料の案件もあります。

一方でドットマネーは、ポイント交換がほぼ無料で、
それどころか主要なポイントサイトからの交換で1%以上の増量ができるため多用しています。

考えてみれば、1ヶ月で何%ものリターンを叩き出すのは、資産運用している方なら解ると思いますが非常に難しいです。

このドットマネーでポイントが交換できるのは、
モッピー
ちょびリッチ
ハピタス
ポイントタウン
ライフメディア
ワラウ
colleee
以上になってきます。
その他にもありますが、案件の還元率が安定して高くて比較して使いやすいところとなると、上記のポイントサイトに絞られてきます。

Tポイント投資実績

SBI証券のTポイント投資

SBI証券は証券会社として最大級の投資信託のラインナップを誇り、信託報酬(保有コスト)が低コストで資産運用に非常に向いている全世界株式・S&P500を対象としたインデックスファンドをランナップしています。

関連記事

①グループとバンガードの共同ブランドのインデックスファンドが創設されます。販売はSBI証券/募集開始は9/12から→設定は9/26②投資対象はアメリカの代表的な株価指数S&P500③コストとなる信託報酬は0.09264%と0.1%[…]



その中で現在投資すべきインデックスファンドは以下のとおりです。
これ一本で全世界の株式に投資できるインデックスファンドは、
・SBI全世界株式インデックスファンド
・楽天・全世界株式インデックスファンド
・eMAXIS Slim 全世界株式インデックファンド

リターンが相対的に高いアメリカのみに投資したい場合は、
・楽天・全米株式インデックスファンド
・eMAXIS Slim 全米株式(S&P500)
・SBIバンガードS&P500インデックスファンド

以上などが100円単位・Tポイントで購入可能です。
また保有金額によってTポイントが付与される特典もあります。
・月間保有額1,000万円未満・・・年率0.1%分のTポイント
・月間保有額1,000万円以上・・・年率0.2%分のTポイント

実際に筆者のSBI証券Tポイントのみの半年間の投資実績は以下のようになります。

6ヶ月で評価額は51,315円/+4.6%のリターンですので、上々だと思います。
株式は新型コロナウィルスによる世界経済の減速懸念を受けて、パフォーマンスは冴えませんが、リスクヘッジで投資している金がそれを補ってあまりあるリターンを出しています。

ここではJQ CARD エポスゴールドから得られたポイントのみでの投資ですが、ポイントサイトから収益もドットマネーに集約してTポイントに交換すれば、さらに加速度的に貯めることが可能だと思います。

女性起用バナー

SBI証券の口座開設は、ポイントサイト「モッピー」・「ハピタス」経由で、4,000円相当のポイントがポイントサイトから付与されます。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

ネオモバイル証券のTポイント投資

2020年3月現在ポジションは保有していません。
新型コロナウィルスによる世界経済の減速懸念を受けて、日本株式のパフォーマンスは大きく劣後すると想定しており、新規のポジションは終息が想定される4~5月に新規で買付を定期的に行う方針です。

ひとかぶIPO

まとめ

Tポイントによる投資は、メリットが非常に多いと思います。
ですが様々な投資に手を出すよりも、全世界株式へのインデックス投資が、非常に手堅くこれを実行すれば8割型投資には成功したようなものなので、投資信託にTポイントが活用できるのは非常にメリットがあります。
またネオモバイル証券はクロス取引に名寄のために利用するという手法もできますね。
これらになると非常に事細かい説明が必要になってくるので、後日説明するとします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログはブログランキングに参加しておりますので、よろしければ応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村