楽天市場のショッピングでおすすめのポイントサイト【2021比較】

ネットショッピングでは楽天市場だけじゃなくて、ポイントサイトを経由してポイントを2重どりするのは今や新常識ですが、どのポイントサイトがオススメなのか比較しながら解説します。

ポイントサイトを経由して楽天市場でお買い物をしたときにポイント還元率の高いところは、例えばモッピー(会員数800万人)colleee(会員数500万人)・ちょびリッチ(会員数400万人)などでも1%で横並びです。

じゃあどこでも良いかというと、各ポイントサイトで会員のランクに応じてもらえるボーナスポイントなどがあり、そこで差がついてきます。

また楽天市場も最近は楽天SPUで使いやすかったゴールドカードの還元率の低下・楽天でんき のSPU除外などでお得度が実質低下しており、他のサイトを併用したりしているのではないでしょうか。

 
cohamizu
ですので今回は楽天市場でお得なポイントサイトと他のサイトを併用したときにオトクなサイトに分けて解説します。

今回の記事で楽天市場のショッピングも含めて総合的な利用で最強なのはハピタスになります。

その理由についても記述していますので、ポイントサイト選びに活用ください。

高還元ポイントサイト「ハピタス」
4.9

ハピタス紹介

①広告の数が非常に多く、高いポイント還元が魅力のポイントサイトです。
②ネットショッピングも高還元率で「お買い物あんしん保証制度」も完備。
③ためたポイントは300円から交換可能です。
■ポイントをPayPayボーナスに無料で交換できる数少ないポイントサイトです。
■キャンペーンバナー経由の新規登録&翌月末までの5,000pt以上の広告利用で2,100円相当のポイントがもらえます。

各ポイントサイト経由の楽天市場利用時の還元率比較

各ポイントサイトを比較しても楽天市場をポイントサイト経由でショッピングした際に付与されるポイント還元率は多くて1%です。

ですがポイントサイトの中にはボーナスポイントが設けられているサイトがありますので、それを活用していくとよりお得度は増します。

ボーナスポイントが率ではなく定額になっているポイントサイトもあるため、ここでは5,000円の購入時で比較してみたいと思います。

※もらえるポイントは円換算しています。

ポイントサイト名 基本還元率 ボーナスポイント 合計
ライフメディア 1%(50円相当) 10円相当 60円相当
ポイントタウン 1%(50円相当) 最大15%(7.5円相当) 最大1.15%(58円相当)
ちょびリッチ 1%(50円相当) 最大15%(7.5円相当) 最大1.15%(58円相当)
ポイントインカム 1%(50円相当) 最大7%(3.5円相当)
土日3%(1.5円相当)
最大1.1%(55円相当)
ハピタス 1%(50円相当) 最大2% 最大1.02%(51円相当)
モッピー 1%(50円相当) 最大1.0%(50円相当)
colleee 1%(50円相当) 最大1.0%(50円相当)

楽天市場の利用は利用金額が低ければライフメディアがオススメ

表で比較したように5,000円ほどの購入ならライフメディアが付与されるポイントはNo.1でした。

ライフメディアは2021年4月から常設企画としてキャンペーンにエントリーして「0と5のつく日」にライフメディア経由でネットショッピングすると抽選で100名に1,000円相当、はずれても10円相当のポイントがもらえる「ライフメディアショッピングデー」を開催しています。

楽天市場では同じく「0と5のつく日」にポイント5倍(実質+2倍)を開催していますので、「ライフメディアショッピングデー」は大変効果的です。

ですので単純に楽天市場をポイントサイト経由でショッピングする場合では、ライフメディアがオススメです。

ですがライフメディアから付与されるボーナスポイントは1回あたりではなく、1日あたり10円相当です。

楽天市場では「お買い物マラソン」など買いまわりで複数のショップを利用しますので、複数の買いまわり購入金額の合計が、6,600円以上になると会員ランクが最上位になっているポイントタウンちょびリッチの方が獲得できるポイントが多くなります。

関連記事

ネットショッピングは、ポイントサイトを経由してポイントもしっかりいただくというのが今や新常識ですが、できるだけポイント還元率の高いポイントサイトを利用したいですね。 そこで注目したいのがライフメディアの「0と5のつく日はライフメディア[…]

0と5のつく日のネットショッピングならライフメディア!最大1,000ポイントがもらえます。

ボーナスポイントが15%もある「ポイントタウン」・「ちょびリッチ」

ポイントタウンちょびリッチ両サイトとも似たような会員ランク制度があり、最上位はいずれも「プラチナ」です。

ポイントタウンの場合で会員ランク制度を説明していきます。

いずれも最上位の「プラチナ」ランクでは、ネットショッピングで獲得したポイントに対して15%のボーナスポイントが付与される制度になっています。

ポイントタウンでランクアップする要件ですが以下のように設定されています。

以上のように過去6ヶ月に渡る、「広告利用履歴」・「獲得ポイント」によってランクが決定します。

ちょびリッチと異なる点は、プラチナランクになっても、半年間の広告案件が規定に満たないとドンドンランクが下るところです。

その点、ちょびリッチは一度プラチナランクになるとゴールド以下に下がることがありません。

複数回合計6,600円以上ならポイントタウン・ちょびリッチ

冒頭のポイントサイト同士の比較では、設定したお買物金額を5,000円としましたが、これを複数回合計10,000円だった場合で比較してみます。

※もらえるポイントは円換算しています。

ポイントサイト名 基本還元率 ボーナスポイント 合計
ライフメディア 1%=100円 10円相当 110円相当
ポイントタウン 1%=100円 15%=15円相当 115円相当
ちょびリッチ 1%=100円 15%=15円相当 115円相当
ポイントインカム 1%=100円 最大7%(7円相当)
土日3%(3円相当)
110円相当
ハピタス 1%=100円 2%=2円相当 102円相当

ポイントタウンちょびリッチでもらえるポイントの方が多くなります。

厳密に計算すると6,600円以上になるならポイントタウンちょびリッチのほうがもらえるポイントが多くなってくるということになります。

楽天市場の「お買い物マラソン」などのセール時に、合計金額がほぼほぼ6,600円以上になっているようならポイントタウンちょびリッチのほうを経由したほうが良いと思います。

ちなみに会員ランク制度はかなり似通っていますので、どちらを利用していっても良いと思います。

注意点はポイントタウンちょびリッチ、または前述のライフメディアでは、1回のショッピングで1,000円相当のポイントまでしか付与されません。

つまり1回10万円以上のショッピングは超えた部分にはポイントはつきません。

これに対して、特に上限がないのがハピタスになります。

関連記事

ポイントタウンは無料でポイントをためることができるポイントサイトです。 独自のコンテンツやネットショッピング、クレジットカードの申込みなどの高額案件など、あらゆるサービスをポイントサービスを経由することで、公式サイトからのポイント特典[…]

お小遣いサイト「ポイントタウン」の稼ぎ方、活用の方法まとめ

高額広告との併用ならハピタスが最強

ハピタス」経由の楽天市場のショッピングは1%還元、ランクボーナスは最上位のゴールドで2%になります。

ボーナスポイントの率が少ないように感じますが、ポイントタウンちょびリッチなどのランクボーナスはショッピングなど付与される対象が非常に限定されています。

一方でハピタスは、掲載されている広告がボーナスポイント対象ですので、最高位のゴールド会員になっている状態で、クレジットカード・証券会社口座開設などをこなせば、その獲得ポイントに対しても2%のボーナスがもらえる仕組みです。

高額な広告との併用ならハピタス

例えば、画像はSBI FX トレードの広告の場合ですが、ハピタスはこういった高額広告のポイント還元が非常に高いポイントサイトですので、こういった広告から2%もらえれば、17,000円相当×2%=340円相当となりネットショッピングでポイントをもらうよりも効率的にポイントをもらえます。

SBIFXトレードbyハピタス

ですのでこういった高額な広告を利用しようということであれば、予め「ハピタス」の会員ランクを上げておけば、圧倒的にお得です。

ちなみに気になる「ハピタス」の会員ランク別特典は以下のようになっています。


上記のように最上位のゴールドランクでは、広告で獲得したポイントに対して2%のポイントがボーナスポイントとして付与されます。

ランクボーナスは毎月5日~8日頃を目安に付与されます。

ハピタスのランク制度は、他のポイントサイトと一緒で過去6ヶ月の「広告利用で有効になった件数」または「獲得ポイント数」のどちらかで決まります。

ハピタスのランクのランクアップする要件ですが以下のようになっています。

ハピタスの会員ランク制度

こちらは広告利用が20回以上と一見厳し目ですが、各広告利用とアンケート広場で獲得したポイントの殆どにボーナスポイントが付与されますので、早めにランクをあげてゴールドにしておけば最強です(ハピタスのランク制度は一度なると6ヶ月維持されます)。

楽天市場のショッピングのみが目的ならポイントタウンちょびリッチでよいのですが、ポイントサイトのクレジットカード・証券会社口座開設は定番的な高額広告なので使わないことは多分ないはずです。

こういった高額広告を一緒にトータルで利用していくならハピタスはダントツです。

ハピタスへの登録は無料で、ボタン経由の登録と翌月末までの5,000pt以上の広告利用で2,100円相当のポイントプレゼントです。

関連記事

ポイントサイト「ハピタス」と楽天市場アプリを併用してポイントを2重どりする方法について解説していきます。 楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)には「楽天市場アプリでのお買い物でポイント+0.5倍」という項目があります。 普段、[…]

ハピタスと楽天アプリの併用でポイント2重取りする方法

ネットショッピングを総合的に利用するなら「ポイントインカム」

では楽天市場のネットショッピングも使って「いいとこどり」するという場合は、「ポイントインカム」がオススメです。

楽天市場のお得度が絶対的に低下してしまったため、当方は状況に応じてdショッピング・Qoo10などを場合によって併用しており、そういった楽天市場以外の利用でもポイント還元率が総合的に高い「ポイントインカム」は便利です。

このサイトを併用する理由は、時と場合によっては楽天市場のよりもお得だからであり、併用は非常に有効だと考えています。

 

dショッピングは毎月20日の「dショッピングデー」で最大23%ものポイント還元率が狙えます。

関連記事

dポイント(期間・用途限定)は有効期限が短く、用途も本当に限定されているので利用しにくいポイントです。 dポイント(期間・用途限定)をd払いなどで支払いに充当しても充当した金額分には残念ながらポイントがつきません。 ところが毎月20[…]

毎月20日はdショッピングデーでポイント20倍

Qoo10なら年4回のビッグセール「メガ割」でクーポンを使いまくって異常な安さにできます。

関連記事

Qoo10 とは、アメリカに本拠地をおいているeBayが日本で展開しているマーケットプレイス型ECモールです。 このQoo10でオトクにお買い物できる時期は、年に4回開催される「メガ割」というビッグセールです。 今回は、この「メ[…]

【2021】Qoo10のビッグセール「メガ割」は次回はいつ?オトクな買い方も解説!

各ポイントサイトのポイント還元率比較

どれいくらいメリットが有るのかはやっぱり比較したほうがわかりやすいので、ここまで名前が挙がったポイントサイトと比較すると以下のようになります。

各ポイントサイトのランクは最高位で利用金額は5,000円でもらえるポイントを円換算で表記しています。

ポイントサイト名 楽天市場 dショッピング Qoo10
ライフメディア 1.2%(60円相当) 0.7%(35円相当)

1.8%(90円相当)

ポイントタウン 1.15%(58円相当) 0.575%(28.75円相当) 1.15%(58円相当)
ハピタス 1.02%(51円相当) 0.5%(25円相当)

1.92%(97円相当)

ポイントインカム 1.1%(55円相当) 1%(50円相当)

1.9%(95円相当)

楽天市場・Qoo10あたりだと拮抗していますが、dショッピングを加えると大きな違いがでてきます。

すべてのサイトで5,000円づつのショッピングをしたと仮定すると、

以上のようにポイントインカムがトップになります。

Qoo10は大きなセールは年4回の「メガ割」ですが、dショッピングの「dショッピングデー」は毎月20日です。

dショッピングデー」でdカード・dカードGold決済なら23%ポイント還元ですので、楽天市場と価格を比較してみて、同じくらいなら「dショッピングデー」でまとめて買ったほうが還元率としては断然高くなります。

そうなるとdショッピングの還元率が1%となっているポイントインカムは外せないと思いますよ。

関連記事

dショッピングはドコモユーザーだけでなく、dアカウントさえあれば誰でも使える総合通販サイトです。 日用品から家電まで幅広い品揃えですが、このサイトが最も力を発揮するのが20%ポイント還元(最大27%)される毎月20日の「dショッピング[…]

【dポイント20%還元!】dショッピングを利用するならポイントインカムがお得

ポイントインカムの会員ステータス制度

ここまで解説を省いてきましたが、ポイントインカムにも会員ランク制度(ポイントインカムでは会員ステータス)があり、しかも一度アップしたら下がらないというかなり利用者にとって有利な制度です。

会員ステータス ボーナスポイント 累計獲得ポイント
一般会員 0~2,999pt
シルバー会員 +2% 3,000pt~49,999pt
ゴールド会員 +5% 50,000pt~99,999pt
プラチナ会員 +7% 100,000pt

さらに土日のショッピングでは曜日ボーナスとして+3%付与されます。

つまり楽天市場の利用は一度会員ステータスを上げておけば、最大1.1%(会員ステータス7%+曜日ボーナス3%)のポイント還元が狙えるということです。

楽天市場は会員ステータスボーナス・曜日ボーナス対象ですが、dショッピングとQoo10は対象外です。

この会員ステータス制度と各ネットショッピングのポイント還元率の高さから、ネットショッピングならポイントインカムがオトクだと思いますが、他の広告はどうかというとなかなか使えます。

ポイントインカムは他のポイントサイトとトップを競うほどポイント還元が高い

ではポイントインカムはネットショッピング以外の広告のポイント還元は高いのかというと、ポイントサイトの定番高額広告であるクレジットカードなどで見てみれば、モッピーハピタスライフメディアと常にトップを競っており十分高還元率ポイントサイトだといえます。

例えば、インビテーションでゴールドに切り替えると万能の高還元率カードになるエポスカードなどでは、ポイントアップ時には高いポイント還元を提示してきます。

エポスカードbyポイントインカム

特に車の定額サービス「トヨタ KINTO」だといつもポイントインカムは1位です。

日本の車の税金は異常なほど高く、車検制度も異常だと思います。

トヨタ KINTO」ならすべてコミコミでメンテも込みなのに安く設定しているので、長い目で見れば断然安いです。

申し込むならポイントインカム経由でダントツでポイントをもらえます。

関連記事

「サブスクリプション」サービスとは、商品を購入するのではなく、使用した期間に応じて課金する販売方法です。 代表的なのは、Microsoft365などのパソコンのソフトウェアや音楽配信・動画配信サービスなどで導入されています。 車でも通常[…]

車のサブスク【トヨタのKINTO】とは?本当にお得なのか解説します。

ネットショッピングなら総合はポイントインカム

総合的なネットショッピングの還元率も高く、ボーナスポイントももらえて、他の広告の還元率も高いのは「ポイントインカム」です。

ですのでネットショッピングの構成比が高い方なら、「ポイントインカム」はかなりいけているポイントサイトです。

ここでは書ききれませんが、玄人向けのECサイト「ひかりTVショッピング」もポイントインカムは1.5%ポイント還元と高還元率なので、控えめにいって最高だと思います。

関連記事

ネットショッピングでポイントサイトを経由するのは今や新常識ですが、もらえるポイントは購入金額の数%ですので、ポイント交換できるほど貯めるにはポイントサイトを一つにまとめたほうが良いです。 cohamizu 楽天市場・Yaho[…]

ネットショッピングでお得なポイントサイトは「ポイントインカム」その理由を検証!

【まとめ】楽天市場のショッピングでおすすめのポイントサイト

以上が楽天市場をポイントサイト経由で利用するときのオススメのポイントサイトです。

まとめますと

  • ネットショッピングは主に楽天市場で1日6,600円未満のライトユーザーなら「ライフメディア
  • ネットショッピングは主に楽天市場で複数回6,600円以上のヘビーユーザーなら「ポイントタウン
  • ネットショッピングは主に楽天市場でクレジットカードなどの高額広告などポイントサイトを一つで使い倒すなら「ハピタス
  • ネットショッピングは色々「いいとこどり」して総合的に高還元率で他の広告も高還元なのは「ポイントインカム

個人的には少額なネットショッピングは「ハピタス」で利用してランクをあげて、高額な広告を利用してボーナスポイントを頂いています。

ですが、普段のネットショッピングは楽天市場だけじゃなくてdショッピングを結構使うので「ポイントインカム」は欠かせないと思います。

ネットショッピングに特に強く、クレジットカードのポイント還元争いでも、トップを競うまで成長している「ポイントインカム」は、このブログの紹介URL経由の登録+ポイント交換で合計200円相当のポイントとウェルカムミッション攻略でさらに520円相当のポイントがもらえます。

ポイントインカム紹介バナー

>>ポイントインカム新規登録キャンペーン!紹介コード経由で720円もらう方法