楽天ペイは元旦から、ずーっと5%還元+α

楽天ペイは、楽天が運営するコード決済サービスです。

主な特徴は、
・クレジットカードと紐付けてカード還元率+αも可能
・使用方法はチャージするプリペイド方式ではなく、ポストペイ方式
・貯まるポイントは「楽天スーパーポイント」
・10月1日~12月2日まで5%還元を実施
・楽天独自の「電子マネー:楽天キャッシュ」による送金
・電子マネー「楽天edy」「Rポイントカード」が統合
以上の仕様となっています。

12月2日以降、キャンペーンが途絶えていましたが、第2弾として元日より同じく5%還元の企画を打ち出してきました。

楽天ペイ、還元なしや2%の店舗も5%に“補填”。ずーっと5%還元

2020年元日からの楽天ペイのキャンペーンは2019年10月1日からの消費増税から開始した「ずーっと5%還元」キャンペーンと同様の企画となっています。

10月1日からの消費増税の対応策として、経済産業省は、「キャッシュレス・消費者還元制度」を実施しています。
この制度では、消費者還元が5%還元となる中小規模店のほか、フランチャイズチェーンでは2%還元と一定ではありません。

キャッシュレス・消費者還元対象店舗のうち
フランチャイズチェーンの場合は、
消費者還元事業の2%+楽天ペイから3%=5%

中小・小規模事業者が経営する対象店舗の場合は、
消費者還元事業の5%+楽天ペイから0%=5%

それ以外の大規模小売業では、
楽天ペイから5%

以上のように、常時5%ポイント還元されます。
そしてこれに加えて紐付けているクレジットカードのポイント還元も満額で付与されます。

この取組は、前述のように5%・2%の還元の差について楽天ペイを運用する楽天ペイメントが補填し5%還元へ引き上げるとともに、規模の問題で還元事業対象外であっても5%分を楽天ペイメントが補填するというものです。

期間は
2020年1月1日9:00~2020年3月2日9:59
エントリー期間は(要エントリー)
2019年12月4日10:00~2020年3月2日9:59

期間中付与上限:2,000ポイント→付与ポイントの利用期間2020年4月30日
ポイント付与タイミング:2020年3月末頃
楽天キャッシュ楽天スーパーポイントによる支払いも対象

まだ、楽天ペイを使ったことがない方は、初めての方限定で500円以上の決済で100ポイントがゲットできます。
エントリーは下記のリンクからとなります。
楽天ペイサクサクスタートボーナスキャンペーン

楽天ペイは還元率を上乗せできる

楽天ペイは、かつてはプリペイドカードKyashを紐付けできたのですが、10月1日前後のアップデートにより3Dセキュア対応のカードのみの登録となったため、それ以前にKyashを登録した方しか活用できなくなりました。

したがって、高還元率なカードを紐付けして還元率を上乗せすることになります。

1つ目は、
やはり楽天カードです。このカードは普段は1.0%の還元率ですが、月間の楽天市場での購入額が2万円に達すれば、月間の還元率は10万円までの利用までなら2.0%になります。

楽天カードは楽天市場以外でも常時還元率2%超を叩き出せる高還元率カード
この組合せにより、楽天ペイ5%+楽天カード2%=7%となります。
エントリー要

楽天カード発行は、楽天市場の利用が年間10万円を超えるならば、保有だけでポイント5倍となるゴールドカードのほうがオススメです。
楽天ゴールドカード発行は、ポイントサイト「ハピタス」経由で発行すると、公式サイトからの入会特典に加えて、ポイントサイトから2,500円相当のポイントが付与されます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

2つ目は、
dカードですね。1.0%の還元率なので十分高還元率ですが、さらに最初に「こえたらリボ」で毎月支払う金額を設定し、それをわずかに超えるように利用します。
そしてリボ手数料が発生すれば、ポイント還元率は+0.5%の1.5%へギャップアップします。

ちなみに「こえたらリボ」でリボ手数料が発生するのは毎月の支払額を超えた金額に対してです。

したがって仮に毎月の支払額を5万円とすれば、5万円をわずかに超える金額に使用金額を調整し(例えば50,100円)、設定金額をわずかに超えた金額に対して手数料がかかるため、恐れることはありません。

この組合せにより、楽天ペイ5%+dカード1.5%=6.5%となります。

さらにドコモユーザーであれば、「dカードお支払い割」との組み合わせにより、上記の内容からさらに+4%の還元率を上乗せできます。

※dカードGoldの発行は、ポイントサイトECナビ経由で、入会特典に加えて、ポイントサイトから22,000円相当のポイントが付与されます。

楽天バリアブルカード購入によるポイント払いで8.7%~も

ここまでは紐付けるクレジットカードについてでしたが、ひと手間かけることで、さらに高い還元率を実現できます。

それは楽天バリアブルカードドンキホーテmajicaギフトで購入する方法です。

楽天バリアブルカードは、50,000円まで自由な金額で購入でき、楽天スーパーポイントとして充当できます。
そして楽天ペイ画面の下段の「すべてのポイント/キャッシュをつかう」にチェックを入れれば、ポイント支払いが可能になります。

そして楽天バリアブルカードは、通常はどこの店も現金による購入ですが、ドンキホーテはドンキホーテの電子マネー「majica」でも購入可能です。
そして「majica」は、Qoo10というサイトを経由してギフト券として購入可能なのです。

ポイントサイト経由でQoo10majicaギフトを購入なので、
ポイントサイトのポイントも獲得し、クレジットカードのポイントも獲得し、ポイントを2重どりしつつmajicaギフトを購入して楽天バリアブルカードが購入できます。

ただこれは徐々に塞がれつつあるので、検証済みで塞がれていないのは「ワラウ」が1.9%。「すぐたま」で1.3%ですね。
ですが、購入前に対象外かどうかは確認が必要ですね。

①ポイントサイトに掲載しているQoo10のバナーをクリック
Qoo10majicaギフトを購入する際に、Kyash+クレジットカードなど還元率が高くなる支払い方法を選択
majicaギフト楽天バリアブルカードを購入し、ポイントを口座に反映させる
以上の作業でポイントを2重どりできます。

上記の内容を具体的に示すと
ポイントサイト経由でOKなのは、ワラウすぐたまですので具体的には下記のようになりますね。
①→「ワラウ」経由の「Qoo10」購入がポイント還元1.9%と最高値(ポイント還元率は変動があります)
変動がないのはすぐたまですね。
②→「Qoo10」でKyash(+1.0%)+高還元率クレジットカード(+1.0%~)でmajicaギフトを購入
③→ドン・キホーテの店頭でメールで送られてきたmajicaギフトのコードを表示して楽天バリアブルカード・楽天ギフトカードを購入する

上記のようにすれば、購入するクレジットカードによりますが、1%還元のカードを利用すれば、ポイントサイト「すぐたま」1.3%+Kyash1.0%+カード1.0%=3.3%は堅いです。

有効な方法ですが、デメリットとしてはポイントサイトで2%もの案件は稀であるということです。
また必ずしも楽天市場で2万円以上の買い物が発生するとは限らないことですね。

majica donpen cardなら1.5~5.5%の還元率で楽天バリアブルカードを購入できる

常時高い還元率を得たいのであれば、
ドン・キホーテのハウスカードmajica donpen cardを発行しておくと良いでしょう。
このカードなら、いちいちポイントサイトを経由してギフト券を購入しなくても、アプリ上でその都度チャージできます。

また還元率は最低でも1.5%であり、ドン・キホーテのランクがプラチナとなると最高ランクとなり5.5%の還元率でmajicaチャージ⇒楽天バリアブルカード購入ができます。

5.5%が常時達成できている状態ならば、楽天ペイと組み合わせると10.5%にまで還元率は跳ね上がりますので、オススメの方法ですね。

詳細は下記の記事で記述していますので、参照されてください。

majica donpen cardは普段はポイントサイトの案件がないカードです。
しかしまれに登場すると瞬間風速でなくなってしまいます。
見つけたら速攻で攻略すべき案件ですが、最高額ではポイントサイト「ポイントタウン」で過去最高額のポイント付与案件が発生していました。
見つけたら即ものにすべき案件ですね。
現在は、下記バナー経由の申込みで、8,500円相当のプレゼント付与実施中です。

新規ご入会キャンペーン

ピックアップ!


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しておりますので、よろしければ応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村