セブンイレブンでVisaのタッチ決済を使うと500円還元!

2020年6月から全国のセブンイレブンでVisaタッチが利用できるようになり、利用した方も多いと思います。

Visaタッチとは、NFCを利用した非接触決済のことで最近ではクレジットカードには順次搭載されてきています。
非接触決済は、日本ではFelicaを活用したiD・QUIC Pay・WAON・nanaco・楽天Edyなどが広く知られていますが実はこの機能は日本だけで、海外ではNFCによるVisaタッチを含むコンタクトレス決済が主流です。

三井住友カード」では、この機能の採用に積極的でしたが、Visaタッチを利用する際の特典付与も積極的に行っています。

今回はコンタクトレス決済に対応を開始したセブンイレブンでVisaタッチ決済に特典が付与されます。

三井住友カードVisaタッチ決済キャンペーン

Visaタッチ決済とは海外で主流となっている非接触決済です。
日本ではFelicaが主流で前述のポストペイ型のiDまたはQUIC Pay、プリペイド型では交通系のSuica、流通系ではWAONなどが多用されています。

一見便利そうですが、さほど普及はしていません。主な理由は店舗グループごとのポイントカードのような使われ方をしており、イオンではnanacoは使えず、セブンイレブンではWAONは利用できないなど限られた範囲でしか利用できないという決済機能を一本化できなかった問題があります。

そして最大の欠点は、非常に高コストであることです。
そのため実装できる店舗は大規模チェーンに限られてきました。これでは全国津々浦々まで決済方法を行き渡らせることができません。

それとは反対にコンタクトレス決済は、安価であり欧州・・・特にイギリスでは一般的に見かける決済手段です。
下記の画像のような感じですね。

このマークがついているカード、もしくはカードがApple PayGoogle Payに対応していればNFC対応であればスマホで決済が非接触でできます。

日本で対応しているカードは、三井住友カード・「dカード」・「イオンカード」・
楽天カード」が主なところです。
そして今回は、このコンタクトレス決済が対象で三井住友カードVisaタッチキャンペーンを行っています。

キャンペーン概要

期間:2020年8月3日~2020年9月30日
対象決済方法:Visaタッチ決済(コンタクトレス決済)
還元額:500円以上の利用に対してもれなく500円還元
還元方法:付与通知日の翌々月の支払い日までにカードご利用代金に充当

コンタクトレス決済のコツについて

実はコンタクトレス決済は、店舗側ではまだあまり馴染みがありません。
そのためVisaタッチと伝えても、意味が通じないことが多々あります。
当方の場合は、決済時には「カードで」と伝えて、リーダーにカードをかざし決済しています。
馴染みがないため、従業員のほうが困惑して決済が完了したか疑う人までいます。

確かに利用できる店舗は主要なところでは、イオン(3月中に実装完了)、ローソン、マクドナルド、ドトールといったところで確かに全国津々浦々とはいきません。

ですが、海外版のApple PayGoogle Payではコンタクトレス決済であるため、まさにグローバルスタンダードな決済方法だといえます。

強力なキャンペーンを有する三井住友カード

三井住友カードで現在開催されているキャンペーンは大きく2つあります。
三井住友カードで現在開催されているキャンペーン「キャッシュレスプラン」の20%還元(上限8,000円)は、シンプルな3つの要件を満たせば20%キャッシュバックとなります。
②「三井住友カードは、2020年6月15日~8月31日までの間、あらたなキャンペーンとして「With Cashlessキャンペーン」を開始しています。

三井住友VISA 新規入会キャンペーン「キャッシュレスプラン」概要

現在、もっとも効果が高いのが三井住友カードの「キャッシュレスプラン」のカード利用額から20%還元プレゼント企画ですね。

最大8,000円!カード利用の20%還元キャンペーン
対象となる三井住友カードに新規入会
②入会後の2ヶ月後までに、Vpassアプリログイン
③入会後の2ヶ月までにクレジットカードかiDで買物を行う。

肝心の新規入会特典ですが、最大額は先程記述したように8,000円となります。
付与されるタイミングは、毎月の利用金額に20%を乗じた金額をカード利用月+2ヵ月後末迄にプレゼントされます。

新たなキャッシュレスキャンペーン「With Cashlessキャンペーン」

三井住友カードは、2020年6月15日~8月31日までの間、あらたなキャンペーンとして「With Cashlessキャンペーン」を開始しています。

期間中、Vpassアプリにログインし、対象のクレジットカードで買い物すると、合計1万本全額キャッシュバック還元キャンペーンとなります。
上限は10万円までとなります。
以前やっていた「タダチャン」に酷似している企画ですが、違うのは新規入会以外も対象となっていることですね。

抽選は2回実施され、8月14日と9月18日までに当選発表がああります。
対象となるカードは以下の提携カード以外のスタンダードカードです。

・三井住友プライムゴールド
・三井住友ヤングゴールド
・三井住友エグゼクティブ
・三井住友プラチナ
・三井住友ゴールド
・三井住友カードA
・三井住友デビュープラス
・三井住友アミティエ
・三井住友Revo Style
・三井住友エブリプラス
・三井住友ゴールドカードVISA(SMBC)
・三井住友プライムゴールドVISA(SMBC)
・三井住友カードVISA(SMBC)
・SMBC CARD ゴールド
・SMBC CARD プライムゴールド
・SMBC CARD クラシックカード
・SMBC CARD アミティエカード
・SMBC CARD Suica クラシックカード
・SMBC CARD Suica アミティエカード
・One’s Card ゴールド
・One’s Card ヤングゴールド
・One’s Card エグゼクティブ
・One’s Card クラシック
・One’s Card クラシック.A
・One’s Card アミティエ

当方は、1.5%還元が可能な「エブリプラスカード」を活用しており、ここまで新規入会キャンペーンには該当しなかったのですが、ようやく既存の利用者にも恩恵が受けられる日が来たようです。

通常の三井住友カードの還元率は0.5%。マイ・ペイすリボを活用すべし

現在、募集が行われている三井住友カードの還元率はデフォルトでは0.5%です。
そのため、この3倍のポイントが付与される「エブリプラス」というカードを、当方は三井住友カードとしては普段利用しています。
このカードは、リボ専用ですがリボ手数料が発生するとポイント還元率が3倍の1.5%となるカードです。
リボというと手数料が高額で、割に合わないというイメージだと思いますが、三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」は、毎月の支払金額を予め決めておき、それを超えると超えた金額にリボ手数料が掛かる仕組みです。
従って、毎月の支払額を予め決めておいて、ほんの僅かに超える金額になるように調整すればリボ手数料はわずかに抑えられます。
しかしポイントは支払金額の総額の1.5%のままなのです。

しかし、この「エブリプラス」は新規募集が2019年11月28日で終了となってしまっていました。

通常通り使っていると三井住友カードは確かに0.5%の還元率ですが、三井住友カードは「マイ・ペイすリボ」という毎月設定した金額で自動的にリボ払いにする制度があります。
実はこの制度で手数料が発生するとポイント還元率は通常の2倍の1%にアップさせることができます。
しかしリボ払いの手数料は三井住友カードでは年率換算で15%ですので、正直割にあいません。
というかやらないほうがいいです。
ですが三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」という自動リボ払い制度は、設定した金額を超えた部分に手数料がかかる設計になっています。
したがって、例えば毎月の支払いを5万円に設定すれば、50,100円など5万円をほんの僅かに超える額に調整すれば、手数料がかかる部分を最小化できます。
100円超えた程度ならば、その部分にかかる手数料は年間でも15円程度です。
一方で5万円の支払いに対するポイント還元率は+0.5%アップし1%になっていれば250pt=250円のポイントアップですので、十分ペイできます。

三井住友カードを利用する場合は、この特性を十分活用すると倍速でポイントをためることができます。



三井住友カードの申込みは、ポイントサイト「ワラウ」経由で新規入会特典に加えて、
ポイントサイトから5,510円相当のポイントが付与されます。
ワラウ」の新規登録は下記バナー経由で最大800円相当のポイント獲得のチャンスです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


クレジットカードランキング