Amazon MasterCardのプライム特典が終了!改悪後の代わりの方法を解説!

Amazon MasterCard ゴールドの新規申込みが2021年9月に停止し、2021年11月1日からあらたなAmazon MasterCardのサービスがリリースされます。

Amazon MasterCard ゴールドでは年会費は11,000円でしたが、このカードには「Amazonプライム」が付帯しており、加えて①マイ・ペイすリボ登録で半額5,500円、②WEB明細割引1,100円→合計で4,400円まで年会費が減額するため、通常なら4,900円かかる「Amazonプライム」が500円割引で利用できるというすぐれものでした。

しかし新しいAmazon MasterCard・Amazon Prime MasterCardの2券種では、年会費が無料である代わりにAmazonプライムは付帯せず別個で申し込みが必要になります。

またAmazon MasterCard ゴールドに付帯していたAmazonプライムは次回の更新日(最長1年)まで利用できますが、それ以降は終了となり別個4,900円の年会費の支払いが必要になります。

気になる還元率はAmazon MasterCard ゴールドAmazonの利用では2.5%だった還元率が新しいカードでは2%に低下しますので、実質改悪と言って良いと思います。

 

正直、新しいAmazon MasterCard・Amazon Prime MasterCardの2券種では、Amazonプライム加入者でも還元率は2%なので、トヨタウォレットのルートで最終的にEdyでAmazonギフト券を購入する方法が一番還元率が高くなります。

トヨタウォレットへチャージするクレジットカードでは、日曜日の利用で1.5%還元される「Tカード Prime」が使いやすく高い還元率なのでおすすめです。

日曜日の利用は1.5%還元!Tポイントをためるなら「TカードPrime」
4.0

TカードPrime

■日曜日の利用で1.5% Tポイント還元
■今なら新規入会特典6,000円相当のTポイントがもらえる!
■auPAYプリペイドカード・TOYOTA Walletへのチャージでポイント多重取りが狙える!
○ポイントインカム経由の発行なら新規入会特典に加えて5,100円相当のポイント獲得
○ポイントインカムはこのサイト経由の登録で100円&ポイント交換100円+この広告の利用でさらに2,000円相当のポイントGET

あたらしいAmazon MasterCardは何が改悪したのか?

Amazon MasterCard ゴールドは、9月には募集停止となり次のカードがどうなるのか告知が待たれていました。

2021年11月1日から募集がはじまる新しいAmazon MasterCardは、券面が2つありますが基本的な特典など違いはありません。

Amazon MasterCard

  • Amazon MasterCard・・・プライム会員以外
  • Amazon Prime MasterCard・・・プライム会員

Amazon MasterCard ゴールドは、Amazonプライムが付帯しており、加えてマイ・ペイすリボ登録で年会費が半額の5,500円となり、WEB明細割引適用で1,100円割引となりますので、最大で4,400円まで年会費が減額しAmazonプライムを通常の4,900円から実質500割引で利用できました。

しかし新しいAmazon MasterCardは別途Amazonプライムに申し込むこととなります。

これまで利用されてきたAmazon MasterCard ゴールドは、年会費はかかりますがAmazonでの利用でAmazonポイント2.5%還元という特典が最大のセールスポイントでしたが、新しいAmazon MasterCardはプライム会員でも還元率は2%に低下します。

ここではAmazon MasterCard ゴールドの基本スペックを振り返りながら、還元率と年会費について何が改悪したのかを確認してみようと思います。

Amazon MasterCard ゴールド基本スペック

Amazonのハウスカードとして長年親しまれたAmazon MasterCard ゴールドは、クラシックカードのダンボールのような券面に比べてゴールドになっている分、幾分か券面がマシな感じです。

AmazonMasterCardゴールド

ブランドがMasterCardなので、コストコでも活躍してきたカードです。

このAmazon MasterCard ゴールドの基本スペックは以下のようになります。

  • 年会費:11,000円
     ・マイ・ペイすリボ登録で半額5,500円
     ・WEB明細割引1,100円
     →合計で年会費4,400円まで減額
  • Amazonでの買物:2.5%ポイント還元
  • Amazon以外の買物:1%(マイ・ペイすリボ登録なら1.5%)
  • ショッピング保険:年間300万円まで
  • 旅行傷害保険:最高5,000万円までの海外・国内旅行傷害保険
  • 国内主要空港のラウンジサービス無料利用可
  • 家族カード:無料で3名まで申込可能
  • ETCカード:初年度無料、次年度年会費550円(年に1回でも利用があれば無料)
  • 電子マネー:iD(Apple Pay・Google Pay登録可能)

これらが具体的にどのように改悪したのか?ちょっと表にまとめました。

  Amazon MasterCard ゴールド 【新規】Amazon MasterCard
年会費 11,000円(4,400円) 無料
Amazonプライム年会費 自動付帯 4,900円
Amazon還元率

2.5%

2%(プライム会員)

Amazon以外の還元率 1% 1%
ショッピング保険

年間300万円
※2022年11月1日から200万円まで

年間200万円
旅行傷害保険 国内・海外最高5,000万円まで
※2022年11月1日から2,000万円まで
海外最高2,000万円まで
家族カード 無料で3名まで申込可能 無料で3名まで申込可能
ETCカード 初年度無料、次年度年会費550円 無料

ゴールドカード自体の特典も2022年11月1日以降、ショッピング保険・旅行傷害保険・空港ラウンジ利用のサービスなど新しいAmazon MasterCardのスペックに併せることになります。

それまではゴールドを保有する意味は十分あるのですがそれ以降は微妙な感じになりますね。

年会費は無料だけどAmazonプライム年会費は実質値上げ

Amazon MasterCard ゴールドの年会費は11,000円ですが、Amazonプライムが自動付帯していました。

この特典は結構大きくて、Amazonプライムの年会費は4,900円と結構高くなっているものの、Amazon MasterCard ゴールドを保有し①マイ・ペイすリボ登録で5,500円割引②WEB明細利用で1,100円割引という手順を踏むことで年会費は実質500円割引の4,400円で利用できました。

11月1日以降も利用できますが、Amazonプライムの更新日の到来で消滅し、引き続きAmazonプライムの特典を利用する場合は別個に手続きし4,900円の年会費を支払う必要があります。

Amazon MasterCard年会費

一方で新しいAmazon MasterCardは、年会費は無料なのですがAmazonプライムの特典を利用する場合は、やはり別個に手続きし4,900円の年会費の支払いが発生します。

Amazonプライムは、Amazonをより便利に使える特典が多数付帯していますので、その特典と4,900円の年会費とで割に合うのか合わないのか一度検討してみても良いと思います。

固定費は利用しないのにズルズル支払っていては、非常にもったいないので機会があるごとに検討して、利用しないのなら思い切ってやめればそれだけで費用が減りますので、大事なことだと思います。

ちなみにAmazonプライムの特典としては主なものでは以下の3つが大きいと思います。

特典①配送無料特典

一番便利なのは、早く届く無料配送特典が付帯していることです。

注文合計が1,999円以下でかかる410円の送料がAmazonプライムでは無料となります。

「Prime」対象商品であればお急ぎ便・お届け日指定ができしかも無料配送なので非常に便利です。

特典②Prime Video

二番目に便利なのは、Prime Videoです。

テレビに「Fire TV stick」を差し込んでセッティングして、会員特典対象の映画・TV番組などが見放題です。

家族はすっかり地上波のテレビを見なくなりました。

通常は4,980円ですが、買うならプライムデー・ブラックフライデー・サイバーマンデーなどのビッグセール時に購入するのが一番だと思います。

Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属

特典③Prime Photo

三番目に便利と思っているのが、Prime Photoですね。スマホで撮った画像がアップロードされて限界なく保存できます。

これはGoogle Photoが2021年6月で、無制限で画像を保存できる機能がなくなっていますので、Prime Photoの優位性が際立つことになります。

※ちなみに動画は15GBまでです。

他にも多数の特典が付帯しています。

Amazon MasterCardの還元率は2.5%→2%に低下

新しいAmazon MasterCardは、還元率低下というよりも従来のAmazon MasterCardクラシックに還元率を合わせた2%(プライム会員であれば2%、プライム会員以外では1.5%)となっています。

Amazon MasterCard還元率

Amazon MasterCard ゴールドならAmazonプライムが付帯して2.5%の還元率を実現していたので、これに替わるカードがないのは非常に痛いですね。

現状のユーザーの方なら、その後も2.5%の還元率は維持されます。

Amazon以外の利用は1%還元

当方の場合は、いまだにエブリプラスという三井住友カードを使い続けています。

マイ・ペイすリボで手数料を最小化するテクニックを使えば還元率が1.5%となるからそうしているのですが、新しいAmazon MasterCardは発行が三井住友カードであるもののマイ・ペイすリボのルールがまだ不明なので、こういった手法が使えるのかわかりません。

使えたら1.5%の還元率が実現できますが、マイ・ペイすリボで支払金額を自由に決められるのか?ポイントは0.5%アップするのか?

現状では不明です。

関連記事

三井住友カードの自動リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」。 リボ払いは手数料が高額なので忌避していると思いますが、三井住友カードのマイ・ペイすリボのルールを熟知して手数料を回避すれば、少額の手数料の負担で年会費無料・半額・ポイント2倍[…]

三井住友カード「マイ・ペイすリボ」の活用でポイント倍増

新しいAmazon MasterCardはコンビニ利用なら1.5%還元

発行が三井住友カードだからなのか、コンビニの利用で1.5%還元と申し訳程度の特典がついています。

ただ三井住友カードNL三井住友カードゴールドNLでもコンビニ・マックで5%還元なので、それなら三井住友カードゴールドNLのほうが年間ボーナスもある分、2%の還元率が狙えるので新しいAmazon MasterCardを選択する意味は乏しいような気がします。

Amazonでの利用も還元率はそんなに高くはない

新しいAmazon MasterCardのスペックとしても従来のクラシックと同等です。

Amazonでの買物を他のカードよりも高い還元率な(2%還元)Visa LINE Payクレジットカードにされているのであれば、このカードの2%還元という特典は2022年4月30日で終了予定であるため、それ以降のことを見据えて申し込んでおくのも手段の一つだと思います。

ただ現在は毎月毎回1.5%キャッシュバックキャンペーンを展開しているウォレットサービス「TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)」に他の還元率が高いカードからチャージして利用すれば、2%の還元率を超えることは容易なので、トヨタウォレットでキャンペーンを展開している間は、あわてて申し込まなくても良いと思います。

関連記事

2021年4月13日から終了日未定で「トヨタウォレット(TOYOTA Wallet)」がiD・MasterCardコンタクトレス・オンラインのMasterCardの支払いに限り1.5%のキャッシュバックが行われましたが、2021年10月31[…]

トヨタウォレットで高還元率を獲得する使い方とEdy・WAON・nanacoチャージによる出口戦略

トヨタウォレットを利用すると還元率3.2%が狙える

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)は、残高によるネットでのMasterCard決済、お店ではAndroidならiD・iPhoneならMasterCardコンタクトレスによる決済ができます。

この残高による決済なら1%のキャッシュバックがあります。

最大2%と謳っていますが、TOYOTA TS CUBIC CARDからのチャージで1%ポイントが付与されますよという内容ですので実質1%です。

このトヨタウォレットの支払い方法で1.0%の還元率になるのは、iPhoneならMasterCardコンタクトレス、AndroidならiDによる非接触決済とMasterCardバーチャルカードによるネット決済になります。

トヨタウォレット毎回2%還元キャンペーン

ちなみにトヨタウォレットは、チャージ方法を登録して初回チャージすると1,000円分の残高がプレゼントされます。

  • トヨタウォレットのアプリインストールは「ECナビ」経由でアプリインストールして30分以内の決済で720円相当のポイント
  • チャージ方法を登録して初めてチャージすると1,000円分の残高がもらえます。
  • 当方の紹介コード「AATWMXDU」もよろしければご利用ください。

Amazonで利用するときには、MasterCard決済でも良いのですがひと手間かけると還元率がアップするので、現状ではトヨタウォレット経由は必須の手法になると思います。

トヨタウォレットで3.2%の還元率を実現する組み合わせ

そのひと手間とは、①クレジットカードを登録したKyashCardからのチャージ、②トヨタウォレットAmazonギフト券の購入になります。

具体的にブレイクダウンすると以下のようになります。

  1. 前提としてAmazonプライム会員であること
  2. Tカード Primeなどの高還元率カードを登録したKyashCardからトヨタウォレットへチャージ(日曜日実施!)
  3. トヨタウォレットAmazonギフト券を5,000円単位で購入

このひと手間を加えることにより、以下のように還元率は3.2%にまで向上します。

  還元率 備考
Tカード Prime 1.5% 日曜日の利用
KyashCard

0.2%

登録したクレジットカードからの残高は0.2%
トヨタウォレット 1% MasterCardで購入
Amazonギフト券 0.5% 5,000円単位の購入でポイント付与
合計 3.2%

ここでの注意点は以下のようになります。

  1. Tカード Primeは日曜日の利用のみ1.5%の還元率となり、通常は1%です。
  2. KyashCardについては、0.2%のポイントが付与されるのは月5万円までとなります。
  3. トヨタウォレットによるAmazonギフト券の購入は5,000円単位でないとポイントが付与されません。

Amazonギフト券クレジットチャージで0.5%ポイントプレゼントキャンペーン

Amazonプライム会員&5,000円単位のAmazonギフト券の購入で、どのくらいAmazonポイントがもらえるのかというと以下のように付与されるようになっています。

クレジットカード払いの残高追加で0.5%ポイントプレゼントキャンペーン

Amazonギフト券は、Amazonの電子マネーのような位置づけになっており、カードによるチャージだけでポイントが貯まるように優遇措置が図られています。

※Amazonアカウント開設後、最初のショッピングから30日以内のチャージはキャンペーンの対象外になります。

エントリーは以下のページからエントリー→チャージまで進むことができます。

この方法でAmazonギフト券のチャージを行えば、TカードPrimeKyash Card・トヨタウォレットでポイント三重取りに加えてさらに+0.5%のAmazonポイントが加わりますので、以下のような還元率になります。

  • TカードPrime(1.5%)+Kyash Card(0.2%)+トヨタウォレット(1%)+Amazonギフト券クレジットチャージ(0.5%)=3.2%

Amazonギフト券の購入は下記のボタンから進むことができます。

【まとめ】Amazon MasterCardのPrime特典が終了!改悪後の代わりの方法を解説!

プライム特典が自動付帯していたAmazon MasterCardゴールドは募集停止となり、プライム特典も次回の更新をもってなくなります。

新しいAmazon MasterCardは、最大のメリットだったプライム特典がなく、還元率も2%ならトヨタウォレットによるポイント4重どりのほうが還元率がやや高く、ポイントもAmazonでしか使えませんので結論必要ないのではないかと思います。

Amazon MasterCardゴールドも次回の更新で解約待ったなしなので非常に寂しいですね。

おなじMasterCardブランドならTカード Primeなら日曜の利用で1.5%還元ですし、au PAY プリペイドカードに日曜日にチャージすればさらに還元率を0.5%アップさせて2%の還元率でMasterCard加盟店で利用できます。

コストコとかはこれでいいかな~と考えています。

Tカード Primeの申込みはポイントサイト案件が結構高騰していて、複数のポイントサイトで競っています。

このサイトでは毎朝チェックしているので、一番ポイント還元の高いポイントサイトをオススメしています。

まずは登録してポイントサイトを経由して申し込んでください。

日曜日の利用は1.5%還元!Tポイントをためるなら「TカードPrime」
4.0

TカードPrime

■日曜日の利用で1.5% Tポイント還元
■今なら新規入会特典6,000円相当のTポイントがもらえる!
■auPAYプリペイドカード・TOYOTA Walletへのチャージでポイント多重取りが狙える!
○ポイントインカム経由の発行なら新規入会特典に加えて5,100円相当のポイント獲得
○ポイントインカムはこのサイト経由の登録で100円&ポイント交換100円+この広告の利用でさらに2,000円相当のポイントGET

こういったクレジットカードなどの広告はポイントサイト間で日々ポイントが変動しており、多いときで数千円分も違うことがあります。

傾向としてはハピタスポイントタウンポイントインカムで高いポイント還元を実現していますので、まだ登録していないポイントサイトに登録してTカード Primeを申し込んだほうがポイントサイトの新規登録特典も一緒にもらえるのでメリットが大きいです。

とくにポイントタウンは、当サイト経由の登録なら300円のポイントがもらえて、合計5,000円相当の広告利用でさらに2,000円相当のポイントまでもらえます!

楽天市場攻略・楽天銀行ハッピープログラム攻略なら「ポイントタウン」
4

ポイントタウンに新規入会はここからで300円相当のポイントがもらえます。

①プラチナランクなら獲得したポイントにさらに+15%のボーナスポイントがもらえます。
②光回線・モニター広告なら抜群のポイント還元!
③ポイント交換は100円単位でできるので楽天銀行ハッピープログラム攻略に最適。
■このサイトの紹介URL経由の新規登録で特別に300円がもらえ、11/30まで登録された方限定でAmazonギフト券へのポイント交換が20%もお得になります。
■登録後の合計5,000円相当獲得で2,000円相当のポイントもGET!

【1位】高還元ポイントサイト「ハピタス」
4.9

ハピタス11月紹介バナー300×300

①広告の数が非常に多く、高いポイント還元が魅力のポイントサイトです。
②ネットショッピングも高還元率で「お買い物あんしん保証制度」も完備。
③広告を利用して会員ランクをアップさせるとポイント交換時に最大+5%増量して交換できます。
■このサイト経由の登録&500円以上の広告利用で1,100円相当のポイントが当サイト特別紹介特典としてプレゼントされます。

総合力No.1ポイントサイト「ポイントインカム」
4.7

ポイントインカム紹介バナー

①累積ポイントで会員ステータスが決まり獲得したポイントに最大+7%のボーナスポイントがもらえます。
②ネットショッピングなら土日利用でさらに+3%のボーナスポイント
③クレジットカードのポイント還元もトップを競うほど成長してきているサイトです。
■当サイト経由の登録で100円+ポイント交換で100円相当のポイントプレゼント
■さらに登録後10,000pt以上(=1,000円相当)の広告利用で2,000円相当のポイントが獲得できます。