エポスカードのリボ繰り上げ返済でポイント還元+0.5%アップ!

リボルビング払いは一般的に手数料が年率計算十数%かかり、形を変えた借金のようにも見えます。
そのため忌避されることが多いのですが、会社別のリボの仕組みを熟知しておけばポイントを得られ、手数料も回避できます。

その中でも「エポスカード 」陣営のカードは割とわかりやすい制度です。
またカード券種もゴールド・プラチナ・JQ CARD エポスでも活用できますので、保有している間活用できます。

エポスカードの基本スペック

レギュラータイプの「エポスカード の概要ですが、以下のようになります。
①国際ブランド VISAのみ
②年会費無料/ETCカードも無料
③海外旅行保険が自動付帯
④基本還元率0.5%
⑤家族カードなし
主要なスペックは上記のようになります。

この中で優れている特典は海外旅行保険です。
通常のカードはさまざまな制約がありますが、エポスカード 」は持っているだけで良く、内容がゴールドカード並みです。

エポスカードの基本還元率は0.5%

前述のようにエポスカード 」の基本還元率は0.5%です。
これだけみるとあまり魅力が無いように見えますね。
しかしリボ払いにすると該当する月度の還元率が+0.5%アップし、1%の還元率になります。

ですが「エポスカード 」のリボ払いは手数料は年率15%かかります。

これだと少々還元率が上がった程度では、メリットはなくむしろ大きなマイナスです。
ですが前述の通り「エポスカード 」ではこの手数料の発生を回避しアップした還元率の恩恵を受けることができます。

関連記事

最強のサブカードorメインカードになり得るのが、今回紹介する「エポスカード 」陣営のゴールドカード・プラチナです。通常は還元率は0.5%と至って普通です。しかし、インビテーションによってゴールドカードに切り替わると、年会費無料でMax2.[…]

エポスカードはどのポイントサイトか申し込んだらお得か

エポスカードのリボ払いの仕組み

大抵のカード会社のリボ払いによる還元率アップは「手数料が発生したとき」となっています。
しかしエポスカード 」では、リボ払いの設定になっていれば+0.5%還元率が向上する仕組みになのです。
従って当該月度の支払をリボ払いに設定した後、請求額確定までの段階で早期に繰り上げ返済してしまえば請求額が確定したときには返済済になっているので手数料が発生しません。

エポスカードの決済スケジュール

エポスカード」の請求額確定や締日などのスケジュールについて解説します。

例えば5月で締日を27日にしている場合は以下のとおりです。
締日:5月28日~6月27日
確定日:7月6日
支払日:7月27日

もう一つ締日を4日にしている場合は以下のとおりです。
締日:5月5日~6月4日
確定日:6月11日
支払日:7月4日

以上のようになります。
キーポイントは
①締日までにリボ払い設定にすること(常時リボにしていると不要)
②確定日までに全額返済すること
以上の2つの手順をこなすことで手数料を回避し、還元率を底上げできます。

文章だとイマイチピンとこない場合は、以下のカレンダーを活用ください。
下記の画像は27日締日となります。
※2020年5月~6月を使用しています。

続いて下記の画像は4日締日となります。
※2020年5月~6月を使用しています。

エポスカード繰り上げ返済の方法

エポスカード」でもっともオススメの繰り上げ返済の方法は、インターネットからの返済方法「ペイジー(Pay-Easy)」です。
ネット環境さえあれば無料で利用可能な上、待ち時間がありません。
デメリットがあるかといえば、特になく、なんの問題もないです。

あえていえば対応している銀行の「ある」・「なし」があるため事前の確認が必要です。
ペイジー対応銀行はこちら

上記のボタンも対応ページに遷移しますし、下記のリンクからもエポスカード・インターネット入金のページに遷移します。

エポスカード・インターネット入金はこちら

万が一、インターネット環境で問題があるときには、「エポスATM」でも可能です。

エポスカードでオススメの券種はJQ CARD エポスゴールド

エポスカード」の券種の中で、最もオススメなのは「JQ CARD エポスゴールド」です。
理由は以下の4点にまとめられます。

①インビテーションによって年会費無料で保有でき、
②年間100万円利用で+1%のボーナスポイント
③選べるポイントアップショップなら常時ポイント3倍(1.5%)
④基本還元率は0.5%ですが、リボ繰り上げ返済によって+0.5%還元率底上げ
以上により、ポイントアップショップなら3%の還元率、通常の利用でもリボ繰り上げ返済を駆使すれば2%の還元率で利用できるカードです。

特にモバイルSuicaも選べるポイントアップショップにラインナップされているところが、非常に有利です。

①のゴールドカードのインビテーションを受ける要件は、年間50万円前後の利用です。
もっと早く来る場合もありますが、それは人の属性によるため一概にはいえません。

たまるポイントはJRキューポ

このJQ CARD エポスカードで貯まるポイントは JRキューポであまり馴染みのないポイントですね。
ですがエポスカード」よりもポイントの使いみちが広いので重宝します。

JRキューポの主な交換先ですが、
①エポスポイント
②SUGOCA
③Tポイント
④Ponta
Gポイント
以上の5つに等価交換できます。

①のエポスポイントだと、エポスのVISAブランドのプリペイドカードへポイントでチャージすると0.5%の還元率で利用できます。
しかもVISAなので、出口戦略としては利用場所が多いので困りません。
ですが問題はクレジットカードからのチャージはポイントがつきませんので、お得感はさほどないですね。

②一方で九州に住んでいれば交通系ICの「SUGOCA」への交換は利便性が高いです。
JRキューポは、ポイントチャージ機能付自動券売機で「SUGOCA」のカード残額に追加(ポイントチャージ)できます。
SUGOCA」はJR九州で使う限りは、普通に乗ると自動改札で引き去った金額の1.0%、特急券では5%、地下鉄ではJR管区内(唐津線)に掛かれば乗車のたびに10ポイントです。
これなら出口戦略としてはかなり有望でしょう。

③ポイントを資産とみなして、運用したい場合はTポイントへの交換が汎用性は高いです。
Tポイントに関しては、SBI証券のプログラムポイントとして利用できるようになったため、投資信託の購入などに活用できます。
楽天証券と同じくポイント投資が可能なわけです。
SBI証券は、本邦最安コストのインデックスファンド
・SBIバンガードS&P500インデックスファンド
・SBI全世界株式インデックスファンド
などが100円単位で購入可能です。
ポイントを消費などに損耗するよりも、投資に回して複利で巨大化させたほうが経済的自由にはより近づけます。
非常におすすめのポイントの利用の仕方ですね。

女性起用バナー
おなじくSBI証券が設立しているSBIネオモバイル証券 では、株式が1株から購入できます。
他の証券会社で買いと売りを組み合わせて(クロス取引)株主優待のみを受け取り、SBIネオモバイル証券で1株だけ保有し、長期保有の恩恵を受けることができます。
ポイントをまさしく資産として利用できるわけですので、非常に有効なポイント活用方法です。
SBIネオモバイル証券

関連記事

近年はポイントを活用して投資ができるようになってきました。現状ポイント投資でポイントも収集しやすく、投資商品などの環境が整っているのは、①楽天ポイント②dポイント③Tポイント以上が挙げられます。Tポイントに関しては、ヤフー側がスマホ決済サ[…]

共通ポイントの一つ「Tポイント」。実は投資にも利用できます。Tポイントの効率的な貯め方、投資の仕方を説明します。


④一方でPontaは、2020年の5月21日にau WALLETと統合しました。
ということはPontadポイントへの等価交換の道が開かれています。
いずれはこの道は閉ざされそうですが、今のところは活用による利便性は大です。

⑤に関しては、JRキューポGポイントに替えると、様々なポイントに替えることができます。
最も汎用性が高いのが、プリペイドカード「Pollet」残高への交換です。

交換するだけで+0.5%増量してチャージされ、交換手数料も無料です。
この「Pollet」は、多数の主要ポイントサイトからのポイント交換先として指定できて、交換すると同じく+0.5%増量します。
それだけだと普段使いでは残高が心配な方は、
リアルカード「Pollet Million」を申し込んで、
「Pollet Million」に手数無料でチャージできる「セディナカードJiyu!da!」を発行しておくとカード入会特典20%還元と「Pollet Million」へのチャージによる+0.5%増量で20.5%の還元率でPolletを利用できることになります。

関連記事

キャッシュレス比率の低かった日本で、キャッシュレス・ポイント還元事業の支援もあって急速に導入が進んでいます。キャッシュレス決済の最初の入口として考えられるのは、銀行口座と直結し、決済と同時に口座から引き落とされる「デビットカード」でしょう[…]



プリペイドカードではなくてスマホ決済に利用したい方は三井住友カードでiD・Apple Pay・Google Payを利用する場合に限り、iDの利用金額から値引きという形で利用できるiDバリューが交換手数料無料で便利です。
これだと例えば「三井住友RevoStyle(リボスタイル)」なら上手に使えばiD利用で1%の還元率でポイントを利用するということになるので、iDが利用できる店舗限定ですがリターンが高い使い方と言えます。

ポイントサイト「Gポイント」は、下記バナー経由の入会で50円相当のポイントが付与されます。

Gポイント

まとめ

最もオススメなのは「JQ CARD エポスゴールド」を含む「エポスカード」で還元率を0.5%底上げできるリボ繰り上げ返済について、そんなに難しくないことがわかりましたね。

インビテーション前のレギュラーカードの段階でもこれができるので、エポスカード」の還元率は実質1%といっても過言ではないです。

そしてインビテーション後のゴールドカードになると、選べるポイントアップショップを狙って使いこなせば3%もの還元率で使い倒せますので、最強かも知れません。

JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。



エポスカード」発行は、ポイントサイト「ECナビ経由で、公式サイトからの入会特典に加えてポイントサイトから10,000円相当のポイントを獲得することができます。

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20100198469


最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


クレジットカードランキング