LINE Pay マイランク制度終了にともなうユーザーの今後の対応策まとめ

2021年4月30日でもって最大3%のポイント還元率で利用できていたLINE Payの「チャージ&ペイ」は0.5%の還元率に下方修正され、LINEポイントクラブの「マイランク制度」も終了します。

同じく「チャージ&ペイ」の支払い元の3%という異例の還元率だったクレジットカード「Visa LINE Payクレジットカード」は1%へ低下という事前告知でしたが2%の低下にとどまります。

Visa LINE Payクレジットカード」の還元率が2%への低下でも高い還元率であることは変わりはありませんので、予定されているPayPayカードの登場まではしばらく活躍するのではないかと思います。

ZホールディングスとLINEの経営統合とその後

2021年3月、ZホールディングスとLINEは経営統合しています。

LINEもさまざまなサービスを取り入れているため、競合してくるところに関しては、統合していく流れで間違いないと思います。

メッセージアプリとしての「LINE」は圧倒的な利用者を抱えているため、これはほぼそのままの運用で中身にZホールディングス関連のものが多く内包されるようになっていくと思います。

フィンテック関連だと以下のサービスが競合してくるので、これを統合しようという流れは加速していくと思います。

  1. PayPay証券⇔LINE証券
  2. YJFX(PayPay FX)⇔LINE FX
  3. PayPay⇔LINE Pay
  4. PayPayカード⇔Visa LINE Payクレジットカード

①PayPay証券・LINE証券の将来

PayPay証券(旧One Tap Buy)は、スマホ証券の一つで、大きな特徴は株式投資が100株単位の売買であるのに対して、1,000円~と金額単位で売買できるところです。

PayPay証券

非常に画期的なのですが、その代わり銘柄は厳選されて用意されています。

手数料の考え方も、売買毎に別途徴収するシステムではなくて「スプレッド」といって、買いなら市場価格の+0.5%、売却なら-0.5%の価格差を設定しており、買付・売却までを行うと1%分の手数料が徴収される仕組みです。

この考え方はLINE証券でも単位未満株の売買では採用されていましたが、単位未満株を1株単位でも売買できるSBIネオモバイル証券と最小1株単位で売買できるという部分は変わりがなくさほどメリットはありません。

アメリカで有名になっているロビンフッドと同じく金額単位で株式を購入できる仕組みを採用しているPayPay証券の方が内容としては画期的なのでPayPay証券の方に統合していく可能性が高いと思います。

②YJFX(PayPay FX)・LINE FXの将来

YJFXは、サイバーエージェントが運営していた「外貨ex」を事業譲渡を受けて誕生したFXサービスです。

YJFXもLINE FXも1,000通貨単位から売買できますので、FXを始めるためのハードルは非常に低いです。

ですが最初から身も蓋もないことを話すと、YJFXもLINE FXもわざわざ口座を作って大切な資金を投じるほどのメリットもスペックもありません。

統合してもとくにメリットはないと思います。

大事件が起きたときにレートが激しく動くことはよくあることですが、スイスフランショックのときにレートを表示できたのは、SBI FXトレードとセントラル短資FXのみでFX黎明期からセントラル短資はサーバーが高負荷に耐えられ、取引システムが強靭なことで評判です。

大切な資金を預けるならセントラル短資FXを選択すべきだと思います。

③PayPay・LINE Payの将来

PayPay・LINE Payについては2022年4月に「PayPay」に統合することで方針は定まっており、LINE Payはなくなる運命です。

PayPay

2021年5月からの動向が注目されましたが、従来のLINEポイントクラブの「マイランク制度」は廃止となり、Visa LINE Payクレジットカードを支払い元とした「チャージ&ペイ」の還元率は「マイランク制度」で最上位のプラチナランクで3%であった還元率が、PayPayにあわせて0.5%に低下します。

PayPayの還元率自体は、0.5%と低いため支払いで利用するなら「超PayPay祭」などのイベントを活用するほうがメリットがあります。

一方で営業の成果だと思いますが、PayPayは加盟店網が非常に広く、カードが非対応の店舗でもPayPayが利用できるのがメリットです。

2021年5月から2%の還元率となるVisa LINE Payクレジットカードを支払い元に設定すれば、カード利用できなくてもPayPayが利用できるところは多いので2%の還元率で様々なところで支払えるということになります。

税金・公金の支払いは、LINE Pay請求書支払いで4月30日までに支払いましょう

LINE Payの最大のメリットは、最大3%もの還元率の「LINE Pay請求書支払い」で税金・公金が支払えることです。

税金の支払いで最大3%還元されるLINE Pay請求書支払い

今回のLINE Payの還元率の変更で2021年5月から「LINE Pay請求書支払い」が一律0.5%に低下するということになりますので、税金・公金は最大3%のポイント還元が維持されている2021年4月30日までに支払っておきましょう。

④PayPayカード・Visa LINE Payクレジットカードの将来

Visa LINE Payクレジットカードは当初はオリコカードが発行元で計画されてきましたが、急転直下で三井住友カードが発行元となってリリースされています。

Visa LINE Payクレジットカード

還元率は2021年4月30日までは3%という破格の内容でしたので、この間迷ったらVisa LINE Payクレジットカードを使っていればよく、PayPayの支払い元にしていたり、d払いの支払い元にしてポイント2重どりで3.5%の還元率で使っていたりもしていました。

Visa LINE Payクレジットカードは、2021年4月30日以降の還元率については2021年5月1日~2022年4月30日まで2%の還元率と発表されています。

しかし、元々の計画では2020年秋以降にPayPayカードが発行されると予定でした。

PayPayカードは、ベライゾンに支払っている売上の3%というロイヤリティをカットする目的もあって、金融系のブランド名をYahoo!からPayPayに変更していますので、PayPayカードのスペックはヤフーカードの内容を引き継いだものに近いと推定できます。

発表されれば経営管理上Visa LINE Payクレジットカードもその後継続してサービスを継続する可能性は低く、発行元と提携先の契約次第ですが、順次PayPayカードに統合される可能性が高いと思います。

LINE Pay マイランク制度終了に伴う対応

ZホールディングスとLINEとの経営統合によりLINEを取り巻く環境が変わります。

このブログではキャッシュレス決済・ポイント制度が主体ですので、LINE Payが還元率が低下し2022年4月でPayPayに統合されるのがわかっている以上、LINE Payユーザーは以下の準備を粛々とすすめる必要があると思います。

  1. LINE Payの代替→PayPay(Visa LINE PayクレジットカードでたまったポイントをPayPay残高に交換)
  2. LINE Pay請求書支払いの代替→Yahoo!公金支払い(エポス・JQカードゴールドで支払い)
  3. LINE証券の代替→PayPay証券はまだ手数料が高いため様子見

①LINE Payの代替→PayPay(LINEポイントをPayPay残高に交換)

LINE Payの支払い元をVisa LINE Payクレジットカードとした「チャージ&ペイ」の還元率が最大3%も期待できていたものが、2021年5月以降は一律0.5%にまで低下するため、LINE Payの「チャージ&ペイ」を利用する理由はほぼなくなります(クーポンの内容次第ですね)。

かといってPayPayも基本還元率は0.5%と低いので、キャンペーン以外のメリットが低いのですが、Visa LINE Payクレジットカードなどの利用でたまるLINEポイントが2021年3月16日からPayPay残高に無料で交換可能になりました。

LINEポイントPayPay残高へ交換可能に

ポイント交換可能になったのを記念して、LINEポイントをPayPay残高に交換すると25%増量するキャンペーンを行っています。

  • 期間:2021年3月16日~3月31日
  • 記念特典:交換ポイントの25%増量
  • 増量付与上限:500円相当/期間(2,000ポイント交換でMAX)
  • 増量分付与時期:4月下旬

従来のLINEポイントは交換しにくいポイントだった

LINEポイントは、Visa LINE Payクレジットカードが3%という破格の還元率であったことも手伝って、非常に効率よくたまっていったのですが、問題はポイントの使い勝手の悪さででした。

LINE Payの支払い時にポイントを充当しても何も還元されないため、利用価値はLINE証券でポイントを使って株式・投資信託の買付代金に充てて、価値を増やすか、同じくLINE証券でポイントを現金化するしか利用価値はありませんでした。

しかも現金化の際は、最低でも手数料が176円かかっていたため、ある程度まとまったポイント数になってから交換していましたが、PayPay残高へは25ポイント単位で無料で交換できるため今後はPayPay残高に交換する方が価値も減りませんし、PayPayのキャンペーンを利用して支払いに利用したり、キャンペーンがない間は、PayPayボーナス運用(ポイント投資)で運用しておきましょう。

②LINE Pay請求書支払いの代替→Yahoo!公金支払い

LINE Pay請求書支払いは2020年度では税金の支払いに非常に大活躍しました。

何しろマイランク制度でプラチナランクになっていれば、税金の支払いで3%のLINEポイントがついたのです。

ですがこれも2021年4月30日までとなりましたので、急ぎ支払える税金・公金関係はLINE Pay請求書支払いで支払っておく必要があります。

問題はその後です。

2021年5月1日以降だと、自動車税の納付書が5月上旬に送られてくるため、LINE Pay請求書支払いが対応していても還元率が0.5%に低下するためメリットはなくなります。

では何で対応するのかというと「Yahoo!公金支払い」でカード・Tポイントで支払います。

カードなら①JQ CARD エポスゴールド・エポスゴールドで2.5%還元

Yahoo!公金支払い」でエポス陣営のゴールドカードで決済すれば2.5%の還元率で支払えます。

オススメはポイントが便利に交換できるJQ CARD エポスゴールドです。

JQカードエポスゴールド

エポス陣営のゴールドカードは特典として「選べるポイントアップショップ」を選択でき選択した支払先はポイント3倍(1.5%還元)で利用できます。

この中に「Yahoo!公金支払い」がありますので、選択して決済すると1.5%のポイント還元率となります。

しかもエポス陣営のゴールドカードはもう一つの特典として「年間利用ボーナスポイント」があり、年間50万円利用なら0.5%に相当する2,500円相当のポイント、年間100万円以上の利用なら1%に相当する10,000相当のポイントがプレゼントされます。

この「選べるポイントアップショップ」・「年間利用ボーナスポイント」の合計で最大2.5%の還元率で利用できるのです。

エポス陣営のゴールドカードは、一般のエポスカード で利用実績を積むと(半年・50万円利用が目安)インビテーションが届きますので、それに乗って切り替えると年会費無料で保有できるゴールドカードとなります。

JQカードエポスはポイントサイト案件が存在しないため、エポスカードをポイントサイト経由で申し込んで特典を受け取った後に、JQカードエポスを申し込むと自動で切り替えとなります。

その後、約半年・50万円の利用前後でインビテーションが届きますので、それに乗ってゴールド化するのが大まかな手順となります。

カードなら②Vポイントアプリも

三井住友カードのポイントをプリペイドカードとして利用することができる「Vポイントアプリ」。

Vポイント

3月31日までですが、ポイント交換サイト「Gポイント」などからVポイントに交換して「Vポイントアプリ」にチャージすると20%増量します。

各ポイントサイトから「Gポイント」に交換すればVポイントへの交換は即時なので、三井住友カードを急いで準備していけばまだ間に合います。

Yahoo!公金支払いでTポイント払い

Yahoo!公金支払い」ではTポイントによる支払いも可能ですので、現金の手出しが減って良いですね。

Tポイントでも自動車税が払えるくらいポイントを集めるには、ある程度工夫が必要です。

オススメのルートは以下の図で参考にしていただければ良いと思います。

Tポイントへの交換ルート

このTポイント収集ルートを少し解説すると以下のとおりです。

ライフメディア自体がポイント還元の非常に高いポイントサイトなので、起点とするには問題はないです。

先程の三井住友カードライフメディア経由で申し込めばそれだけでも高額なポイントを手に入れることができます。

少し手間がかかるのが、PeX→Tポイントで4%増量させるルートですが、別個にECナビというポイントサイトのサービスを2つクリアしておく必要があります。

そして左側のJRキューポ→Gポイント→Vポイント→PeX→Tポイントルートは、JQ CARD エポスゴールドを始めとしたJQカードを保有すれば可能になってきますが、問題はVポイント→PeXルートで4月1日からレートが20%悪化するためこれからルートを構築する場合は間に合わないと思います。

自動車税を支払えるほどポイントを獲得するには、ライフメディアで以下の2つほど案件をクリアしておけば十分だと思います。

③LINE証券の代替→PayPay証券はまだ手数料が高いため様子見

コンセプトとしては、PayPay証券の金額ベースで株式を購入できるという仕様は画期的ですが、片道0.5%ものスプレッドではまだまだ手数料として高いと思います。

またLINE証券やLINE FXにしても今後どのように事業を再編するのかという方針は発表されていません。

したがって、まだ様子見とするのが妥当だと思います。

PayPay証券のスプレッド(手数料)はまだまだ高いですが、試験的にPayPayのアプリ内で「PayPayボーナス運用」で試して見ることはできます。

「PayPayボーナス運用」は擬似的にアメリカを代表する株価指数S&P500に投資できる運用商品で、有価証券を購入するのではなくてポイントのまま擬似的に投資しポイントのまま引き出せます。

これでVisa LINE Payクレジットカードで貯まったポイントで試験的に運用をしてみても良いと思います。

LINE Pay マイランク制度終了にともなうユーザーの今後の対応策まとめ

正直、「Visa LINE Payクレジットカード」の還元率が2%となった決定は正直嬉しかったです(当初は1%の予定)。

それ以外の今後のLINE Payユーザーの対応策としては以下のようになると思います。

  • LINE Pay→Visa LINE Payクレジットカードの利用でたまるLINEポイントが等価でPayPay残高に交換できるため、今後はPayPayを使っていく
  • LINE Pay請求書支払い→税金・公金の支払いは「Yahoo!公金支払い」でエポス陣営のゴールドカードで支払う(2.5%還元)か、Tポイントで支払う
  • LINE証券・LINE FX→今後の予定は示されていないことと、PayPay証券のサービス拡充まで様子見、「PayPayボーナス運用」で試すのはあり

当面の対応としては以上のようにすると思います。

PayPayカードに関してもまだ詳細の情報は伝わってきていないため、「Visa LINE Payクレジットカード」の還元率が2%になっている間は、以前よりは出番は減りますが引き続き多様な支払いに活用していこうと思います。

非常に打撃があるのは、税金・公金を3%の還元率で支払えた「LINE Pay請求書支払い」が0.5%に低下することですが、これにはエポス陣営のゴールドカードを育てることで(インビテーションによるゴールド化)、「Yahoo!公金支払い」で2.5%の還元率で支払えます(国民年金も可能です)。

ゴールドカードにするためには、「エポスカード →エポスゴールド(JQ CARD エポスゴールド)」の順でインビテーションを受けて切り替える必要があります。

エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方が申し込みフォームに入力すると、新規入会特典の2,000エポスポイントに加えてさらに500ポイント加算されます。

当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。

ご紹介番号: 20100198469

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポスからインビテーションで切り替えますが、JQ CARD エポスではポイントサイト案件が存在しません。 そのためポイント還元の高いモッピー経由のエポスカードの申し込みなら4,000円相当のポイントが獲得できますので、ポイントを受け取り終わったらJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安としてインビテーションに乗ってゴールドへの切り替えを行います。
さらにエポスカードは申込時に紹介者からの「ご紹介番号」を入力して申し込むとさらに500円相当のポイントが加算されます。 当方は「JQカードエポスゴールド」保有者なので、申し込まれた際に申込みシートに以下の「ご紹介番号」を入力ください。 「ご紹介番号」→ 21100176376

エポスカードの申込みはハピタスが一番オススメですが、複数のポイントサイトを比較すると、何千円相当もポイントが違うときがあるのでその時に高いポイントを提示しているところを利用しましょう。

ハピタス登録済みなら、ポイント還元の高いポイントインカムライフメディアのうち未登録のサイトを新規登録して広告利用すれば、新規登録キャンペーンのポイントがもらえますので登録しておきましょう。

  • 【1位】高還元ポイントサイト「ハピタス」
    4.9

    ハピタス10月紹介バナー300×300

    ①広告の数が非常に多く、高いポイント還元が魅力のポイントサイトです。
    ②ネットショッピングも高還元率で「お買い物あんしん保証制度」も完備。
    ③ためたポイントは300円から交換可能です。
    ■広告を利用して会員ランクをアップさせるとポイント交換時に最大+5%増量して交換できます。
    ■ここからの新規登録&翌月末までの広告利用で1,000円相当のポイントがもらえます。

  • 【2位】総合力No.1ポイントサイト「ポイントインカム」
    4.7

    ポイントインカム紹介バナー

    ①累積ポイントで会員ステータスが決まり獲得したポイントに最大+7%のボーナスポイントがもらえます。
    ②ネットショッピングなら土日利用でさらに+3%のボーナスポイント
    ③高額広告のポイント還元もトップを競うほど成長してきているサイトです。
    ④お友達紹介制度も優れているためダウン報酬で稼ぐこともできます。
    ■当サイト経由で登録しポイント交換でAmazonギフト券が1,000円相当もらえる「ポタ友応援キャンペーン」開催中です。

  • 【3位】会員数900万人の最大級のポイントサイト「モッピー」
    4.3

    モッピー300✕250バナー

    ◎会員数900万人の国内最大級のポイントサイト「モッピー」
    ①各広告のポイント還元がバランス良く高水準なポイントサイトです。
    ②ポイ活にも優れたお友達紹介制度があり、ダウン報酬でも稼げます。
    ③ポイント交換先が豊富でPayPayボーナスにリアルタイム・無料交換できる数少ないポイントサイトです。
    ■いまなら新規入会&翌々月までの5,000pt獲得で最大2,000円相当のポイントがもらえます。