楽天デビットカードを使うとキャッシュレス感が半端ない

2020年5月11日、楽天銀行デビットカードにMasterCardブランドが登場しています。
これで楽天銀行デビットカードは国内で決済できる主要ブランドを従来のJCB・Visaに加えてMasterCardも揃えたことになります。
従来の楽天銀行デビットカードのJCB・VisaブランドからMasterCardに切り替える際には、550円の手数料が発生します。

ポイント還元率は他のブランドと同じく1%。
楽天の通常ポイントを預金口座の現預金のように支払いに充当できます。

楽天銀行に口座を作る際に、キャッシュカードを選択しますが、楽天では楽天カードと楽天銀行デビットカードとの2枚持ちが可能です。

キャッシュカードとクレジットカード一体型の楽天銀行カードのほうが便利そうに見えますがJCBブランド一択であり、通常の楽天カードに付帯できる楽天Edy・楽天ポイントカードが付帯できません。
したがって、より楽天のサービスを活用したい際には、
楽天ゴールドカード
楽天銀行デビットカード
の2枚持ちが便利です。

デビットカードとは

デビットカードは、クレジットカードと同じように使用でき、決済と同時に銀行口座から引き落とされる仕組みです。
そのためクレジットカードと違って使いすぎの心配がありません。

一方でデメリットとしては、高速道路やガソリンスタンドなど支払う金額が変わる料金などでは決済できないことがあります。

楽天銀行デビットカードの特徴

楽天銀行のデビットカードが他のデビットカードとかなり違う点は、ポイント還元率が誰が使っても1%と突出して高いことです。
例)
・住信SBIネット銀行ミライノデビット(MasterCard)→0.8%
・GMOあおぞら銀行Visaデビット付キャッシュカード(Visa)→0.6~1.5%
・イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)→0.5~1.0%
・Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)→0.5~2.0%
上記のGMOあおぞら銀行Visaデビット付キャッシュカード(Visa)とSony Bank WALLET(Visaデビットカード)では銀行のサービスの利用の度合いでキャッシュバックの還元率が変わる仕組みです。
一方で楽天銀行デビットカードは誰が使ってもポイント還元率は1%です。

次に大きいのは楽天スーパーポイントが決済時に使用できるところです。
ただし期間限定ポイント・楽天キャッシュは使用できません。ここは注意が必要です。
期間限定ポイントを消化する方法としては、コード決済「楽天ペイ」が便利です。

関連記事

野村総合研究所では、今から3年後の2023年にはデビットカードの決済額が22.7兆円と2017年の9,000億円から25倍に拡大すると予測しています。※直近5年では5倍の拡大要因は様々にありますが、最もしっくり来るのは銀行としてはコストセ[…]

キャッシュレス決済の入門編 「デビットカード」オススメ3選


※「楽天ペイ」ではお友達紹介キャンペーンを行っています。
楽天ペイ」アプリから招待状を送り、招待した方が「楽天ペイ」アプリをダウンロードして初めてのログイン&クレジットカードを登録すると、楽天スーパーポイントが200ptプレゼントされます。

当方のtwitterプロフィールは下記のURLとなりますので、要請いただけましたら招待状を送ります。
よろしければご利用ください。

https://twitter.com/cohamizu1

楽天銀行デビットカードの種類

現在の楽天銀行デビットカードは上記のようなランナップとなっています。
海外での保険などが、保有しているクレジットカードに付帯している場合は、年会費のかかるゴールド・シルバーを選択する理由は特にないと思います。

ですので以下は年会費無料の各ブランドのデビットカードの特徴を記述します。

①JCB

・ANA JCB プリペイドカード(還元率0.5~0.65%)へのチャージが可能
・お買い物パンダのデザインを選択できます。
・JCBコンタクトレス決済が可能(追加になった)
・ゴールドなどの上位のカードはありません。
・JCBは国際的には決済できる加盟店が少ない。

②MasterCard

・1%還元率を上乗せできるプリペイドカード「Kyash Card」へのチャージが可能
※合計で2%の還元率で利用できることになります。
・お買い物パンダのデザインは選択できません。
・MasterCardコンタクトレスが利用可能
・ゴールドなどの上位のカードはありません。
・国際的にVisaについで決済できる加盟店が多い。

③Visa

・1%還元率を上乗せできるプリペイドカード「Kyash Card」へのチャージが可能
※合計で2%の還元率で利用できることになります。
・お買い物パンダのデザインは選択できません。
・Visaタッチ(コンタクトレス)が利用可能
・シルバー・ゴールドなどの上位のカードがあります。
・国際的に最も決済できる加盟店が多い。

楽天銀行デビットが搭載するコンタクトレス決済について

コンタクトレス決済とは、上記のようなマークが付いている端末で非接触で決済できる仕組みで、海外では主流となっている決済方法で安全で衛生的な決済方法です。

店舗に設置している端末にかざすだけで決済が完了します。
Visaブランドでは「Visaタッチ」
MasterCardブランドでは「MasterCardコンタクトレス」
などの呼称で呼ばれています。

日本ではあまり馴染みが無いですが、小売大手イオンでは2020年3月に対応する端末を配備して、イオンカードも順次切り替わっていく予定です。
他にもローソン・マクドナルド・すき家などの店舗でも導入されています。
決済できる範囲がVisaタッチ加盟店もしくはMasterCardコンタクトレス加盟店ですので、対応が始まると幅広く使えるようになります。
その点、限られた店舗でしか利用ができない日本の電子マネーとは大きく違う点です。

海外では実店舗の決済に加えて、公共交通機関での決済にも利用されています。
※ロンドン・台湾・ニューヨーク・シンガポール

楽天銀行デビットカードでポイント決済をすると用途が広く便利

楽天銀行デビットカードを利用するメリットは、楽天ポイントを様々な方法で決済で使用できる点です。
しかも決済にポイントを充当しても、ポイント還元の対象となりますのでかなり有効です。
わかりやすくいえば還元率1%です。

例えば同じ共通ポイントのdポイントなどは、「d払い」でdポイントを充当しても、充当された金額分はポイント還元の対象外です。
わかりやすくいえば還元率0%です。

このように通常のカードとしても利用でき、ポイントによる決済の充当が可能で、コンタクトレス決済も利用可能な「楽天銀行デビットカード」は、大変便利です。

実店舗以外でも、ネット決済で使用可能です。しかも本人認証サービスが利用できますのでセキリュティの面でも安心です。

支払い回数は1回のみで、楽天スーパーポイントの決済への利用に関する制限は、ダイヤモンド会員は1ヶ月で50万ポイント使用できますが、それ以外は10万ポイントが上限です。


楽天銀行口座開設
は、毎月口座紹介キャンペーンを行っています。
口座紹介URLで紹介を受け、→「エントリー」→「口座開設」&「入金」で楽天スーパーポイントが1,000ptプレゼントされます。

当方のtwitterプロフィールは下記のURLとなりますので、要請いただけましたら紹介URLを送ります。
よろしければご利用ください。

https://twitter.com/cohamizu1

関連記事

2020年5月11日、楽天銀行デビットカードにMasterCardブランドが登場しています。これで楽天銀行デビットカードは国内で決済できる主要ブランドを従来のJCB・Visaに加えてMasterCardも揃えたことになります。従来の楽天銀[…]

楽天デビットカードを使うとキャッシュレス感が半端ない

楽天カードとデビットカードの2枚持ちは便利

楽天カードを発行し、楽天銀行を引き落とし口座に設定していると、楽天市場でのポイント付与がデフォルトで4倍になるため楽天ユーザーは楽天カードが必携です。
楽天ゴールドカードであれば楽天市場の還元率はさらに2倍アップの6倍になるため楽天市場のヘビーユーザーはオススメです。

そして本題の「楽天銀行デビットカード」 は、Visa・MasterCardブランドであれば前述のプリペイドカード「Kyash Card」にチャージするときにポイントを利用することで、現金の手出しも減ります。
また「楽天銀行デビットカード」そのものの還元率は1.0%ですので、「Kyash Card」による決済は1%の還元率であるため合わせて2%の還元率でショッピングが可能となります。

楽天スーパーポイントは、それ自体は楽天証券経由でポイント投資で利用するほうが ポイントが資産として価値を持ちますのオススメですが、決済への活用を重視される場合は「楽天銀行デビットカード」楽天カードの2枚持ちは非常に便利です。

関連記事

楽天カードは「街での楽天カード利用でポイント2倍」というキャンペーンを毎月行っていました。内容は、楽天市場で2万円以上の買い物を楽天カードで行うと、楽天市場以外の楽天カードの利用が概ね2倍のポイントになるというキャンペーンです。2倍ですと[…]

楽天カード「街の利用2倍ポイント」が復活!

楽天カード発行は、楽天市場の利用が年間11万円を超えるならば、楽天市場の利用でポイント5倍となる「楽天ゴールドカード」のほうがポイント還元で年会費2,200円をペイできますのでオススメです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しておりますので、よろしければ応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村