Amazonプライムに入るなら実質割引で特典が使えるAmazon MasterCard ゴールドを活用しよう

Amazonプライム」の年会費は4,900円とだいぶ高額になってきています。
ところが「Amazon MasterCard ゴールド」には、この「Amazonプライム」が付帯しています。

Amazon MasterCard ゴールド」はゴールドカードですので、年会費は11,000円かかります。
しかし、申込時に「マイ・ペイすリボ」の登録で年会費は半額の5,500円となります。
かつ、利用明細は「Web明細」を選択すると2年目の年会費からさらに1,100円割り引かれます。
そのため、「Amazon MasterCard ゴールド」を保有することで通常の年会費4,900円より500円安い4,400円で「Amazonプライム」を利用できます。

Amazon MasterCard ゴールドカード概要

Amazon MasterCard ゴールド」は、Amazonのハウスカードです。
レギュラーカードの「Amazon MasterCard クラシック」はダンボールのような券面で有名ですが、「Amazon MasterCard ゴールド」はそれを金色にした券面であまりステータス感はありません。

Amazon MasterCard ゴールド基本スペック

■年会費:11,000円
 ・マイ・ペイすリボ登録で半額5,500円
 ・WEB明細割引1,100円
 →合計で年会費4,400円まで減額
Amazonでの買物:2.5%ポイント還元
Amazon以外の買物:1%(マイ・ペイすリボ登録なら1.5%)
■ショッピング保険:年間300万円まで
■旅行傷害保険:最高5,000万円までの海外・国内旅行傷害保険
■国内主要空港のラウンジサービス無料利用可
■家族カード:無料で3名まで申込可能
■ETCカード:年会費550円で追加可能
■電子マネー:iD(Apple Pay・Google Pay登録可能)

三井住友カードで最も高還元率なAmazon MasterCard ゴールド

前提として、「Amazon MasterCard ゴールド」はクラッシクカードも「三井住友カード」です。
しかし当方としては三井住友カード」よりオススメだと考えています。
その理由は3つあります。
Amazonでの利用は2.5%の高還元率
Amazon以外の利用はマイ・ペイすリボ登録で1.5%と高還元率
・「Amazonプライム」年会費を通常の4,900円より500円安い4,400円で利用できる
順にこのカードの利点を説明します。

Amazon利用は2.5%の還元率

Amazon MasterCard ゴールド」はAmazonでの利用でAmazonポイント2.5%還元という特典が最大のセールスポイントです。
レギュラーカードの「Amazon MasterCard クラシック」ではプライム会員であれば2%、プライム会員以外では1.5%のポイント還元となります。

AmazonポイントはAmazon以外の利用方法は有りませんので、Amazonの利用がもともと少なければ、「Amazon MasterCard ゴールド」の魅力はありません。

Amazon以外の利用はマイ・ペイすリボ登録で1.5%と高水準

三井住友カード」のデフォルトの還元率は0.5%と少なめです。
しかし例外もあって「エブリプラス」というリボ専用カードは1.5%の還元率です。
※「エブリプラス」の新規募集は停止されています。

Amazonの利用では2.5%のポイント還元になる「Amazon MasterCard ゴールド」ですが、Amazon以外の利用では1%の還元率です。

しかし、「三井住友カード」の定額リボ払い制度「マイ・ペイすリボ」を「Amazon MasterCard ゴールド」で活用すれば、通常利用でも1.5%の還元率にギャップアップします。

「マイ・ペイすリボ」とは月々の支払いを例えば5万円と設定すれば、支払いは自動でリボ場合となり、月々支払う5万円を超えた金額分に手数料がかかります。

リボ払いは年率換算15%の高額な手数料がかかるため、支払い方法としては非常に損な支払い方法です。

しかし「Amazon MasterCard ゴールド」では、「マイ・ペイすリボ」設定にした毎月の自身が設定した金額超えた部分にした手数料がかからないという特性を利用すれば、手数料を最小化でき1.5%にアップしたポイント還元を受け取れます。

仮に毎月5万円の「マイ・ペイすリボ」にすると
・5万円以内の利用の場合は⇒一括払い扱いになるのでリボ手数料は発生しません。
・5万円を超えた利用となると⇒その月の支払いは5万円、超過した部分は翌月以降にリボ払い(手数料発生)

「マイ・ペイすリボ」の設定金額を超えて手数料が発生すれば「マイ・ペイすリボ」発動になり「Amazon MasterCard ゴールド」は還元率が1%から1.5%へギャップアップします。
「マイ・ペイすリボ」5万円設定の場合、5万円の利用に対するポイント還元は、500円相当ですが、100円だけ超過した5万100円で手数料が発生した場合のポイント還元は、750円になります。

「マイ・ペイすリボ」発動となる最小金額は82円で、これなら月額手数料は1円程度です。
締日の月末までに調整し少額だけ超えるようにします。
少額であればあるほど有利で手数料はせいぜい数円~数十円程度しか発生しません。

カードの支払い方法を調整する方法は、複雑ではなく足りない部分は、プリペイドカードへのチャージなどを活用すれば調整しやすくなります。

おすすめは1%の還元率を誇る「Kyash Card」がおすすめですね。

関連記事

Kyash(キャッシュ)株式会社が発行するプリペイドカードKyashはVISAプリペイドカードでこのプリペイドカードに保有するカードからチャージし利用するとカードのポイントは満額付与され、Kyash自体の還元率も1%と高率で還元率を高めら[…]


リボ払い設定金額を超えてしまった場合

逆に意に反して、設定金額を大幅に超えてしまった場合の対処方法です。
先程の5万円の設定金額を2万円超えてしまった場合は、カード引き落とし前に19,900円を繰り上げ返済を行って、やはり先程の例のように支払金額を5万円をわずかに超えた50,200円で設定しておきます。
こうするとリボ払い手数料がかかる金額は、上述の例と同じく5万円を引いた100円となり、月額でも1円程度の手数料で収まることになります。

ATMからも可能ですが、24時間利用可能なインターネットがおすすめです。
インターネットから三井住友カード」の管理画面「Vpass」からログインして、申し込みをします。
支払いの口座の金融機関によって申し込み期限が異なります。
事前に金融機関ごとの申し込み期限を確認しておきましょう。

Amazonプライム年会費を通常の4,900円より500円安い4,400円で利用できる

Amazonプライム」の年会費は4,900円ですが、Amazon MasterCard ゴールド」には自動で「Amazonプライム」特典が付帯しています。

ところが「Amazon MasterCard ゴールド」の年会費は11,000円です。
一見負担が増えているだけに見えますが、「Amazon MasterCard ゴールド」の年会費は大幅に減額可能です。

①マイ・ペイすリボ登録で5,500円割引
②WEB明細利用で1,100円割引
→合計で年会費4,400円まで減額できます。

普通に「Amazonプライム」の年会費を払えば4,900円ですので、それよりも500円安い4,400円で「Amazonプライム」の特典を利用できることになります。

この特典は特に記述は有りませんが、申込みのときに忘れずに設定しましょう。
仮に設定した金額を超える買物が発生する場合は、「Amazonギフト券」を予め用意して決済すればOKでしょう。

関連記事

ネット通販の巨人「Amazon」では、実に様々な商品を扱っており便利ですが、予めAmazonギフト券を購入し準備することでよりお買い得な買い物をすることができます。 現在、「Amazon」では、初回のAmazonギフト券へ5[…]

Amazon MasterCard ゴールドまとめ

ながらくAmazonプライム」の年会費は3,900円だったのですが、1,000円引き上げたことで実質4,400円で「Amazonプライム」特典が利用できる「Amazon MasterCard ゴールド」の価値が上がりました。

「マイ・ペイすリボ」にすれば年会費が半額になる点は、広く知られていますが、同時にAmazon以外の利用も「マイ・ペイすリボ」にすれば従来の1%の還元率が1.5%となり十分高還元率といえるレベルになるという点はあまり知られていないようです。

1.5%の還元率ならば、十分メインカードとしても利用できます。
ただこのブログで再三記述しているポイントという実質値引きような販促費用はAmazon以外にできず、ポイント投資のようなポイントの価値を
さらに増幅できるような手段は無いことには留意は必要だと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


クレジットカードランキング