猛烈な酷暑の中で冷房の電気代を抑えるコツ

今年も梅雨があけると、外に出るのが危険なほどの暑さになっています。
この暑さの中でミニバンを洗車したのですが、疲労困憊です。

振り返ると昨年2018年の夏は気温が40℃に達する地域も珍しくなく、小学生が学校行事で熱中症で死亡するなど、人が死んでしまうくらいの暑い夏でした。

死んでしまったり、熱中症になって重体になってしまうよりは、健康のためと割り切って家族が過ごすリビングでは一日中冷房を効かせていたほうが良いでしょう。

しかし冷房を多用するとやはり気になるのは電気代です。また抑えるにはどうしたら良いだろうかと考えるでしょう。

そこでエアコンのランニングコストとイニシャルコスト両方について記述してみました。

楽天のでんき

※楽天でんきをポイントサイト「モッピー」経由で申し込むと、ポイントサイトから400円相当のポイントが付与されます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

エアコンのランニングコストを下げるためには

エアコンは、夏には熱い空気を吸い込んで、冷たい空気にして吐き出す装置です。

これを効率的にするために様々な工夫があるわけですが、一般的な対策としては
①フィルター清掃
②冷房のスイッチを入れる前の換気
③扇風機の併用などが知られた方法です。
しかし実際に最も効果があるのは室外機への対策です。

室外機は外に室内の熱い空気を排出するためのものなのですが、普段見ていないために注意を払わないケースがあり、放置すると場合によっては性能が落ち冷房効率が低下します。

室内機は目につくのでメンテナンスは行うと思うのですが、エアコンを設置した時に室外機を適切な環境にしておくことでより冷房・暖房効率が高まります。

その対策について記述します。

①室外機の前にものを置かない

室外機の前にものを置くと、本来放出したはずの空気がまた戻ってきてしまい、冷房効率が低下します。

本来は風通しがよく、放出した空気が逃げやすいようにしておくべきなのですが、狭い場所に設置したりすると、障害物のために空気がしっかり放出できません。

それであれば、室外機を壁掛け金具で地面以外の場所に取り付けたほうがまだマシでしょう。

また室外機カバーを付ける人もいますが(ラティスとか)、排気するところが柵のようになってふさがっていると空気はある程度は抜けるものの、放出する熱い空気が抜けにくくなるのでこれもだめです。

②直射日光を避ける

室外機は大抵外に置くため、注意を払いません。
しかし直射日光にあたって温度が上がっている状態だと、本来熱を放出するはずなのに、暑い熱を捨てきれずに放熱効果が低下し余計に電気を消費してしまいます。

そのため、空気を放出するところからは1m以上離した状態で、よしず・すだれなどで日陰を作っておくと効果的です。

また最近は、よしず・すだれではなくオーニングも多く、種類も豊富になってきているのでこちらでも良いでしょう。

③室外機を掃除する

特に室外機の付近で洗濯物を干している場合は要注意で、日々でてくるホコリなどでエアコンの室外機の後ろにびっしりホコリがついている場合があります。
この場合も熱交換がしにくくなって効率が低下する要因となっています。

この場合、掃除機に付属しているブラシを掃除機の先端につけてホコリを吸い出して掃除すれば復活します。

※びっしりホコリが付いている状態だと正常に稼働しないため、止まってしまう可能性があります。運転を開始する6月あたりに一度状況は確認しておいたほうがいいでしょう。

エアコンの選び方(イニシャルコスト)

1999年以降の住宅の断熱性能の基準では、6畳では739W、その倍の12畳では1,485W、3倍の18畳では2,224Wなので、12畳でも18畳でも1台の6畳用エアコンで事足りる計算になります。

仮にリビングダイニング(LDK)+6畳の部屋で20畳であっても断熱性能の基準では2,471W程度で事足りるため店頭では10畳用と謳われている2.8kwのエアコンを選択すれば事足ります。

そのようにメーカーが書かないのは、設置したところが古い住宅でその基準に見合わない場合、大幅にスペックの高いエアコンを設置する必要があるためで、要するに3倍は余裕をもたせているわけです。

メーカーの畳数の基準は、実は1964年の基準のままで50年もすでに経過している古い基準です。

ここ数年で建てられたような住宅ではこの基準に当てはまらないのはあたりまえで、2LDKくらいなら1つのエアコンで冷房は事足りている可能性があります(現実にやってみたら確かにギリギリだが事足りた)。

性能をより補完するために、前述の室外機が正常に動くための対策とこまめなフィルター清掃、暑い日差しを遮るよしず・すだれ・オーニングシェードなどを活用する他、断熱性の高いカーテンを併用すれば万全でしょう。

このように最初に購入する時のイニシャルコスト(初期投資費用)も精査すれば、知らなければ20畳で20万円近く払ってエアコンをつけていたところが、安ければ8万程度まで抑えることができます。

メーカー:アイリスオーヤマ/6畳用エアコン