【裏技】楽天カードのブランドに関係なくauPAYにチャージする方法

auPAYの大規模キャンペーンのときなどクレジットチャージするのに手持ちの楽天カードのブランドがVISA・JCBなんでチャージ不可で「参戦できない!」という嘆きをたまにtwitterなどで見かけます。

実は楽天カードのブランドがVISA・JCBでもチャージできてポイントもちゃんともらえます。

方法は簡単です。

楽天バーチャルカードを利用すれば、楽天カードの国際ブランドがなんであってもMasterCardブランドの楽天バーチャルカードを介してauPAY残高へチャージできます。

cohamizu
しかも楽天バーチャルカード購入分は楽天カードのポイント付与対象です。

これでauPAY残高へのチャージによるauPAYのキャンペーン参加も自由自在になります。

今回はこの楽天バーチャルカードについて解説します。

楽天市場のお買い物なら「楽天カード」
4

楽天カードバナー8000

①街の利用ポイント2倍キャンペーンで還元率2%にアップ
②楽天証券の投信積立の決済で1%ポイント還元
③楽天市場の利用&楽天銀行口座引き落としでポイント4倍
■ポイントサイト「モッピー」経由で新規入会特典に加えて11,000円相当のポイントがもらえます。
■モッピーはボタン経由の登録と広告利用で2,000円相当のポイントプレゼントです。

楽天バーチャルカードの購入はポイント付与対象

楽天バーチャルカードは、本来の利用方法はネットショッピングなどでショップ側にカード情報を渡したくない場合などに利用します。

購入した金額分しか使えない使い切りのプリペイドカードと考えていただくと良いです。

いちばん大事な点は、この楽天バーチャルカードを手持ちの楽天カードで購入するとポイント付与の対象であることです。

還元率 0%
国際ブランド MasterCard
購入単位 500~30,000円
購入上限/日 100,000円
3Dセキュア 設定可(オプション)

3Dセキュア(本人認証)がオプションで設定可能ですので、3Dセキュアが必須になっているauPAY残高へのチャージが可能になっています。

auPAYプリペイドカード

auPAYプリペイドカードはコード決済のauPAY残高と残高を共有しています。

auPAYでは毎月のように10%・20%規模のポイント還元キャンペーンを行っているため、クレジットカードからチャージしてポイント2重どりを試みている方は多いと思います。

問題はauPAY残高へのチャージは、MasterCardブランドくらいでVisaならエポスカードくらいしかできない仕様になっていることです。

手持ちの楽天カードのブランドがVISA/JCBの方は多分、チャージを諦めて別のカードを申し込んでいるかも知れませんね。

ところが楽天バーチャルカードは国際ブランドはMasterCardが付与されていますので、一旦楽天バーチャルカードをチャージしたい金額分購入して、auPAY残高にチャージすれば手持ちの楽天カードの国際ブランドがVisaやJCBであっても問題が解決されます。

cohamizu
しかも楽天バーチャルプリペイド購入分にはポイントがつきます。

auPAYでは大規模なポイント還元キャンペーンを定期的に行っているため、MasterCardブランドのクレカを保有しておらずATMでチャージするしかないと思っていらっしゃったら、この方法を使えば問題が解決されます。

とくにMasterCardブランドのクレジットカードのみ支払いが可能な「コストコ」などでは、物理的なMasterCardブランドのカードが必要になります。

その際に手持ちのカードが楽天カードも含めてVisa/JCBしかなくても、auPAYプリペイドカードを保有して、必要な金額だけチャージすれば問題は解決されます。

しかし公式では認められておらず何回も行うとチャージができなくなりますので注意が必要です。

関連記事

会員制の大型ホールセールクラブ「コストコ」。 現在の日本での展開は27店舗を展開しています。   独自商品も大変魅力ですが、ほぼまとめ買いに対応した大容量の商品が多いです。 大容量であるものの単価が安く上手に利用すれば[…]

コストコで利用できるオススメカード

KyashCardへのチャージは可能か?

auPAY残高へのチャージが可能ならば、KyashCardへのチャージが可能かもしれないと考えがちですが、結論はできません。

KyashCardはクレジットカードからのチャージは可能でもプリペイドカードからのチャージはできないようになっています。

楽天バーチャルカードの購入のやり方

楽天バーチャルカードの購入は楽天カードを保有していることが前提なので、まだ保有していない方は申し込んでおきましょう。

申し込むときにはポイントサイトを経由することで、公式サイトからもらえる新規入会特典に加えて、ポイントサイトからポイントがもらえます。

楽天カードの申込みは、ポイントサイト「モッピー」経由が最もポイント還元率が高く、新規入会特典8,000ポイントに加えて、モッピーから11,000円相当のポイントがもらえます。

>>モッピーの新規登録キャンペーンで紹介経由で2,000円をもらう方法

①お申し込み(カード/サービス)

楽天e-NAVIトップの「お申込み(カード/サービス)」→「カードのお申込み」→「楽天バーチャルプリペイドカード」をクリックします。

カードのお申込み(楽天カード)

②購入するをクリック

「楽天バーチャルプリペイドカード」→「購入する」をクリック

楽天バーチャルプリペイドカードを購入する

③購入金額・カード名・ご本人様確認

一度に購入する金額を選択し、カード名は管理しやすいための名前をつけます。

購入金額入力

さらに下にスクロールすると、ご本人様確認で支払うクレジットカードのセキュリティ番号を入力し「確認画面へ」をクリックします。

ご本人様確認

ちなみに他にもバーチャルプリペイドカードを発行していて残高が余っている場合は、この後金額を統合することができます。

楽天カードVisaなら2枚持ちが可能

といってもバーチャルプリペイドですと使い切りということもあり、通常のクレジットカードよりも使い勝手が悪いのは否めません。

ですが手持ちの楽天カードのブランドがVisaであれば2枚持ちが可能です。

条件としては以下の3つが揃っていれば別のブランドのカードを発行し2枚持ちにすることができます。

  • 現在保有しているカードがVisaであること
  • 一般カードであること
  • デザインは一般デザインかパンダデザインであること

追加可能なのはMasterCard・JCB

手持ちの楽天カードのブランドがVisaであれば2枚目のカードを発行できますが、この際に発行できるブランドはMasterCard・JCBです。

2枚目に追加できるカードは以下の種類のカードを追加で申し込めます。

auPAY残高にチャージできるブランドはMasterCardです。

楽天JCBカードでもauPAY・TOYOTA Walletにチャージする方法まとめ

楽天カードの国際ブランドがVISA/JCBだとauPAYプリペイドカードにチャージできません。

しかしMasterCardブランドならチャージすることが可能ですので、MasterCardブランドである楽天バーチャルカードを一旦購入しそれでチャージすれば、カードのポイントも貰えながらチャージもできます。

ですので、楽天カードのブランドに関しては正直あまり悩まなくても良いです。

もともとショッピング保険もありませんので、あとから楽天バーチャルカードを用いた方法で、国際ブランドが違うと利用できないサービス活用していけば問題はありません。

楽天市場のお買い物なら「楽天カード」
4

楽天カードバナー8000

①街の利用ポイント2倍キャンペーンで還元率2%にアップ
②楽天証券の投信積立の決済で1%ポイント還元
③楽天市場の利用&楽天銀行口座引き落としでポイント4倍
■ポイントサイト「モッピー」経由で新規入会特典に加えて11,000円相当のポイントがもらえます。
■モッピーはボタン経由の登録と広告利用で2,000円相当のポイントプレゼントです。