三菱UFJニコス系カードの「楽Pay」活用方法

三菱UFJニコス系のリボ払い「楽Pay」。
楽とか書いていますが、リボ払いを普通にやると15%もの高額な手数料がかかりデメリットだらけになります。

しかしそれぞれのカード会社が定義する「リボ払い」の制度と「リボ払い」にすることによる特典を理解すれば、普通の払い方よりもはるかにメリットを得られます。

まず考えなくてはならないのは、「リボ払い」手数料の回避・最小化ですね。
これができる制度でかつ「リボ払い」になっている状態で得られるメリットが大きければ取り組む価値があります。

三菱UFJニコス系のカードのリボ払い制度「楽Pay」

三菱UFJニコス株式会社は、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社で、国内最大級のクレジットカード会社です。
前身はDCカードですので制度的に一緒です。

三菱UFJニコス系の「リボ払い」制度は「楽Pay」という名称ですが、なんだか楽天のコード決済「楽天ペイ」に名称が似ていて紛らわしいですね。
もうちょっとなんとかならなかったのでしょうか。

楽Payに登録すると毎月の支払いが定額リボになります。

楽Pay」とは、毎月の支払いを5,000円以上、5,000円単位、最高10万円までの範囲で定額リボ払いできる制度です。
普通は店頭で「リボ払い」と宣言しないとリボにはならないのですが、「楽Pay」登録するとショッピング1回払いのご利用分は自動的にリボ払いになります。

月々の支払いは固定化しますが、自身で定めた月々の支払金額を超えた金額は、翌月に繰り越され手数料が課金されます。
この課金される手数料は年率換算15%と高額です。

楽Payは初月度の手数料がかかりません

楽Pay」は自動的にリボ払いになりますが、初月度は手数料無料です。
従って毎月定額内の支払いになっている場合は、一括と変わらないため手数料がかかりません。
そのため限度一杯の10万円に設定しておけば10万円の範囲内の利用であれば一括払いを常にしているのと変わらないです。

楽Payのメリットはショッピング保険+年会費優遇

三菱UFJニコス系のカードで「楽Pay」にしておくメリットは、
①ショッピング保険が自動付帯すること
②カード年会費が優遇されること
以上の2つです。

これに加えて諸条件を満たした「楽Pay」利用でポイントを付与してくれることもあります。

ショッピング保険自動付帯

三菱UFJニコス系のカードで「楽Pay」に登録して購入した商品については購入日から90日間ショッピング保険が付帯します。
1回の事故につき自己負担額(免責金額)は3,000円と低めで年間補償限度額はカードのグレードで異なってきます。

カード年会費が優遇

三菱UFJニコス系のカードで「楽Pay」に登録して、かつ「リボ払い」手数料が発生すると翌年の年会費が優遇されます。

「リボ払い」手数料をほんの少しだけ発生させるため多少テクニックが必要になりますが、優遇状態になると年会費税込11,000円のカードであれば3,000円優遇され年会費が8,000円になります。
中には年会費が半額になる券種もあります。

年会費が発生する券種であれば、僅かな手数料を発生させるだけで年会費が大幅に割り引かれるため非常にメリットがありますね。

しかも三菱UFJニコス系のカードで「楽Pay」に登録という条件だけでポイントをつけてくれるキャンペーンもありますので乗っておいて手数料を回避・最小化して膨大なポイントを獲得することも可能です。

注目のキャンペーンはリクルートカード(Visa/MasterCard)の楽Pay登録

1.2%という強力な還元率を誇り、楽天Edy・nanacoなどの電子マネーのチャージでもポイントが満額付与されるリクルートカード
nanacoへの新規登録はできなくなりましたが、昔から登録している当方としては公金を支払う貴重なカードになっています。

その庶民の味方のリクルートカードでは、登録型リボ「楽Pay」に登録し利用すると3,000円相当のポイントがプレゼントされるキャンペーンを展開しています。

リクルートカード_PC

リクルートカード会員限定「楽Pay」登録で最大3,000円分ポイントプレゼントキャンペーン詳細

・「楽Pay」登録日:2020年8月1~2020年10月31日
・ショッピング利用期間:「楽Pay」登録後~2020年11月30日
・ポイントプレゼント時期:2021年3月中旬
・ポイントプレゼント条件
 ①登録型リボ「楽Pay」に新規でご登録(毎月のお支払金額を1万円以下にご指定)
 ②キャンペーン登録後、ショッピングで1万円以上ご利用。
 ③5万円以上の利用で3,000円相当のポイントがプレゼント
・注意点:毎月の支払いを1万円を超える額に設定しているとプレゼントの対象外

これからリクルートカードの「楽Pay」キャンペーンに乗る方法

今回のキャンペーンの条件に当てはまるのは、
・毎月の支払金額を1万円に設定し
・ショッピングで1万円利用で1,000円相当のポイント
・期間中5万円の利用で3,000円相当のポイント

設定金額を超えて利用した場合は、リボ手数料がかかります。
楽Pay」を10,000円の設定にして、10,000円分「Kyash Card」などのプリペイドカードにチャージすれば1,000円を難なく獲得できます。


また総取りを狙うならば、現状進行している8月1日からの登録キャンペーンならショッピング利用期間が8月1日~11月30日です。
そのため以下のように楽Payで支払って行けばいいですね。
8月1日~8月15日 10,000円利用
8月16日~9月15日 10,000円利用
9月16日~10月15日 10,000円利用
10月16日~11月15日 10,000円利用
11月16日~11月30日 10,000円利用
以上で50,000円の利用になり、3,000ptを獲得できます。
ポイント付与の日程は2021年3月中旬と長丁場ですので覚悟が必要ですが、サブカード設定なのであれば問題ないでしょう。

リボ払い数料の最小化

今からカードを発行すると間に合わないという場合も、途中からの参戦でも総額5万円の利用はできます。
多少金利を払うことになりますが、参戦初月度に繰り越したリボ払い手数料の対象額が仮に1万円でも、翌月は125円の手数料しか発生しません。
※1)リボ払い手数料対象額10,000円×年率15%=1,500円
※2)1,500円÷12ヶ月=ひと月あたりの手数料125円

このように発生した手数料をさらに最小限にするには、繰越返済を行えばOKですね。
これは繰り越しが確定する請求日の翌日にATMで繰り上げ返済で全額を支払う作業を行えば完了しますが、その前にコールセンターへ連絡します。

リクルートカードの締日は毎月16日~翌月15日。引き落とし日は翌々月10日です。
例えば8月であれば、8月16~9月15日の利用代金が、10月10日に引き落とされます。
請求確定日は毎月月初ですので、これをコールセンターで確認しましょう。
確認した請求日の翌日にATMで繰り上げ返済すれば1日分の利息で済みます。

まとめ

三菱UFJニコス系のクレジットカードの「楽Pay」に関しては、初月度の手数料が無料で、設定した金額を超えた部分にしか手数料はかからないため、割と攻略しやすい設計になっています。

その中でも、高還元率を誇るリクルートカードでは、新規入会キャンペーンとして6,000円相当のポイント付与という大型キャンペーンをしていますね。
キャンペーンの内訳は、
・新規入会で1,000円相当のポイント
・はじめてのカード利用で1,000円相当のポイント
・携帯電話料金の支払いで4,000円相当のポイント
以上で6,000円相当のポイントの内訳ですが、前述の「楽Pay」登録+利用で3,000円キャンペーンも乗っかることができます。

リクルートカード
※1.2%の高還元率で電子マネーチャージできるリクルートカードは、ポイントサイト「ライフメディア」経由で、
公式サイトからのポイントに加えて、「ライフメディア」から2,300円相当のポイントが付与されます。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


クレジットカードランキング