d払いキャンペーン対象となる「dカードプリペイド」の使い方

大規模なキャンペーンを連発しているd払いですが、dカードの支払以外は対象外と記述があってdカード持っていない方などは残念な思いをしたことはないでしょうか。
d払いのキャンペーンのdカードとはdカードGold・dカード・dカードプリペイドを指します。
カードを新たに発行せずともdカードプリペイドd払いキャンペーンに参戦できるわけです。

プリペイドカードの利点は、未成年でも申し込めるところとチャージした金額内でしか利用できないところです。
そのため1世帯全体の家計の管理にとても向いています。

しかもdカードプリペイドは、通常のカードのように実店舗で利用できる他、3Dセキュアに対応し不正利用に強く、iD決済により非接触決済もできます。
そしてドコモが運用しているコード決済「d払い」にdカードと同条件で利用できるため非常に便利なプリペイドカードです。

dカードプリペイドはこんな方にピッタリです。

  • dカードを持っていないが、d払いキャンペーンを活用したい方
  • 1世帯家族内で家計支出を管理したい方
  • dポイントを活用して現金支出を減らしたい方

dカードプリペイド使い方によってはお金の管理面でも大活躍する可能性が大ですので、その点に絞ってご説明します。

dカードプリペイドの概要

申し込み条件dアカウントを保有する12歳以上の方
国際ブランドMasterCard
カード残高上限30万円(1回1,000~49,000円)
ポイントチャージ通常dポイント(10,000pt/月)
クレジットカードチャージVISA・MasterCard(dカード・三井住友カード以外は手数料204円/回)
インターネットバンキングチャージ手数料204円/回
コンビニチャージローソン店頭 現金/無料
ATMチャージセブン銀行ATM 現金/無料
非接触決済iD
モバイル対応Apple Pay対応
スマホ決済d払いキャンペーン対象
セキュリティ3Dセキュア対応
還元率・特典0.5%・ローソン3%割引

以上の概要となっていますが、現在のところ発行にあたって手数料は無料となっています。

dカードプリペイドはd払いキャンペーン対象カード

さて皆さんはd払いキャンペーンでこんな文言を見たことはないでしょうか。

「d払いのお支払いがdカード以外のクレジットは対象外」

dカードもってないし・・・
と思うのは無理もありません。
しかし、新たにクレジットカードを発行しなくてもdカードプリペイドを申し込んでd払いアプリに支払い方法として登録すれば、dカード・dカードGoldと同様に、d払いキャンペーンに乗っかって恩恵を受けることができます。

これならこれ以上、カードは増やしたくないorまだ就職していないためカード審査が通らないという場合もd払いキャンペーンの恩恵を受けることができます。

登録の際は、まず3Dセキュアを設定しましょう。
→プリペイドカードのログイン後の画面から「各種変更」
→インターネットショッピング本人認証サービスパスワード登録

次にd払いアプリにカードを登録します。
d払いアプリ左上の「三本線」をタップ
→上から2番めの「設定」をタップ
→お支払い方法「+クレジットカードを登録」
にて3Dセキュアで上記で設定したパスワードの入力が成功すれば登録できます。

これで、あとはカードにチャージさえすればd払いキャンペーンに参戦できますね。

1世帯家族内で家計支出を管理したい

家計支出を厳密に管理したい場合などは、プリペイドカードによる家計管理は非常にメリットがありますね。

代表的なところでは、LINE PayKyashなどは残高自体を家族間で送金できますので、お子さんのウォレットが資金不足に陥ったときなど即座に資金を送れますので、学生時期の仕送りという形式などでも便利です。

dカードプリペイドでは実はウォレット間で送金する機能はありません。
ですがログイン後のクレジットチャージでは、本人名義以外のカードでチャージすることができます。
もちろんセキュリティのために3Dセキュアがかかったカードのみ利用可能です。
このときに親御さんのカードでチャージすることで、瞬時にプリペイドカードの残高という形式で送金ができるわけです。
しかもプリペイドカードなので、使いすぎる心配がありません。

d払いにはドコモ口座を利用したウォレット機能がありますが、これはdカードプリペイド残高とは別の管理になっています。
しかもdカードではないのでd払いのキャンペーン対象外であることが多く、d払いのときに0.5%の還元率で支払いができるという部分だけ現金よりはまだマシな状態です。
またメルカリなどでもd払いができますが、このウォレット残高で支払えるわけではないので、唯一の利点はポイントや口座残高を送金できるという点だけでしょうね。

それならば、dカードプリペイドへのクレジットチャージで送金したほうがd払いのメリットも享受できるのでオススメですね。

チャージするクレジットカードについて

肝心のチャージするクレジットカードは、dカード・三井住友カード等のVJAカード以外のカードは1件204円の手数料がかかります。
また注意点としてはVISA・MasterCard以外のカードではチャージできません

しかし、手数料が無料であるもののdカード・三井住友カード系のカードでチャージするとポイント付与の対象外となりますのであまりお得でもありません。

一方で楽天カードなど1%の還元率のカードでチャージすれば2万円以上チャージすれば、付与されるポイントで手数料は相殺されます。

この例で挙げた楽天カードは実は、月間で楽天市場の利用が2万円を超えると、楽天市場以外のカード利用が通常の1%から2%へ向上します。
一気に高還元率カードへ変貌するため、楽天市場を意識的に選ぶことで利用額が2万円以上になるのであれば、このボーナスステージ時にdカードプリペイドにチャージすれば1万円ほどのチャージで手数料がポイントで減殺されますし、2万とか3万のチャージならむしろ楽天カード利用で付与される楽天スーパーポイント分還元率が高まります。

関連記事

楽天市場では楽天のサービスを利用するごとに、楽天市場での買物に対するポイント付与倍率がアップします。これを楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)と呼びます。内容はその都度更新され、一定ではありません。楽天SPU(スーパーポイントア[…]

楽天カードはとある条件をクリアすると楽天市場以外の利用が2%の高還元率カードになります。



楽天カード発行は、ポイントサイト「ライフメディア」経由で新規入会特典5,000ptの楽天ポイントに加え、
ポイントサイト「ライフメディア」から2,500円相当のポイントが付与されます。
申し込みは、下記バナー経由の「ライフメディア」の新規登録で最大500ptプレゼントです。

ライフメディアへ無料登録

dポイントを活用して現金支出を減らしたい

dカードプリペイドの便利な機能が、dポイントのチャージです。
といっても月間で10,000ptと制限がありますが、当方のように様々なポイントを集約してdポイントに交換しているとこの機能があると便利ですね。

dポイントは資産としてdポイント投資にも活用できますので、ポイント数を眺めるという癖がない限りはdポイント投資に投入して資産を有効活用したほうが良いでしょう。

しかし、ポイントは日頃の消費の補助のために利用するとことであれば、それも非常に有益です。
なぜなら、dカードプリペイドにチャージしてd払いのキャンペーンに活用すれば、現金ではなにもリターンはありませんが、d払いの10%~20%還元クラスのキャンペーンであれば、そのポイントが額面から10~20%も価値が増えたということになります。

投資の世界をご存じの方ならわかると思いますが、10~20%ものリターンを生み出すのは容易ではないどころか稀です。
日本の年金の運用では年率3%程度を目標で手堅い運用がされていますが、年率3%程度でも大変な成果です。
それが交換して決済に利用するだけで10~20%も価値が増すというのは、非常に有益な手法だと言えますね。

もちろん、dカードとの併用も有益です。
特にドコモユーザーなら携帯電話料金の10%がポイント還元されるdカードGoldを多分お持ちでしょうから、色々活用できますね。

※ドコモ携帯料金が10%還元されるドコモユーザー必携の「dカードGold」発行は、ポイントサイト「ライフメディア」経由の発行で、公式サイトからのiDキャッシュバックに加えてポイントサイトから23,500円相当のポイントが付与されます。
※レギュラータイプの「dカード」の発行は「ECナビ」が最高額3,000円相当のポイント付与となっています。
ライフメディア」は下記バナーからの登録で最大500円相当のポイントが付与されます。

ライフメディアへ無料登録

最後までよんでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログランキングに参加しておりますので、よろしければ応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村