クレジットカード発行は、ポイントサイト経由で稼げる高額案件【楽天カード発行編】

基本スペックは1%の還元率である楽天カードは、楽天市場でも他の使い方でも、楽天スーパーポイントが猛烈に貯まるカードです。
そのため最もオススメなのです。
新規発行の際はポイントサイトを経由することで、公式サイトから付与される楽天スーパーポイントに加えて、ポイントサイトからもポイントが付与されます。

大抵の場合は、高額案件であることが多いので、ポイントサイト経由で発行するだけで爆益です。
できうるかぎり獲得できるポイントを増やすため、定期的なウォッチは欠かせないですね。

2020年7月31日現在の各ポイントサイトの還元額は以下の通りです。

ポイントサイト名称還元pt(円換算/単位:円)
モッピー4,000
ハピタス4,000
げん玉1,500
ワラウ1,410


ポイントサイトのバナー経由での還元額は、現在「モッピー」がトップとなる4,000円相当のポイント付与になります。
ポイントアップ時には、7,000~8,000円相当のポイントが付与される時期も有りましたが、コロナ禍後は0という時期も経ているのでこれが上限かもしれません。

ポイントサイト経由でもポイントが付与されますが、加えて楽天カード公式キャンペーンで5,000円相当の楽天スーパーポイントが付与されます(楽天スーパーポイント1P=1円)

楽天カードはデフォルトで1%の還元率だと広く認識されていますが、
楽天市場楽天カードの決済金額が月間で2万円を超えると、楽天市場以外でも2%以上の還元率を叩き出せる高還元率クレジットカードです。

関連記事

楽天市場では楽天のサービスを利用するごとに、楽天市場での買物に対するポイント付与倍率がアップします。これを楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)と呼びます。内容はその都度更新され、一定ではありません。楽天SPU(スーパーポイントア[…]

楽天カードはとある条件をクリアすると楽天市場以外の利用が2%の高還元率カードになります。

特筆すべきポイントとしては、
・カード保有+楽天銀行口座引き落とし設定でポイント4倍
・国際ブランドはVISA、MasterCard、JCB、AMEXから選択
・通常カードは年会費無料(ゴールドカードは年会費2,200円)
・楽天ポイントカード付帯
・楽天edyも搭載可能
当方でも定期で支払うものはJQ CARD エポスゴールドであれば最大3%還元ですので、JQ CARD エポスゴールドに集約しています。
それ以外は楽天で支払い、楽天市場で2万円以上利用した場合は還元率が2%へアップするため、Kyash経由で多用しています。
※Kyashへチャージできるカードブランドは「VISA」「Master」のみ


楽天カード発行は、ポイントサイト「ライフメディア」経由で新規入会特典5,000ptの楽天ポイントに加え、
ポイントサイト「ライフメディア」から2,500円相当のポイントが付与されます。
申し込みは、下記バナー経由の「ライフメディア」の新規登録で最大500ptプレゼントです。

ライフメディアへ無料登録

楽天市場のポイントアッププログラムについて

楽天は楽天の各サービスを利用すると、それに応じて楽天市場での買物に対するポイント付与倍率がアップします。
楽天市場楽天カードを活用して買い物した場合の還元率は以下のとおりです。

サービス項目pt倍率達成条件
楽天会員+1倍楽天会員による楽天市場での買い物
楽天カード+2倍楽天カードの利用
ゴールドカード
プレミアムカード
+2倍楽天ゴールドカード以上の利用
楽天銀行
+楽天カード
+1倍楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に設定
楽天保険
+楽天カード
+1倍楽天保険の保険料を楽天カードで支払い
楽天でんき+0.5倍楽天でんきへの加入と利用
楽天証券+1倍500円分以上のポイント投資
楽天モバイル+1倍通話SIM契約中
楽天ひかり+1倍回線開設+利用
楽天トラベル+1倍5,000円以上の予約
楽天市場アプリ+0.5倍楽天市場アプリからのお買い物
楽天ブックス+0.5倍楽天ブックスで当月1回1,000円以上のお買い物
楽天Kobo+0.5倍楽天Koboで当月1回1,000円以上のお買い物
楽天Pasha+0.5倍楽天Pashaの"トクダネ"で合計100pt獲得
Rakuten Fashion+0.5倍Rakuten Fashionで当月1回のお買い物
NBA Rakuten
/ Rakuten TV
+1倍NBA Rakuten / Rakuten TV
「Rakuten パ・リーグ Special」加入
楽天ビューティー+1倍楽天ビューティーのネット予約と利用

上記の「楽天SPU」の一覧に加えて、以下のポイントを抑えておくとさらにポイントアップが図れます。
①+2倍)毎月5・0がつく日は楽天カード利用でポイント5倍(楽天IDとカードの付与3倍を除く+2倍の意味です)
②+1倍)楽天web検索、エントリーと1日5回5日以上の検索
③これに加えて、楽天イーグルス・ヴィッセル神戸・FCバルセロナが勝った翌日は、ポイントアップのチャンスになります。
・単独勝利で2倍
・W勝利は3倍
・トリプル勝利で4倍
と運が良ければさらに上積みできます。

8月の楽天お買い物マラソンの日程予測

楽天市場で毎月恒例となっている、「お買い物マラソン」の買い回りポイントは、「楽天SPU」に上乗せされますので、買うなら「お買い物マラソン」「楽天スーパーセール」が狙い目です。

これに0と5のつく日はポイント5倍(厳密にはカード払いで「楽天SPU」から+2倍)ですので予め日程がわかっていると計画も立てやすいですね。

そんなときは、複数のショップの商品を見てみるのですが、固有の商品で販売日が「お買い物マラソン」の日程を連想させる日付となっていました。

これによると8月の「お買い物マラソン」の日程は、
・2020年8月2日 20:00~2020年8月11日 1:59
上記の日程で実施されると予想されます。
従って、買い物する日は、0と5のつく日である8月5日・8月10日いずれかに集中させたほうがいいでしょう。

楽天カード申込みの注意事項

①冒頭で述べている広告案件は、楽天カード」「楽天PINK」カードが対象です。

楽天市場をヘビーユースする場合は、 「楽天ゴールドカード」 がおすすめですが、どうようにポイントサイト案件は現在ありません。

③1%の還元率を誇るウォレットアプリKyashを併用したい場合は、チャージできるのは「VISA」「MasterCard」のみですので注意が必要です。

関連記事

当方は、長らく「楽天銀行カード(JCB)」を利用していました。現在は、切り替えを行って「楽天ゴールドカード(MasterCard)」を利用しています。本記事ではその理由とメリット・手順について記述しています。「楽天銀行カード(JCB)」に[…]

使いにくいら楽天銀行カードからコスパ最高な楽天ゴールドカードへの切替手順です。

楽天カード発行時は、同時に楽天銀行・楽天証券を開設すると便利

楽天銀行楽天カードの引き落とし口座に設定しておけば、それだけで楽天市場のお買い物に対しポイントが+1倍アップ(1%アップ)します。
その際のキャッシュカードは、デビットカードで発行しておきましょう。
楽天デビットカードは、決済の際に口座残高から同時に引き落とされるため、使いすぎの心配がありません。
また、楽天スーパーポイント(通常ポイント)が決済の際、充当できますのでポイントの使いみちが広がります。
また楽天ベーシックデビットカード(visa)であれば、再三記述している、還元率が+1.0%となるプリペイドカード「Kyash」にチャージできますので、還元率は合計で2.0%でギャップアップします。


楽天銀行口座開設
は、毎月口座紹介キャンペーンを行っています。
口座紹介URLで紹介を受け、→「エントリー」→「口座開設」&「入金」で楽天スーパーポイントが1,000ptプレゼントされます。

当方のtwitterプロフィールは下記のURLとなりますので、要請いただけましたら紹介URLを送ります。
よろしければご利用ください。

https://twitter.com/cohamizu1

関連記事

2020年5月11日、楽天銀行デビットカードにMasterCardブランドが登場しています。これで楽天銀行デビットカードは国内で決済できる主要ブランドを従来のJCB・Visaに加えてMasterCardも揃えたことになります。従来の楽天銀[…]

楽天デビットカードを使うとキャッシュレス感が半端ない

また楽天証券で楽天スーパーポイントで投資信託を買い付けすると、上記のように+1倍の楽天のスーパーポイントアッププログラムの対象となります。

主な条件は以下のとおりです。
①楽天証券を開設する。
②楽天証券の「楽天スーパーポイントコース」に設定し
③月1回500円以上のポイントで投資信託を買い付ける
④※事前設定が必要
⑤アップ率は+1倍となる。

これを継続すると、元手なしでも投資ができて資産形成に役立ちます。
楽天証券での購入におすすめの投資信託は以下の4つです。
まず全世界に1本で投資を行いたい場合は、
①楽天・全世界株式インデックスファンド
②eMAXIS Slim 全世界株式インデックファンド
リターンが相対的に高いアメリカのみに投資したい場合は、
③楽天・全米株式インデックスファンド
④eMAXIS Slim 全米株式(S&P500)
いずれも投資にかかる手数料(信託報酬)がこれまでの投資信託と比較して比べ物にならないほど低コストな投資信託です。

ちなみに楽天証券では、楽天カードで1%の還元率で投資信託を購入できます。

1%の還元率で楽天証券で投資信託を購入する概要
①投信積立の引き落とし方法として楽天カードを設定
②毎月27日の決済
③毎月の積立に楽天スーパーポイントを併用することも可能
④決済額につき1%の楽天スーパーポイントが貯まります。
労せずしていきなり1%のポイント還元という形でリターンを得られるわけですので、債券や定期貯金なんかよりも遥かに高リターンです。

関連記事

楽天証券で楽天スーパーポイントで投資信託を買い付けすると、上記のように+1倍の楽天のスーパーポイントアッププログラムの対象となります。 主な条件は以下のとおりです。①楽天証券を開設する。②楽天証券の「楽天スーパーポイントコース」に設定し③[…]

楽天スーパーポイントで投資信託買付をすると更に楽天ポイントが貯まります。

楽天カードキャンペーンは不定期

ここまで楽天カード発行のメリットを記述しましたが、発行しようと思ったときにタイミングよくキャンペーンに当たれるかどうかは不明です。
楽天カードのプロパーのキャンペーンでも通常時は5,000P程度が、7,000Pになったり8,000Pになることも多々あります。
またポイントサイトの案件も9,000円以上の高額案件かと思ったら、7,000円程度に落ちたり、500円になるタイミングもあります。
その時期によるとしか言いようがありません。
ですので、発見された方はすぐにキャンペーンに乗っておくべきだと思います。


楽天カードの申込みは、ポイントサイト「モッピー」経由で公式からの5,000ポイントの付与に加えて、
ポイントサイト「モッピー」から4,000円相当のポイントが付与されます。
ポイントサイト「モッピー」の新規入会は、最大1,000円相当のポイントが付与されるキャンペーン実施中です。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


クレジットカードランキング