Pontaへのポイント統合でauとドコモの夢のポイント交換が実現!

2020年5月21日にau WALLET ポイントPontaに統合されました。
そのためauPayau WALLET プリペイドカードau PAY カードなどでたまるPontaポイントが実はdポイントに等価交換できる道がひらけたということになります。

もっとも携帯電話のキャリア別でポイントが傘下に収められており、auとドコモの関係性からして、Pontadポイントの相互交換の道はいずれは閉ざされる可能性もあります。

現状ではdポイントのほうがポイント投資の環境としては整っているため、「au PAY」のキャンペーンなどで潤沢にPontaが貯まっているのであれば、早々にdポイントに交換したほうが良いかも知れないですね。

Pontaポイントとdポイントの交換比率

Pontaポイントdポイントは相互交換が可能です。
ただし条件は同条件ではなく、dポイントのほうが有利になっています。

Pontaポイント→dポイント

・手数料:無料
・最低交換単位:100ポイント以上100ポイント単位

dポイント→Pontaポイント

・手数料:250ポイント
・最低交換単位:5,000ポイント
※同年度の交換は2回まで年間上限10,000ポイント

現状ではdポイントへ集約したほうが有利

ポイントの交換条件としては前述の通り、圧倒的にdポイントのほうが有利です。
実店舗における決済としては、auのほうがau PAYau じぶん銀行で「生活応援企画」を続行中であるため決済手段として選好されやすい状態です。

したがって、現段階ではau PAYでポイントを貯めて、ポイントのサービスとしてはdポイントのサービスを使うということが普通にありえることになります。

単純に決済手段への充当としては、
au)au PAY残高への交換・・・1%の還元率であるため1%の価値向上
ドコモ)iDキャッシュバック・・・1%の還元率であるため1%の価値向上

ネット決済の充当では
au)Ponta(au PAY マーケット 限定)への交換・・・・50%増量(6月1日まで)
ドコモ)dショッピングデーで決済に充当・・・20%ポイント還元

ポイント投資では
au)STOCK Point(交換に5%の手数料がかかるため最初から手数料負け)
ドコモ)dポイント投資or日興フロッギー+docomo

以上のようにネット決済の充当としては、au PAY マーケットで利用できるPontaau PAY マーケット 限定)への交換で50%増量となるキャンペーンを行っているau側が有利になってきています。

ですがポイント投資となるとdポイント側が圧倒的です。
確実性は低下しましたが、現在でもdポイント投資は、大敗を回避できる投資方法ですので、現在でも最も稼ぎやすい投資方法の一つです。
新たに加わった日興フロッギー+docomoでは株式などの有価証券を100ポイント単位からでも無料で購入できます。

一方のPonta側のSTOCK Pointは、最初から手数料を5%徴収されたり、手数料だらけで動くたびに地雷を踏むような感覚でまったく勝てる気がしません。
ポイント投資に限っていえば、始まる前から勝負が決まっているといっても過言ではないです。

ポイントは現在ではポイント=現金の時代であり、企業の実質的な値引きであるポイントは消費してしまうよりも投資に回して資産を短期間に巨大化したほうが、より早期の経済的自由に近づきます。

関連記事

近年共通ポイントや独自ポイントで投資ができる環境が整いつつありますが、その中でポイントの集めやすさと利用のしやすさで突出しているのが、・「楽天スーパーポイント」・「dイント」・「Tポイント」・「LINEポイント」以上4つですね。その中で「[…]

秀逸なポイント投資サービス「日興フロッギー+docomo」爆誕!

Pontaをためられる決済方法について

Pontadポイントの相互交換はいつまでできるのかは不明ですが、有利なdポイント側に集約できるわけですので、様々なポイントの収集方法がありますね。

dポイントを貯める方法は、ドコモ関連サービス利用で貯められますが、Pontaポイントに後々交換できるなど間接的にためられる決済方法の中で高還元率なものをまとめておきます。

決済手段還元率
au PAY1%(4/13~通常0.5%+生活応援企画0.5%)
エポスゴールドカード0.5~3%
JQ CARD エポスゴールド0.5~3%
Ponta Premium Plus1~2%(7月・12月のみ還元率アップ)
Reader’s Card1.25%
リクルートカード1.2%

au PAY「生活応援企画」でポイント2倍

au PAY」は4月13日から終了日未定の生活応援企画で通常の還元率0.5%の2倍となる1%へ改善され、特にローソン(ローソン・スリーエフ、ローソン・ポプラも含む)・ナチュラルローソン・ローソンストアでは8倍となる4%となっています。

①期間:2020年4月13日~終了日未定
②還元対象:全国のau PAY加盟店
③還元率/還元額:ポイント1%還元/200円につき2ポイント
④還元上限:1つのau IDあたり、1日あたり1000ポイント、1月あたり3000ポイント
⑤対象となる支払い方法:au PAYアプリによるコード決済
⑥ポイント付与日程:ポイントは4月~5月利用分は6月末頃、6月以降利用分は利用月の翌月末頃付与

au PAY」ではPontaが直接たまるため、直感的にわかりやすいと思います。

関連記事

コード決済「au Pay」といえば、2020年2月から3月まで20%還元となる大規模企画を継続して行っており、3大携帯キャリアの底力をまざまざと見せつけていました。20%ポイント還元が終わってしまえば、「au Pay」は基本還元率は0.5[…]

au PAY 「生活応援企画」第三弾はローソン+α

最大3%の還元率を誇るJQ CARD エポスゴールド

強力な還元率を誇る「JQ CARD エポスゴールドは、通常の還元率は0.5%ですが以下の特典があります。
・インビテーションによって年会費無料で保有でき、
・年間100万円利用で1%のボーナスポイント
・選べるポイントアップショップなら常時ポイント3倍(1.5%)
・基本還元率は0.5%ですが、リボ繰り上げ返済によって+0.5%還元率底上げ
以上により、ポイントアップショップなら3%の還元率、通常の利用でも2%の還元率で利用できるカードです。
とくに交通系電子マネーでもっとも利用されている「モバイルSuica」が選べるポイントアップショップにラインナップされているため、これ一本で実店舗決済は行けそうです。
また「Yahoo!公金払い」も選べるポイントアップショップにラインナップされていますので、自動車税などの支払いも任せられますね。

たまるポイントは「JRキューポ」ですが、これはPontaと等価交換できますので間接的にPontaを貯めることができます。

インビテーション(招待)はレギュラーカードで年間50万円利用すると、インビテーション(招待)が大抵の場合きます。

JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。

エポスカード」発行は、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で、入会特典に加えてポイントサイトから4,000円相当のポイントを獲得することができます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20040612710



関連記事

①JQ CARD エポス ゴールドはデフォルトでの還元率が飛び抜けて高いクレジットカードです。特に特典として3つの店舗・サービスの還元率を3倍・つまり1.5%にデフォルトで設定できます。そしてさらに還元率を上積みできるのですが、それはこれ[…]

Ponta Premium Plusは7月・12月は最大2%還元

文字通りPontaがたまるジャックスのクレジットカードです。
新規会員のキャンペーンを行っており、最大8,500円相当のポイントを獲得できます。
通常の利用では還元率は1%と普段使いでも非常に優秀なカードですが、
7月・12月といった消費が多い月度では、10万円の利用で+0.5%、20万円の利用で+1%となるため、最大2%の還元率で利用できます。

通常タイプとリボ払い専用がありますが、リボ手数料を回避する手立てはありません。
損するだけなので、通常タイプをオススメします。

Ponta Premium Plusカードの発行は、ポイントサイト「ライフメディア」経由で、新規入会特典にくわえて、ポイントサイトから1,190円相当のポイントが付与されます。
ポイントサイト「ライフメディア」は下記バナー経由で、最大500円相当のポイントが付与されます。

ライフメディアへ無料登録

最大1.75%の還元率!Reader’s Card

表では1.25%の還元率と記述しているReader’s Cardは、ポイントをGポイントに交換することで1.25%のポイント還元率になります。

Gポイントはポイント交換サービスの一つで、様々な電子マネーやポイントへの交換が可能です。
Pontaへの交換は等価交換で可能ですが、基本的には5%の手数料が掛かる仕組みです。
しかしGポイントの広告サービスを定期的に利用していれば、この5%はポイント獲得で戻ってきます。

Reader’s Cardに関しては1.25%の還元率でPontaポイントを獲得可能ですが、ジャックスが運営するJACCSモール経由でネットショッピングするとさらに0.5%分のJデポが獲得できます。
Jデポは要するにキャッシュバックとよばれる利用金額の値引きシステムですので、請求時に実際にショッピングした金額から値引きされ請求されます。

Reader’s Cardの申込みは、ポイントサイト「ECナビ」経由で、ポイントサイトより2,000円相当のポイントが付与されます。

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

電子マネーへのチャージに威力を発揮する1.2%の高還元率カード「リクルートカード」

Pontaを貯めるのに有利なカードと言えば「リクルートカード」ですね。
基本還元率は1.2%と非常に高く、Apple Payにも対応し、電子マネーは「楽天edy」・「モバイルSuica」へのチャージでもポイントが満額付与されます。
貯まるポイントはリクルートポイントですが、これは1ポイント単位でPontaと等価交換が可能です。

ただ課題も存在し、一見「au PAY」へのチャージに向いてそうに思われますが、「au PAY」へのチャージはエラーとなりできません。

最大の特徴は前述の通り、電子マネーへのチャージでポイントが満額付与される点ですね。
楽天カードですら楽天Edyへのチャージは0.5%の付与で決済で+0.5%なので合わせても1%の還元率に達する程度です。
ですが、「リクルートカード」ではチャージで1.2%ですので、決済時の0.5%と合わせると楽天Edy利用時の還元率は1.7%の還元率に達します。
その上、モバイルSuicaへのチャージも1.2%付与されますので、ポイント獲得がはかどります。

リクルートカード_PC

※1.2%の高還元率で電子マネーチャージできる「リクルートカード」は、ポイントサイト「ライフメディア」経由の申込みで、入会特典に加えてポイントサイトから2,300円相当のポイントが付与されます。
ポイントサイト「ライフメディア」の新規入会は左記のリンク経由で最大500円相当のポイント付与です。



関連記事

Pontaを貯めるのに有利なカードと言えば「リクルートカード」ですね。基本還元率は1.2%と非常に高く、Apple Payにも対応し、電子マネーは「楽天edy」・「モバイルSuica」へのチャージでもポイントが満額付与されます。貯まるポイ[…]

リクルートカードのメリット・デメリットとキャンペーンポイント獲得の仕方

まとめ

au WALLET ポイントPontaに統合されたことで、auのサービスでたまるポイントが、dポイントに交換可能になっています。
いつまで続くかという憶測はともかく、当面は運用に便利なdポイントにポイントを集めるためにPontaを貯められるサービスも総動員すれば、dポイント投資もさらに加速させられそうです。

dポイント投資
自体はもっとも勝ちやすい投資方法の一つですが、そんなに確実に勝ちたければ、無理にdポイント投資でなくてもFXでアービトラージを行えば、確実に年率5~12%以上は複利で叩き出せます。
そのためdポイントは当面、日興フロッギー+docomoで日本の優良銘柄の買付に使ってもOKだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング