dカードゴールドの発行でお得な申込方法【2021】

ドコモユーザー以外でも年会費以上のメリットがあるゴールドカード「dカードゴールド」のお得な申込方法について解説します。

このカードの申込みは、新規入会特典が13,000円相当もあるなど非常に手厚いですが、ポイントサイトから申し込むと新規入会特典に加えて、ポイントサイトから23,500前後ものポイントがもらえます。

ところが最近では、スポット的に25,000円相当の高いポイント還元を提示してくるようになって来ています。

今回は、その25,000円相当のポイント還元を頻繁に出すようになってきた、高還元ポイントサイト「ライフメディア」経由でdカードゴールドを申し込む方法を解説していきます。

 

ライフメディア新規入会キャンペーン
↓↓↓

ライフメディアでは、2021年4月1日~4月30日まで合計で2,500ポイントがもらえる新規入会キャンペーンを開催中です。

dカードゴールドは年会費以上のメリットがあるのか?

dカードゴールドは、基本還元率1%・たまるポイントはdポイントでドコモユーザーの方ならドコモ利用料・ドコモ光 の料金に対して10%もポイント還元してくれるカードです。

年会費は11,000円かかりますので元をとるには月々9,170円以上は家族全員のドコモ利用料・ドコモ光 の料金があればペイできます。

しかしドコモユーザー以外でも以下の3つのメリットがあるため、ドコモユーザーじゃなくても十分年会費の元はとれます。

  1. 基本還元率は1%でさらに特約店でポイントアップ(数%off特典も)
  2. こえたらリボ利用で還元率を+0.5%上乗せ
  3. 年間利用特典で(1.1万~2.2万円相当)で年会費は実質無料

メインの利用で普段から利用することを想定すれば①②③を合計すると実質2.5%もの高還元率となるクレジットカードですので、JQ CARD エポスゴールドの最大2.5%の還元率にも並び、メインの利用で活躍すると思います。

上から順番に簡潔に説明していきます。

①特約店でポイントアップ(数%off特典も)

dカードゴールドは、基本還元率1%ですが特約店での利用ではポイントアップ・割引特典が受けられます。

特約店名ポイント還元率割引率
マツモトキヨシ3%
メルカリ2.5%
スターバックスカード4%
dショッピング2%
dトラベル2%
エネオス1.5%
ノジマ1%3%割引

上記は一部ですので、詳細を確認したい場合はコチラを確認してください。

とくにdショッピングはドコモ以外でも利用できる総合ショッピングサイトで、毎月20日のdショッピングデーでは、dカードdカードゴールドによる支払いで最大27%ポイント還元されます。

②こえたらリボ利用で還元率を+0.5%上乗せ

リボ払いは一般的には、手数料が高いのでデメリットが大きいため回避することが多いのですが、dカードdカードゴールドに関しては、「こえたらリボ」を活用すると損するどころか還元率が+0.5%アップします。

「こえたらリボ」とは、毎月支払う金額を設定しておき、それを超えた場合にリボ払いになるサービスです。

dカード超えたらリボ

上の図のように3万円を設定している場合、3万円を超えた部分の2万円がリボ払いとなり、年率換算15%の手数料(2万円リボになっていれば1日あたり8円手数料がかかる計算です)がかかってきます。

これに対してdカードdカードゴールドでは、手数料が1円でも発生していれば支払っている3万円に対して0.5%相当の150ポイントが加算され、基本還元率とあわせて1.5%還元されます。

毎日の手数料が8円相当なら30日で240円ですのでポイントアップ分を上回ってしまいますが、この手数料が数円というレベルにまで最小化されれば問題ないわけです。

こえたらリボの手数料最小化方法

先程の画像のように3万円をこえたらリボに設定していれば、手数料が最少で発生するように3万100円~3万1,000円などのようにほんの少しだけ設定した金額を上回るように利用すれば、1,000円ほどリボ残高として残れば月12円程度の手数料になります。

一方で支払った3万円に対しては、基本還元率1%に加えて+0.5%分の150ポイントが増えていますので、150-12=138円相当のポイント分メリットがあったことになります。

後はリボ残高分が数百円程度残っていれば、設定金額まで利用しておけば延々とリボ手数料が数円かかって、ポイントは通常よりも+0.5%多くもらえます。

調整するときは、Amazonギフト券を購入する方法が100円からなので調整しやすいです。

③年間利用特典で(1万・2万円相当)で年会費は実質無料

dカードゴールドには「年間ご利用額特典」というゴールドカードだけの特典があります。

年間のカードで支払った金額が100万円を超えると11,000円相当、200万円を超えると22,000円相当の特典がもらえます。

年会費の問題は実質的には年間100万円使うと11,000円相当の特典がもらえるので、この時点で元がとれます。

「年間ご利用額特典」はドコモ系のサービスの割引クーポンとして利用可能なもので、以下の6つから1つだけ選ぶことができます。

  • ケータイ購入割引クーポン
  • d fashionクーポン
  • dトラベルクーポン
  • d ショッピングクーポン
  • dミールキットクーポン
  • メルカリクーポン

対象期間は入会した月に関係なく、12月16日~翌年12月15日までとなり、申し込み期限は翌々年5月31日までです。

カード利用のうち対象とならない支払対象は、年会費・電子マネーへのチャージ額などです。

新規入会特典は13,000円相当のポイント!

dカードゴールドの新規入会特典は豪華で13,000円相当もあります。

dカードGOLD公式サイト

11,000円相当の新規入会特典

対象カード:dカードゴールド

■新規入会特典
①新規入会と同時にドコモのケータイ料金をdカード払いにすると1,000ポイント
②ショッピングご利用金額の25%のdポイント(入会翌月・翌々月の各月5,000ポイント)

■特典付与条件
・条件①:dカードゴールド申込みの翌々月末までの入会
・条件②:入会翌々月末までに特典サイトにてエントリー
・条件③:入会翌月・翌々月の利用金額に対し25%ポイント還元(各月5,000ポイント)

■ポイント付与日程
入会~入会翌月までの利用金額の25%ポイント還元は入会4ヶ月後
→入会翌々月中の利用金額の25%ポイント還元は入会5ヶ月後

dカードゴールドの新規入会の企画では、入会翌々月末までに2つの設定を行うとさらに2,000円相当のポイントが付与されます。

2つの設定で+2,000ポイント

  • こえたらリボ(3万円以下の設定)
  • キャッシングリボの設定

コチラに関しては、利用で3,000ポイントアップする企画との兼ね合いで考えると、調整が結構難しいかもしれません。

かりにこれを行わなくても、11,000円相当の新規入会特典は獲得できます。

ライフメディア経由でdカードゴールドを申し込む手順

dカードゴールドを申し込むときに、途中でdアカウントの入力が必要になってきます。

dアカウントを持っていなければ、事前にdアカウントを発行しておきます。

>>dアカウント発行はコチラ

次にライフメディア経由でdカードゴールドを申し込まないと23,500~25,000円相当のポイントがもらえませんので、未登録であれば登録をしておきましょう。

ライフメディアは、東証一部上場している家電量販店のノジマの完全子会社「ニフティ」が運用しているポイントサイトです。

2018年頃から段々ポイント還元が高くなり、最近は頻繁にトップのポイント還元を打ち出すようになってきました。

2021年度はかなり大規模な新規入会キャンペーンが行われており、新規入会&利用で最大2,500円相当のポイントがもらえます。

新規入会特典は5,000円以上の広告を利用すれば達成できますので、dカードゴールドをすぐに申し込めば完了です。

①トップページから検索をタップ

広告の検索はトップページのフッター部分にメニューがありますので真ん中の「検索」をタップします。

dカードGoldbyライフメディア

②検索バーでdカードGoldを検索

検索バーに「dカード」と入力すると、dカード・dカードGoldがでてきますので、「dカードGold」をタップします。

dカード検索

 

③「ポイントGET」をクリック

大事なポイントは、「ポイントGET」をタップすると公式サイトに遷移します。

これ以降は、Google検索でなにか検索したりして、サイトから離脱すると正常にポイントは反映されないことがありますので、中断せずに一気に申し込みを完了させてください。

dカードGoldライフメディアでポイントゲット

 

またApple製品を利用している場合は設定を予め確認してください。

Apple製品を利用しているときの注意点

iOS11などでSafariを利用している方で正常にポイント反映されない事例があります。

殆どがiPhoneだと思いますが、設定を確認してください。

<iPhoneの場合>
設定→Safari→サイト越えトラッキングを防ぐを「OFF」にする

<Macをご利用の場合>
プライバシー→サイト越えトラッキングを防ぐのチェックを外す

④dカードゴールド公式サイトで申し込む

dカードゴールドの新規入会特典は本当に豪華です。

通常時の新規入会特典は、13,000ポイントプレゼントという強力な内容になっています。

dカードGOLD公式サイト

あと申込みの入力で留意しておくことは、家族カードは1枚目は無料ですがそれ以上は1,000円かかります。

ETCカードに関しては年会費無料なので、ETCで利用するつもりであればこの時に一緒に申し込んでおきましょう。

ライフメディアの新規入会特典をもらうには?

ライフメディアの新規入会特典でとなっている2,500円相当のポイントは以下のように付与されます。

  • 紹介URL経由の登録で100ポイント
  • 4/30までに5,000円以上の広告を利用して7月10日までにポイントを獲得すると2,000ポイント
  • ポイント交換で400ポイント

そのためdカードゴールドの広告を利用するとこの条件をクリアします。

dカードゴールドの発行でお得な申込方法:まとめ

dカードゴールドの新規入会特典は非常に手厚いですが、ポイントサイト経由で申し込んだときの報酬が極めて大きいのが特徴です。

ここ最近はポイントサイト経由で高いところでは23,500円相当のポイントが定着していましたが、今回紹介している「ライフメディア」では、それを上回る高いポイント還元を出してくるようになっています。

勿論、クレジットカードだけではなく証券会社・FX口座開設などでも高いポイント還元を連発し、ネットショッピングでも「0と5のつく日」にボーナスポイントを付与するようになったため、これ一つでもOKといえる数少ないポイントサイトに成長しています。

dカードゴールドに関しては、何度か25,000円相当のポイント付与を提示していますが、ライフメディアに未登録の方は新規入会特典2,500円相当のポイントももらえますので、さらに2,500円分ものポイントを上乗せすることができます。

 

ライフメディアでは、2021年4月1日~4月30日まで新規入会キャンペーンを実施中です。

・既存会員の紹介経由で「ライフメディア」に登録して(100ポイント付与)

・5,000円以上の広告を利用し(2,000ポイント付与)

・ポイント交換を登録月の翌々月の7日までにポイント交換を行うと(400ポイント付与)

合計で2,500ポイントがもらえる新規入会キャンペーンを開催中です。

ライフメディア4月

  • 【1位】モッピー
    5

    手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

    会員数800万人の最大級のポイントサイト「モッピー」

    広告のポイント還元がバランス良く高水準。
    ポイ活にも優れたお友達紹介制度があり、ダウン報酬でも稼げるポイントサイトです。

    いまなら新規入会&利用で最大2,000円相当のポイントがもらえます。

  • 【2位】ハピタス
    4.5

    その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

    ネットショッピングならNo.1のハピタス

    ネットショッピングなら軒並みトップの還元率。お買い物あんしん保証制度も完備。
    広告の数が群を抜いて多く、ポイント還元もトップクラス級。

    いまならこのバナー経由の新規入会100ポイント+7日以内の広告利用で900ポイント、合計1,000円相当のポイントプレゼントです。

  • 【3位】ライフメディア
    4.4

    ライフメディアへ無料登録

    ポイント還元急上昇中のライフメディア

    広告のポイント還元がどんどん高くなって、お友達紹介制度も大幅に改善されて稼げるポイントサイトになっています。
    ネットショッピングも「0と5のつく日」はボーナスポイントがあるので、楽天市場・Yahoo!ショッピングユーザーは欠かせないポイントサイト。
    いまなら新規入会&利用で最大2,500円相当のポイントがもらえます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

本ブログは、人気ブログランキングへ参加しております。

よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

ポイント投資なら「ネオモバFX」
↓↓↓

TポイントがFX取引に使えて、1通貨単位の取引ができます。

1通貨単位の取引ができるので、3通貨ペアの取引量を同一にして「3すくみ・トラリピ」でローリスク・ハイリターンな運用が可能です。

Tポイントを現金化し翌営業日には出金することも可能です。