d払いキャンペーン対象となる「d払い残高」払い!不正に強い銀行口座も解説!

2018年~2019年半ばまで還元率競争を繰り広げた、○○Payなどのスマホ決済ですが、2019年後半から現在まで大きな還元率は影を潜めています。
打って変わってau Payd払いでは運営が通信大手だけあって、豊富な資金力で還元率競争を繰り広げるようになったため、キャッシュレスキャンペーンではチェックが欠かせません。

ドコモが運営するd払いには支払い方法が2通りあり、登録しているクレジットカードを支払い元として支払う方法の他に銀行からチャージした残高で支払う「d払い残高払い」があります。

この「d払い残高払い」は、「ドコモ口座」を利用した支払い方法なのですが、2020年9月に多数の不正預金引き出しに利用され、特にセキュリティが脆弱な地銀・ゆうちょ銀行が狙われ、預金が不正に引き出されるという事件がありました。

本記事では、改めて「ドコモ口座」を利用した「d払い残高払い」と、当方が登録に選んだセキュリティが強い銀行について解説したいと思います。

d払いキャンペーン対象となる「d払い残高払い」

ドコモが運営するd払いには、
①コード払いで登録しているクレジットカードを利用して支払う方法と、
②銀行から残高をチャージして支払う方法
③非接触決済iD(※ドコモユーザーのみなので記述は省きます)
以上の3通りの支払い方法があります。

①登録したクレジットカードで支払う方法

登録したクレジットカードで支払う方法では、ハウスカードであるdカードdカードGoldを支払先に登録していないとキャンペーンの対象にはなりません。
一時的にdカードプリペイドも対象となっていたこともありましたが、現在は対象からは外れています。

②銀行から残高をチャージして支払う方法

直近のマイナポイント事業でdカードdカードGoldを支払先に登録していないとキャンペーンの対象にはならないという制約下では、d払いの利用が拡大しないと判断したためか、ドコモはd払いに実装した「d払い残高払い」もキャンペーン対象に加えてきました。

関連記事

3大キャリア「ドコモ」が運営するスマホ決済サービス「d払い」。強力な還元率施策を次々と打ち出して、dポイント投資をする方にとっては欠かせない決済ツールになっています。とくに「d払い」はキャリアとしての競合である「au PAY」と競ってシェ[…]

【最新】d払いキャンペーンまとめ


この「d払い残高払い」は、2018年から導入されてきた「ドコモ口座」を活用したバーチャルウォレット機能で、登録した銀行口座からチャージした残高を利用して、d払いを介して実店舗の支払いに利用できたりネットでの支払いにも利用でき、個人間の送金もできる機能を有しています。

いわば予めチャージして利用する電子マネー・プリペイドカードのような存在ですが、au PAYは「au PAY残高」をau PAYau PAYプリペイドカードと共有するというわかりやすい設計であるのに対して、ドコモの場合は、dカードプリペイドは全く別のものとして取り扱われており、チグハグさが否めません。

この予めチャージして利用するバーチャルウォレット「ドコモ口座」についてもう少し詳しく説明します。

「ドコモ口座」とは?

ドコモ口座」とは、スマホ決済d払いを介して実店舗での支払いや、ネット上での買い物、個人間送金ができる「バーチャルウォレット」です。


当方の利用方法としては、主に家族に送金していますね。

ドコモ口座への入金方法

この「バーチャルウォレット」に入金する方法は7通り存在し、今回の不正に利用されてしまったのが銀行口座からの入金(チャージ)です。
順に説明します。

  1. 銀行口座
  2. セブン銀行ATM
  3. ペイジー
  4. コンビニ店頭
  5. 個人からの送金
  6. キャッシュゲットモール経由のサービス利用
  7. ポイント交換

1.銀行口座からのチャージ

自身が保有する銀行口座と連携することで「ドコモ口座」の残高にチャージを行うことができます。
ドコモ口座アプリ、d払いアプリに実装されており、ATMがなくてもチャージできる点が便利です。

項目内容
チャージ可能金額1,000~10万円
チャージ可能金額/月30万円


今回問題になったのは、口座番号と暗証番号だけ突破できる方式を採用していた銀行で、特に「ゆうちょ銀行」が集中的に狙われています。

現在「ドコモ口座」と口座連携している銀行35行中、28行がチャージを停止しています。
チャージが利用できなくなっている銀行は以下の通りです。
1.ゆうちょ銀行
2.イオン銀行
3.池田泉州銀行
4.伊予銀行
5.愛媛銀行
6.大分銀行
7.大垣共立銀行
8.紀陽銀行
9.京都銀行
10.滋賀銀行
11.静岡銀行
12.七十七銀行
13.十六銀行
14.スルガ銀行
15.仙台銀行
16.第三銀行
17.但馬銀行
18.千葉銀行
19.中国銀行
20.東邦銀行
21.鳥取銀行
22.南都銀行
23.八十二銀行
24.広島銀行
25.百十四銀行
26.北洋銀行
27.みちのく銀行
28.琉球銀行

みずほ銀行・三井住友銀行・ソニー銀行などはチャージを継続しており、特に後述しますが、「ソニー銀行」はHPでも認証方式が強固であることをアピールしています。

2.セブン銀行ATMからのチャージ

セブン銀行ATMからチャージができるスマホ決済は、d払いの他にもPayPay・メルペイ・LINE Pay・au PAYでも可能です。

項目内容
チャージ可能金額1,000~50万円
チャージ可能金額/月なし

※「ドコモ口座」自体は受け入れ限度額は100万円が上限です。

セブン銀行ATMの「スマートフォンでの取引」をタッチして、各スマホ決済のアプリでQRコードを読み込むことで取引ができます。

物理的にセブンイレブンが付近にないと実行できない点がデメリットです。

3.ペイジーからのチャージ

条件としては、ペイジー対応の銀行口座を持っていることが必須ですが、ドコモユーザー以外はこの機能は使えません。

項目内容
チャージ可能金額1,000~10万円
チャージ可能金額/月30万円

※1ヶ月にチャージできる金額はコンビニでチャージできる金額との合算になります。

4.コンビニからのチャージ

コンビニでのチャージは、チャージ方法で「コンビニ」を選択した後、入金額を指定しすると利用できるコンビニが選択できますので期限までにコンビニで入金します。
・ファミリーマートはFamiポートで申込券を出してレジで払込み
・ローソンはLoppi端末で操作して申込み券を出してレジで払い込み

5.個人からの送金(受け取り)

当方がよく使っているのが、この送金機能です。
一旦銀行チャージした金額を、家族で分けるわけですが「dカード」を所有していなくても、実店舗・ECともにショップがd払い対応であれば決済に利用できます。

利点は、家計のことを考えれば、「ドコモ口座」はチャージした金額以上は利用できないようにしておけば(※オートチャージを使わない)、残高の範囲で利用しますので予算通りで運用できます。
難点はd払い対応店舗がまだまだ少ないことです。
この点はプリペイドカードと残高が共有化していれば無問題ですが、残念ながら別物です。
プリペイドカードと残高が共有化しているのはau PAYですので、この部分では利便性はau PAYが優れています。

6.キャッシュゲットモール経由のサービス利用

キャッシュゲットモールとはドコモのポイントサイトのようなもので、経由することで利用金額の数%単位のポイントが獲得できます。
ただ利用できる案件が少なめですので、やはりポイントサイトを併用したほうが良いでしょう。
後述しますが、ポイントサイトを利用しても「ドコモ口座」への入金が可能です。

7.ポイントを交換する

残念ですが、dポイントは「ドコモ口座」にチャージすることはできません。
なんでなんでしょうね。
ドコモの考えていることがちっともわかりません。
その点au PAYPontaポイントを「au PAY残高」にチャージできますので、やはり設計として優れています。

では交換できるポイントはなにかといえば、「ドットマネー」・「NetMile」です。

ドットマネー」はポイント交換サイトであり、各ポイントサイトやポイントプログラムのポイントを「ドットマネー」のポイント「.money」に交換し集約できます。
そしてそれを銀行口座へ振り込んだり、電子マネー、他のポイントに交換することも可能です。

ポイントを交換する際に、増量するキャンペーンも頻繁に行っているため、ポイントという資産を交換だけで増量することが可能です。

ドットマネー」から「ドコモ口座」へのチャージは、300マネー(300円相当)から1ヶ月100,000マネー(10万円相当)が上限です。
交換のリードタイムは3営業日程度です。

関連記事

ドットマネーは、無料でポイントを交換できるサイトです。このサイトを使えば、ポイントを一本化できます。また交換するだけで何%増量というキャンペーンを利用すると、ポイントという資産をノーリスクで1~25%近く増加させることができます。ポイント[…]

今月のドットマネー交換キャンペーンはQUOカードPayで最大40%増量です。

ドコモ口座から出金する方法

ドコモ口座」から出金する方法は2通り存在し、いずれも手数料がかかります。
順に説明します。

  1. セブン銀行ATM
  2. 銀行口座
    3.個人からの送金(送金側)

1.セブン銀行ATMからの出金

ドコモ口座」からセブン銀行ATMで出金を行った場合は手数料がかかります。
当方としては、あまり出金するというニーズはありません。
送金アプリ「Pring」で機能としては十分事足りると思います。

項目内容
手数料220円(税込)
払い出し金額上限/回10万円
払い出し回数上限/月10回

d払い残高払い」で税金・公共料金の支払が可能になると(LINE Payは徐々に可能になってきています)、出金することは更になくなり、銀行の機能をほぼ奪った格好になります。

関連記事

近年キャッシュレス化が進み、こういった自治体からの税金などの支払いにもコード決済が利用できるようになりました。これらの高額な税金の支払いを振替などにするよりも、ポイントが付与される支払いにすることで大量にポイントを獲得したいところです。そ[…]

税金の支払いで最大3%還元されるLINE Pay請求書支払い

2.銀行口座への出金

ドコモ口座」から銀行口座への出金を行った場合も手数料がかかります。
当方としては、あまり出金するというニーズはありません。

項目内容
手数料220円/回
手数料(みずほ銀行)1回目110円・2回目以降220円
払い出し金額上限/回2万円
払い出し回数上限/月5回

払い出しができる金融機関はほぼすべて網羅しており、選択に困ることはあまりないと思います。
電子マネーは一度チャージすると戻すことは不可能ですが、「ドコモ口座」は手数料がかかるものの戻してセブン銀行ATMや銀行口座に戻すことが可能な点、万が一誤って多く入金しすぎてしまった場合にリカバリーできる点は便利です。

3.個人からの送金(送金側)

先程は受け取る側の説明でしたが、今度は送金する側です。

項目内容
送金限度額/月20万円
送金方法1相手側のドコモ口座番号→メール
送金方法2QRコード読み取り

しつこいようですが、「ドコモ口座」の残高をdカードプリペイドd払いが共有化していれば無問題ですが、残念ながら別物です。
ですので決済したいお店がd払いを導入していなければ、「ドコモ口座」の残高は利用価値がないところが辛いところです。
プリペイドカードと残高が共有化しているのはau PAYですので、この部分では利便性はau PAYが優れています。

ドコモ口座の利用方法

ドコモ口座」への入金、「ドコモ口座」からの出金を説明しましたが、「ドコモ口座」はd払いのウォレット機能が「ドコモ口座」です。
このウォレット機能で実店舗でd払いで支払いに利用したり、ネットショッピングでも利用できます。
この場合、ポイント還元率は0.5%です。
さらに「ドコモ口座」の残高から支払う「d払い残高払い」は、dカードと同じく、ドコモが毎月行っている「d払いお買い物ラリー」のキャンペーン対象の支払い方法です。
カード非保有でも対象となるため、dカード非保有の方にとっては朗報です。

ドコモ口座」の残高を利用してカード払いとして支払う「Visaプリペイド」も用意されていますが、手数料がかかりポイントがつかない謎システムなので利用価値はありません。

関連記事

3大キャリア「ドコモ」が運営するスマホ決済サービス「d払い」。強力な還元率施策を次々と打ち出して、dポイント投資をする方にとっては欠かせない決済ツールになっています。とくに「d払い」はキャリアとしての競合である「au PAY」と競ってシェ[…]

【最新】d払いキャンペーンまとめ


ドコモ口座へのチャージに最適な銀行

今回、預金の不正引き出しで餌食になったのは、地銀・ゆうちょ銀行などの口座番号・暗証番号だけでチャージなどができてしまうセキュリティの甘い銀行でした。

これは口座番号・暗証番号などの情報が流出しなくても適当な暗証番号を入力し、口座番号を入力して試すという方法で割り出せるため、本来は2段階要素認証によって防御されていなければ突破されてしまうため、本来は出金元となる銀行側にもセキュリティの高さが求められます。

同じスマホ決済サービスでも「Pring」では、入金時に認証が必要なので、今回は問題にはならなかったため、今回の問題をうけて「ドコモ口座」でも2段階要素認証は盛り込んでくると思います。

しかし今回のような内容で簡単に突破される銀行口座は心もとないところです。
スマホ決済のサービスだけセキュリティが高まれば問題ないのではなくて、今後も様々なサービスが出てくるたびに被害にさらされる銀行はこの際、解約してセキュリティの高い利便性の高い銀行に乗り換えたほうがよいと思います。

ドコモ口座問題でも無問題で運用できたソニー銀行

ソニー銀行は、実店舗を持たないネット銀行です。
ソニー銀行の最大のメリットは以下の5つです。
①ATM出金手数料が月4回まで無料
②他行振込手数料が月1~11回まで無料
③ソニー銀行のデビットカード「Sony Bank WALLET」が便利
④他の銀行系どころかネット証券に比肩するレベルの投資信託ラインナップ
⑤おまかせ入金サービスで他の銀行からの資金移動が手数料無料でできる
以上のように非常に優秀なネット銀行だとおもいます。

そして今回の預金不正引き出しでノーダメージというセキュリティの強固さが逆に際立っています。
ソニー銀行側もそれを強調していますね。

またこれに加えて最近スマホ決済へのチャージに対応し(d払いLINE PayメルペイPayPay)利便性がさらに向上しています。

まだ口座を開いていない方は開設の好機だと思います。

関連記事

ソニー銀行は、実店舗を持たないネット銀行です。ソニー製の家電製品などをお持ちの方は、愛着が深く知名度も高いと思います。ソニー銀行の最大のメリットは以下の5つです。①ATM出金手数料が月4回まで無料②他行振込手数料が月1~11回まで無料③ソ[…]

ソニー銀行の活用方法

ソニー銀行をスマホ決済に連携するにはキャッシュカードが必ず必要

今回、ソニー銀行が不正から免れたのは、ネット銀行だからというわけでもないです。
現にイオン銀行は不正から逃れられず、チャージを停止しています。
ソニー銀行を連携可能なスマホ決済(d払いLINE PayメルペイPayPay)に連携させるには、以下の内容が必要です。

  • 口座番号
  • 生年月日
  • キャッシュカードの暗証番号
  • ソニー銀行に登録したメールアドレスでメールが確認できる環境
  • キャッシュカード(カード裏面の製造番号の入力が必要です)

特にカード裏面の製造番号の入力は、ランダムに入力する必要があるため手元にキャッシュカードがなければ成立しません。
この機能はau じぶん銀行も採用しています(安全を確認できるまでスマホ決済へのチャージは一時停止中)。

まとめ

ドコモ口座」に関わらず、他のスマホ決済における銀行チャージを要するウォレット機能で頻発した預金の不正出金問題。
大元となる銀行のセキュリティがしっかりしていなければ、大変な問題になることが明らかになってきました。
今後は、デジタル技術の革新についていけない、旧来の銀行では顧客の預金すら守ることができないことがわかった以上、保有するだけでもリスクになります。

自身の大切な預金を守るために「ドコモ口座」に登録する銀行はソニー銀行がオススメです。
他の銀行・・・三井住友銀行などもセキュリティが強固でしたが、ソニー銀行を推しているのはデビットカード「Sony Bank WALLET」が0.5~2%の還元率で利用でき、海外旅行で最安のコストで利用できるデビットカードだからです。

色々問題は有りましたが、資金力が豊富なドコモが運営するd払いを使いこなさない限りは、オトクなキャッシュレスライフは満喫できませんし、dポイント投資に必須のdポイントもたまりません。
この機会に再度、銀行の見直しを進めたほうが良いと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング・人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村



節約・貯蓄ランキング