期間限定ポイントを有効活用できる「楽天ペイ」+majicaによる「楽天ポイントギフト・バリアブルカード」購入の組み合わせ

楽天が運用するコード決済楽天ペイは、2020年年初の5%キャンペーン以降、コード決済しても0%の還元率という謎決済サービスを続けていましたが、ユーザー離れでアンインストール待ったなしの状態からの脱却を図った模様です。
2020年7月1日より、「楽天ペイ」のポイント還元率は1%に改善され、au Pay」「d払い」「PayPay」の還元率0.5%を上回る仕様に改善されます。

従来のクレジットカードを登録した状態では、クレジットカードの還元率のみですが、「楽天キャッシュ」・「楽天ポイント」の残高を用いた決済でポイントが付与される点が大きな改善店です。

楽天ペイ」の支払いは「楽天スーパーポイント/期間限定ポイント」を使用して支払うこともできます。
勿論そのときも、1%のポイント還元率を受けることができるので期限の迫ったポイントの活用方法として最適ですね。

しかし、それでは消費するだけです。
「楽天キャッシュ」は楽天カード」からのチャージすれば0.5%のポイント還元率で残高チャージできます。
これで「楽天ペイ」:1%+「楽天キャッシュ/楽天カードチャージ」:0.5%=1.5%
で常時運用できることになります。
しかしそれだけではありません。
先程、「楽天スーパーポイント/期間限定ポイント」を使用して支払うこともできると記述しましたが、「楽天スーパーポイント」はそのものを高い還元率で購入することが可能です。
そのため、「楽天キャッシュ」を楽天カード」からチャージするよりもオトクにすることが可能です。

楽天ペイは組み合わせにより還元率がアップする

コンビニでコピー機あたりの近くにギフトカードなどがフックにかかって陳列されていないでしょうか。

その中に「楽天ポイントギフト」・「楽天バリアブルカード」がかかっています。

「楽天バリアブルカード」は、5万円分までなら自由な金額で購入でき、購入した金額分を楽天スーパーポイント/期間限定ポイントとして自身の楽天ポイント口座に充当できます。

「楽天ポイントギフト」・「楽天バリアブルカード」は、一般的には現金で買いますが、これをクレジットカードなどで購入できるとすれば、「楽天ペイ」の1%の還元率に、「楽天ポイントギフト」・「楽天バリアブルカード」を購入したクレジットカードの還元率を乗っけられます。

クレジットカードによるnanacoチャージで「楽天ポイント」を買う

「楽天ポイントギフト」・「楽天バリアブルカード」は、一般的には現金で買いますが、セブンイレブンだとnanacoでも購入可能です。

「楽天バリアブルカード」をnanacoで購入してもポイントはつきませんが、クレジットチャージした場合は、クレジットカードのポイントが付与されます。
ということは、nanacoをクレジットチャージする際のポイント付与率が高ければ、「楽天ペイ」の1%のポイント還元率に上乗せできるわけです。

すでにnanacoに1.2%の還元率を誇る「リクルートカード」を紐付けている方は、nanacoチャージが毎月16~翌月15日まで3万円分は満額ポイントが付与されます。
チャージしたnanacoで「楽天ポイントギフト」・楽天バリアブルカード」を購入し「楽天ペイ」の設定で【すべてのポイント/キャッシュを使う】にチェックを入れて決済すると、組み合わせ還元率は以下の通りになります。
楽天ペイ」:1%+「楽天ポイント/リクルートカードnanacoチャージ」:1.2%=2.2%

しかし、nanacoへのチャージ用のクレジットカードは、2020年3月12日から新たなクレジットカードの登録は、
・セブンカード・プラス【一体型・紐付型】
・セブンカード・プラス(ゴールド)【一体型・紐付型】
・セブンカード
・セブンカード(ゴールド)
に限定されています。
そのためこれからnanacoへのチャージをクレジットカードで行う場合は、セブンカードが必携となります。

要するに「楽天ポイントギフト」・「楽天バリアブルカード」を購入する際に、ただ現金で買うのではなく、クレジットカードによる購入などで現金よりも還元率が増幅される方法を選択すればいいわけです。

関連記事

Pontaを貯めるのに有利なカードと言えば「リクルートカード」ですね。基本還元率は1.2%と非常に高く、Apple Payにも対応し、電子マネーは「楽天edy」・「モバイルSuica」へのチャージでもポイントが満額付与されます。貯まるポイ[…]

リクルートカードのメリット・デメリットとキャンペーンポイント獲得の仕方


nanacoと一体型となっているセブンカード・プラスの申込みは、ポイントサイト「ハピタス」経由で新規入会特典に加えて、ポイントサイト「ハピタス」から610円相当のポイントが付与されます。
ハピタス」への新規登録は下記バナー経由の新規登録+7日以内の広告利用で400円相当のポイントが付与されます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

「majica donpen card」のmajicaで「楽天ポイントギフト」・「楽天バリアブル」を買えば還元率は+1.5~5.5%

majica donpen cardは、ドン・キホーテのハウスカードで、電子マネーmajicaが付帯しています。
majica donpen cardは、電子マネー「majica」へクレジットチャージできる唯一のカードです。
この電子マネー「majica」「楽天ポイントギフト」・「楽天バリアブルカード」を購入することができます。
しかも端数の1~9円は割り引いてくれる「円満会計」もできますので、レジで「10,009円で」といえば、購入金額10,000円で10,009円の楽天スーパーポイントが「楽天ポイントギフト」・「楽天バリアブルカード」で購入できます。

このときのクレジットチャージの際の還元率は、チャージ時に1.0%+クレジットカードのポイント0.5%(majicaポイントで付与されます)=1.5%がデフォルトです。
これだけでも凡百のクレジットカードを上回りますね。

しかし、ドン・キホーテは年間買物金額によってランク制度があり、ランク上位者はチャージ時にポイントが加算されます。

何回か説明していますが、プラチナ会員は?マークですが、200万円超えでそのランクになります。
majica初回利用1年間が判定期間で、翌1年間特典を利用することができます。

強力なのはチャージ時にポイントが常時5%になるプラチナランクですね。
クレジットカードからのポイント付与はかわらず0.5%です。

プラチナランクの買い物金額は200万円と難易度は高めです。
シルバーの年間50万円でも毎月4万弱の利用ですので、なかなかのものです。

しかし、以下のような楽天スーパーポイントで支払える支払い対象があるのであれば達成は容易いかもしれません。
楽天モバイル⇒家族全員分 仮に3名で楽天回線あれば、8,940円くらい
楽天でんき⇒家屋の構成によりますけど、これも仮に7,000~10,000円程度
・ガソリン代⇒当方の場合は13,000円程度
・楽天市場での定期的なショッピング⇒20,000円程度
楽天ペイによる実店舗の支払い⇒10,000円程度
上記はかなりテキトーですが、かなり近い線いけるんじゃないでしょうか。

これでシルバーを確保できれば、チャージで2.5%が基本的に確保されます。2.5%の還元率ならリクルートカードによるnanacoチャージが1.2%の還元率ですので、それよりも圧倒的にお得になります。

関連記事

①「majica donpen card」は、「ドン・キホーテ」のハウスカードであり、独自の電子マネーmajicaへチャージすることにより、Amazonギフト券・楽天バリアブルなどのPOSAカードが1.5%以上の還元率で購入できる希少なク[…]

Amazonギフト・楽天ポイントギフトなどをクレカ払いで買えるのが今回紹介するマジカドンペンカードです。

「majica donpen card」の発行選択

majica donpen cardは国際ブランドは「JCB」一択で、海外での利用はかなり難しいと思います。

Google Payで利用するならば、間にGoogle Payで利用可能なプリペイドカード「ANA JCB プリペイドカード」を挟み、チャージして間接的に利用することで、majica donpen cardのカードの還元率0.5%に「ANA JCB プリペイドカード」の0.5%のキャッシュバックを加えて1.0%の還元率で常時運用することが可能です。

発行会社は「UCS」・「セディナ」・「ジャックス」の3社となります。
この3社の違いですが、

「ジャックス」は、入会特典が最大8,500円相当付帯しており、入会特典としては十分ですね。
しかし旅行保険付きではあるものの国内のみでショッピング保険はありません。

「セディナ」は、国内旅行程度の保険が付帯していることと、ショッピング保険が年間50万円(最高180日間)ついている強みと、不要なモノや金券、散らばったポイントをプリペイドカード残高に替えられる「Pollet」に無料でチャージでき、還元率を0.5%底上げできる強みがあります。
しかし入会特典が終了しており入会時のメリットがありません。

「UCS」は、入会特典が最大8,500円相当付帯しており、こちらもジャックス同様入会特典としては十分です。
一方で旅行保険はありませんが、ショッピング保険は100万円(90日間)ついています。

他のジャックス・UCSではETCが無料で発行できますが、ETCを使うならJQ CARD エポス ゴールドのような還元率が極めて高いカードに集中させた方が良いため、特に必要がなく、保険も薄いため、現在は「UCS」で良いと考えます。
※現在、最高8,500ポイント付与のキャンペーンを実施中です。

新規ご入会キャンペーン

※年会費無料でドン・キホーテで最強のカードmajica donpen card(UCS)の申込みは上記のバナー経由で、
最大5,000円相当の入会特典が付与されます。

まとめ

期間限定「楽天スーパーポイント」による支払いで、ポイントが付与される楽天ペイは非常に利便性が高いですが、majicaを活用することで必要な額面で楽天スーパーポイントを購入でき、更に還元率を高められます。

ドン・キホーテのランクがシルバーランク昇格なら、楽天ペイ:1%+「majica donpen card」:2.5%=3.5%
ゴールドランク昇格なら、楽天ペイ:1%+「majica donpen card」:3.5%=4.5%
プラチナランク昇格なら、楽天ペイ:1%+「majica donpen card」:5.5%=6.5%
6.5%なら全く無双の還元率です。

楽天ペイの今回の改定はキャンペーンではなく、恒常的なものですので、安心してドン・キホーテのランク向上に務めることができそうですね。

新規ご入会キャンペーン

※年会費無料でドン・キホーテで最強のカードmajica donpen card(UCS)申込みは上記のバナー経由で、
最大5,000円相当の入会特典が付与されます。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


クレジットカードランキング