Kyash Card招待限定プログラムで900円相当のポイントプレゼント

複数のクレジットカードを保有していると、ウォレットに入り切らなかったり、明細に情報が来るまで時間がかかるので、今月はどれくらい使ったのかという家計の管理に不便だったりします。

Kyash Cardは、そんな問題を解決するウォレットアプリ&プリペイドカードです。

Kyash Cardは、還元率が1%とプリペイドカードの中では突出した還元率を誇ります。

5枚までクレジットカードを紐付けられポイント付与対象のカードでチャージを行えば、クレジットカードのポイントも満額付与されます。

そのため還元率が1%のクレジットカードではKyash Cardと合わせて、2%の還元率になる勘定になり、還元率を底上げできます。

このKyash Cardは、複数のクレジットカードを紐付けてチャージできるので、ショッピングでも多数のクレジットカードを持ち歩く必要がなく、リアルタイムで利用通知が来て利用履歴もすぐ確認できるため何にいくら利用したのか、今月はいくら使ったのかが容易に把握できます。

またNFCを利用した非接触決済Visaタッチ決済にも対応し、Felicaの技術を使った「おサイフケータイ」ではApple Pay/Google Payに登録すればQUIC Pay+による非接触決済が可能です。

そのKyash Cardは、既存会員による招待で入会時900ポイントのKyashポイントを獲得できる招待限定プログラムを開始しました。

これによってKyash Card申込時にかかる手数料900円がカバーされ実質無料で申し込みできます。

下記のリンクボタン経由で招待を受けて、銀行入金を行うと900 Kyashポイント(=900円相当)が付与されます。

Kyash Cardの種類と概要

Kyashは3種類の券種があり、発行手数料も異なります。

年会費はいずれも無料ですが、「Kyash Card」の発行においては年齢確認が必要となります。

カードの種類は以下のようになっています。

 Kyash CardKyashCard LiteKyash Virtual
本人確認書類必要不要不要
発行手数料900円300円無料
IC/4桁暗証番号
VISAタッチ××
Apple Pay
Google Pay
還元率(Kyashマネー)1.0%0.5%0.5%
還元率(Kyashバリュー)0.2%0.2%0.2%

利用の際は残高チャージ

Kyash Card」はプリペイドカードですので残高をチャージして利用します。

チャージの手順は以下のとおりです。

  1. 登録したVisa/MasterCardによるチャージ(カードのポイントも満額付与)

  2. 登録した銀行口座からのチャージ

となりますが、カードを「リンク」させると残高不足の際は、残高不足分自動的にチャージしてくれますので残高を意識していなくてもショッピングに利用できます。

ただそれだと100円以下の利用部分についてはポイントがつかないため、チャージは予め1,000円単位で行ったほうがチャージするクレジットカードのポイントが切り捨てなく付与され無駄がありません。

利用の際はリアルタイムで通知が来る(3Dセキュアも対応)

クレジットカードは通常、利用しても数日後に利用明細に載ってきます。

これだと不正利用など意図しない利用に対して気づくのが遅くなります。

ところが「Kyash Card」ではリアルタイムで通知がきて、どれくらい利用したかまで履歴がわかります。

クレジットカードのリスクとしては、店頭で番号を盗み見されたり、登録したサイトから流出するなどの情報漏えいリスクがありますが、これに対して通常の利用はチャージした「Kyash Card」を利用すれば利用しているクレジットカードがリスクに晒されなくて済みます。

また「Kyash Card」は本人確認(3Dセキュア)に対応しているため、なりすましなど不正利用に強い設計です。

Kyash Card」の本人確認(3Dセキュア)はカード番号・有効期限・セキュリティーコードに加えて、ワンタイムパスワードによる認証を行います。
※「Kyash Card Lite」・「Kaysh Card Virtua」は非対応です。

>>Kyash Cardが3Dセキュアに対応!「d払い」との組合せでポイント3重どりが可能に!

ユーザー間の送金にも対応したウォレット機能

Kyash Card」は、登録した銀行口座からチャージした残高に関しては、決済もできますし無料で送金が可能です。

必要な額をチャージし、それを家族間に送金することで家計を管理することが用意になります。

特に未成年が家族にいると、クレジットカードは申し込みできませんので、プリペイドカードで利用枠を決めて使いすぎを心配せず渡すことが可能ですね。

またユーザーは残高を引き出すこともできます。
※クレジットカードでチャージした金額は引き出せません。

Kyash Cardの決済方法

Kyash Card」は、クレジットカードのように店頭・ネットでも決済できます。

店頭では以下の3つの支払い方法があります。

  1. 暗証番号を入力した決済
  2. リーダーにかざすだけで非接触で決済できるVisaタッチ決済
  3. Apple Pay/Google Payに登録しQUIC Pay+による非接触決済

※「Kyash Card Lite」に関しては暗証番号を用いた決済、Visaタッチ決済はできません。

QUIC Payは2つ種類があるので注意!

ここまでの記事ではQUIC Pay+と記述していますが、実はQUIC Payは2種類あります。
2種類とは、「QUIC Pay+」と「QUIC Pay」です。

クレジットカードが支払い元となっているApple Pay/Google PayのQUIC Payは、「QUIC Pay+」と「QUIC Pay」両方とも支払い可能です。
ただし「QUIC Pay+」は支払い上限はありませんが、「QUIC Pay」は2万円までです。

Kyash Card」のようなプリペイドカードやデビットカードの場合は「QUIC Pay+」のみの対応となります。
つまり「QUIC Pay」の表示の店舗では支払いがエラーになります。

当方も百貨店のデパ地下で「QUIC Pay」の決済で失敗したことがあり、原因を確認するとこれでした。

支払う前に、ロゴマークを念の為確認してみてください。

ネットショッピングなどでは決済方法は以下の2つです。

  1. 3Dセキュア採用ショップではカード番号・有効期限・セキュリティーコードに加えて、ワンタイムパスワードによる認証(Kyash Card Lite・Kaysh Card Virtuaは3Dセキュア非対応なので決済できません)

  2. 3Dセキュア非採用ショップではカード番号・有効期限・セキュリティーコードの入力による決済。

【900ポイントプレゼント】Kyash招待限定プログラム

このキャンペーンでは、対象は「Kyash Card」となります。

Kyashcard招待

手順は3ステップで非常に簡単です。

【手順1】
招待ページから携帯電話番号を登録

【手順2】
Kyashアプリをダウンロードして会員登録

【手順3】
登録した銀行口座から累計5,000円以上入金

注意点

手順は以上のように解説するまでもないほど簡単です。

招待ページから入れば、携帯電話番号登録もKyashアプリのダウンロードも1箇所で完結するからです。

ただ登録した携帯電話は、その後の「会員登録」時にも登録をしますので同一のものを使用してください。

現在、「Kyash Card」に登録できる銀行は以下の12行です。

  • イオン銀行
  • 関西みらい銀行
  • 熊本銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 十八親和銀行
  • 福岡銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行

まとめ

Kyash Card」を保有されていない方は、本人確認を行う手間はありますが、「Kyash Card」のほうが1%の還元率でありながら3Dセキュアにも対応した攻守を兼ね備えたプリペイドカードですので、申し込む価値はあると思います。

通常クレジットカードは利用から利用明細に載ってくるまでタイムラグがあり、不正に気づくのが遅くなりがちですが、「Kyash Card」は利用に関しては即時通知があり、利用明細は随時更新されます。

一旦、メインで利用するクレジットカードから、今月利用する計画の資金をチャージして、計画的に利用するという使い方もできますので、家計管理に役立つ便利なウォレットアプリです。

当方もこれで、複数のクレジットカードを持ち歩くことがなくなりましたし、クレジットカードの還元率を1%も底上げできるのは家計の節約にもなります。

Kyash Cardの申込みは紹介状経由がオトクです。
↓↓↓

クレジットカードの還元率を+1%に底上げして家計管理に役立つプリペイドカードKyash Cardの申込みは、下記のリンクボタン経由で招待を受けて、銀行入金を行うと900ポイント(=900円相当)が付与されます。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

本ブログは、人気ブログランキングへ参加しております。

よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。