楽天カードの「あとからリボ払い」キャンペーンで大量ポイントゲット!

楽天カードの今月の支払金額を確認する際に、
キャンペーンを一緒に確認すると、
「あとからリボ払いをご利用でもれなく~ポイント」
というキャンペーンが入っていることがあります。

毎月27日の支払方法確定日20日までに出現するキャンペーンですが、
利用者それぞれの属性に合わせたキャンペーンが送られているようです。

リボ払いは、手数料が年率換算15%と高額であるため、堅実な利用方法は避けるのが妥当だと一般的には言われていますね。
ところがカード会社の仕様によっては、リボの手数料は最小化できたり回避できたりします。
しかしカード会社ごとに異なるリボ発動要件にヒットさせればボーナスでポイントを貰えたりします。
それもそのはずで、かなり多数の方がこの仕組を理解しておらず、支払いを楽にするためにリボを選択し、多額の手数料を払っています。
この手数料収入こそがカード会社の利益の源泉なので、多額のポイントを付与するわけです。

ということはリボ手数料を回避・最小化してリボ発動によるボーナスポイントを受け取れば、普通では得られないポイントを獲得できます。

この記事では、おなじみの楽天カードでリボ制度を応用した大量ポイント獲得方法をまとめています。

楽天カードの「あとからリボ」キャンペーン

楽天カードの締日は毎月1~末日までの利用金額に対し、翌月27日で指定した銀行口座から引き落とされます。
その前の20日までに支払い方法を確定させるのですが、このときにリボ払いなどを選択できます。

下記のバナーみたいな感じで、キャンペーンが入っていたり、メールが送られていると思います。

当方の場合は、額面的にも使いやすいので合計25,000円以上「あとからリボ払い」の利用で2,000pt進呈というキャンペーンを活用していますが、利用者の方の設定状況によっては、額が20,000円で1,000pt/30,000円で2,000pt/50,000円で3,000ptという方もいるようです。

いずれにしても、この「あとからリボ」という支払い方法では、自動リボとは設定が異なり手数料が逆複利で巨大化するようなものではなくコントロール可能です。
手数料も簡単にシュミレーションできますので、20日までに発生する手数料ともらえるポイントを計算して純利益がいくらになるか確認して臨みましょう。

「あとリボ払い」特典の条件の確認

当方に届いている「あとリボ払い」の特典は2,000ポイントです。
エントリー・あとリボ払いへの変更は、毎月10~20日の間で発生しています。
この2020年7月10~20日のオペレーションにより得られるポイントが着弾するのは、8月20日で設定されていました。
ただ課題は、たった1ヶ月と10日間しか期限が持たない期間限定ポイントであることですね。
しかし最近は楽天ペイという決済ツールもありますので、ポイント払いでも1%の還元率で運用できるなど利便性が広がっています。

「あとリボ」にした場合の手数料

問題は手数料ですね。
これは手計算しなくてもリボ払い返済シュミレーションというツールが用意されていますので計算してみました。
通常のリボ払いを「25,000円」で設定しており、
該当月の支払いを25,000円を少し超える金額に調整しています。
このために、保有している楽天ゴールドカードの支払いは、この手法で還元率を驚異的に上げるため、嫁さんが主に細かい支払いを複数行っています。

この画像ではピッタリには残念ながらできませんでしたが、25,163円が合計で2回払いになります。
前月の6月度で利用明細から、25,000円に限りに開く近い金額の組み合わせを選択し、25,000円に近づけたのですが、できればKyash Cardなどのプリペイドカードなどへ、計算しやすい金額をチャージすれば、さらにぴったりに金額に近づけることができますので、可能な限り利用したいところです。

今回の例のように、25,163円が合計で2回払いになった場合、発生する手数料は316円でした。

ということは2,000円(ポイント)-316円(手数料)=1,684円(純利益)
以上の計算になります。
還元率で置き換えると、(2,000÷25,479円)×100=78.5%
とんでもない還元率になりますね。

この手数料の計算は、例えば支払い元金が20,000円であれば、以下の計算で月に発生してくる手数料が求められます。
[20,000円×0.15(15%)]÷12ヶ月=250円

例題を挙げるとすると以下のような6月の支払いであれば、7月10~20日の間で「あとからリボ払い」への調整が可能となります。

利用日利用店名支払い方法支払金額
6/29楽天SPローソン1回払い700
6/25楽天KOBO1回払い1,400
6/15楽天市場C1回払い15,000
6/14投信積立(楽天証券)1回払い50,000
6/10楽天市場B1回払い6,000
6/5楽天市場A1回払い2,000
合計75,100

この場合、
6/29 楽天SPローソン 1回払い 700円
6/25 楽天KOBO          1回払い 1,400円
6/15 楽天市場C           1回払い 15,000円
6/10 楽天市場B           1回払い 6,000円
6/5   楽天市場A           1回払い 2,000円
以上の支払いを合計すると、25,100円となって25,000円以上「あとからリボ払い」利用の要件に当てはまります。

通常はキャンペーンへのエントリー後、すぐに「リボ払いへの変更」に進めますが、
見落とした場合は、
楽天e-NAVI→「リボ・キャッシング」→「リボ払いへの変更」に進んで、例題の5項目をリボに変更します。

そうすると、6月の利用/7月27日払いの明細は投信積立の50,000円のみとなり、この支払は8月以降にまわります。

一方の手数料は、
8月 元金25,000円+手数料314円=25,314円
9月 元金   100円+手数料1円=101円
トータル手数料315円です。
一方で得られるポイントは2,000ptで、楽天ペイ、出光の給油、ミスタードーナツなどの外食では現金と同様に利用できます。

このように少額の手数料に対し、得られるポイントは1,000~3,000ptですので非常に割がいいキャンペーンだといえます。

獲得した期間限定ポイントの利用方法

次の課題は、着弾したポイントの利用期限が非常に短いため、どのように利用するかが課題ですね。

最もシンプルな方法は、楽天ペイで実店舗の支払いを行うことですね。
これだとポイント払いでも1%の還元率が付与されますので、ポイントの利用価値が高くなります。
次に便利な方法は、楽天モバイル 、楽天でんきなどの固定費の支払いに楽天期間限定ポイントは利用できる他、車を利用されている方は、ガソリンスタンド出光の支払いにも楽天期間限定ポイントは充当できます。

楽天カードはどれがいいのか

当方は「楽天ゴールドカード」だと記述していますが、これは本人が楽天市場を年間でどれくらい利用するかで大きく異なってきます。
というのは「楽天ゴールドカード」は年会費が2,200円発生するので、それを上回るリターンが無い限りは不必要だからです。
楽天市場を利用した際に、楽天の各種サービスを利用した際に付与されるSPU(スーパーポイントアッププログラム)は、「楽天カード」の利用で2%、「楽天ゴールドカード」・「楽天プレミアムカード」の支払いで+2%、さらに引き落とし口座を「楽天銀行」へ設定することで+1%です。
従って、「楽天ゴールドカード」・「楽天プレミアムカード」では+2%ですので、年間の楽天市場の利用金額は税込110,000円以上でなければ年会費倒れということになります。

年間の楽天市場の利用金額が税込110,000円以上であれば、「楽天ゴールドカード」に切り替えておくと収益が向上します。

関連記事

当方は、長らく「楽天銀行カード(JCB)」を利用していました。現在は、切り替えを行って「楽天ゴールドカード(MasterCard)」を利用しています。本記事ではその理由とメリット・手順について記述しています。「楽天銀行カード(JCB)」に[…]

使いにくいら楽天銀行カードからコスパ最高な楽天ゴールドカードへの切替手順です。

楽天ゴールドカードの国際ブランドは何にすべきか

クレジットカードの国際ブランド別の世界での決済金額の構成比は以下のようになります。

国際ブランド構成比
Visa50%
Master Card26%
JCB1%

Visaが圧倒的に1位のシェアです。
ですが、ウォルマート・コストコではVisaは採用されていません。
そのため、最低でもVisa×1枚、MasterCard×1枚で構成しておいたほうが、海外の場合も対応できます。

当サイトでおすすめしているエポスゴールドカード/「JQ CARD エポスゴールド」は、選べるポイントアップショップでは2.5%の高還元率ですが、それ以外は1.5%です。
特徴はオプションでショッピング保険を付帯でき、海外旅行時の保険が手厚いです。
国際ブランドはVisaのみです。
エポスゴールドカード/「JQ CARD エポスゴールド」を家計の中でもっとも支払いの多い3つに絞って利用しておいて、一方で「楽天ゴールドカード」はMasterCardブランドにしておけば、大抵どこでも支払いが可能です。

JQ CARD エポスゴールド」/Visa
楽天ゴールドカード」/MasterCard
という構成がおすすめです。

また上記の国際ブランド構成だと、チャージすればポイントが満額付与され、さらに利用でも+1%の還元率となるKasyh CardへのチャージはVisa/MasterCardのみなので、どちらも利用できて便利ですね。

関連記事

Kyash(キャッシュ)株式会社が発行するプリペイドカードKyashはVISAプリペイドカードでこのプリペイドカードに保有するカードからチャージし利用するとカードのポイントは満額付与され、Kyash自体の還元率も1%と高率で還元率を高めら[…]



また不思議なことに電子マネー楽天Edyへのチャージもエポスゴールドカード/「JQ CARD エポスゴールド」の方が1.5%と「楽天カード」の0.5%を上回ります。
また最大還元率2.5%となる選べるポイントアップショップにモバイルSuicaを加えられますので、交通費の節減はエポスゴールドカード/「JQ CARD エポスゴールド」の方が優秀です。

関連記事

楽天Edyといえば、楽天カードに付帯した楽天Edyで毎月開催されていた「楽天Edy Everday 最大5ポイントキャンペーン」が実施されていたのですが、2020年4月は未実施のまま終わりそうです。もしこのまま、楽天Edyで今後[…]

楽天EdyチャージはJQ CARD エポスゴールドで2.5%還元率達成

まとめ

当方の場合は、エポス陣営の「JQ CARD エポスゴールド」、楽天の「楽天ゴールドカード」を頻繁に使っていますが、どちらもリボを利用することで還元率を向上させることができます。
ところがエポス陣営のリボ繰り上げ返済によるポイント付与は9月でもって終了するため、リボを活用した大量のポイント獲得はもっぱら「楽天ゴールドカード」になってきますね。

忘れては行けないのが「dカードGold」でこちらは「こえたらリボ」という制度で、1%の還元率を1.5%に引き上げることが可能です。

このようにクレジットカードを制するにはリボの制度を熟読してリボを制する必要があります。
クレジットカードをデフォルトの還元率で使っているだけでは非常にもったいないので、できるだけこういったキャンペーンなどの機会を応用して還元率引き上げを図って行けば、他の誰よりも多くポイントを稼ぐことができます。


楽天カードの申込みは、ポイントサイト「ワラウ」経由で公式からの5,000ポイントの付与に加えて、
ポイントサイト「ワラウ」から5,110円相当のポイントが付与されます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


クレジットカードランキング