dポイント投資改悪後のポイント投資の対象は?

投資方法の中で制限が多いものの、
着実に資産を増やせる方法が「dポイント投資」でした。
ダウ平均株価とドル円をチェックしていれば、2019年6月21日までは完全にリスクを回避してノーリスク・ハイリターンな投資が実現可能だったのです。

しかしこれも改悪されて後出しジャンケン的な投資方法ができなくなりましたが、その後の制度では14:00までの市場の状況(先物)を確認して翌日5:00のアメリカ市場の閉場までの予測と為替についてはドル円の状況を確認しておけば、完全ではないにしてもある程度先の状況は補足することが可能でしたので、年率100%程度のリターンで運用することが可能でした。

しかしこれも2020年10月23日 13時からはできなくなります。
14:00までの投資判断で実際に反映されるのは、翌々日になるためどうなるかわからないからです。
ようするにリスク回避ができない普通の投資方法になりますので、単純に信託報酬が0.6%近い割高な投資信託に投資しているのと変わらなくなります。

ポイント投資で念頭に入れなければならないこと

ポイント投資の最大のメリットは国税庁の見解から考えると、年70万円までの収益は非課税であることです。
ポイントは非課税じゃないの?
と考えられている方はある意味正解です。
ポイントを値引きとかに利用している場合はそのとおりなのですが、問題はポイント投資で運用している場合です。
ポイント投資になると摘発された話は聞きませんが、国税庁の見解では、dポイント投資のようにポイントのまま運用するスタイルは、「一時所得」に当たるため、年50万円までの利益は所得としてカウントされない仕組みになっています。
また給与所得者は給与所得と退職所得以外の所得が20万円を超えない限り申告が不要です。
ポイント投資で50万円を超える利益が出ても、70万円を超えるまでは税金が発生しません。

これまでこの税金で摘発された例を聞かないのは、70万もの利益に到達した例が少なかったからだと思います。

dポイント投資はリスク回避が容易な投資法だった

この税金のことを考えると年間50万円もしくは70万円までの利益の範囲内ならポイントのまま運用する妙味があります。
なぜなら70万円の利益の範囲内なら利益確定しても課税されないため、市場が荒れ模様のときはポイント投資を引き上げて様子見して、急落したとき暴落を買えば良いからです。

この方法は同じく運用が非課税である確定拠出年金などでは非常に効果があります。
同じようにリスクを避けて、資金を待機させて暴落を買うというオペレーションができるからです。

関連記事

退職をすでに控えており、個人型への移行を控えています。退職翌月末頃、手続きに入ります。確定拠出年金は、老後の備えとして、また万一の際、遺族に一時金として時価で渡せますので、生命保険の代わりになります。コツコツ運用を行って、時折今回のような[…]

2020年4月度 確定拠出年金 運用実績


ポイント投資は楽天証券で行っている楽天ポイント投資やSBI証券で行っているTポイント投資では普通に上場株式等の譲渡所得(分離課税)として課税されます。
そのため利益確定するとキャピタルゲイン課税として利益が複利では増えないため、買ったら保有したままという「バイ&ホールド」戦略が有効になります。

従ってポイントのまま運用する「dポイント投資」もしくは「楽天ポイント運用」では年70万円までの利益ならばリスクを回避できる分、有効な投資法でした。
とりわけ14:00までに翌日5:00までの米国株式市場を予測する「dポイント投資」は有効だったわけです。
ポイントを運用に投入・引き出しも反映が早い上に非課税ですので最強の投資方法だったわけです。

今後のdポイント投資は単なる割高な投資信託への間接投資

dポイント投資」は少し先の状況が読めるから有利だったわけで、2020年10月23日以降の制度では、価格への反映が翌々日になり投資信託と変わらなくなります。
dポイント投資」の中身は、「THEOグロース・AIファンド(世界の株式中心)」と「THEOインカム・AIファンド(世界の債券中心)」の基準価格に連動しています。

これらの年率で信託している資産にかけられる信託報酬(手数料)とETFへの経費で実質的な信託報酬は年率0.595%ですので、「楽天ポイント運用」の中身である楽天・インデックス・バランスファンド(信託報酬0.233%)に劣後します。

ということは年間70万円までの利益の範囲内ならば、ポイントを引き出すことで損失を回避する「楽天ポイント運用」のほうが優れていることになります。

コストが割安な投資ならSBI全世界株式インデックスファンドへの投資

dポイント投資」は単なる割高な投資信託に投資するわけですので普通に投資信託に投資するよりは明らかに経費がかかります。

これを有効に活用するにはポイント投資は「楽天ポイント運用」で運用し、dポイント日興フロッギー+docomoで手堅く配当を生み下値も底堅いNTTやKDDIのような高配当株に変換してしまえば、ポイントに対して配当というインカムゲインが期待できます。

しかし資産の成長にこだわるなら、日興フロッギー+docomoでdポイントを現金化して全世界に1本で投資できてコストが0.1102%と安い「SBI全世界株式インデックスファンド」に投資したほうがよっぽど儲かると思います。

そうなると現実的に収集したほうがよいポイントはTポイント・Pontaポイントということになります。

もしくは、もっと踏み込むと、さらに経費がかからないGMOクリック証券CFDでレバレッジ1倍でS&P500に直接投資を行えばリアルタイムで売買できる分、機動的な投資が期待できます。

関連記事

CFD取引は、レバレッジをかけられる点が強調され投機的な利用と考えられがちです。確かに投機的な利用にも向いています。しかし結論から書くと、30万円以上の運用は、CFDで「S&P500」インデックスをレバレッジ1倍程度でロングしてい[…]

CFDを活用した長期インデックス投資


GMOクリック証券への口座開設は、直接ではポイントサイト案件は消えています。
しかしポイントサイト「モッピー」経由のFX口座開設からの間接的な口座開設を行えば、5,000円相当のポイントを獲得することができます。

dポイント投資の改悪 まとめ

2019年6月21日の改悪から、完全後出しではなくてもそれなりに読めた投資ができたので、ダラダラとdポイント投資を継続してきましたが、これで完全終了だと思います。

ダラダラやっていたので積極的なdポイント投資の記事は書きませんでしたが、良かったかも知れませんね。
たまったdポイントはせっかくなので日興フロッギー+docomoで配当株の買付に使っておこうと思います。

これでリスクを回避しつつ資産形成できる最強の投資は、年70万円までの利益までなら「楽天ポイント運用」、それ以上なら確定拠出年金に集約されましたね。

関連記事

ポイント投資も含めた投資方法の中で制限が多いものの、着実に資産を増やせる方法が「dポイント投資」ですね。ある程度の先読みが可能であるために90~100%のリターンも叩き出せるという非常に利回りの高い投資方法でした。そのため「dポイント投資[…]

dポイント投資に替わる投資法

楽天ポイント運用」の原資となる楽天ポイントは、収集のしやすさが段違いなので、本筋に戻ったともいえます。
これからは「楽天ポイント運用」も攻めてみようと思います。

楽天ポイントを収集するには楽天カードですね。


楽天カードの申込みは、ポイントサイト「ワラウ」経由で公式からの新規入会特典5,000ポイントの付与に加えて、
ポイントサイト「ワラウ」から5,110円相当のポイントが付与されます。
ワラウ」の新規登録は下記ボタンからの登録で最大800円相当のポイントプレゼントです。

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング