dカード・dカード GOLDの還元率をアップする「こえたらリボ」攻略法

dカードdカード GOLDの還元率を+0.5%アップさせることができる「こえたらリボ」攻略法を解説します。

過去にはリボにすることで+0.5%になるクレジットカードといえばエポスカード でしたが、リボ払いへの変更によるポイントアップはすでに廃止となっています。

一方でdカードは、「こえたらリボ」で設定した支払金額を利用額が超えて手数料が1円でも発生すれば利用代金1,000円(税込)ごとに5ポイントがプレゼントされますので、文字通り手数料を1円に近づければ実質的な還元率がアップします。

cohamizu
dカードdカード GOLDを使いこなすなら「こえたらリボ」の制度を理解して使いこなしましょう。

「こえたらリボ」を使いこなして還元率を+0.5%アップさせれば、合計還元率は1.5%ですが、dカード GOLDならさらに、年間ご利用額特典の条件をクリアすれば1%相当の特典のあわせ技で最大2.5%もの還元率を叩き出せます。

ドコモユーザー以外でもお得な「dカードゴールド」はライフメディア経由で!
4.5

①基本還元率は1%でさらに特約店でポイントアップ(数%off特典も)
②こえたらリボ利用で還元率を+0.5%上乗せ
③年間100万円以上の利用で年間ご利用特典11,000円相当(年間200万円なら22,000円相当)
④毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」ご利用料金の10%をポイント還元/スマホの補償最大10万円
■ポイントサイト「ライフメディア」経由で新規入会特典に加えて23,500円相当のポイントがもらえます。

「こえたらリボ」の使い方

「こえたらリボ」とは、月々の支払額をあらかじめ決めておいて、その金額をこえると超えた金額がリボ払いにまわりその金額分にリボ手数料が適用になる制度です。

dカード超えたらリボ

👆の画像のように3万円設定しておくと、こえた2万円分が繰越となり、年率換算15%のリボ手数料がかかります。

dカードdカード GOLDは1円でも手数料が発生していると、利用代金1,000円(税込)ごとに5ポイント(0.5%還元)プレゼントされるため、還元率が基本の1%に+0.5%となった1.5%にアップします。

この恩恵を受けるには、発生する手数料が少なければ少ないほどよいです。

最高なのは1円ですが、例えば1,000円リボ払いに回っていると月12円程度の手数料になります。

一方で画像のように3万円の支払いで+0.5%のポイントアップでもらえたdポイントは150pt(=150円相当)ですので、手数料12円をひいても以下のようにメリットがあることがわかります。

150pt(=150円相当) - 12 = 138円相当
このように手数料が発生しても、ポイントで実質的に儲かっています。
問題は手数料を最小限にするためどれだけリボ残高で残すかですね。

「こえたらリボ」は初回だけ残高を多めに

dカードdカード GOLDは三井住友陣営のカードで、リボ手数料は未決済の残高100円以上に対して100円単位で計算されており、99円以下の端数は切り捨てられています。
したがって「こえたらリボ」で手数料を最小化するためのリボ残高とは100円です。
【年間手数料を算出】100円(リボ残高)✕15%(リボ手数料率)=15円
【月単位発生手数料】15円÷12ヶ月=1.25円
100円以上の少額をリボで残しておけば、リボ手数料が発生し、+0.5%のポイントアップになります。
ポイントアップは、利用金額全体に対して適用となるため、「こえたらリボ」を3万円に設定していて、30,100円の利用担っている場合、ポイントは150ptアップしますが(基本還元率1%分の300ptももらえます)、手数料は1円しか発生しないことになります。

ところが初回に限ってはちょっと工夫する必要があります。

dカードdカード GOLDは15日締めの翌月10日支払いの設定にされている方が多く、初回に限って手数料が発生するのは、その基準日の15日から5日間が基本です。

そのため5日間の計算で手数料が発生するのは500円以上、10日が日曜日であれば計算は4日間ですので700円以上、10日が土曜日であれば計算は3日となり900円以上超えておかないと手数料は発生しませんので、ポイントアップなどの特典の恩恵を受けられません。

そのため祝日の兼ね合いも含めて1,000円以上は残せば初回手数料は発生してくると思います。

dカードの初回入会特典でも「こえたらリボ」がある

dカードdカード GOLDの初回入会特典の中にも、「こえたらリボ」を設定すると1,000ポイントもらえるキャンペーンが常設であるので、dカードを申し込んだのであれば、設定だけで1,000円もらえるわけですので、慎重に計算して取り組むと多額のポイントがもらえます。

こえたらリボ

なぜなら、1,000ptを「こえたらリボ」で獲得しようとすると、20万円もの支払いに相当するからです。

このキャンペーンの設定金額は3万円以下ですので、ハードルも低いです。

「こえたらリボ」の調整と還元率アップのやり方

問題は設定した月々の支払額で調整するにはどうしたらいいの?という懸念でしょうね。

それには金額の設定とチャージすればポイントがもらえるプリペイドカードが重要になってきます。

ところが三井住友カード系のカードの場合は、dカードプリペイドTOYOTA Walletなどの三井住友カード系のプリペイドカードにチャージするとポイントはもらえません。

ですので活用するなら、Visa・MasterCardどちらのブランドでチャージしてもポイントがもらえるKyashCardです。

KyashCardへチャージした残高の還元率は0.2%

KyashCardは2021年2月10日までは、クレジットカードからチャージされた残高の支払いでも1%のポイントがついていたのでdカードならポイント2重どりで2%の還元率が簡単に実現できていました。

しかし、これは改悪され0.2%に低下してどっかにしまった方も多いと思います。

しかし前述のTOYOTA Walletはチャージできるカードは、3Dセキュア認証ができるカードならプリペイドカードでも設定できますので、dカードdカード GOLDを紐付けたKyashCardを登録することが可能です。

しかもTOYOTA Walletは2021年4月13日から「毎月毎回1.5%キャッシュバック」という桁違いのキャンペーンを繰り出していますので、KyashCardを経由してTOYOTA Walletdカードdカード GOLDの「あとからリボ」の月々設定した支払額まで調整するためにチャージすれば問題が解決されます。

Kyash Cardは紹介状経由の申込みで実質タダになります。

TOYOTA Walleへのチャージに役立つKyash Card申込みは、下記のリンクボタン経由で招待を受けて、銀行入金を行うと900ポイント(=900円相当)が付与されます(銀行入金の残高の支払いは1%の還元率です)。

dカード(こえたらリボ)✕KyahCard✕TOYOTA Walletで3.2%還元!

dカードdカード GOLDの「こえたらリボ」を活用して1.5%の還元率とした状態で、KyashCardTOYOTA Walletとポイント3重どりを行うと、トータルの還元率は3.2%にまでアップします。

dカード(こえたらリボ適用1.5%)+KyashCard(0.2%)+TOYOTA Wallet(1.5%)=3.2%
TOYOTA Walletは2021年4月13日から「毎月毎回1.5%キャッシュバック」というキャンペーンを繰り出しており、対象となる支払い方法はiD・MasterCardコンタクトレス・MasterCardバーチャルプリペイドによるネット決済です。
毎月毎回1.5%キャッシュバック
TOYOTA Walletの残高であるMasterCardバーチャルプリペイドはプリペイドカードである特性上、ガソリンスタンドや公共料金は支払えませんが、普段のお店の支払いはiD・MasterCardコンタクトレスでできますし、ネットショッピングはTOYOTA Walletがメインで担当すれば良いのではないかと思います。
KyashCardを経由する理由は、0.2%の還元率アップが狙えることと、dカードdカード GOLDから直接TOYOTA Walletにチャージするとポイントがつかないためです。
ただしKyashCardは度重なる改悪により、クレジットカードを紐付けてチャージした残高へのポイントは月間で100ポイント(月間5万円までの決済分)となっていますので、それ以上はポイントがつきません。
またTOYOTA Walletもチャージ上限は5万円で月間では30万円と上限がありますのでそこにも注意が必要です。
したがって毎月の「こえたらリボ」の設定額を5万円にしておいて、わずかだけリボ残高を残しながら毎月5万円をKyashCardを経由してTOYOTA Walletにチャージする方法が良さそうです。

dカード・dカード GOLDの還元率をアップする「こえたらリボ」攻略法まとめ

以前はエポスカード などでもリボにあとからすることで、ポイントアップしていましたがこれが廃止になっています。

ですのでリボによるポイントアップが狙えるのは、現在ではdカードdカード GOLDなどの三井住友系のカードになってきます。

とくにdカードdカード GOLDは新規入会後の翌々月末までにエントリーし「こえたらリボ」を設定することでキャンペーンの対象となりますので、早速設定して調整方法を試してみると良いと思います。

裏技利用で1.5%の還元率!年会費無料の「dカード」
4

ハピタス9月

①基本還元率は1%の年会費無料のクレジットカード
※さらに特約店でポイントアップ(数%off特典も)!
②今なら8,000円相当の新規入会特典
③こえたらリボで+0.5%ポイントアップ!
■申込みはポイントサイト「ハピタス」経由で新規入会特典に加えて3,000円相当のポイントがもらえます。
■ハピタスは本ブログの紹介URL経由の登録と広告利用で1,000円相当のポイントプレゼントです。

ドコモユーザー以外でもお得な「dカードゴールド」はライフメディア経由で!
4.5

①基本還元率は1%でさらに特約店でポイントアップ(数%off特典も)
②こえたらリボ利用で還元率を+0.5%上乗せ
③年間100万円以上の利用で年間ご利用特典11,000円相当(年間200万円なら22,000円相当)
④毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」ご利用料金の10%をポイント還元/スマホの補償最大10万円
■ポイントサイト「ライフメディア」経由で新規入会特典に加えて23,500円相当のポイントがもらえます。

>>dカードGOLDの発行でお得な申込方法【2021】