Kitacaを使うならSuicaがオトク!最適なクレジットカードを解説!

Kitaca(キタカ)とはJR北海道が発行している交通系電子マネーです。

楽天Edy・WAON・nanacoと同様に予めチャージした残高で支払うプリペイド方式の電子マネーです。

他の交通系電子マネーとは相互利用が可能となっており、JR北海道管轄区域外でも利用が可能です。

ちょっと問題なのが、北海道の中でも「札幌駅を中心とした54駅」がKitacaエリアで、同じJR北海道であっても、道南エリアや道東エリアの駅では使えません。

また決定的なのが独自のポイントプログラムがないため、ほぼメリットがありません。

そのため結論から言えば、

以上の2択の編成が良いでしょう。

Kitacaの概要

KitacaとはJR北海道が発行している交通系電子マネーです。

交通系電子マネーを始めとする楽天Edy・WAON・nanaco・iD・QUIC Payなどの電子マネーは非接触で決済できるNFC(近距離無線通信)という技術を利用しています。

日本の電子マネーは特に情報の読み取りが早いFelica技術を使用しており、大都市の駅で無数の乗客がひっきりなしにかざしても瞬時に読み取って決済していくので、改札が非常にスムーズです。

KitacaFelica技術を使用しており非接触&高速で決済できるため大都市の駅の無数の乗客の改札の決済をこなせます。

Kitacaの種類

Kitacaは「無記名Kitaca」・「記名Kitaca」・「Kitaca定期券」・「クレカ一体型」4種類の券面が存在します。

「無記名Kitaca」

「無記名Kitaca」は、切符と同じように券売機で購入でます。
個人情報が不要のため、複数人で共有して使えますが、紛失するとチャージ残高があっても補償されません。

「記名Kitaca」

「記名Kitaca」は個人情報を登録し個人のカードとして使います。
「無記名Kitaca」との違いは、紛失してもチャージ残高が補償される点になります。
みどりの窓口で発行しています。

「Kitaca定期券」

「記名Kitaca」の機能に定期券をプラスしたのが「Kitaca定期券」です。
定期券部分とKitacaのチャージ部分があり、普通にショッピングでもKitacaを活用することが可能です。

クレジットカード一体型

クレジットカードとKitacaが一体化したカードでオススメは「イオンカードKitaca」です。

イオンカードKitaca

Kitacaにクレジットチャージしたときのポイント還元率は0.5%ですが、イオングループでのカード利用は1%の還元率で利用できます。
またイオンカードのメリットは、ショッピングセフティー保険です。
カードの保険では珍しいことにモバイル端末保険が付帯しています。

従ってiPhoneなどの高額なモバイル端末を購入する際は、イオンカード系にしていると保険が自動付帯するので安心です。
デメリットは、年間100万円利用(累計500万円利用)でやってくるゴールドカードへのインビテーションは対象外です。
イオングループの店舗を高頻度で利用する・ショッピング保険が付帯したカードが必要・JR北海道を高頻度で利用する場合に役に立つカードです。

独自のポイントサービスがない(地下鉄・市電利用ならSAPICA)

Kitacaの難点はポイントプログラムが不在なことです。

ですが公共交通機関の利用が地下鉄・市電に集中しているのであれば、SAPICAのほうが有利です。

SAPICAはKitacaエリアで使えない(JR北海道バスは使えます)のですが、見逃せないメリットがポイント還元率です。

SAPICAで地下鉄や市電に乗車すると10%ものポイントがたまり、そのポイントは1ポイント=1円の価値で次の乗車時に自動的に運賃に充当されます。

10%の還元率は突出していますので、Kitacaで地下鉄や市電に乗るよりは遥かにオトクです。

公共交通機関の利用がJR北海道である場合は、ポイントプログラムがないためモバイルSuicaへ高還元率のクレジットカードでチャージして使ったほうが遥かにオトクになります。

高頻度でイオンを利用するので「イオンカードKitaca」を選択した場合は、カードからチャージできます。

JR北海道の利用ならモバイルSuicaがオトク

JR北海道の利用が多い場合は、モバイルSuicaの利用がオススメです。

このモバイルSuicaに高還元率でチャージできるのは、いかの2枚のクレジットカードになります。

  1. JQ CARD エポスゴールド・・・チャージ還元率2.5%
  2. ビックカメラSuicaカード・・・チャージ還元率1.5%

以下順に説明します。

①JQ CARD エポスゴールド

JQ CARD エポスゴールドは、JR九州を利用している方しかメリットがなさそうですが、日本に住んでいる方なら等しくメリットを享受できます。

券面から見るとJQ CARDエポスからゴールドカードになると考えがちですが、それだと「エポスカード 」のポイントサイト経由の新規入会でよる大量のポイントが獲得できる機会を失います。

そのため通常の「エポスカード 」でポイントサイト経由で新規入会案件を総取りした上で、JQ CARDエポスに切り替えを行い、コツコツ利用を重ねてインビテーション(招待)を受けてゴールドカード化すれば年会費無料で保有できるゴールドカードとなります。

当方の場合は、インビテーションは半年以上・50万円以上の利用でEpos Netにアクセスしたときに出現しました。

ゴールドカードに切り替えすると、年会費が無料のゴールドカードになるだけではなくモバイルSuicaへのチャージで以下の2点が有利になります。

モバイルSuicaをゴールド会員の特典「選べるポイントアップショップ」に選定するとモバイルSuicaチャージのポイント付与が3倍の1.5%のポイント還元率になります。

②ゴールド会員の特典「年間利用ボーナス」で年間50万円利用で0.5%に相当する2,500円相当のポイント、年間100万円利用で1%に相当する10,000円相当のポイントが付与されます。

この①+②の組合せで最大2.5%の還元率で利用できる算段になります。

JQ CARDエポスゴールドでたまるポイントはJRキューポ

もちろんここまでの還元率だけの話ならエポスゴールドでもエポスプラチナでも同じような利点があります。
しかしわざわざJQ CARDを選択しているのは、JQ CARD エポスゴールドで貯まるポイントがJRキューポだからです。
JRキューポは優れたポイント交換サービスを持っており、Tポイント・Pontaポイント・Gポイントへの交換が可能であり、特にGポイントへの交換により更に多数のポイント・電子マネーへの交換が可能となり用途が桁違いに幅広くなります。

>>驚異の還元率2.5% 「JQ CARD エポス ゴールド」

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポス」ではポイントサイト案件が存在しません。 そこで「ハピタス」(3,500円相当のポイント経由でエポスカード」を申込みポイントの2重どりを完了した上でJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安としてインビテーションに乗ってゴールドへの切り替えを行います。 さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。 当方は「JQ CARD エポスゴールド」保有者ですので、「ご紹介番号:21040188666」を案内できます。

②ビックカメラSuica

ビックカメラSuicaカードの最大のメリットは、Suicaへのチャージで1.5%のポイントが付与されることです。

個人的にはその都度カードを出すよりも、モバイルSuicaにチャージするほうがいつでもどこでもチャージできるのでメリットがありましたね。

ありましたねというのは、JQ CARD エポスゴールドを保有していれば必要なくなったからです。

JQ CARD エポスゴールドはインビテーションでゴールドカード化するまで、半年以上かかりますので、いますぐメリットを享受したいという場合は、ビックカメラSuicaカードを選択するということになります。

ビックカメラSuica

基本還元率は1%だがポイントプログラムがややこしい

少しややこしいのですがビックカメラSuicaカードの通常利用でたまるポイントはJREポイントが0.5%+ビックポイント0.5%=1%の還元率となっています。

ビックポイントはビックカメラのポイントでビックカメラのポイントプログラムで、1ポイント=1円として利用できます。

次に、ビックカメラのハウスカードなので、当然ながらビックカメラで決済に利用すると最も得をします。

ビックカメラでは、ビックポイントが現金決済の際に10%、カードだと8%還元なのですが、このビックカメラSuicaカードはカード払いでも10%のビックポイントが貯まります。

クレジットカード自体のJREポイント0.5%+ビックポイント0.5%に関しては対象外となり10%の還元となります。

ですがSuicaのチャージはJREポイント1.5%還元なので、ビックカメラSuicaカードでチャージしたSuica支払いを行えば、ビックポイント10%とJREポイント1.5%の合計11.5%の還元が達成できます。

※Suicaへのチャージは2万円が上限です。

>>Suicaチャージで1.5%還元!ビックカメラSuicaカード

貯まるポイントJREポイントはSuicaへのチャージ以外使い道がない

ビックカメラのポイントはそんなに使い道には困りませんが、JREポイントはSuicaへの交換以外のメリットはほぼないです。

特に北海道在住ならなおさらだと思います。

ビックカメラSuicaカードの申込みは、ポイントサイト経由でポイント2重どりです。
↓↓↓

モバイルSuicaチャージで1.5%の高還元率なクレジットカード「ビックカメラSuica(JCB)」カードは、ポイントサイト「ハピタス」経由の申込みで、新規入会特典2,000円相当のJREポイントに加えて、ハピタスから3,000円相当のポイントが付与されます。

ハピタスへの登録は無料で、ボタン経由の登録で100ポイントと7日以内の500pt以上の広告利用で900円相当のポイントで合計1,000円相当のポイントプレゼントです。

>>ハピタスの紹介キャンペーンで紹介URL経由で新規入会特典をもらう方法

まとめ

KitacaはせっかくJR北海道が初期投資をしたのに、ポイントプログラムがないのでメリットが皆無なのが残念ですね。

ですので北海道在住の方が交通系ICを利用する場合は、以下の組合せを提案します。

ゴールド化までは時間はかかりますが、JQ CARD エポスゴールドを保有しておけば、各公共交通機関が発行している交通系IC、ETC、Yahoo!公金払いによる各種税金・公金の支払いで最大2.5%の還元率で利用できます。

自動車が移動のメインなら、トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」の支払いも検証したところOKでした。

九州在住でなくても必須のカードですね。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポス」ではポイントサイト案件が存在しません。

そのため「ハピタス」(3,500円相当のポイント経由でエポスカード発行しポイントの2重どりを完了させてからJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安として来るインビテーションでゴールドへ切り替えを行います。

さらにエポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力フォームに入力すると、さらに500ポイント加算されます。

当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できますのでご利用ください。

ご紹介番号: 21040188666