dポイント投資改悪による出口戦略

前回、dポイント投資の改悪について記述しましたが、問題は出口戦略になります。
特にdポイント投資が複利で膨らみ、大きな金額になっている方にとっては、差し迫った問題です。

dポイント現金化

dポイントをポイントではなく、等価で円に替えてしまうには、複数方法があります。
主な方法としては以下の3つになります。
1)dカード プリペイドを作成して、消費に充てる。
2)iDキャッシュバックを利用して、消費に充てる。
3)会社などの組織に属している場合は、経費の一時立て替えなどに利用して現金化する。

上記の方法がベターかと思います。
消費という中には、アマゾンギフト券を購入し、それをやや減価するものの業者に買い取ってもらって現金化する方法も存在しますが、これまで数%の利回りにもこだわって増やして来たわけですので、出口で大きく引きされることに納得している方はいらっしゃらないと思います。
できるだけ等価、あわよくばそれよりも数%増幅させて現金化させたいと考えているはずです。
上記の3通りの方法は、少なくとも元本より増幅させる出口戦略ですので、選択肢は狭いですが方法としてはベターです。

出口戦略①dカード プリペイド

dカードプリペイドの主な仕様は、
1)ドコモの回線が不要・審査不要
2)上限30万円(ただしポイントチャージは月10,000円)
3)Apple Payに設定可能(iDでの支払いになります)

多分、すでに3)で普段の消費に使用している方もいらっしゃると思いますが、
国際ブランドはMasterで、Masterカード加盟店であれば、クレジットカードのように使用できるため、最もハードルが低い方法でしょう。
iDを利用した支払いも可能なので、Apple Payに設定しiDでの支払いが可能です。
気になるポイント還元は200円につき、1ポイントつまり、還元率は0.5%です。

この方法の問題は、カードにチャージできる金額上限が30万円であり、現金では1回あたり1,000円~49,000円とそれなりの額ですが、ポイントチャージは10,000円/月というかなり使いにくい制限があるのが問題です。

dポイント投資で、結構な額に膨らんだ人にとっては、月に1万円ずつでは、いつ完了できるか途方にくれてしまいますね。

ただし、1アカウントごとに1枚ですので、複数アカウント運用を構築しているのであれば、1ヶ月でプリペイドカードにチャージすることはできますね。
バラバラだと使いにくいため、一本化するにはアマゾンギフト券を購入していく方法になります。
現金・nanacoでのチャージであれば還元率は高いのですが、この場合はクレジットカードと同様の仕様となります。
これにはキャンペーンが6/30まで行われており、0.5%のポイント還元がされていますので、合わせて1%になりますね。

出口戦略②iDキャッシュバック

①の方法はわかりやすいですが、制限が多く使いづらいので、この方法がオススメです。
ここまでdポイント運用をしてきた人にとっては、dカード・dカードGoldを保有しアカウントを複数に増やしてポイント共有化グループを形成してきたはずです。
ということはdカードを発行しているはずですので、この方法が使用できます。
iDキャッシュバックの主な仕様、
1)dカードordカードGoldを保有し対象となるiDはdカードに付帯するiD
2)交換上限は、月40,000ポイント(通常ポイント)
※ポイント共有化グループ(何個アカウントがあっても)でも月40,000円まで )
3)使用したiDに充当される形式。決済還元率は1%

これがスタンダードで還元率の高い方法です。d払いでポイントを利用した支払い方法ではポイントは単に充当させ消費されるだけでポイントは付きません。
少しでも増やしたい場合は、iDキャッシュバックが順当な方法です。
必要な物品を店頭で購入し、iD支払いを行えば、購入した店舗のポイントとiDに対してもポイントが付くため有利です。
ただし、今年の春に開催されていたキャンペーンでの増量ポイントは期間限定ポイントなので、かなり残念な仕様です。

交換上限が月40,000円なのでプリペイドカードよりは多いのですが、ここでもポイント共有化グループを変更し、紐づくアカウントを変更していけば、際限なく交換できます。
増えまくったdポイントをまとまった額でキャッシュバックするにはこの方法が良いですね。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

⬆ここまでの段階でポイント共有化のためにdカード発行を行ってこなかった場合は、いまからでも遅くないのでdカード発行で出口戦略を図るのが便利です。
ポイントサイトなら「モッピー」ならdカードのiDキャッシュバックに加えて、発行に500ポイント、上記のバナー経由での入会で最大1,100ポイントを確保できます。

出口戦略③経費建て替え

これはいわゆるサラリーマンで、出張があるという人向けですね。
出張は会社で宿泊施設を手配している場合とそうでない場合があります。
そうでない場合はdトラベルで規定内の宿泊施設を自身で手配して、dポイントで支払って後ほど現金で所属する組織や会社から支払われるため、現金化という面では完全な現金化の方法です。
ただこれは、金額を増幅させる方法ではないことと、定期的な出張があるなら消化できますが、そうでなければ確実に消化できるとは限らない方法ですね。
複数人数の手配を1人で一手に行って支払いを代替すれば、一挙に現金化できるかもしれないですが。

もっともdトラベルもキャンペーンを複数実施しており、運良く利用に対してポイントがサービスされるキャンペーンに合致していれば、金額を増幅させることは可能になります。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

⬆ポイントサイト「モッピー」では、dトラベル利用で利用金額の0.8%がポイントとしてキャッシュバックされます。

最後に

dポイント投資自体は6/23まで、現行の内容であり、それまでは有利な投資環境下で運用できます。
それまではできるだけ多くのポイント数で運用し、それ以降でポイント現金化を図って完了後、dカードを解約するなり、アカウントを削除するなどすれば良いので、まだ焦る必要はないです。
うまく、無駄なく、運が良ければ金額を増やして撤退できればいいですね。