楽天Edyスタンプラリー攻略で3%以上の驚異のポイント還元!

Edyは楽天が運営する電子マネーです。
予め残高にチャージするタイプで、Suicaなどの交通系、WAON・nanacoなどの流通系でも採用されています。
その中でもEdyが使える店舗は多く、450,000店にまで加盟店が広がっており、利用できる範囲が広いのが特徴です。
ポイント還元は、楽天カードによるチャージで0.5%+200円以上の利用で0.5%=1%のポイント還元です。
チャージはクレジットカードによるチャージ、セブン銀行ATMからのチャージ、楽天銀行からのチャージ、コンビニのレジでのチャージなど多彩です。
利用形式はカードタイプ、スマホのおサイフケータイなどが主流です。

Edyといえば、「EveryDay Edy」キャンペーンでしたね。
カードに付帯しているEdyで100円以上の支払いで毎日5ポイント、全期間で100ポイント獲得できるキャンペーンでした。
オートチャージ5,000円の要件から全期間で5,000円を利用した場合の論理的な還元率は2.5%以下なので、日々使ったりしていました。

しかし残念ながらこのキャンペーンは行われなくなり、カードに付帯したEdyの利用がほぼない状態になっています。

替わってEdyのキャンペーンとして開催されだしたのが、「Edyスタンプラリー」です。
今月攻略しておりますので、最適な手順をまとめました。

毎月最大80ポイント獲得のチャンス!Edyスタンプラリー

Edyスタンプラリー 毎月開催」は、概要を説明すると、
5,000円決済による25ポイント、スタンプラリー条件クリアで80ポイントに加えて5,000~10,000円チャージにより最大100~200ポイントが付与されるため論理上の最大還元率は3.3%に達します。
それに加えて利用した店舗で付与されるポイントカードなどの加算もあれば論理的な還元率はさらに向上します。

上記の条件をクリアするには
①コンビニ・ドラッグストア・飲食店・スーパーでの利用
②高還元率でEdyチャージできるカードで10,000円以上+ポイントからのチャージ
③10回以上の決済と指定された店舗での決済
主に以上の要件が必要です。

2020年6月度のスタンプは以下のような条件設定でした。

今月の特別の部分だけ、月度毎に替わってきますが、この6月は
セブンイレブンでの支払い+累計5,000円以上の支払い+累計10回以上の支払い

以上の条件クリアが加わっています。

①コンビニ・ドラッグストア・飲食店・スーパーでの利用

Edyスタンプラリー 毎月開催」は、期間中の利用額の目安を10,000円程度で想定しているようです。
また利用も買いまわりが必須となっています。
買いまわりする店舗は、
・コンビニエンスストア
・ドラッグストア
・飲食店
・スーパー
以上の買いまわりが毎月必須です。

・コンビニエンスストアは大手3大チェーン、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートともにEdyを導入しているためクリアは容易です。

・ところがドラッグストアでは、3大チェーンのツルハ、ウエルシア、コスモス薬品のうち、コスモス薬品は現金主義ですのでEdy未導入です。
そのため近隣にコスモス薬品しかドラッグストがないという場合は、少し遠出したときにコスモス以外のドラッグストアで当たってみるしか無いですね。

・飲食店では「マクドナルド」や「すき家」、「ガスト」などの大規模チェーンも小規模でもかなり広範に使えるようになってきています。
裏技的な要素として、地方で道の駅を通りかかったときなどは、道の駅などでは飲食スペースも設けられている場合がほとんどで、Edyの分類でも道の駅に分類されています。
そのため安い野菜を買ったつもりでも飲食店でスタンプをもらえるので、チェックしてみましょう。

・スーパーに関しても少しだけ注意が必要です。
地場のスーパーに関しては問題ないですが、大規模なショッピングセンターを運営するところでは該当しないことがあります。
当方は「ゆめタウン」で利用してカウントされませんでした。
これはEdyアプリ内の使えるお店でGPS機能を用いれば確認できますので、利用の前に確認したほうが得策です。
全国規模のチェーンでは「全日食」が導入しており、スーパーとしてカウントされます。

Edyの決済に対するポイントは200円ごとに1ポイント

Edy自体の決済によるポイント付与は、200円ごとに1ポイントです。
したがって200円未満となる単位に関しては切り捨てです。
例えば税込198円ではポイントはつかないため、効果としては薄いですね。
本キャンペーンで想定している月間の利用は傾向としては、5,000円ですので決済自体で得られるポイントは25ポイント以下ですので、すべての決済で200円未満である場合、この25ポイントは得られないことになります。
しかし、スタンプラリー条件達成と③で記述するチャージによるポイント獲得で月間5,000円の利用に対して4.74%にまで還元率は高まりますので、この決済自体の25ポイントは最初から期待せずに決済しても影響は小さいと言えます。

②Edyチャージ高還元率のカードで10,000円以上+ポイントからのチャージ

【チャージ】に関しては以下の4つが条件になります。
・1回チャージ
・累計5,000円チャージ
・累計10,000円チャージ
・ポイントチャージ
以上のようにスタンプラリーが始まった月よりもチャージは倍の10,000円と強気です。
チャージ金額が大きくなってきたので、ビックカメラで消化しようと思います。
このチャージ条件をもっとも簡単に、高還元でクリアするには、③で記述するチャージで高還元率なクレジットカードを設定しておいて、月初に10,000円チャージ。
次にEdyに楽天通常ポイントから10円相当=10ポイントでチャージを行うと条件をクリアできます。

前述の「EveryDay Edy」キャンペーンでは、楽天カードに付帯するEdyでチャージするという条件設定であったため、毎月5,000円のオートチャージは楽天カードから行われるため、チャージ自体の還元率は、0.5%となる25ポイントでした。

ところが現在行われている「Edyスタンプラリー 毎月開催」は、チャージはどの手段でもよく、楽天カードによるオートチャージという縛りがありません。

ということはEdyチャージでもっとも還元率が高いカードでチャージすればいいですね。

最も還元率が高いEdyチャージはエポスゴールド/JQ CARD エポスゴールドからのチャージ

Edyへのチャージは楽天カードによるチャージが最も良さそうですが、付与されるポイントは1,000円あたり5ポイント。
0.5%です。
かなり少なめです。

ところが他のカードでもチャージが可能で、楽天カードよりもポイントが多く付与されるカードがあります。

1つ目は、1.2%の高還元率を誇るリクルートカードですね。
これは電子マネーのチャージに対してもポイントが満額付与される高機能なカードです。
ですが電子マネーのチャージによってポイントが付与されるのは、月間3万円まで。
国民年金保険の支払いがある方にとっては、貴重なnanacoチャージの枠は確保しておきたいところです。

2つ目は、本題のエポスゴールドカード/JQ CARD エポスゴールドです。
こちらはチャージによるポイント還元は0.5%です。
楽天カードと一緒ですね。しかしエポス陣営のゴールドカードは知られざるポイント還元率を底上げできる特典がついています。

エポス陣営のゴールドカードでは、年間利用に対するボーナスポイントが付与される制度になっています。
・年間50万円利用で、2,500pt(+0.5%)
・年間100万円利用で、10,000pt(+1.0%)
エポスゴールドカードはエポスポイント1pt=1円、JQ CARD エポスゴールドはJRキューポ1pt=1円の価値です。

このため、表面上は0.5%の還元率でも年間利用に対するボーナスが最大1%見込まれるため、1.5%の還元率で日頃運用していると考えて良いです。

関連記事

①JQ CARD エポス ゴールドはデフォルトでの還元率が飛び抜けて高いクレジットカードです。特に特典として3つの店舗・サービスの還元率を3倍・つまり1.5%にデフォルトで設定できます。そしてさらに還元率を上積みできるのですが、それはこれ[…]



さらにエポス陣営のカードでは、月度ごとの支払いをリボに一旦しておいて+0.5%ポイント還元率を引き上げておいて、支払い確定日までに繰り上げ返済することで手数料を回避することができます。
この手法によって、ポイント還元率はさらに+0.5%上昇し、ボーナスポイントと合算し2%のポイント還元率でEdyへのチャージを行えます。

関連記事

リボルビング払いは一般的に手数料が年率計算十数%かかり、形を変えた借金のようにも見えます。そのため忌避されることが多いのですが、会社別のリボの仕組みを熟知しておけばポイントを得られ、手数料も回避できます。その中でも「エポスカード 」陣営の[…]

エポスカードのリボ繰り上げ返済でポイント還元+0.5%アップ!


JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。



エポスカード」発行は、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で、入会特典に加えてポイントサイトから4,000円相当のポイントを獲得することができます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20040612710

③10回以上の決済と指定された店舗での決済

【今月の特別】に関しては、毎月条件が異なりますが、傾向としては、
・エントリー
・特定の大規模チェーン2つ(コンビニ・ドラッグストア・飲食)
・利用回数10回以上
・利用金額3,000~5,000円以上
などが条件として提示される傾向です。
エントリーは必ずですので、月初にエントリーは必ず行いましょう。

特定の大規模チェーンは、コンビニではファミリーマート・セブンイレブン・ローソンと回ってきたので今度はファミリーマートですね。
正直ファミリーマートは遠いので苦手ですが、仕方ないです。

利用回数については、5月が3・5回の利用に対して、6月以降は10回と条件は厳し目になっています。
利用金額はチャージする金額に10,000円の条件を設けているため、10,000円の利用を予め想定したほうが無難でしょう。

10回以上の支払いは、10回のうち1つはビックカメラを含めておき、それ以外の支払いが最小限度にとどめておくと良いです。

なぜなら家電量販店ビックカメラでは、現金払い+ポイントカード提示の場合に付与される10%のポイントが楽天Edyによる支払いでも満額付与されるからです。

ちょっとした裏技。ビックカメラの支払いはEdyで

家電量販店といえばビックカメラ。
ビックカメラでは多彩な支払い方法ができますが、その中にもちろんEdyは含まれます。
ビックカメラで現金払い+ポイントカード提示でビックポイントが10%付与されます。
ところがクレジットカードによる支払いは、8%に目減りしてしまいます。

そこでEdyの登場です。
電子マネーEdyによるビックカメラの支払いでは、現金と同じくポイントカード提示で10%のビックポイントが付与されます。
もちろん「Edyでポイント」として楽天ポイントも200円につき1ポイントたまるため、支払いによるポイント付与は10.5%にも達します。
さらに前述のエポスゴールドカード/JQ CARD エポスゴールドによるEdyチャージで、2%のエポスポイント/JRキューポがたまるので、単純に加算すると12.5%の還元率でビックカメラで支払いができるのが電子マネーEdyの強みです。

もちろんnanacoでもこの手法は使えますが、nanacoチャージはすでに新規登録はセブンカード・セブンカードプラスのみに封じられた今、nanacoでビックカメラ支払いを行っても、nanaco0.5%+nanacoチャージ0.5%+ビックポイント10%の11%の還元率にとどまります。

またビックカメラ謹製のビックカメラSuicaカードではSuicaチャージは確かに1.5%の高還元なのですが、Suica自体は2万円までしかチャージできません。
高額な家電で電子マネーによるポイント二重取りをしようとしても、2万円以上の商品では諦めるしかありませんでした。

関連記事

交通系ICを使っている方から見れば、モバイルSuicaへのチャージが有利なカードは必携ですね。必須と見られているクレジットカードはやっぱり「ビックカメラSuicaカード」ですね。「ビックカメラSuicaカード」の主なスペックは以下のとおり[…]



こういった点からも、チャージが5万円まで可能で、チャージするクレジットカードに高還元なクレジットカードを指定できるEdyのほうが有利なのは言うまでもないでしょう。

Edyスタンプラリーまとめ

決済によるポイント還元が期待できなくても4.74%、総取りで最大5.24%に還元率が高まるのであれば、5,000円前後の利用に限定されるものの、3%の高還元率で話題になっているVisa LINE Pay クレジットカードを凌駕する還元率です。

少額決済においては、非接触で清潔ね上にスピーディーに決済できるので、かなり活躍が期待できそうですね。
利用はできれば、おサイフケータイ搭載のスマホで利用店舗の検索とチャージと決済を行ったほうが管理しやすいです。

「EveryDay Edy」キャンペーンが消えてEdyの活躍場面が減ったという方も、「Edyスタンプラリー 毎月開催」とビックカメラのポイント3重取り手法も習得すれば、活躍の機会は広がるのではないでしょうか。

まずは、楽天Edyのチャージでもポイントが満額付与され、ゴールドになれば2020年9月まではポイントが最大2%付与(それ以降は最大1.5%)される【エポスカード】 は、下記バナーからの申込みで2,000円相当のポイント付与です。

JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。



エポスカード」発行は、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で、入会特典に加えてポイントサイトから4,000円相当のポイントを獲得することができます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20040612710


最後までよんでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング・人気ブログランキングに参加しております。
よろしければ応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村


電子マネーランキング