「ライフメディア」からのポイント交換だけで総額100万Gポイントプレゼントキャンペーン

有力なポイントサイトの一つ「ライフメディア」。

このサイトで貯まったポイントを大きく増やせる絶好のチャンスが到来しています。

一つは「dポイント交換だけで15%増量キャンペーン」ですね。

そしてもう一つが本記事で紹介するGポイント交換だけで総額100万ポイントプレゼントキャンペーンです。

具体的な内容は「Gポイント」に交換するだけで、総額100万Gポイント/最大1万Gポイントが抽選でプレゼントされるキャンペーンです。

ポイント交換だけで総額100万Gポイントプレゼントキャンペーン

ポイント交換サイト「Gポイント」はポイントサイトなどで貯めたポイントをさらに様々なポイントに交換できるサイトです。
※1Gポイント=1円相当


ポイ活をする上では、ドットマネーと並んで必須のサイトです。
今回のキャンペーンは、その「Gポイント」に交換するだけで、総額100万Gポイント、最大1万Gポイントが抽選でプレゼントされます。

総額100万ポイントプレゼントキャンペーン概要

■期間:2020年12月1日~2021年1月31日
■プレゼントポイント
 ・10,000Gポイント・・・      20名
 ・  5,000Gポイント・・・      40名
 ・  3,000Gポイント・・・    100名
 ・  2,000Gポイント・・・    125名
 ・        10Gポイント・・・5,000名
■抽選条件:提携ポイントから500Gポイント以上の交換
■ポイント交換キャンペーンの対象となるサービス
 ・ちょびリッチ
 ・モッピー
 ・ハピタス
 ・ライフメディア
 ・ポイントインカム
 ・マクロミル
 ・クラブパナソニック
 ・ポイントエニタイム
 ・ジャックス
 ・インフォQ
 ・アメフリ

以上がキャンペーンの概要です。

交換だけで大きなポイントがあたるチャンスが得られますので、やらない手はないと思います。

Gポイントとはポイントを様々なサービスに交換できるポイントハブサービス

Gポイント」とは一言で言えば、ポイント交換サイトです。

2001年から運営されており、140社ものポイント提携先があります。

そのため少額づつ貯まっているポイントを集約し、一本化するのに向いています。


Gポイント」自体も広告案件を扱ってはいますが、そんなに高還元率ではないので当方もそんなに利用しません。

ですが、本領を発揮するのはBIGLOBE関連のサービスですね。

Gポイント」はBIGLOBEグループのジー・プランが運営するポイントサービスです。

そのため関連サービスへの連携が行われているのですが、特にBIGLOBEモバイルを契約している方ならBIGLOBEモバイルで発生した料金が1年分でまとめてGポイントで還元されます。

長期利用すると特に有利です。
2年未満)0.4%
2年以上5年未満)0.7%
5年以上10年未満)0.8%
10年以上)1%

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMとビッグローブ光などを併用するとさらに有利です。
2年未満)0.7%
2年以上5年未満)0.8%
5年以上10年未満)1%
10年以上)1.5%
以上のように長期契約ほど有利ですが、当方でも格安SIMにしてからせいぜい5年程度なので5年以上とか10年以上とかはなかなか難しいかも知れません。

また「Gポイント」は1ポイントからBIGLOBEの利用料金の支払いに充当できます。
手数料も無料で交換受付完了(申請日翌日)の翌月請求分に充当されるなどBIGLOBE関連のサービスを利用する場合は必須ですね。

Gポイントは様々なサービスへのポイント交換が豊富

Gポイント」のポイントは様々なサービスに交換可能です。



上記はほんの一例ですが、Amazonギフト券のような定番アイテムももちろんですが、前述したBIGLOBE関連サービスへ料金への充当やTポイント・dポイント・LINEポイント・Pontaポイントなどへの交換も可能です。

ただしTポイント・dポイント・LINEポイント・Pontaポイントなどへの交換は手数料が徴収されてしまいます(広告を利用していると返金されます)。

そのため当方の場合は、手数料が無料で即時反映され、さらにポイントが有利に利用できるVポイントへの交換を行っています。

関連記事

三井住友カードのポイントプログラムといえば、ワールドプレゼントでしたが、1ポイント=5円の価値という一見わかりにくい価値であることと、他のポイントプログラムが100~200円ごとに1ポイント付与などの細かい付与であるのに対して、1,000[…]

三井住友カードのVポイントが改善!リニューアル後のチェックポイント


Gポイント

dポイントへの交換ならGポイント→Vポイントへ交換

Gポイント」からdポイントへポイント移行をしようとすると、手数料が徴収されますが、三井住友カードのポイントプログラム「Vポイント」ならdポイントへの交換は無料でできます。

これなら日興フロッギー+docomoで株式・ETFの購入の原資集めとしても役立ちます。

関連記事

近年共通ポイントや独自ポイントで投資ができる環境が整いつつありますが、その中でポイントの集めやすさと利用のしやすさで突出しているのが、・「楽天スーパーポイント」・「dポイント」・「Tポイント」・「LINEポイント」・「Pontaポイント[…]

秀逸なポイント投資サービス「日興フロッギー+docomo」爆誕!

ただこれは三井住友カードの保有が必須です。
三井住友カードの還元率は低いと考えがちですが、下記の方法で普通に高還元率のカードになりますので、ポイントハブとして活用もできます。

関連記事

三井住友カードの自動リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」リボ払いは手数料が高額なので忌避していると思いますが、三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」のルールを熟知して手数料を回避すれば、少額の手数料の負担で年会費無料・半額・ポイント2倍な[…]

三井住友カード「マイ・ペイすリボ」の活用でポイント倍増


三井住友カードの申込みは、ポイントサイト「ハピタス」経由で公式サイトからの新規入会特典8,000円のキャッシュバックに加えて、
ポイントサイトから7,100円相当のポイントが付与されます。

ハピタス」の新規登録は下記のボタン経由と7日以内の500ポイント以上の広告利用で、2,021ポイントがプレゼントされます。

GポイントはPolletへのチャージ時に増量(+0.5%)される

PolletというVISAプリペイドカードの大きなメリットは、各ポイントサイトに散らばったポイントを集めてVISAプリペイドとして一本化できるところです。
しかもただ集めるだけではなく+0.5%増量されます。

チャージ時に増量(+0.5%)されるサイトは以下のとおりです。
■ポイントサイト
 ・ハピタス
 ・ポイントインカム
 ・ポイントタウン
 ・ワラウ
 ・ちょびリッチ
 ・i2iポイント
■ASP
 ・アドボンバー
■ポイント交換サイト
 ・ドットマネー
 ・Pex
 ・Gポイント

残高が少ないなと思ったときには、リアルカードであれば、先程述べたクレジットカード「セディナ」のプロパーカードからチャージできます。

セディナ」カードのデフォルトの還元率は0.5%なので、チャージ+0.5%と併せて1.0%の還元率になります。

PolletはVISAブランドで決済できるプリペイドカードですので決済できる実店鋪は多いため、利便性は高いです。

「Pollet(ポレット)」の運用会社は、ポイントサイト「ハピタス」を運用する「オズビジョン」です。

Polletはポイントサイト「ハピタス」の事業の一つであり、「ハピタス」で獲得したポイントはなんと1ポイント単位でPolletの残高としてチャージすることができます。

ポイントサイト「ハピタス」の新規登録は下記ボタン経由+広告利用で400円相当のポイント+Amazonギフト券600円相当が付与されます。

ポイントサイト「ライフメディア」について

有力なポイントサイトの一つ「ライフメディア」運用している企業は、「ニフティネクサス株式会」です。
ニフティグループからポイントビジネスを継承してできたポイントサイトで、その時期も含めると約20年運用されています。

ポイントサイトでよくある、ゲームコンテンツやガチャなどでコツコツポインを稼ぐのではなく、掲載されている広告案件が還元額が高いので、それをこなしてポイントを稼ぐポイントサイトです。

広告案件はクレジットカードなどの案件が、抜きん出ており他のサイトよりも稼ぎやすくなっています。

・交換レート 1ポイント=1円
・最低交換額 500ポイント
・ポイント期限 最後のポイント獲得から1年

ポイント交換が非常に速い

ライフメディアの特徴は、ポイントの交換の速さです。
主要なポイントに交換するリードタイムが「翌営業日中」と非常に速いです。

以下交換先ポイント
・@nifty使用権(50%増量
・ノジマスーパーポイント/1~11日中(50%増量
・Kyash/翌営業日中
・dポイント/翌営業日中
・Gポイントギフト/翌営業日中
・Amazonギフト券/翌営業日中
・nanacoギフト/翌営業日中
・edyギフトID/翌営業日中
・iTunesギフトコード/翌営業日中
・PeXポイント/翌営業日中
・ドットマネー/翌営業日中

中でも1%の還元率を誇るVISAプリペイドカードKyash Cardの残高に翌営業日中に反映できるのは大きいです。
「Kyash Card」はVISAブランドであるため、大抵の実店舗で決済でき、1%の還元率ですので出口戦略としては極めて優秀です。

また交換先に入っているポイント交換サイト
・「ドットマネー
・「PeX」→2%増量
上記2サイトは、様々なポイントや銀行口座への振り込みに対応しているので、出口戦略に困ることがありません。

ライフメディアを経由するなら「ノジマオンラインが最強」

ポイントサイトは「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」などのネットショッピングで経由するだけで0.5~1%のポイントが付与されますので、経由は必須です。

ライフメディア」では、「楽天市場」は経由で1%、「Yahoo!ショッピング」も経由で1%とポイントサイトの中でも高水準です。
しかし「ライフメディア」の真骨頂は、親会社であるノジマのオンラインストア「ノジマオンライン」の利用で2%のポイント付与、「@nifty光」「@nifty with ドコモ光」「@nifty auひかり」を利用している方ならさらに+3%の付与で合計5%ものポイントが「ライフメディア」から付与されます。

まとめ

現在は、ポイントサイト「ライフメディア」で貯まったポイントはdポイント交換だけで15%増量キャンペーン」の利用が手堅いですが、大きく当てるチャンスとしてGポイントに交換するには、絶好の好機であることは間違いないです。

ポイントサイト「ライフメディア」は12/1~12/31まで下記のバナーからの登録で最大2,500円相当のポイントが付与されます。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

本ブログは、ブログ村のブログランキング・人気ブログランキングへ参加しております。

よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。