マイナンバーカードで25%還元制度「マイナポイント」

消費税が2019年10月より2%増税されています。
2014年に実行した消費増税が特段対策もなく、消費の落ち込みを招いた反省から政府は様々な消費喚起対策を打っています。

当時の政権下の閣僚の予想では消費税引き上げ幅が2%と前回よりも小幅であることと、様々な対策により影響は軽微という推定をしていました。

しかし結果としては10月は前年同月比-5.1%、11月は前年同月比-2.0%とかつてないほどの消費の反動減を招いたため対策は失敗だったといえます。

これはどれくらい大きいかといえば、2014年4月度の増税時には直後の4月は前年同月比-4.3%、5月は-0.4%ですので、結局消費に与えたダメージは今回のほうが大きくなっています。

そのためなのかは不明ですが、政府は11月半ばにマイナンバー(個人番号)カードを活用して新たに始めるポイント還元事業を決めました。
申請できるのは2020年9月から21年3月までの7カ月間で、最大2万円分のキャッシュレス決済の25%に当たる5千円分のポイントを付与するという内容です。
これがなかなか普及が進まないマイナンバーカードに紐づけて、マイナンバーカードに対してポイントを付与するという対策により普及促進を図ろうとしています。
このときに付与されるポイントの名称が「マイナポイント」と呼ばれるものです。

またこの制度が発表されてまもなく、コロナウィルスの世界的な感染拡大により、日本の消費自体も急激な落ち込みをしています。
あるいは5千円分のポイント付与も増額するかも知れません。

マイナポイントの概要と設定方法

この制度ではマイナンバーカードのICチップの中の電子証明書を活用して、ウェブ上のマイキープラットフォームでマイキーIDというIDを設定します。
これを行うことによってマイナポイント付与を行うときの本人を認証するキーとなります。

このマイキーIDを設定した人が、今後~Payなどキャッシュレス決済のチャージ・決済などを行った際に、マイナポイントが付与される仕組みです。

マイナポイント概要

・還元率:25%(5,000円)/還元される決済上限20,000円
・期間:2020年9月~2021年3月
・対象となるステップ1:マイナンバーカード取得
・対象となるステップ2:マイキーIDを設定
・対象となるステップ3:2020年7月から対象とする決済サービスを一つ申し込み
・対象となるステップ4:申し込んだ決済手段で付与されるポイントで付与

マイナンバーカード取得方法

・マイナンバー通知カードと一緒に送られてきた交付申請書を持っている場合は、割と簡単でスマートフォン・パソコンなどの端末や対応する証明写真機などで申請することが可能です。
・今ぐらいから申請するという方は、交付申請書の封筒の期限は切れていると推定できるので、「手書き用交付申請書」及び「封筒」をダウンロードし郵送します。
・もしくは、市区町村の窓口で交付申請書の再発行をしてもらうことで申請できます。

交付通知書は1ヶ月どころか2ヶ月はかかる

・申請書を専用の封筒で送付した後、1ヶ月で交付通知書が送られてくると一般的には言われていますが、実際は2ヶ月程度かかっています。恐らく申請数に対して処理が間に合っていないのではないかと推測されます。

交付場所は市区町村の役場など。持参物を忘れずに。

1~2ヶ月後の交付通知書に交付の際に必要なものは記述があります。
基本的には
・マイナンバー通知書
・交付通知書
・本人確認書類
以上のものが必要です。

また事前に用意するものは
6桁以上の英数字(アルファベットは大文字)の組合せのパスワード
4桁の暗証番号

以上の必要物とパスワード・暗証番号を用意して、役場の指定の場所に行って受け取りを行います。

マイキーID設定方法

マイキーIDは環境さえ整えば自宅でも設定は可能です。
できない方も勿論存在しますので、自治体の中にはマイキーIDを設定できる環境を整えている自治体もあります。

以下が自宅でも設定ができる場合です。

①iPhoneの場合

App Storeで「マイナポイント」アプリをインストールします。
※対象はiPhone7以上となります。対象機種はこちらを参照ください。

②Androidの場合

Google Playで「マイナポイント」アプリをインストールします。
※対象は多数ありますが、割と最新機種が対象ですね。対象はこちらです。

③パソコンの場合

「マイキーID作成・登録準備ソフト」をインストール しICカードリーダーライターが必要になります。対象はこちらです。

スマホアプリ・パソコンのICカードリーダーでマイナンバーカードを読み取る

①②のスマホの場合
インストールした「マイナポイント」→「マイキーIDの発行」をクリック→マイナンバーカードを読み取り

③のパソコンの場合
こちらから「マイキーIDの発行」をクリック→用意しているICカードリーダーでマイナンバーカードを読み取り

マイナンバーカード受け取り時に決定した暗証番号を入力

ここで交付通知書によるマイナンバーカード受取時に使用した暗証番号が出てきます。

暗証番号が正しく入力されると、2020年7月以降、マイナポイント付与を希望する決済サービスを選択できるようになります。

候補となる決済サービス

2020年7月以降選択可能となりそうな決済サービスですが、当初はクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードが除外されていましたが追加され、電子マネー・コード決済サービスも次々とラインナップされています。

いくつか抑えたほうが良さそうな候補を挙げておきますので、参考にされてください。

PayPay

・直近の日経クロストレンドで全国1万人に調査実施したキャッシュレス決済の調査では、すでにWAONnanacoを抜いて単独2位に浮上している決済サービスです。
もっとも1位はクレジットカードなので、単独では1位かも知れません。
そのためダントツの利用範囲を誇りますので結構活躍の場があります。
PayPay残高に 「ヤフーカード か銀行口座からチャージすれば、マイナポイントの対象となります。
・決済方式はコード決済ですので、表示は6~7秒かかり決済が遅いのが欠点です。
・いまのままだとかなり使いにくいので、非接触決済を搭載すれば良さそうですが、ソフトバンクグループ自体に電子マネーなどの非接触決済がサービスにないためPayPayで非接触決済が搭載されるようになるか不明です。
・基本還元率は4月から0.5%です。
・還元率を向上させた使い方をするためには、キャンペーンをチェックしてそれに乗るというのが常套手段になります。
・マイナポイントを取り込むのは2020年後半の必須のミッションなのでここにキャンペーンを投じてくる可能性は極めて高いです。

関連記事

非常に地道な営業で、全国津々浦々の現金のみだった店舗でもPayPayが利用できるようになってきています。おそらく単独ではもっとも利用されているキャッシュレス決済手段ではないかと思います。2020年3月末日まではPayPay残高・ヤフーカー[…]

PayPay4月から基本付与率が0.5%へ改悪

楽天ペイ

・同じく日経クロストレンドが実施したキャッシュレス決済の調査では、コード決済では単独2位、全体ではSuica・楽天Edyに次ぐ8位となるのが「楽天ペイ」です。
・決済方法は、登録したクレジットカードによる決済とクレジットカードによるチャージ・楽天銀行口座からのチャージによる楽天キャッシュが残高の概念によく似ており、「楽天ペイ」決済に利用できます。
・決済はコード決済ですが、割と表示速度は平均2~3秒と非常に早いです。
・楽天Edyが組み込まれていますが、2020年5月25日にSuicaが「楽天ペイ」に搭載されていますので利便性は向上していますが、チャージによる還元率は0.5%程度とがっかりするような内容でした。
・基本還元率は実は0%、ネットでは1%です。キャンペーン以外では用事はなさそうなのでキャンペーンをチェックの上、エントリーしておかないといけないのが面倒ですね。

関連記事

2020年5月25日、JR東日本と楽天ペイメントは、コード決済サービス「楽天ペイ」上で交通系電子マネーSuicaを発行・チャージ・利用できるサービスを開始しました。発表から1年もの時間が経過していますね。モバイルSuicaが年会費無料に切[…]

楽天ペイとSuica連携。アプリ上で発行・チャージ・利用が可能に

d払い

・コード決済各社の還元率が低下の一途をたどっている中、次々と強力な還元率でシェアを奪ってきているのが「d払い」です。
やはり世界一高い通信料を何も文句を言わずに気前よく払ってくれる優良顧客を数多抱えているキャリアは違いますね。
もっとも先程のキャッシュレス決済の調査では10位にも入らないので、まだまだ利用されているところは少ないです。
・決済方法は、登録したクレジットカードによる決済と、銀行口座からのチャージによるウォレットからの決済の2種類となります。
これは間違いなくdカード(dカードGold・dカード・dカードプリペイド)で決済を行ったほうが各キャンペーンの対象となるため、遥かに有利です。
銀行口座からのウォレットへのチャージは、大抵の大規模還元キャンペーンの対象外であるため、現金より少しましという程度でしかありません。
・決済はコード決済ですが、表示速度は最悪で平均16~23秒と非常に遅いです。
・基本還元率は0.5%ですが、キャンペーンが10~20%の還元率であったり、特にAmazonで「d払い」を利用する場合、複数のキャンペーンと組合せが可能ですので、極めて還元率が高くなります。

関連記事

3大キャリア「ドコモ」が運営するスマホ決済サービス「d払い」はすっかりコード決済の還元率が低下している中でも常時何らかの施策を打ってきており、底力の強さが伺えます。2019年12月にはドコモのプランにAmazonプライムを組み込みdポイン[…]

【最新】d払いキャンペーンまとめ

※ドコモ携帯料金が10%還元されるドコモユーザー必携の「dカードGold」発行は、ポイントサイト「ライフメディア」経由の発行で、公式サイトからのiDキャッシュバックに加えてポイントサイトから23,500円相当のポイントが付与されます。
※レギュラータイプの「dカード」の発行は「ECナビ」が最高額3,000円相当のポイント付与となっています。
ライフメディア」は下記バナーからの登録で最大500円相当のポイントが付与されます。

ライフメディアへ無料登録

au Pay

・こちらもドコモとおなじくフランスの4倍はあろうかという通信料金と簡単には気づかれない見事なまでの解約ビジネスを誇るauです。
アプリの出来はもっさりしており最低の使い心地ですが還元率を付与する原資は、無限にあるため期待して良いでしょう。
キャッシュレス決済の調査ではランキング外ですが、最近「楽天ペイ」利用店舗でも使えるように加盟店網を分けてもらったことで利用できる範囲が広がりました。
・決済方法はコード決済で、クレジットカードとじぶん銀行、セブン銀行ATMからチャージできます。
ただコードが表示されるスピードはドコモと同様レベルなので場合によっては支払うことすらできないかも知れないので、1分前くらいから立ち上げる余裕のある店舗で使ったほうがいいですね。
・基本還元率は0.5%ですが、2020年4月13日から「生活応援企画」で+0.5%の1%の還元率でどこでも決済できます。
ローソンでは通常の8倍つまり4%の還元率ですので、現状の還元率が継続する場合は有力候補に浮上しますね。

Suica

・いわずもがな交通系ICの首魁ですね。キャッシュレス決済の調査では利用率は6位となっています。
Suicaはプリペイド方式ですので、対応するカードでチャージする必要があるのですが、それにぴったりなのが「JQ CARD エポスゴールド」です。

JQ CARD エポスゴールド」 の基本還元率は0.5%ですが、以下の条件を満たすと3.0%の還元率でモバイルSuicaにチャージできます。

JQ CARD エポスゴールドのボーナスポイント
・年間利用50万円で0.5%分(2千500円分)ボーナス付与
・年間利用100万円で1.0%相当(1万円)ボーナス付与となります。
年間利用額100万円を達成すれば、還元率は1.5%となりますね。

②支払いをショッピングリボに指定しておいて、請求額確定6日までにATMで全額返済すれば+0.5%還元率をアップ できます。

③ JQ CARD エポスゴールドにはさらに選べるポイントアップショップが3つまで選択できます。
これは通常0.5%の還元率が1.5%となるわけです。
てっきり実店舗なのかと思いきや、モバイルSuicaが指定できます。

以上の①②③で3.0%の還元率になります。

関連記事

①JQ CARD エポス ゴールドはデフォルトでの還元率が飛び抜けて高いクレジットカードです。特に特典として3つの店舗・サービスの還元率を3倍・つまり1.5%にデフォルトで設定できます。そしてさらに還元率を上積みできるのですが、それはこれ[…]


ダントツに還元率が高いのですが、ストレートに申し込むと年会費が5,000円かかってしまいます。
そのためインビテーションによる切り替えによって、年会費無料のゴールドカードとして利用できます。
最初はポイントサイト経由で「エポスカード 」を発行し、その特典を受けつつ、JQ CARD エポスに切り替えてインビテーションを待つという手順になります。

JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。

エポスカード」発行は、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で、入会特典に加えてポイントサイトから4,000円相当のポイントを獲得することができます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20040612710

Kyash Card

リニューアルし1%のポイント還元はそのままに、コンタクトレス決済とICチップを搭載した「Kyash Card」は、未来のウォレットといってもよい利便性の高さです。

Visa・MasterCardブランドのクレジットカードでチャージが可能でチャージ金額に対してポイントが満額付与されますので、チャージしたカードの還元率が1%であれば、「Kyash Card」のポイント還元率1%とあわせて2%の還元率で利用できることになります。

登録できるカードは5枚もあり、利用通知がその都度くるため、利用した状態を一括して管理でき、送金もできるため世帯の支出管理に非常に便利です。

関連記事

Kyash(キャッシュ)株式会社が発行するプリペイドカードKyashはVISAプリペイドカードでこのプリペイドカードに保有するカードからチャージし利用するとカードのポイントは満額付与され、Kyash自体の還元率も1%と高率で還元率を高めら[…]

マイナポイントの準備はお早めに

少なくともマイナンバーカードの申込みから交付まで1~2ヶ月は要する現在の状況ですので、直近になって混み合うともっと遅くなることが想定できます。
なるべく早めに準備しておくことをおすすめします。

対象となる決済方法は、電子マネー・コード決済とクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードが当初はなかったのですが追加で加わり、これらの決済手段で決済・チャージを行った金額の25%(最大5千円)が還元されます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しておりますので、よろしければ応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村