「JQ CARD エポスゴールド」発行でポイントサイト経由で稼げる手順

強力な還元率を誇る「JQ CARD エポスゴールドは、
・インビテーションによって年会費無料で保有でき、
・年間100万円利用で1%のボーナスポイント
・選べるポイントアップショップなら常時ポイント3倍(1.5%)
・基本還元率は0.5%ですが、リボ繰り上げ返済によって+0.5%還元率底上げ
以上により、ポイントアップショップなら3%の還元率、通常の利用でも2%の還元率で利用できるカードです。

カードの名称からすると、JQ CARD エポスを最初に申し込んで、年間50万円利用してインビテーション(招待)を待って「JQ CARD エポスゴールドに切り替えを行う方が多いと思います。

ところがJQ CARD エポスはポイントサイト案件が時々しか発生せず、現状も案件はありません。
したがって、「エポスカード を一旦ポイントサイト経由で発行し、「JQ CARD エポス」に切り替えて50万円前後まで利用することでインビテーションにより「JQ CARD エポスゴールドへ切り替えれば、入会特典に加えてポイントサイトからのポイントも獲得できます。

ポイントの機会ロスを防ぐエポスカード発行手順

カード発行で得られるポイントの機会ロスを防ぐための、JQ CARD エポスゴールド発行手順は以下のようになります。
①「エポスカードをポイントサイト経由で発行しポイントサイトからポイントを獲得する。
②同時に紹介者の紹介番号をネット・エポスカードVisaお申し込みアプリのカード申し込み入力フォームに入力のうえ申し込み新規発行する(+500ポイント)
③年間50万円以上利用してインビテーションを受け(必ずしも50万円以上ではない)、ゴールドカードへの切り替えを行う。
エポスゴールドにした状態でJQ CARD エポスゴールドに切り替える場合、博多・大分・鹿児島に直接出向く必要があります。

※「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20040612710

関連記事

エポスカードからJQ CARD エポスへ切替後、コンスタントに利用していくことで(年間50万円程度)インビテーションによりJQ CARD エポスから、驚異的な還元率を誇るJQ CARD エポスゴールドへ切替えを行うことができます。このイン[…]

インビテーションによって年会費無料で保有できる高還元率カード JQ CARD エポスゴールドです。

ネットからの新規入会&利用で最大8,000ポイントプレゼントキャンペーンの概要

JQ CARD エポス」も直接申し込んでも特に問題はありません。
現状の「JQ CARD エポス」の入会特典はい以下のようになります(付与ポイントはJRキューポです)。
①Webからの新規入会→2,000pt
②SUGOCAオートチャージサービスを6,000円以上利用で、1,000pt
③6月15日までに「JQ CARD エポス」を3万円以上利用すると2
,000pt、6万円以上利用すると5,000pt
以上で合計で最大8,000ptは獲得できる入会キャンペーンとなっています。

※期間は2020年3月15日~2020年6月15日まで(カード発行は5月31日まで)

JQ CARD エポス」自体は、通常は0.5%のポイント還元率ですが、支払い方法が確定する6日までにリボ繰り上げ返済によって+0.5%還元率を底上げし、1%のポイント還元率で運用できますので、通常の利用でも耐えるカードの仕様です。

ネット通販でもEPOS Netのポイントアップサイト「たまるマーケット」を利用することでネット通販大手「Amazon」では+0.5%還元率の1%で利用できます。

スマホ決済では「au PAY」にチャージできる数少ないVisaカードです。
au PAY」では2020年4月13日から無期限で「au PAY」のコード払いによる決済が、通常の0.5%に+0.5%ポイントアップした1%の還元率となっているため、
JQ CARD エポス」によってチャージされたau PAY」の還元率は合計2%(ローソンは5%)となります。

従ってゴールドになるまでの間も、十分普段使いに耐えるカードだと思います。

貯まるポイントは「JRキューポ」

このJQ CARD エポスカードで貯まるポイントは JRキューポであまり馴染みのないポイントですね。

JRキューポの主な交換先ですが、
①エポスポイント
②SUGOCA
③Tポイント
④Ponta
Gポイント
以上の5つに等価交換できます。

①のエポスポイントだと、エポスのVISAブランドのプリペイドカードへポイントでチャージすると0.5%の還元率で利用できます。
しかもVISAなので、出口戦略としては利用場所が多いので困りません。
ですが問題はクレジットカードからのチャージはポイントがつきませんので、お得感はさほどないですね。

②一方で九州に住んでいれば交通系ICの「SUGOCA」への交換は利便性が高いです。
JRキューポは、ポイントチャージ機能付自動券売機で「SUGOCA」のカード残額に追加(ポイントチャージ)できます。
SUGOCA」はJR九州で使う限りは、普通に乗ると自動改札で引き去った金額の1.0%、特急券では5%、地下鉄ではJR管区内(唐津線)に掛かれば乗車のたびに10ポイントです。
これなら出口戦略としてはかなり有望でしょう。

③ポイントを資産とみなして、運用したい場合はTポイントへの交換が汎用性は高いです。
Tポイントに関しては、SBI証券のプログラムポイントとして利用できるようになったため、投資信託の購入などに活用できます。
楽天証券と同じくポイント投資が可能なわけです。
SBI証券は、本邦最安コストのインデックスファンド
・SBIバンガードS&P500インデックスファンド
・SBI全世界株式インデックスファンド
などが100円単位で購入可能です。
ポイントを消費などに損耗するよりも、投資に回して複利で巨大化させたほうが経済的自由にはより近づけます。
インデックスファンドなので、投資初年度は年利6~10%ほどだとしても複利で積み上げると、巨大化します。
非常におすすめのポイントの利用の仕方ですね。

女性起用バナー

おなじくSBI証券が設立しているSBIネオモバイル証券 では、株式が1株から購入できます。
他の証券会社で買いと売りを組み合わせて(クロス取引)株主優待のみを受け取り、SBIネオモバイル証券で1株だけ保有し、長期保有の恩恵を受けることができます。
ポイントをまさしく資産として利用できるわけですので、非常に有効なポイント活用方法です。

関連記事

近年はポイントを活用して投資ができるようになってきました。現状ポイント投資でポイントも収集しやすく、投資商品などの環境が整っているのは、①楽天ポイント②dポイント③Tポイント以上が挙げられます。Tポイントに関しては、ヤフー側がスマホ決済サ[…]

共通ポイントの一つ「Tポイント」。実は投資にも利用できます。Tポイントの効率的な貯め方、投資の仕方を説明します。

SBIネオモバイル証券

④一方でPontaは、2020年の5月21日にau WALLETと統合しました。
ということはPontadポイントへの等価交換の道が開かれています。
いずれはこの道は閉ざされそうですが、今のところは活用による利便性は大です。

⑤に関しては、JRキューポGポイントに替えると、様々なポイントに替えることができます。
最も汎用性が高いのが、プリペイドカード「Pollet」残高への交換です。

交換するだけで+0.5%増量してチャージされます。交換手数料も無料です。
この「Pollet」は、多数の主要ポイントサイトからのポイント交換先として指定できて、交換すると同じく+0.5%増量します。
それだけだと普段使いでは残高が心配な方は、リアルカード「Pollet Million」を申し込んで、「Pollet Million」に手数無料でチャージできる「セディナカードJiyu!da!」を発行しておくとカード入会特典20%還元と「Pollet Million」へのチャージによる+0.5%増量で20.5%の還元率でPolletを利用できることになります。

プリペイドカードではなくてスマホ決済に利用したい方は三井住友カードでiD・Apple Pay・Google Payを利用する場合に限り、iDの利用金額から値引きという形で利用できるiDバリューが交換手数料無料で便利です。
これだと例えば「三井住友RevoStyle(リボスタイル)」なら上手に使えばiD利用で1%の還元率でポイントを利用するということになるので、iDが利用できる店舗限定ですがリターンが高い使い方と言えます。

交通系ICへのチャージもあります。
ただし特定の交通系ICだけ手数料無料なので若干注意が必要です。
・北部九州や函館で利用されている西鉄のnimocaポイント
・近畿圏で利用されている唯一のポストペイ方式のPiTaPaのショップdeポイント

JQ CARD エポスで貯まるJRキューポは、実にさまざまな交換手段があるGポイントと等価交換できため、発行するならJQ CARD エポスが有利であり、セットでGポイントに登録しておいたほうが良いでしょう。

Gポイント

まとめ

年間100万円の利用で1.5%還元、特定の支払いに絞ると3.0%の還元が狙える「JQ CARD エポスゴールドは、サブでもメインでも大活躍するカードです。
ただし直接申し込むよりも、一旦「エポスカードを申し込み、「JQ CARD エポス」に切り替えてコツコツ利用してインビテーションを待ってゴールドカードを年会費無料で手に入れるほうがコスパが良いです。

またポイント交換に便利な、Gポイントをセットで登録しておくとさらに便利です。

JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。



エポスカード」発行は、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で、入会特典に加えてポイントサイトから4,000円相当のポイントを獲得することができます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20040612710

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しておりますので、よろしければ応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村