クレジットカード発行は、ポイントサイト経由で稼げる高額案件【エポスカード発行編】

最強のサブカードorメインカードになり得るのが、今回紹介する「エポスカード 」陣営のゴールドカード・プラチナです。

通常は還元率は0.5%と至って普通です。
しかし、インビテーションによってゴールドカードに切り替わると、年会費無料でMax2.5%(特定の支払いに限り)の還元率を叩き出せるカードに昇格します。

その中でもJR九州が発行している「JQ CARD エポスゴールド」は、最大2.5%のポイント還元率はそのままにポイ活には欠かせない「JRキューポ」をポイ活のハブとして活用できます。

JQ CARD エポス ゴールド」の主な利点は以下の3つです。

  • 「選べるポイントアップショップ」に選定すると還元率が3倍の1.5%になります。
  • 年間100万円利用するとボーナスポイントとして1%分の10,000円分のポイントが付与されます。
  • たまるポイントは「JRキューポ」ですが、このポイントサービスが主要なポイントと交換できる秀逸なポイントサービスになっています。

エポスゴールドカード発行について

エポス陣営のゴールドカードが高還元率だからといってもいきなりゴールドカードを発行するのは得策ではないのが注意すべきところです。
通常いきなりゴールドを発行すれば、5,000円の年会費が必要となりコストパフォーマンスが悪化します。

しかし期間としては半年+約50万円以上の利用でインビテーションがくる傾向ですので、インビテーションに乗れば年会費無料で利用することができます。

従って最初に発行するのは通常の「エポスカード 」を申し込むという忍耐強い方法が必要になります。

年会費を無料のゴールドカードを入手するために普通の「エポスカード 」を申し込むのですが、ゴールドカードまでは「JQ CARD エポスゴールド」が使い勝手としては良いため、途中でJQ CARD エポスに切り替える必要があります。

残念ながらJQ CARD エポスは、ポイントサイトで案件は存在しないため、「JQ CARD エポスゴールドの取得を目指す方は以下のように作業を行ってください。
①「エポスカード」をポイントサイト経由で申し込みます。
②無事入会特典を受け取った後、「エポスカード」から「
JQ CARD エポス」に切り替えを行います。
③50万円前後の利用を行って、インビテーションを受けて「JQ CARD エポスゴールド」へ切り替えます。

ここで注意点ですが「エポスカード」はその後の利用で
・「エポスカード」→エポスゴールドカードエポスプラチナカード
とインビテーションによって昇格していくのに対して、
JQ CARD エポス」は、「JQ CARD エポスゴールド」どまりとなります。

従ってエポスプラチナカードまで利便性を向上させたい方は、「エポスカード」から実績を重ねるべきです。

もし途中でエポスゴールドカードから「JQ CARD エポスゴールド」に切り替えたいという場合は、博多・大分・鹿児島のカウンターまで直接出向く必要があります。

エポスカード発行は、どのポイントサイトを経由するとオトクか

2020年10月30日現在(単位:円)

ポイントサイト名称還元pt(円換算/単位:円)
ECナビ10,000
ちょびリッチ9,000
ポイントインカム9,000
げん玉9,000
ライフメディア8,500

ポイントサイト経由での還元額は、ポイントサイト「ECナビ」経由が10,000円とトップです。

JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。

エポスカード」発行は、ポイントサイト「ECナビ経由で、公式サイトからの入会特典に加えてポイントサイトから10,000円相当のポイントを獲得することができます。

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20100198469

エポスカードはゴールドに昇格すると年会費無料・2.5%の高還元率カードに変身

エポスカード 」はレギュラーの段階では0.5%の還元率です。
ですが半年間の利用+50万円以上の利用でゴールドカードのインビテーションが届く傾向にありますので、インビテーションに乗ってゴールドカードに切り替えると以下の3つの特典が付与されます。

  1. インビテーションにより年会費無料で保有できるゴールドカードになります。
  2. 3つの支払先が選べる「選べるポイントアップショップ」に選定すると還元率が3倍の1.5%になります。
  3. 年間50万円利用するとボーナスポイントとして0.5%分の2,500円、年間100万円利用すると1%分の10,000円分のポイントが付与されます。

1.年会費無料で保有できるゴールドカード

年会費無料で保有できるゴールドカードは、このエポスゴールドカードJQ CARD エポス ゴールドもしくはイオンゴールドカードセレクトくらいです。
コストが無料となるメリットもさることながら、保有するだけで海外旅行傷害保険の補償額が充実している点が最大のメリットになります。

海外旅行における傷害保険を同じく年会費無料で保有できるイオンゴールドカードセレクトと比較すると以下のようになります。

保険内容エポスゴールドカード
JQ CARD エポスゴールド 
イオンゴールドカードセレクト
傷害死亡
後遺傷害
最高1000万円最高5000万円
傷害治療費用最高300万円最高300万円
疾病治療費用最高300万円最高300万円
賠償責任最高2000万円最高3000万円
救援者費用最高100万円最高200万円
携行品損害最高20万円(免責3千円)最高30万円(免責3千円)

以上の海外旅行傷害保険の補償額はレギュラーカード「エポスカード 」よりもゴールドのほうが手厚くなるため、「エポスカード 」の保有よりもゴールドを目指したほうが有利になります。

念の為、「エポスカード 」とエポスゴールドカードJQ CARD エポス ゴールドの海外旅行傷害保険の補償額の比較を表にしておきます。

保険内容エポスゴールドカード
JQ CARD エポスゴールド 
エポスカード       
傷害死亡
後遺傷害
最高1000万円最高500万円
傷害治療費用最高300万円最高200万円
疾病治療費用最高300万円最高270万円
賠償責任最高2000万円最高2000万円
救援者費用最高100万円最高100万円
携行品損害最高20万円(免責3千円)最高20万円(免責3千円)

2.選べるポイントアップショップはポイント3倍

選べるポイントアップショップ」は3つ選択できます。
実に様々な店舗が選択できますが、オススメの候補は以下の3つです。

  1. モバイルSuica
  2. YAHOO!公金支払い
  3. ETC利用

「選べるポイントアップショップ」モバイルSuica

①のモバイルSuicaを選択すると公共交通機関のみならず、実店舗の支払いでも2.5%の高還元率で利用できることになります。
モバイルSuicaに対するクレジットチャージで「選べるポイントアップショップ」適用で1.5%でビックカメラSuicaカードの還元率に並びますが、後述する年間利用額に対するボーナスポイントで最大1%加算されます。
そのため約2.5%の還元率でモバイルSuicaにチャージできると考えて良いです。

注意すべき点は以下の2つです。
・スマートフォンが「おサイフケータイ」搭載型であること
・Google Pay内のSuicaへチャージした場合は、Google Payでの支払いと認識され還元率は0.5%のままになります。

一方で「JQ CARD エポス ゴールド」はJR九州発行のクレジットカードなので、JR九州での利用は気になるところだと思います。
九州在住ならJRの利用はモバイルSuicaも利用できますが、普及しているSUGOCAの利用は以下のようになります。
・JR九州内で乗車運賃の1%付与
・特急券を購入した場合は5%付与
・地下鉄の場合はJR管区を走行していないと1回10ポイント付与にはならないので注意が必要です。
JR九州内の改札を通るとオートチャージできますがオートチャージ分はノーマルは0.5%ですが、ゴールドではこの選べるポイントアップショップにJR九州を選んでおけば200円につき3ポイントつまり1.5%付与されます。

つまり通常の乗車運賃の1%付与に加えてオートチャージ分1.5%が期待できます。
ただオートチャージがJR九州管内の改札でしかできないところがデメリットです。

「選べるポイントアップショップ」Yahoo!公金払い

②のYahoo!公金払いは、利便性の高いサービスです。
メリットは以下の3つです。
・クレジットカードのポイントが満額付与されます。
Yahoo!ショッピングなどで貯めたTポイントが利用できます。
・カード払いで支払いサイトが延びますので資金繰りとして便利です。

一方でデメリットも存在します。
・所定の手数料がかかるため0.5%程度の還元率のカードではむしろマイナスです。

このYahoo!公金払いを「選べるポイントアップショップ」に登録し、その翌日以降で「JQ CARD エポス ゴールド」で決済を行えば最大2.5%ポイント還元が受けられます。

このYahoo!公金払いの主要な支払先は以下のとおりです。
・自動車税、軽自動車税
・固定資産税
・住民税
・国民健康保険
・介護保険料
・後期高齢者医療保険
・保育料などの公共サービス利用料
・個人事業税
・法人市民税
・不動産取得税
・ふるさと納税
・水道料金
・ガス料金
・NHK放送受信料
などYahoo!公金支払いの範囲は多岐にわたります。

ただ、すべてできるわけではなく自治体によって対応するものが違います。
例えば子育て世代にとっては保育料などは利便性が高いのですが、対応しているところはわずかです。

一方でVisa LINE Payクレジットカードで最大3%のポイント還元率で支払うことができるLINE Pay請求書支払いでは、すべての地域ではないものの当方の地域では以下の支払いに対応していました。
・住民税
・固定資産税
・軽自動車税
・国民健康保険
・後期高齢者医療保険料
・保育所利用料
LINE Pay請求書支払いでは、LINEのポイントプログラムであるLINEポイントクラブ「マイランク制度」で最上位のプラチナランクになることで、LINE Pay請求書支払いで3%のポイント還元率で税金・公金を支払うことが可能となります。

Yahoo!公金払いLINE Pay請求書支払いを比較するとYahoo!公金払いを「選べるポイントアップショップ」に登録すると、LINE Pay請求書支払いの支払先にない自動車税、個人事業税、法人市民税で2.5%の還元率で決済できるのでVisa LINE Payクレジットカードとの併用が望ましいです。

関連記事

イギリスでは税金はApplePayやGooglePayで支払い可能で非常に便利なのですが、日本では大半は支払いは納付書で行われています。支払いは普通にコンビニや金融機関窓口で支払ってもよいのですが、ただ払うだけでは得るものは何もありません[…]

「選べるポイントアップショップ」ETC利用

③のETC利用は、高速道路利用が多い方は必須になります。
特に個人事業主でこのカードを決済で利用している場合は、非常に有利になります。
また会社利用でもETCカードの貸与がなく、建て替え精算などになっている場合は、一旦このカードに紐付いたETCカードで精算し、会社に請求すればポイントはしっかりいただけるため有利ですね。

エポス陣営のETCカードは発行手数料無料・年会費も無料です。
またゴールドカードに切り替えると自動的に紐付けがされるので再発行の手間がかかりません。
このETCカードの利用を「選べるポイントアップショップ」に適用すると、最大2.5%の還元率で利用できますが、さらにETCマイレージサービスに登録しておくと還元率は激増します。

関連記事

ETCはすでに高速道路では普通の設備になりましたが、仕組みを導入するにあたって発生する費用、イニシャルコストは2001年あたりでは3万円半ばでなかなか普及しませんでした。しかし現在は1万円程度であるため普及をある程度後押ししていると思われ[…]

高速道路利用の前にETCマイレージサービス登録を!

「選べるポイントアップショップ」オススメ以外の候補

ここまでオススメの3つの候補を挙げてきましたが、生活環境によっては必要な候補は全く異なります。

例えばETC利用などは自動車を保有していなければ不要です。
よく行くお店がモバイルSuicaなどが非対応であれば、「選べるポイントアップショップ」に直接店舗ブランド名で選択しておく必要があります。

例えば、「ニトリ」・「カインズ」などは交通系電子マネーでの決済はできませんので、よく行くのであれば、「ニトリ」または「カインズ」などを選択しておく必要があります。
ガソリンスタンドなども電子マネーによる決済ができるところは少ないので、よく行くガソリンスタンドの決済を「選べるポイントアップショップ」に指定するのは有効です。

また、水道光熱費も提供している事業者が対象となっているのであれば指定しておくと良いのですが、水道・電気ならともかくガスに関しては都市ガス以外は指定できないことが多いでしょう。

コード決済のキャンペーンなどは高い還元率を提示していることもあるので、コード決済で決済できないものを「選べるポイントアップショップ」にしてしておくと良いですね。

年間利用100万円でボーナスポイントをもらえるので、例えば自動車ローンなどは金額も大きいのでクレジットカードで払えるならば払いたいところです。
方法としてはトヨタ自動車が提供している定額サービス(サブスクリプション)「KINTO」は税金・車検・メンテナンスコミコミの定額サービスですが、これはクレジットカードによる支払いが可能です。
選べるポイントアップショップ」にするには、「トヨタ自動車」を選択するとポイント3倍の恩恵を受けることができるので、労せずして多額のポイントが獲得できます。

年間利用に応じたボーナスポイントで最大+1%の還元率上乗せ

エポス陣営のゴールドカードの特典はポイントでプレゼントされます。
・年間利用50万円で0.5%分(2千500円分)ボーナス付与
・年間利用100万円で1.0%相当(1万円)ボーナス付与

プラチナカードに関しては年会費は3万円で1,000万円までボーナスポイントが支払われますが、ゴールドは年間利用100万円が還元率MAXです。
そのためエポスファミリーゴールドカードという制度を利用し世帯全体で還元率がMAXとなる年間利用額を増やすことができます。

エポスファミリーゴールドカードという、いわゆる家族カードも自身がインビテーションを受けてカードの切替を行っていれば無料です。
しかし形式は招待制であり、独自の審査が必要です。
JQ CARD エポス ゴールド」・エポスゴールド会員になった方がご家族を招待するという形式で申し込むことができます。

このサービスの特徴は、通常のゴールドカードの特典(年間利用50万円で0.5%分(2千500円分)ボーナス付与/年間利用100万円で1.0%相当(1万円)ボーナス付与)に加えて、
→家族全員がゴールド会員であるとき家族全員の決済金額の合計が
・100万円以上→1,000Pボーナス
・200万円以上→2,000Pボーナス
・300万円以上→3,000Pボーナス
※ひとりでもプラチナであれば上記の2倍になります。
※勿論これまで紹介していたゴールドカード固有の特典は不変のままです。
このメリットは他にも
→家族間でポイントのシェアができる
→年会費が無料でゴールドカードを保有できる
など非常に有利です。

世帯で複数枚保有するようにすると、年間利用金額に応じたボーナスポイントを増加させることができますね。

プラチナカードはボーナスポイントがパワーアップする

エポス陣営のゴールドカードを保有し、年間利用100万円を継続し支払いに遅延がなく、一定の基準となる安定した収入がある場合(非公開)、プラチナカードのインビテーションが届く場合があります。

インビテーションがなくてもプラチナカードに申し込むことはできますが、年会費はインビテーションによるカード保有の年会費2万円に対して、インビテーションなしのカード保有は年会費3万円となります。

プラチナとゴールドの違いの一つとしては年間利用に応じたボーナスポイントがゴールドカードの場合は、100万円までがMAX値なのに対して、プラチナは年間利用最大1,500万円までボーナスポイントが付与されます。

年間利用額プラチナカード ボーナスポイント
100万円以上20,000ポイント(2万円相当)
200万円以上30,000ポイント(3万円相当)
300万円以上40,000ポイント(4万円相当)
500万円以上50,000ポイント(5万円相当)
700万円以上60,000ポイント(6万円相当)
900万円以上70,000ポイント(7万円相当)
1,100万円以上80,000ポイント(8万円相当)
1,300万円以上90,000ポイント(9万円相当)
1,500万円以上100,000ポイント(10万円相当)

プラチナカードで間利用100万円以上の場合、2万円相当のポイント付与となるため年会費2万円の元が取れます。

さらに誕生月では、ポイントが2倍となるため大きな支出は誕生月に集中させると、還元率を極大化させることができます。
なおマルイは通常でも200円に対し2ポイントの付与であるため、誕生月ではさらに2倍の4ポイントとなります。

ゴールドならJQ CARD エポスゴールド

エポスカード をからインビテーションでゴールドカードに昇格させたとき、エポスゴールドカードJQ CARD エポスゴールド」どちらにしたらよいか悩みどころでしょう。

100万円以上利用して、海外に度々行くという場合はエポスプラチナカードが優位なので、その場合はエポスカード エポスゴールドカードエポスプラチナカードという順番でカードのランクを向上させれば良いと思います。

当方としては「JQ CARD エポスゴールド」がオススメです。

主な違いは以下のとおりです。
・ポイントはJRキューポがたまります。
・新幹線が割引価格で乗れます(JR九州管内からの発車ないしJR九州完結)。
・ポイントをGポイントに交換できるのでポイントの用途が広くなります。

この中でも「JRキューポ」ポイントサービスは様々なポイントに交換できる優れたサービスです。

JQ CARD エポス・JQ CARD エポスゴールドで貯まるポイントはJRキューポ

JQ CARD エポス ゴールド」の利用でたまる「JRキューポ」ですが、JR九州管内であればストレートにSUGOCAへのポイントチャージで利用する方法もありますが、他にも以下の4つのポイントに交換することが可能です。

  1. エポスポイント
  2. Gポイント
  3. Pontaポイント
  4. Tポイント

この「JQ CARD エポス ゴールド」の利用でたまる「JRキューポ」をGポイントに交換するとかなり途がひらけます。

■Tポイントに交換する場合は、
JRキューポ」→「Tポイント」のルートが手数料無料で直接存在します。

dポイントに交換する場合は、
Gポイントに交換すると、三井住友カードのポイントプログラムとして新たにリニューアルされた「Vポイント」へ交換が可能になります。
JRキューポ」→「Gポイント」→「Vポイント」のルートは手数料無料で存在しますので、dポイントの収集で利用するならば、
JRキューポ」→「Gポイント」→「Vポイント」→「dポイント」のルートが手数料無料で利用できます。

■ポイント交換サイトPEXルートの場合
さらにGポイント→「Vポイント」へ交換すると、
JRキューポ」→「Gポイント」→「Vポイント」→「PEX」のルートも手数料無料で活用できます。

このポイント交換サイト「PEX」では、ポイントサイト「ECナビ」の利用と「PEX」→「Tポイント」交換で4%分のECナビポイントがプレゼントされる企画が毎月開催されています。

さらに「Tポイント」→「JRキューポ」というルートが手数料無料で存在しますので、
JRキューポ」→「Gポイント」→「Vポイント」→「PEX」→「Tポイント」→「JRキューポ
というポイント交換ループでノーリスクで利用でき、ポイントを順繰りで交換させていくだけでポイントを毎月4%増加させることができます。

この「JRキューポ」ポイントサービスが利用できるためエポスゴールドカードよりも「JQ CARD エポス ゴールド」のほうが保有するクレジットカードとしてはオススメです。

すでにエポスゴールドカードを発行してしまっている場合は、切り替えがJR九州管内のアミュプラザ博多・大分・鹿児島でしか切り替えができませんのでかなり手間になります。

関連記事

エポスカードからJQ CARD エポスへ切替後、コンスタントに利用していくことで(年間50万円程度)インビテーションによりJQ CARD エポスから、驚異的な還元率を誇るJQ CARD エポスゴールドへ切替えを行うことができます。このイン[…]

インビテーションによって年会費無料で保有できる高還元率カード JQ CARD エポスゴールドです。




毎日貯まるポイントサイト ECナビ

エポスカードは電子マネーへのチャージもポイント満額付与

エポスカード 」の意外なメリットとしては、電子マネーへのチャージでポイントが満額付与される点です。
電子マネーの中でも最も汎用的な「楽天Edy」と「モバイルSuica」へのチャージでもポイントが0.5%貯まります。

ゴールド・プラチナカードの特典である「選べるポイントアップショップ」では、モバイルSuicaが選択できますので2.5%の還元率でモバイルSuicaのチャージが可能です。

楽天Edy」に対するチャージでは、前述の年間利用のボーナスポイントがありますので、ゴールドであれば年間100万円の利用で1.5%、プラチナであれば年間100万円利用で2.5%です。
従って楽天Edy」の設定でたまるポイントをエポスにすると決済した際の0.5%のポイントも「エポスカード 」でたまるポイントに統一できゴールドなら2%、プラチナなら3%のポイント還元率で利用できることになります。

au PAY残高へのチャージもポイント満額付与

ドコモのd払い」と激しいキャンペーン競争を繰り広げているKDDIのスマホ決済「au PAY」。
au PAY」の残高へのチャージはau PAY カードが良さそうに思えますが、エポス陣営のクレジットカードもVisaブランドであるにも関わらず、チャージも可能でポイントも満額付与されます。

従ってゴールド・プラチナカードの特典である年間利用ボーナスをカウントすると、ゴールドでは最大1.5%、プラチナでは最大2.5の還元率で「au PAY」の残高へチャージが可能です。

まとめ:エポスカード→JQ CARD エポスゴールドは鉄板コース

年間100万円の利用で1.5%還元、特定の支払いに絞ると2.5%の還元が狙えるJQ CARD エポスゴールドは、サブでもメインでも大活躍するカードです。

JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。



エポスカード」発行は、ポイントサイト「ECナビ経由で、公式サイトからの入会特典に加えてポイントサイトから10,000円相当のポイントを獲得することができます。

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20100198469


またポイント交換に便利な、Gポイントをセットで登録しておくとさらに便利です。

⬇下記バナー経由でGポイント登録で、50円相当のポイントが付与され、
JRキューポを様々なポイントに交換することが可能になります。


Gポイント

最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


クレジットカードランキング