2020年10月の楽天Edyスタンプラリー攻略法

Edyは楽天が運営するプリペイド型電子マネーです。
予め残高にチャージするタイプで、Suicaなどの交通系、WAON・nanacoなどの流通系で多く採用されています。
その中でもEdyが使える店舗は多く、450,000店にまで加盟店が広がっており、利用できる範囲が広いのが特徴です。

スマホでもおサイフケータイに対応する機種が増えてきたため、スマホに楽天Edyを入れてチャージ・支払い両方ともその場で簡単にできるようになってきています。

現状、クレジットカードに一体型で付帯しているEdyは出番がなく、もっぱらおサイフケータイのEdyのほうが活躍しています。
一番の利点はチャージがその場でできることですね。
チャージはクレジットカードによるチャージ、セブン銀行ATMからのチャージ、楽天銀行からのチャージ、コンビニのレジでのチャージなど多彩です。

ポイント還元は、楽天カードによるチャージで0.5%+決済の利用では200円以上の利用で1ポイントとなる0.5%の還元率です。
合わせて1%のポイント還元となります。
楽天カードは通常は1%の還元率なのにEdyへのチャージは0.5%に減額するという謎仕様ですが、この記事では楽天カードよりはるかにチャージの還元率が高いカードをおすすめしています。

還元率がチャージを合わせても1%程度なのであれば、一見さほど魅力はないように見えますが、毎月開催されるようになった「楽天Edyスタンプラリーキャンペーン」を活用すると、利用に応じて楽天ポイントがボーナスとして付与されるため少額ながら通常のクレジットカードを凌駕する高還元率が叩き出せます。

毎月最大80ポイント獲得のチャンス!10月度「Edyスタンプラリー」

楽天Edyスタンプラリー

10月度のEdyスタンプラリー概要

Edyスタンプラリー 毎月開催」の2020年10月度は、概要を説明すると、
スタンプラリーの12条件クリアで80ポイント(80円相当)です。
①買いまわりに関しては
 ・コンビニ
 ・ドラッグストア
 ・飲食店
 ・スーパー
②チャージに関しては
 ・1回以上
 ・累計5,000円
 ・累計10,000円
 ・ポイントチャージ
③今月の特別
 ・スタンプラリーに参加
 ・ファミリーマートでお支払い
 ・ビックカメラ、コジマ、ソフマップでお支払い
 ・10回以上お支払い

2020年7月までのEdyスタンプラリーは全部クリアで137ポイントだったのに2020年8月からは80ポイントに減額となっています。
2020年10月のEdyスタンプラリーも全部クリアで80ポイント止まりです。

チャージの要件は5,000円程度で良かったのに、7月に「しれっと」引き上げており、なんと10,000円チャージとハードルが従来の5,000円に対して2倍になり定着化しています。

この2つの要件を考え10,000円分のチャージを使い切るとすれば還元率は最大でも2.8%へ低下せざるを得ないです。
それでも下手なクレジットカードよりは遥かに優秀な決済方法です。

ですがせっかく10,000円チャージというハードルを課してきたのでそれを逆手にとってしまえば、上乗せで10.5%のポイント還元も夢ではありません。
今回はそれが利用できるビックカメラ・コジマが含まれています。
そこらあたりも踏まえて攻略方法を考えていきます。

関連記事

Edyは楽天が運営する電子マネーです。予め残高にチャージするタイプで、Suicaなどの交通系、WAON・nanacoなどの流通系でも採用されています。その中でもEdyが使える店舗は多く、450,000店にまで加盟店が広がっており、利用でき[…]

楽天Edyスタンプラリー攻略で5%以上の驚異のポイント還元!

10月のスタンプラリーをオトクに攻略する方法

2020年10月の条件をオトクにクリアするには
①買いまわり
・コンビニ/ファミリーマートの利用は楽天ポイントカードとの併用
・ドラッグストア/ツルハの利用で楽天ポイントカードとの併用(5・15・25日はツルハポイント2倍デー)
・飲食の利用は楽天ポイントカードの併用
・スーパーの利用は全日食チェーンが採用しているので全国区で利用可能
※1回の購入金額は300円以上であること

Edy自体の決済によるポイント付与は、200円ごとに1ポイントです。
したがって200円未満となる単位に関しては切り捨てです。
例えば税込198円ではポイントはつかないため、効果としては薄いですね。
本キャンペーンで想定している月間の利用は傾向としては、10,000円ですので決済自体で得られるポイントは50ポイント以下です。
すべての決済で条件となる300円以上で400円未満の場合、この50ポイントは半減し25ポイント程度の獲得になります。

しかし、スタンプラリー条件達成で80ポイントと②で記述するチャージによるポイント獲得で月間10,000円の利用に対して120~150円相当のポイント付与であることを計算すると、この決済自体の50ポイントは最初から期待半分で決済しても影響は小さいと言えます。

②Edyへのチャージ
・チャージで1.5%の高還元率でチャージできるエポスゴールドカードJQ CARD エポスゴールドでのチャージを10,000円分行う
※未保有の場合はリクルートカードなら1.2%の還元率
・ポイントチャージは10ポイントのみでもできます。

Edyへのチャージは9月までエポス陣営のカードではリボ繰り上げ返済で+0.5%(JQ CARD エポスゴールドでは実質的な還元率2%)でしたが、これがなくなりましたのでエポス陣営のクレジットカードの妙味が薄まっています。
それでも年間利用ボーナスまで計算すると実質1.5%の還元率ですのでチャージによる獲得ポイントは150円相当ということになります。
これから参戦したい場合は、エポス陣営のクレジットカードを年会費無料のゴールドに持ってくるまでには半年は必要ですので、1.2%の還元率で10,000円チャージで120円相当のポイント獲得が期待できるリクルートカードを選択したいところでしょうね。

③今月の特別
・ビックカメラではポイントカード併用でビックポイントも10%獲得する
・その他9回の支払いは最小限度の金額にとどめる

ビックカメラではカード払いではビックポイントが8%に減額となりますが、楽天Edyによる支払い方法ならば、10%のビックポイントが満額付与されます。
仮にチャージした1万円程度の支払いをビックカメラで行って、ビックカメラのポイントカードを出して、楽天Edyで決済すればいきなり10%相当のポイント加算です。
したがってビックカメラ・コジマの支払い構成比が大きければ大きいほど、還元率はMAX値の12.8%に限りなく近づきます。

12.8%となる内訳は以下のとおりです。
・スタンプラリー=80円相当
・クレジットカードによるチャージ=150円相当
・Edy支払い=50円相当
・ビックカメラ・コジマのポイント=1,000円相当
・合計1,280円相当
論理値なのでこの通りにはならないですが、これに近づけることは可能ですね。

【買いまわり】攻略について

無駄な買い物をしていては還元率が高くても本末転倒なので、高いのにコンビニで無理に購入するなどは必要ないです。
妥当な価格帯のものや、効果的なセール・キャンペーンを絡めて提案していこうと思います。

【コンビニで300円以上のお支払い】

コンビニは今月の特別にもあったように「ファミリーマート」を必ず1つ含めましょう。
基本的にはコンビニは割高ですが、コーヒー・日配品の100%ジュースなどはそうでもないです。
しかもファミリーマートでは楽天ポイントカードを出せばポイントを200円につき1ポイント付けてくれますので、大いに活用しましょう。

【ドラッグストアで300円以上のお支払い】

ツルハグループのドラッグストアであれば、楽天Edyと楽天ポイントカードが利用できます。
楽天ポイントカードの付与は、200円につき1ポイント(0.5%の還元率)です。
同時にツルハグループのアプリでツルハグループポイントも貯まりますので、ポイント二重取りです。
ツルハポイント付与率は商品・所有者のランクによって異なります。
通常の日用雑貨を購入時にレギュラーランクであれば、200円につき1ポイント/0.5%のポイント還元です。
500ポイント貯まると割引券が発行されますので、精算の時忘れずに利用してください。
毎月5・15・25日はツルハポイント2倍デーとなっていますので、ポイントカード提示で通常から2倍ポイントがたまります。

ツルハグループの店舗で楽天ポイントカードを提示すると、楽天Edy利用&楽天ポイントカード提示でポイント山分けキャンペーンを活用できます。

このキャンペーンの期間は、2020年10月1日から2020年10月31日です。
楽天ポイントが貯まる設定がされている楽天Edyで決済し、楽天ポイントカードを提示すれば対象者で50,000ポイントを山分けプレゼントになります。

【飲食店で300円以上のお支払い】

楽天Edy利用&楽天ポイントカード提示でポイント山分けキャンペーンは「マクドナルド」・「ミスタードーナツ」も対象です。
「マクドナルド」・「ミスタードーナツ」の楽天ポイントカードの付与は、100円につき1ポイント(1%の還元率)です。
従って還元率が+1%となると考えてよいので、楽天ポイントを貯めるという観点からいけば効率が良いですね。

【スーパーで300円以上のお支払い】

楽天Edyを採用している全国規模のチェーンと言えば「全日食チェーン」・「CGCジャパン」です。
当方の場合は、もっぱら「全日食チェーン」を利用しています。
スーパーでの決済の際は、楽天Edyを採用していても今回のスタンプラリー対象外であることもあるので、GPSを有効にした状態で、Edyアプリで対象店舗を確認したほうが確実です。

【チャージ】攻略について

【チャージ1回以上】
【累計5,000円チャージ】
【累計10,000円チャージ】
以上の3点をまとめてクリアする方法は、10,000円を一回でチャージすることです。
ただし楽天カードによるチャージではチャージ金額の0.5%しかポイントが付与されないため不利です。
そのため1.2%の還元率でEdyチャージできるリクルートカードのほうが還元率も高く、カードがいま未保有の方でも今月中の発行もできます。

リクルートカード_PC
※1.2%の高還元率で電子マネーチャージできる「リクルートカード」は、ポイントサイト「ライフメディア」経由の申込みで、入会特典に加えてポイントサイトから2,300円相当のポイントが付与されます。

ポイントサイト「ライフメディア」の新規入会は下記のボタンからの登録で最大500円相当のポイント付与です。

 



もう一歩還元率を高めたい場合は、エポスゴールドカードJQ CARD エポスゴールドでのチャージでは合計1.5%の還元率になります。
チャージ自体の還元率は0.5%ですが、年間100万円の利用でボーナスポイントが1%/10,000円分加算されますので実質的に合計の還元率は1.5%になります。

関連記事

楽天Edyといえば、楽天Edyスタンプラリーを活用することによってポイント還元率を3%台で少額決済を賄うことができます。楽天Edyのチャージであれば、利用するのは楽天カードといいたいところですが、チャージしたところでチャージ金額に対するポ[…]

楽天EdyチャージはJQ CARD エポスゴールドで2.5%還元率達成


【ポイントチャージ】に関しては、楽天ポイントを10ポイントからチャージできますので、最小単位10ポイントで毎月処理しています。
通常ポイントの使いみちに迷えばこれにフルコミットしても構いませんが、通常ポイントはできれば楽天証券で投資信託の購入に充てたほうが資産形成の観点からもおすすめですね。

関連記事

ポイントを投資に使えるポイント投資は近年次々と新たなサービスが出現しています。その中でも、ポイントの収集・利用と投資商品の環境が整っているのは、以下の4つです。①楽天スーパーポイント ・楽天証券②Tポイント ・SBI証券 ・SBIネオモバ[…]

楽天ポイント投資のメリットと活用の仕方

【今月の特別】攻略について

【今月の特別】に関しては、【買いまわり】の部分と重複しますが、まずは「スタンプラリーに参加」が必須です。
その他の個別の店舗ブランドついては、1回300円以上がカウントされます。

【ファミリーマートでのお支払い】

ファミリーマートでは「楽天ポイントカード」提示によるポイント付与が可能です。
出勤とか通学とか必ず通る経路にあればよく利用すると思いますが、基本的にコンビニは割高ですので、利用するとしてもできれば1回程度の利用でとどめておきたいところです。

【ビックカメラ・コジマ・ソフマップでのお支払い】

家電量販店といえばビックカメラ(コジマ)
ビックカメラ(コジマ)では多彩な支払い方法ができますが、その中にもちろんEdyも含まれます。
ビックカメラ(コジマ)では現金払い+ポイントカード提示でビックポイントが10%付与されます。
ところがクレジットカードによる支払いは、8%に目減りしてしまいます。

そこでEdyの登場です。
電子マネーEdyによるビックカメラの支払いでは、現金と同じくポイントカード提示で10%のビックポイントが付与されます。
なんでなんでしょうね。よくわかりませんが、nanacoSuicaも同様です。
もちろん「Edyでポイント」として楽天ポイントも0.5%/200円につき1ポイントたまるため、支払いによるポイント付与は10.5%にも達します。
さらに前述のエポスゴールドカード/JQ CARD エポスゴールドによるEdyチャージで1.5%のエポスポイント/JRキューポがたまるので、単純に加算すると12.0%の還元率でビックカメラで支払いができてしまいます。
これが電子マネーEdyの強みです。
これでチャージした1万円をビックカメラで消化できます。

家電の購入がなくてもビックカメラでは、おもちゃ・洗剤などが品揃えされているため、何を購入するのかリストアップしておいて必要なものを購入すれば良いですね。

しかしたまるのはビックポイントというポイントです。
ビックカメラの支払いの充当にしか使えなさそうな感じがしますが、売場にかかっているAmazonギフト券を購入することで、ECの巨人Amazonのお買い物に利用できます。

一方で交換する方法もあるにはありますが、Suicaへの交換は1,500pt→Suica1,000円相当と33%減。JRキューポへの交換も同じく33%減です。
それならJALマイルへの交換はどうかといえば、4,000pt→1,000マイルです。

当方としてはAmazonギフト券が等価交換であり、Amazonのお買い物に利用できるため、シンプルで価値も高いと思います。

【10回以上お支払い】

【買いまわり】・【今月の特別】に関しては300円以上の支払いが条件ですが、それ以外ではマイページに登録されているすべての楽天Edyの支払回数が対象です。
つまり自販機などでもカウントされます。
自販機は200円以下の支払いではポイントはつきませんが、割とクリアしやすい条件かも知れません。

楽天Edyマイナポイント企画!抽選で最大20,000円分のEdyが当たる

マイナポイント事業が2020年9月1日から始まりましたが、申込みはどうでしょうか。
楽天Edyの場合は、マイナポイント事業からの5,000円相当の楽天ポイントが付与されますが、上乗せ企画として以下の企画が追加されていますので検討に値すると思います。

5ヶ月連続抽選で最大2万円分のEdyが当たるキャンペーン(残り4回)

楽天Edyではマイナポイント事業で2万円のチャージで5,000円相当の楽天ポイント付与ですので、今回のスタンプラリーの1万円はラクラク突破ですね。
これで5,000円分の楽天ポイントは獲得できたとして、上乗せ企画は抽選制となっています。

これは累計で毎月1,000円以上のチャージで対象となるもので、クレジットチャージはもちろん対象となります。

日程は以下のようになっています。
【第1弾】2020年  9月1日~2020年  9月30日
【第2弾】2020年10月1日~2020年10月31日
【第3弾】2020年11月1日~2020年11月30日
【第4弾】2020年12月1日~2020年12月31日
【第5弾】2021年  1月1日~2021年  1月31日

抽選では最大2万円相当のEdyとなっていますが、全部で4等まであり外れても500万円分のEdyを参加人数で山分けする企画となっています。
【1等】20,000円相当のEdy・・・100名
【2等】10,000円相当のEdy・・・150名
【3等】5,000円相当のEdy・・・200名
【4等】1,000円相当のEdy・・・500名
はずれても500万円分のEdyを人数分で山分け(山分け分は上限500円~最低1円相当のEdy)

このため、マイナポイントに楽天Edyを登録し2万円チャージした後は、毎月1,000円以上のチャージで抽選となります。
マイナポイント登録してからのチャージは5,000円分のポイントが戻ってきますので、かなり有効な使い方ができそうですね。

楽天Edy10月スタンプラリーまとめ

今月の課題はビックカメラ・コジマですね。
おもちゃ、充電ケーブルなどの購入でお茶を濁しても良いですが、家電などになると一挙に従来チャージしていた金額を上回ってきます。
そのためその場で足りない分をクレジットチャージできる方が安心ですね。

チャージ用のクレジットカードについて再度振り返ると、リクルートカードは電子マネーに月3万円までならば1.2%のポイント還元率でチャージが可能な稀有なカードです。
たまるポイント「リクルートポイント」はPontaポイントに1ポイントから無料で等価交換可能です。
Pontaポイントならば、「au PAY」への残高充当もできますが、2020年9月26日以降は「auカブコム証券」にてPontaポイントが投資信託の購入に利用できるなど、利便性が一挙に高くなってきています。

リクルートカード

※1.2%の高還元率で電子マネーチャージできる「リクルートカード」は、ポイントサイト「ライフメディア」経由の申込みで、入会特典に加えてポイントサイトから2,300円相当のポイントが付与されます。

ポイントサイト「ライフメディア」の新規入会は下記のボタンからの登録で最大500円相当のポイント付与です。



最後までよんでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング・人気ブログランキングに参加しております。
よろしければ応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村


電子マネーランキング