コード決済「d払い」 iDを統合。今後はApple Payへも提供へ

2019年11月、Google PayのNFC決済が、6銀行のデビットカードのスモールスタートではあるもののスタートを切って、ついでTOYOTA WalletによりMastercardコンタクトレスを実装したスマホ決済サービスが開始されました。

TOYOTA WalletはNFC決済(Mastercardコンタクトレス)だけでなく、iDも対応、Origami Pay加盟店にも対応した、万能型の非常に秀逸なアプリです。

他の生き残ったスマホ決済も還元率からは脱却してこういった利便性を高める方向に投資をしてほしいのですが、ドコモのスマホ決済「d払い」からWallet機能の拡充に引き続き、電子マネー「iD」を統合するという発表がありました。

まずはdカードminiを統合

TOYOTA Walletのほぼ完成された仕様を見てしまった後なので、統合というと全部できた姿を想像しますが、残念ながら「dカードmini」「d払い」への統合というスモールスタートからとなります。

dカードminiとは

「dカードmini」はドコモユーザー(お財布ケータイ搭載Androidスマホ)が利用できる「iD」決済です。
決済した料金は、ドコモの携帯電話の利用料と合算して支払うことになります。
月額3万円が上限で、ポイントプログラムは200円ごとに1ポイント(dポイント)となります。

dカードminiが改称され「d払い(iD)」に

dカードmini「d払い」に統合され、「d払い」はコード払い、iDによる電子マネーの支払いも可能となったということです。
料金の支払いは後払い方式で、ドコモ携帯料金と合算払いという仕様は変わりません。

Apple Payによる「d払い(iD)」の提供を予定

勿論上記のdカードminiの統合だけでは不十分で、広く一般に統合した機能をリリースする必要がありますが、それはiOSからスタートする予定のようです。
Apple PayによるiD決済ですね。

また「d払い」はすでにウォレット機能を実装しており、その残高からの支払いをiDで支払うという仕様にするようです。

この残高からの支払方式にすることで、今後はドコモユーザー以外のスマホからでも利用できるようにする予定のようです。

今後のキャンペーンへの対応について

これまでiDはドコモが展開する大型キャンペーンでは、対象とされない状態でしたが、「d払い」へ統合されていく過程で、少なくとも決済方法としては、コード払いの「d払い」であっても、「iD」であってもキャンペーンに乗れる状態になるのであれば結構便利です。

なにせ「d払い」の欠点は、アプリを開くまでに平均16秒(当方の約10回に渡る利用時の時間)かかるというモッサリ感でしたので、iDでかざして決済できる状態であればその欠点を補うことができます。

今後のコード決済サービスの進化

ちょうど同じタイミングですが、Origami Payもウォレット機能を実装してきています。
チャージしたお金を送金・決済に利用できるため、無料送金アプリ「Pring」のようにATMで引き出すことができ、公共料金も支払う機能が備わると、銀行で一般顧客が利用する業務はほぼ奪うことができます。

またチャージしたお金を投資や、保険などの支払いにも回せるといった機能も拡充してくるでしょう。
そうなるとやはり銀行のリテール部門と業務は競合します。
多数あった地銀もコード決済サービスの業務拡大により、シェアをますます奪われ、統合合併が激しくなるでしょう。

もっとも銀行自体は、業務を通じた社会への貢献が乏しかったので、淘汰されて当然かも知れません。
淘汰されることでより素晴らしいサービスが生まれることを期待しています。

d払いの登録で力を発揮する「dカード」はドコモユーザーなら、「dカードGold」が携帯料金がチャラになるほどのポイント還元をしてきますので、おすすめです。
「dカードGold」の発行は、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で公式サイトからのiDキャッシュバックに加えて、ポイントサイトから22,500円相当のポイントが付与されます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ


最後までありがとうございました。
ブログランキングに参加しておりますので、よろしければ応援の程、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村