3歳からのチャイルドシートに取って代わる「スマートキッズベルト」降臨

WBSの「トレたま」で紹介され、ジュニアシートというカテゴリーが存亡の危機にまで追い込まれると、激震が走っていると思われます。
その紹介された商品というのが、

「メテオAPAC スマートキッズベルト 」
という商品です。

スマートキッズベルト

通常、3歳あたりになるとジュニアシートを検討することになります。
この3歳からのチャイルドシート、一般的にはジュニアシートのことですが、
高いものは1万円前後、安いもので2,000円台のものもあります。
しかし、この「スマートキッズベルト」は、シートベルトにつけるだけで、ジュニアシートの代わりができます。
しかも重量がたったの120gです。

この動画で商品を見る限りどう考えても、従来のジュニアシートは必要ないです。

仕様としては
・後部座席のシートベルトに装着して使用する携帯型子供用シートベルト。
・シートベルトを装備したすべての車種に対応しており、着脱も簡単で、重量が120gと軽く収納にも便利。 
・チャイルドシート(ジュニアシート)が付けられないレンタカーやカーシェア、タクシー、バス等でも使用することができるため、旅行などにも最適。
・ヨーロッパやアメリカそれぞれでのクラッシュテスト規格取得もしているEマーク適合品。
・国内でも警察庁より幼児用補助装置適合品として使用を許可されています。 

まったくもって文句なしに従来のジュニアシートの代わりとして使えます。

メーカー:メテオAPAC/3歳からのチャイルドシート

お値段は、定価で税込み5,378円ですが、これ位くらいだと従来のものと変わりないように思えますが、やっぱり旅行先・帰省先などで使えて携帯性も良いので、全然こっちのほうがいいです。

チャイルドシートの買い方が変わる革命的な商品

こうなると、3歳からのチャイルドシートだけではなく、1歳からのチャイルドシートも怪しくなってきます。
1歳からのチャイルドシートの使えるシュチュエーションが、帰省先のおじいちゃん・おばあちゃんの車というニーズに限定されかねないからです。

安全性を考慮すると、3歳くらいまでか2歳くらいまで後ろ向きで新生児からのチャイルドシートに乗せるのが、実はもっとも良く、それ以降は上記の「スマートキッズベルト」にすれば良く、この場合「1歳からのチャイルドシート」というジャンルの出番がありません。

安全性のことを重視すれば、後ろ向きチャイルドシートの方が乳幼児の保護効果が高く、2歳になるか、あるいはチャイルドシートの最大許容体重・身長を超えるまで、後ろ向きで使用を本来なら続けたほうが良いのです。
後ろ向き座席の方が、万が一の事故の際に、乳幼児の頭や首、背骨をよく保護することができます。後ろ向きの場合、衝突の衝撃を体全体で受け止めることができ、首や背骨にダメージを受ける可能性が低くくなります。

メーカー:Joie/ロングユースチャイルドシート

⬆新生児からのチャイルドシート(新生児~4歳)→スマートキッズベルト
とリレーしてチャイルドシートを使っていくケースもありますが、このJoie「ステージス」なら新生児から7歳まで使用できます。
しかも固定方式が確実で簡単なISOFIXです。
コスパでいくならこちらもオススメです。

1歳からのチャイルドシートも出番がないわけではない。

スマートキッズベルトの登場で、3歳からのジュニアシートは確実に取って代わられると想定できますが、スマートキッズベルトは1歳からのチャイルドシートは1歳~3歳までの期間をカバーできるわけではありません。

帰省してくる孫の年齢が幅広いが、一つで済ませたい場合は、やはり1歳からのチャイルドシートというジャンルは必要になります。

Amazon・楽天市場 2大ECサイトでの購入のコツ

上記に挙げた1ヶ月からのベビーカーはすでに機能と価格のバランス面で優れていますが、より購入時に安くする方法を説明します。

Amazon
・アマゾンギフト券利用&クレジットカード利用
・ちょび得利用でプライム対象商品を常時5%割引で購入する。
詳細はこちら⬇

⬇アマゾンベビーレジストリとは、出産・育児に必要なマタニティ用品やベビー用品を一目で分かるお買い物リストにして整理・管理できるサービスです。
個人的な利用はもちろん、家族やお友達へのリスト共有・公開も可能です。

楽天市場
・楽天カード発行者は引き落とし口座を「楽天銀行」にするとデフォルトで4倍のポイントが付与されます。
・お買い物マラソンなどで、買いまわりを行うと付与ポイントがアップされます。
・楽天市場で買い物した場合の還元率は以下のとおりです。
1倍)通常購入分
2倍)楽天カード利用(この時点で3倍)
+毎月5・0がつく日は楽天カード利用でポイント5倍
1倍)楽天銀行の口座から楽天カード利用分の引き落とし
1倍)楽天web検索、エントリーと1日5回5日以上の検索→この時点で7倍
これに加えて
先程の
1倍)楽天証券でポイントで投資信託買い付け
2倍)ROOMアプリ(+2倍)この時点で10倍になります。

これに加えて、楽天イーグルス・ヴィッセル神戸・FCバルセロナが勝った翌日は、ポイントアップのチャンスになります。
単独勝利で2倍
W勝利は3倍
トリプル勝利で4倍
と運が良ければ14倍になる場合もあります。
以上までは経費がかからないポイントアップの方法ですが、利用頻度が高い場合は以下のサービスを併用してポイントアップを試みても良いでしょう。

+2倍)楽天プレミアムカード・ゴールドカード利用で2倍
※楽天プレミアムカードは年会費10,800円
※ゴールドカードは年会費2,160円→楽天市場の利用が年間10万円を超える場合ペイできます。
+2倍)楽天モバイル通話SIM利用で2倍
※月額はプランにより異なりますが、需要が大きい通話SIM・データ3.1GBでは1,728円 です。

楽天市場利用時には、楽天カードを発行し楽天銀行を引き落とし口座に設定することで、ポイント4倍が達成できます。
さらにママ割に登録することで、ポイントアップなど様々な特典を利用できます。

※楽天市場利用は、ポイントサイト経由でポイントが2重どりできますが、ランク制度を採用している「ちょびリッチ」でプラチナランクになると獲得ポイントに+15%ボーナスポイントが付与されるため、よりポイントが貯まりやすいです。
下記バナー経由で11月の期間限定で1,000円相当のポイントが付与されます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ