ROOM改悪後の楽天市場で経由すべきポイントサイト

2020年3月31日をもって、「ROOM経由による買い物でポイント2倍」キャンペーンが終了することとなりました。
ROOMは最も取り組みやすいアフィリエイトで、参入者が非常に多く、多額の収入を得た人もいたと思います。
ですが購入するメリットが消失すると、どう考えてもROOMを経由した楽天市場での購入は激減せざるを得ません。

もっともROOMで一度本気でやってみたのですが、かかる労力の割にはリターンが低く、ブログに比べて非常に効率は悪い代物ですので、もう辞めることを決めている方も多いと思います。
そうなると今度は、ROOM登場前に行われていたポイントサイト経由のショッピングになってきますね。

ここで候補になるポイントサイトは以下の3つになります。
ちょびリッチ
ポイントタウン
ECナビ
いずれもランク制によって獲得したポイントに対してボーナスポイントが付与される仕組みになっています。
ここではポイントサイトの醍醐味でもある「お友達制度」も踏まえて説明しようと思います。

ランクアップしやすい「ちょびリッチ」

ちょびリッチ】経由の楽天市場のショッピングは1%還元です。
これらのショッピングで得られたポイントにランクに応じてボーナスポイントが付与されます。

ちょびリッチ】の会員ランク別特典は以下のようになっています。

上記のように最上位のプラチナランクでは、広告で獲得したポイントに対して15%のポイントがボーナスポイントとして付与されます。

さらに、一度でもプラチナランクになっておけば、入会から1年以上経過している会員は永久にゴールドランクになるので、10%のボーナスポイントは確保できます。

※ランクボーナスは、毎月末締めで翌月15日に付与されます。

ちょびリッチ】でランクアップする要件ですが以下のように定義されています。

過去6ヶ月に渡る、「広告利用履歴」・「獲得ポイント」によってランクが決定します。

注意点は以下の4つで、これに該当する案件はカウントされません。
・「広告利用履歴」への反映日がカウント対象です。申込日ではないです。
・アプリダウンロードはカウントされません。
・1pt以下の利用
・ポイント補填

お友達紹介制度は効果は低め

ちょびリッチ】の紹介で得られる紹介ポイントは500pt(250円相当)
また毎月ブログで紹介すると100pt(50円相当)を獲得できる制度になっています。

ただ、効果が低いのが「お友達」が広告で得たポイントの何%を得られるという「ちょびとも制度」です。
これが得られたポイントの40%が入ってくるというものなのですが、もともと対象となる広告が絞り込まれており肝心の「楽天市場」がありません。
こうなると「お友達制度」によって得られるポイントは限定的と考えて良いと思います。

従ってポイント獲得は、自身が購入する場合に得られるポイントが柱になりそうです。

ちょびリッチ】の新規入会は下記のバナー経由で、250円相当のポイントが付与されます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ランクアップ維持が難しいがやり込むと稼げる「ポイントタウン」

ポイントタウン】経由の楽天市場のショッピングは1%還元です。
これらのショッピングで得られたポイントにランクに応じてボーナスポイントが付与されます。

ポイントタウン】の会員ランク別特典は以下のようになっています。
※お買い物特典に絞りました。

上記のように最上位のプラチナランクでは、広告で獲得したポイントに対して15%のポイントがボーナスポイントとして付与されます。

ただ前述の【ちょびリッチ】と異なる点は、プラチナランクになっても、半年間の広告案件が規定に満たないとドンドンランクが下るところが厳しいところです。

ポイントタウン】でランクアップする要件ですが以下のように定義されています。

過去6ヶ月に渡る、「広告利用履歴」・「獲得ポイント」によってランクが決定します。

ただシルバーランクまではアプリのダウンロードも回数にカウントされているため、そこまではランク向上は比較的しやすいと見ることができますね。

お友達紹介制度は効果は高め

ポイントタウン】の紹介で得られる紹介ポイントは6,000pt(300円相当)

「お友達制度」で得られるポイントはグレードによって変動します。
友紹グレードと呼ばれるものですが、細かくは定められておらず大雑把に3段階となっています。

またグレード別のポイント還元率は以下のようになっています。

グレードが向上すればするほど「お友達制度」によるメリットが拡大するように設計されており、「楽天市場」・「Yahoo!ショッピング」ではグレード2で10%、グレード3で50%となっています。
こうなると「お友達制度」によって得られるポイントを極大化するには、なるべく早く会員になってブログやSNSによる紹介で「お友達」を増やして地盤を固めておく必要があります。

従ってポイント獲得は、自身が購入する場合も、お友達紹介によるポイントでも両方稼げると見て良いと思います。

またポイント交換はドットマネーでも交換できますが、自前の交換システムも秀逸で殆ど網羅していると言っても良いでしょう。

関連記事

ドットマネーは、無料でポイントを交換できるサイトです。このサイトを使えば、ポイントを一本化できます。また交換するだけで何%増量というキャンペーンを利用すると、ポイントという資産をノーリスクで1~25%近く増加させることができます。ポイント[…]

今月のドットマネー交換キャンペーンはQUOカードPayで最大40%増量です。

ポイントタウン】の新規入会は下記のバナー経由で、300円相当のポイントが付与されます。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

買い物承認とポイント獲得でグレードがアップする「ECナビ」

ECナビ】経由の楽天市場のショッピングは0.6%還元です。
これらのショッピングで得られたポイントにランクに応じてボーナスポイントが付与されます。

ECナビ】の会員ランク別特典は以下のようになっています。

上記のように最上位のゴールドランクでは、広告で獲得したポイントに対して20%のポイントがボーナスポイントとして付与されます。

広告案件のカウントにはAmazonはポイントは付与されないものの、買い物承認回数としてカウントされます。

ボーナスが付与・ランクアップとなる対象サービスは、ショッピング・アンケート・辞書検索とハードルがかなり低めです。

お友達紹介制度は効果は高め

ECナビ】の紹介で得られる紹介ポイントは1,500pt(150円相当)
また毎月ブログで紹介すると500pt(50円相当)を獲得できる制度になっています。

「お友達」が広告で得たポイントの何%を得られるという「お友達制度」は、「ずっともらえる紹介サービス」です。
これが得られたポイントの最大100%が入ってくるというものなのですが、あらゆるサービスが対象でもちろん「楽天市場(購入金額の10%)」も入っています。
こうなると「お友達制度」によって得られるポイントは非常に広範に及ぶと考えて良いと思います。

従ってポイント獲得は、自身が購入する場合に限らず、お友達をいかに紹介していくかでポイント獲得の量が異なってくると思います。

ECナビ】の新規入会は下記のバナー経由で、150円相当のポイントが付与されます。
※条件達成で最大1,000円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンもやっています。

最後までありがとうございます。
ブログランキングに参加しておりますので、よろしかったら応援のほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村