CATEGORY

投資・投機

2020年度7月度 LINEポイント投資(LINE証券)の運用益は+1,318円でした。

2021年4月30日までの期間限定ですが3%の高還元率となるVisa LINE Pay カードが一般申込みが始まり、3%の高還元率カードの恩恵を全力で受けられるようになりました。 Visa LINE Pay カードでたまるポイントはLINEポイントです。決済に充当することも可能ですが、決済への充当で消耗してしまうよりも投資に回して資産の拡大をいち早く図ったほうがよいと考えています。 Visa LI […]

2020年7月度 Tポイント投資(SBI証券)の運用益は+5,423円でした。

強力なポイント投資の一角である「SBI証券」・「SBIネオモバイル証券」によるTポイント投資。住んでいる地域にTポイントを稼げるドラッグストア「ウエルシア」が出店していたり、ENEOSのガソリンスタンドが存在する場合は、Tポイントが貯まる速度が向上します。日々必要なものを購入してTポイントカードを提示すれば、投資できるほどTポイントが貯まっていきます。 Tポイント自体は毎月20日には「ウエルシア」 […]

2020年7月度 確定拠出年金 運用益は+222,105円(+4.4%)でした。

「SBI証券」で企業型の確定拠出年金の移管手続きに入っています。退職して身分も確定してなかったので記述しきれない部分がありましたがもう少しで完了です。 確定拠出年金は投資するファンドをスイッチングしても、運用中は非課税です。通常は利益確定のたびに利益から課税されるため複利で増えていく効果が薄まりますが、確定拠出年金は普段は暴落を辛抱強く待ち、時折今回のような値動きが激しいときは、安全な債券投資から […]

三井住友カードとSBI証券が連携!Vポイントで投資が可能に!

三井住友カードとSBI証券は個人向け資産運用サービスで業務提携し、2021年2月以降、三井住友カードの利用でたまるVポイントによる投信購入やSBI証券で取り扱う投資信託を三井住友カードで購入できVポイントがたまるサービスを展開します。 類似のサービスとしては、楽天証券では楽天カードによる投資信託定期購入で楽天ポイントが1%たまるサービスを展開しています。 今回は三井住友カードとSBI証券という異業 […]

Tポイントで株式投資ができるネオモバイル証券の活用方法

2019年4月からサービスが開始された「SBIネオモバイル証券」。Tポイントを利用して投資することが可能で、1株単位で売買が可能で、月50万円以下であれば月額の手数料は実質20円という投資サービスです。株式は100株単位と敷居が高いのですが、それを1株単位で購入できて手数料が非常に低いのが最大の特徴です。 ポイントサイト「ちょびリッチ」でせっせと貯めたポイントを交換して利用したり、月曜日はTポイン […]