電子マネーmajicaを使いこなす必須アイテム「majicaアプリ」

総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」では決済方法としては多彩に揃っています。
クレジットカードでは
・Visa
・MasterCard
・JCB
・AMEX
・Diners
電子マネーでは
・交通系電子マネー
・楽天edy
・iD
・QUIC Pay
majica
等による支払いが可能です。
近年決済手段として普及したコード決済(PayPay楽天ペイd払いau PAYなど)では決済はできません。

上記の中で、クレジットカードなどの大規模キャンペーン以外の支払いで最も有利な決済方法がドン・キホーテの独自電子マネー「majica」による支払い方法です。

電子マネーmajicaとは?

majica」は電子マネーですが、日本の電子マネーがSuicaをはじめとしてWAON・nanaco・iD・QUIC PayではFelicaという非接触通信技術を利用しているのに対して、バーコードによる決済手段です。

majica」は上記のように(画像は中国・四国限定)様々なデザインのカードが用意されています。
majica」購入代金は100円ですが、「majica」会員情報の登録で100ポイントが付与されるため実質無料で使えます。
貯まるポイントは「majicaポイント」であり、チャージのときに貯まる仕組みになっており、決済時には付与はされません。
チャージ時の還元率は1%です。

majica」はドン・キホーテ独自の電子マネーで利用者はすでに1,000万人を突破しています。
majica」を保有する特典としては以下の5つがあります。
①チャージ時に1%のmajicaポイントが付与される
②1円の端数を切り捨てて会計してくれる「円満会計」が適用される
③「majica」は通常では現金でしか買えないPOSAカード(Amazonギフト券・楽天ポイントギフト)が店頭で購入できます。
④買い物に応じたランク制度がありランクが向上するとさらに還元率がアップします。
⑤カードとアプリを紐付けるととんでもなく便利

①電子マネーmajicaのチャージについて

電子マネー「majica」のチャージ方法は次の2つがあります。
・レジで現金でチャージ
・クレジットカードmajica donpen cardでチャージ
Qoo10経由でmajicaギフト購入

チャージ方法方法還元率
現金レジ1%
クレジットカードPC・アプリ1.5~5.5%

majica」へのチャージではデフォルトで1%ポイントが貯まりますが、より有利なのはクレジットカードによるチャージです。
ただしクレジットカードで直接チャージできるのは、ドン・キホーテのハウスカードmajica donpen cardのみとなり、還元率は1.5~5.5%と会員のランクによって異なります。
ランクさえ向上しておけば、還元率としてはもっとも高くなっています。

関連記事

①「majica donpen card」は、「ドン・キホーテ」のハウスカードであり、独自の電子マネーmajicaへチャージすることにより、Amazonギフト券・楽天バリアブルなどのPOSAカードが1.5%以上の還元率で購入できる希少なク[…]

Amazonギフト・楽天ポイントギフトなどをクレカ払いで買えるのが今回紹介するマジカドンペンカードです。

ただしmajicaギフトを扱っている総合通販サイト「Qoo10」で多彩な決済手段で購入することも可能です。
当方の場合は、「Qoo10」でポイントを100pt以上ためたら、実質値引きして「majica」が購入でき、それをmajicaアプリの「majica」残高と統合できるため、majica donpen card」と併用して利用しています。

②円満会計について

majica」による決済は、1,001円以上の支払いで端数を切り捨てて会計してくれる「円満会計」が適用されます。

上記の画像は「majica」で楽天バリアブルカードで楽天ポイントを10,009円分購入したときの画像です。
10,009円ですが、9円が切り捨てられており、支払った金額は「majica」1万円分のみです。

③majicaでPOSAカードが買える

知られざる「majica」の特典ですが、「majica」ではAmazonギフト券・楽天ポイントギフト・楽天バリアブルカードなどのPOSAカードが購入可能です。
通常コンビニやドラッグストアでも現金でしか購入はできず、セブンイレブンでnanacoで購入可能な例がある程度です。
セブンイレブンでnanacoで購入しても0.5%しかポイントが付与されませんので、「majica」による1.5~5.5%の還元率は圧倒的といえます。

例えばAmazonの買い物で、予めAmazonギフト券を用意すれば1.5~5.5%の還元率+Amazonポイント1%付与で2.5~6.5%の還元率でAmazonでショッピングできるということになります。

また楽天のサービスのうち、楽天でんき楽天モバイルなどでは楽天ポイントで支払い可能ですので、サービスを利用していれば予め利用する代金分、楽天バリアブルカードなどで楽天ポイントを用意していれば普通にカードで1%程度の還元率で代金を支払うよりも有利です。
ガソリンスタンド出光・マクドナルド・ミスタードナツなどでも楽天ポイントによる支払いに対応しているためこの手法が適応できます。

実店舗での利用範囲を広げたい場合は、バニラVisaというプリペイドカードにチャージして、モバイルSuicaにチャージすれば様々な決済に利用できますね。

関連記事

結論から言えば、ドンキホーテでは”間接的”にクレジットカードでAmazonギフト券や楽天ポイントギフト券などのPOSAカードが買えます。間接的というのは、まずドン・キホーテの電子マネーmajicaを購入し、majica残高でAmazonギ[…]

ドンキホーテでオトクにAmazonギフト券などのPOSAカードを購入する方法です。

④年間購入金額でランクが向上する

ドンキホーテでは「majica」会員毎に年間購入金額をカウントしており、その購入金額でランクが決定されています。

年間購入金額はかなりハードルが高く、2%の還元率となるシルバーランクで年間50万円の買い物です。
3%となるゴールドランクは年間100万円ですね。
5%となるプラチナランクは伏せていますが、これは年間200万円で達成可能です。

majica donpen card
」でチャージした場合は、1.5~5.5%になると記述しましたが、これはプラチナランクの方がチャージすると5%のポイントが即時付与されますが、majica donpen card」の基本還元率は0.5%ですので、カードのポイントがmajicaポイントで後日付与されるということになります。
ランク判定となる年間購入金額は一つのmajica番号によって管理されていますので、複数枚持っている場合は、majicaアプリに統合したほうが便利で使いやすいです。

⑤カードとアプリを紐付けるととんでもなく便利

majicaアプリは単体で利用するのではなく、取得したmajicaカードの裏面に記述している「カード番号」と「majica認証コード(PIN番号)」を入力することで、本来の実力を発揮します。

なにげに便利なのがクーポンですね。
アプリで管理できますので便利です。

買い物をしたあとに、クジがアプリに配布され運が良ければポイントがあたります。

店舗に行かなくても動画視聴だけでポイントが付与されるコンテンツも用意されています。

ですが本当に非常に便利なのは、majica donpen card」と紐付けて、majica donpen card」に記載している「カード番号」と「majica認証コード(PIN番号)」を入力してカードも紐付けることですね。

これをすると、アプリの中央に配置している「会員証・バーコード」をタップするとmajicaのコードが出現し、いわゆるコード決済のようにスマホを利用し決済できます。
この独自の機能があるからこそ、コード決済は導入しないのだと思います。

またアプリトップ右上には「かんたんチャージ」(要するにクレジットチャージ)で1,000円単位でその場でチャージすることが可能です。

レシートも非常に先進的で、majicaアプリ内の「m!レシート」という機能では、アプリ上で5年間レシートが保管されます。
またよく紛失するのが家電などの保証書ですね。
ドンキホーテでは、保証書添付用レシートを紛失しても、この「m!レシート」で保証書添付用レシートがいつの発行されたのか一覧で確認できます。
購入店舗で保証商品購入時の「m!レシート」を提示すれば保証添付用レシートを再発行できるという便利な機能を実装しています。

majica donpen cardはドンキユーザーならずとも必須のアイテム

ドン・キホーテを利用するには、「majica」カードを取得しmajicaアプリと紐付けることで効力を発揮しますが、
majica donpen card」を発行すれば、電子マネー「majica」が付帯しているためそれをmajicaアプリに紐付けてランクに応じて1.5~5.5%の還元率で活用することが可能です。

個人的には「JQ CARD エポスゴールド」の選べるポイントアップショップで固定費を支払って、モバイルSuicamajica donpen card」で5.5%の還元率でチャージしたmajicaでバニラVisaを購入してチャージすれば実店舗の支払いはこれで十分なのではないかと思います。
楽天のサービスでは、楽天ポイントの購入による楽天でんき楽天モバイルのポイント支払い、ガソリンは出光でやはり楽天ポイントで支払っています。
ネット通販ではAmazonの利用に備えてAmazonギフト券を予めmajicaで購入しておけばOKです。

これで膨大にもらったmajicaポイントをドン・キホーテの買い物でポイントで利用すれば、要するにタダ払いになり生活費の節約に役立ちます。
当方もここしばらく、ドン・キホーテではPOSAカード以外は、ポイント払いしかしたことが無いですね。

またカードに付帯する特典「Club Donpen クラブオフ」を利用すると、旅行・レジャーなどが会員価格で利用でき非常に便利です。

まとめ

majica」の活用に便利なmajicaアプリはmajica donpen card」と紐付けることで、恐るべき効力を発揮するようになることがおわかりいただけたかと思います。

このとんでもなくオトクなカードmajica donpen card」は、新規入会特典として最大85,000円相当のポイントが付与されます。
詳細は以下のとおりです。
majica donpen card」発行で500pt
・「majica」への100,000円のクレジットチャージで3,000pt
・ドン・キホーテ以外の店舗で10,000円以上利用で1,000pt
・ETCカード入会後1,000円以上の利用で500pt
・携帯電話料金支払いの新規登録で500pt
・公共料金の新規登録で500pt
・Web明細の登録で500pt
・ショッピングリボ新規登録で500pt
・ショッピングリボ10,000円以上利用で1,500pt
以上で8,500円相当のポイントが付与されますが、リボに関しては、ドン・キホーテ以外の店舗でリボ払いを10,000円発生させて、繰り上げ返済を活用して手数料を最小限に押さえれば、さほど難しい話では無いと思います。

majica donpen card」の新規入会は、下記バナーからの入会で8,500円相当のポイントが付与されます。

新規ご入会キャンペーン
最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログはブログランキングに参加しております。
よろしければ応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村