LINE Pay「マイナポイント」上乗せ第二弾!合わせて1万円規模の内容に!

メッセージアプリ「LINE」のスマホ決済「LINE Pay(LINEペイ)」。
Visa LINE Payクレジットカードが登場し、マイランク制度で高位のランクになれば高い還元率で決済できるスマホ決済として活躍しています。

LINEポイントクラブのマイランク制度でプラチナランクになっていれば、他のコード決済の大規模還元キャンペーンがない限りは、Visa LINE Payクレジットカードを支払先に指定した「LINE Pay(LINEペイ)」で支払えば3%還元率に+10枚のクーポン利用。
コード決済できない店舗ではVisa LINE Payクレジットカードを使用することで3%の還元率を常時維持できます。

LINE Payの当初のマイナポイント事業の上乗せポイントは特になく、LINE Payの100円クーポン5枚を3カ月間毎月付与するもので、最大1500円分のクーポン付与となっていました。
しかし、やはり反応は思わしくなかったのか最後の最後で追い込みをかけてきました。

LINE Pay、マイナポイント独自上乗せ第二弾は合計で1万円相当の大規模特典

LINE Payマイナポイント独自上乗せポイント

LINE Payはマイナポイント事業に参画しており、LINE Payで支払いをすると25%のLINEポイント付与/上限5,000ポイントに加えて、10%off(上限2,500円分値引き)となるクーポン×2枚を配布するというのが独自上乗せ第二弾の内容です。

■申し込み期間:2020年9月9日~2020年11月25日
■マイナポイント:「LINEポイント」上限5,000円分
■上乗せ特典
 ・10%OFFの「スペシャル特典クーポン」(割引上限2,500円分)×2枚
 ※同じ店で最大2回までご利用し、最大5,000円分の割引を受けることも可能
■クーポン付与期間
 ・9月25日までの申込み:2020年10月1日~11月1日
 ・10月25日までの申込み:2020年11月1日~12月1日
 ・11月25日までの申込み:2020年12月1日~2021年1月1日

LINE Payは常時3%の還元率が達成できる無双のコード決済

メッセージアプリ「LINE」内のウォレットに実装されているコード決済「LINE Pay」。
2020年5月1日からあらたなインセンティブプログラム「LINEポイントクラブ」が開始され、ランクによってポイント還元率とクーポン配布枚数が変わるようになりました。

LINEポイントクラブ「マイランク制度」

LINEポイントクラブ」は、直前6ヶ月間で獲得したLINEポイントによってマイランクが決まり、そして新たに加わった新機能の「チャージ&ペイ」(ようするにクレジットカード支払い)を利用した際の還元率が以下のように変動します。

・レギュラー(0~99ポイント)     :還元率1%
・シルバー(100~499ポイント)   :還元率1.5%
・ゴールド(500~4,999ポイント):還元率2%
・プラチナ(5,000ポイント以上)  :還元率3%
※プラチナランクはVisa LINE PayクレジットカードLINE Payアカウントに登録が必須です。
LINE Payの支払いは従来の残高払いではなくVisa LINE PayクレジットカードLINE Payアカウントに登録したクレジットカードの支払いとなります。

関連記事

4月に入って~Payのポイント還元がガックリ低下しています。投資回収もできないほどの還元率で勝負していたので、当然といえば当然ですね。こうなると高還元率のクレジットカードを保有している方が、圧倒的に優位です。当方だと3%の還元率でモバイル[…]

LINE Pay最大3%還元となるLINEポイントクラブを5/1スタート

LINE Pay請求書支払いでもポイントが付与される

LINE Pay請求書支払いでは、LINE Payの機能で支払うわけですが、LINEのポイントプログラムであるLINEポイントクラブ「マイランク制度」でランクが向上するごとにポイント還元率が向上します。
従来のLINE Pay残高の還元率は0%ですが、Visa LINE Payクレジットカードを紐付けて支払うことでポイントが付与されるようになります。

LINE Pay請求書支払いでは、支払える項目が地方自治体によって対応が異なりますが、当方の地域では以下の支払いに対応していました。
・住民税
・固定資産税
・軽自動車税
・国民健康保険税
・後期高齢者医療保険料
・保育所利用料
以上の支払いで1枚あたりが30万円までの納付書が対象です。
地域によってはこれに自動車税の支払いも可能な自治体もあります。

最上位のプラチナランクになることで、LINE Pay請求書支払いで3%のポイント還元率で税金・公金を支払うことが可能となります。

関連記事

近年キャッシュレス化が進み、こういった自治体からの税金などの支払いにもコード決済が利用できるようになりました。これらの高額な税金の支払いを振替などにするよりも、ポイントが付与される支払いにすることで大量にポイントを獲得したいところです。そ[…]

税金の支払いで最大3%還元されるLINE Pay請求書支払い

Visa LINE Payクレジットカード」の還元率は2021年4月30日まで3%

Visa LINE Payクレジットカード」をアカウントに登録した「チャージ&ペイ」は、過去6ヶ月間のポイント獲得数でランクが決定し還元率が変わりますが、クレジットカードとして利用すると2021年4月30日までは3%の還元率です。
※2021年5月1日からは1%のポイント還元率です。

そのためマイランクに関係なく、普段利用するクレジットカードとして利用すれば、3%という高還元率でさまざまな決済ができます。
ただし、モバイルSuicaなどの交通系電子マネー・楽天Edyなどの電子マネー、Kyashなどのプリペイドカードへのへのチャージは還元除外となります。

「Visa LINE Payクレジットカード」の決済方法

Visa LINE Payクレジットカードの決済方法は実に多彩です。
①LINE Payへの登録によるQRコード決済による「チャージ&ペイ」
Apple Pay・Google Pay登録によるiD決済(おサフケータイ必須)
Visaタッチによるコンタクトレス決済
④通常のクレジットカードと同様のカードショッピング
以上の4つあります。

Visa LINE Payクレジットカードの基本スペックは以下のとおりです。

年会費初年度無料・1,375円(年1回以上の利用で無料)
家族カード初年度無料・440円(年1回以上の利用で無料)
ETCカード初年度無料・550円
支払い方法1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
支払日1日~末締め/翌月26日払い
還元率2021年4月30日まで3%/通常は1%
国際ブランドVisa
電子マネーApple Pay・Google Pay登録によるiD決済
非接触決済Visaタッチ決済

還元率が3%となる期間は2021年4月30日までですが、それまでにプラチナランクとなり維持していけば改悪がない限りは3%のポイント還元率でLINE Payが利用できますので、決済について迷うことはほぼ無くなると思います。

LINE Payキャンペーンまとめ

普段使いでもマイランク「プラチナ」で3%還元で利用でき、LINE Pay請求書支払いで3%のポイント還元率で税金・公金を支払うことが可能ですので、ほぼ無双の状態だと言えます。
これに加えて、マイナポイントでも上乗せが他の決済サービスに比べて突出した5,000円分の割引クーポンをつけていますので、ここからマイナポイントを選択するのであれば、さほど悩むことなくLINE Payを選択すると思います。

LINEポイントは、決済に充当もできますが、投資信託の買付に回したほうが将来の資産形成に役立つのでオススメです。

Visa LINE Payクレジットカードの新規入会は、ポイントサイト案件は現在ありません。
下記のボタンからの申込みで1,000LINEポイントがプレゼントされるキャンペーン実施中です。

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


クレジットカードランキング