10月下旬キャッシュレスキャンペーンまとめ

10月下旬のキャッシュレスキャンペーンはPayPayの「超PayPay祭」が10月17日から開催されています。
「年に一度の超おトクな一ヶ月間」と銘打った企画で、10%・5%還元が主力となった企画です。

対象店舗は限定的ですが、10月は最大50%還元となるd払い」コンビニ・ドラッグストアなどで最大50%還元となりますので手堅い決済手段です。

キャンペーンが少ないと安定的な力を持つのが「LINE Pay」です。常時ランクごとに配布されるクーポンも強力ですが、最も大きいのがマイナポイント第二弾10%クーポンです。
マイなポイントに上手く乗れていれば、10/1~11/1に利用できるクーポンが着弾していますので高額な買い物に利用できます。
金額で1枚最大2,500円の値引きですので、かなり強力だと思います。

ネットではAmazon Prime Day(10月13日・14日)が終了しましたがAmazond払い」dポイント50倍還元キャンペーンが月末まで行われているので、着弾したポイントを利用しながらAmazonで「d払い」でのショッピングがオトクです。

10月中旬のコード決済やクレジットカードなどのキャッシュレス還元率の今後の展開は、コード決済勢ではPayPayくらいしか主だったものはなく以下のようになります。

サービス名期間還元率・額
au Pay生活応援企画キャンペーン7/1~3%~6%
d払いお買物ラリー10/1~10/3110~50%
楽天ペイいつでも最大1.5%還元7/1~1~6.5%
超PayPay祭10/17~11/155~20%
LINE Payマイナポイント第二弾クーポン10/1~10%
三井住友カード12,000円還元キャンペーン9/1~11/3020%

実店舗
・10/17~「PayPay」の超PayPay祭
・10/1~10/31d払い」コンビニ・ドラッグストアなどで最大50%還元
・7/1~楽天ペイmajicaの併用で2.5~6.5%還元
・10/1~「LINE Pay」マイナポイント第二弾10%還元(1枚2,500円)×2枚+10枚クーポン

ネット通販
・10/21~22・10/28~29毎週水・木「ひかりTVショッピング楽天ペイの日

カード決済(組合せ可)
三井住友カード(20%/12,000円+ハピタス/3,210円)
→新規入会+ポイントサイト
dカードGold(25%/10,000円+ライフメディア/23,500円)
→新規入会+ポイントサイト
JCB CARD W(20%/5,000円+ちょびリッチ/7,000円)
→新規入会+ポイントサイト
以上がキャッシュレスキャンペーンで活用すべき企画一覧ですね。

年に1度のおトクな1ヶ月!超PayPay祭!

鳴りを潜めていたPayPayですが、2020年10月17日から11月15日まで「超PayPay祭」が開催されます。
「年に一度の超おトクな一ヶ月間」と銘打った企画で、様々な店舗が参加し還元率も5~20%という情報はキャッチしています。

現段階では、全ての店舗が出揃っているわけではないようですが、5%~20%還元という情報なのにまだ5~10%程度の還元率ですが、中身を見るとソフトバンクユーザー・Yモバイル・Yahoo!プレミアム会員の場合は20%還元になっています。

このように還元率・付与上限は店舗によって異なるため、そこはこちらの「超PayPay祭」にて確認お願いします。

毎月開催 d払いお買物ラリー

コード決済のキャンペーンで唯一大きめの還元施策で臨んでいるのが「d払い」です。
d払い」の10月のキャンペーン対象店舗は、「コンビニ・ドラッグストア・グルメ」が中心ですが加盟店すべてではなく、非対象・対象店舗が入り混じっているので確認が必要です。
例えばコンビニでもセブンイレブンは入っていません。
またドラッグストアでもウエルシア・ツルハは対象ではないので注意が必要です。

・エントリー:2020年10月1日~10月31日
・キャンペーン期間:2020年10月1日~10月31日
・還元率:1店舗+10%、2店舗以上+30%、3店舗以上+50%
・還元上限:期間中2,000ポイント(期間限定ポイント)
・決済方法:d払い(コード決済)/対象:dカードdカードGOLD、電話料金合算払い、d払い残高払い
・ポイント着弾日:2020年11月末以降順次

利用できる店舗が意外にないことと、毎月開催:10月お買物ラリーの付与ポイントは期間中で2,000ポイントですので、還元率50%Maxとなる決済上限は4,000円と少なめですのでややインパクトには欠けます。

関連記事

3大キャリア「ドコモ」が運営するスマホ決済サービス「d払い」。強力な還元率施策を次々と打ち出して、dポイント投資をする方にとっては欠かせない決済ツールになっています。とくに「d払い」はキャリアとしての競合である「au PAY」と競ってシェ[…]

【最新】d払いキャンペーンまとめ



LINE Pay、マイナポイント独自上乗せ第二弾は合計で1万円相当の大規模特典

LINE Payはマイナポイント事業に参画しており、LINE Payで支払いをすると25%のLINEポイント付与/上限5,000ポイントに加えて、10%off(上限2,500円分値引き)となるクーポン×2枚を配布するというのが独自上乗せ第二弾を後出しで繰り出しています。

■申し込み期間:2020年9月9日~2020年11月25日
■マイナポイント:「LINEポイント」上限5,000円分
■上乗せ特典
 ・10%OFFの「スペシャル特典クーポン」(割引上限2,500円分)×2枚
 ※同じ店で最大2回までご利用し、最大5,000円分の割引を受けることも可能
■クーポン付与期間
 ・9月25日までの申込み:2020年10月1日~11月1日
 ・10月25日までの申込み:2020年11月1日~12月1日
 ・11月25日までの申込み:2020年12月1日~2021年1月1日

関連記事

メッセージアプリ「LINE」のスマホ決済「LINE Pay(LINEペイ)」。Visa LINE Payクレジットカードが登場し、マイランク制度で高位のランクになれば高い還元率で決済できるスマホ決済として活躍しています。LINEポイントク[…]

LINE Pay「マイナポイント」上乗せ第二弾!合わせて1万円規模の内容に!

LINE Pay プラチナランクのクーポンが破壊的なオトクさ!

2021年4月30日までの期間限定とはいえ3%もの飛び抜けたポイント還元率を引っさげて登場した「Visa LINE Pay カード」ようやくポイントサイト案件(ちょびリッチ経由で3,500円相当のポイント)が登場していますので、申し込むなら初期の方よりも後半になって申し込んだ方のほうが手厚かったりしていますが、3%の還元率になっているのは2021年4月30日までですので、新規発行していない方はできる限り急いだほうが良いでしょう。

単体でも目下最強ですが、「PayPay」・「d払い」の支払い元に「Visa LINE Pay カード」を設定しても3%のLINEポイントが付与されるという裏技があります。


しかし、本来の力を発揮するのはプラチナランクに昇格したあたりですね。
ウォレットにクーポンが10枚配信されるようになり、スーパーで5%割引とかドラッグストアで10%割引などプラチナランク状態の「LINE Pay」の3%ポイント還元率と相まってかなりの破壊力です。
これはマイナポイントの上乗せ企画と並行して毎月付与されていますので、9/25までの申込みで付与されるクーポンとダブルブッキングする10月は最強ですね。

マイランクはLINE Payの新たなランク制度で直近6ヶ月の獲得ポイント数でランク付けがなされます。
ランク別で付与されるクーポン枚数は以下のとおりです。

【マイランクごとの特典クーポン獲得枚数】
・レギュラー:1枚
・シルバー:3枚
・ゴールド:6枚
・プラチナ:10枚

手堅いところではウエルシア・ツルハなどのドラッグストアでは10%割引、各スーパーマーケットも5%割引など定番どころはしっかり抑えられています。
家電量販・ドラッグ・スーパー・コンビニ・外食などで満遍なく配信されているので、どの地域でも大抵は利用できます。

関連記事

「Visa LINE Payクレジットカード」は、メッセージアプリLINEのペイメントサービス「LINE Pay」のクレジットカードに登録することで、2021年4月30日まで3%のポイント還元率になります。この還元率は突出しており、比肩で[…]

3%還元!目下最強の還元率「Visa LINE Pay カード」

三井住友カードの新規入会キャンペーン「12,000円還元」企画が復活!

三井住友カードのプロパーカードを新規発行した方を対象として利用金額の20%を還元(還元上限8,000円)するキャッシュレスキャンペーンが2019年6月1日~継続されていましたが、2020年9月1日~11月30日の期間さらに還元上限にさらに4,000円上積みした「12,000円還元キャンペーン」が進行中です。

現在新規発行による還元率がMAXとなる利用額、還元される金額、期間、その他条件は以下のようになります。
対象となる三井住友カードに新規入会
利用金額の20%を還元(還元最大12,000円)
■キャンペーン入会月の2ヶ月後末までのクレジットカードかiD利用
カード入会月の2ヵ月後末までに、1回以上Vpassスマホアプリへログイン

新規入会特典のキャッシュバックは最大12,000円となります。
ということは還元率がMAXになる利用金額は6万円ですね。
付与されるタイミングは、毎月の利用金額に20%を乗じた金額をカード利用月+2ヵ月後末迄にプレゼントされます。

関連記事

「三井住友カード」のプロパーカードを新規発行した方を対象として利用金額の20%を還元(還元上限8,000円)するキャッシュレスキャンペーンが2019年6月1日~継続されていましたが、2020年9月1日~11月30日の期間さらに還元上限にさ[…]

三井住友カード新規入会キャンペーン12,000円還元企画が復活

三井住友カードWith Cashlessキャンペーン第2弾

このキャンペーンは以前、「三井住友カード」の12,000円企画であわせて行っていた「タダチャン」キャンペーンに内容が酷似しています。
期間中の「三井住友カード」の利用がタダになるというもので、極めて単純なルールで利用可能です。

  1. スマホアプリ「三井住友カードVpassアプリ」にスマホからログイン
  2. 通常通りカード利用を行う
  3. 当選(15,000本)したお買い物伝票と同額の(上限10万円)Vポイントプレゼント

■期間:2020年10月1日~2020年12月31日
■対象カード
 ・三井住友カードプラチナ
 ・三井住友カードプラチナプリファード
 ・三井住友カードゴールド
 ・三井住友カードプライムゴールド
 ・三井住友カードヤングゴールド
 ・三井住友カードエグゼクティブ
 ・三井住友カード
 ・三井住友カードA
 ・三井住友カードデビュープラス
 ・三井住友カードアミティエ
 ・三井住友カードリボスタイル
 ・三井住友カードエブリプラス
 ・三井住友カードゴールドVISA(SMBC)
 ・三井住友カードプライムゴールドVISA(SMBC)
 ・三井住友カードVISA(SMBC)
 ・SMBC CARDゴールドカード
 ・SMBC CARDプライムゴールドカード
 ・SMBC CARDクラシックカード
 ・SMBC CARDアミティエカード
 ・SMBC CARD Suicaクラシックカード
 ・SMBC CARD Suicaアミティエカード
 ・One’s Cardゴールド
 ・One’s Cardヤングゴールド
 ・One’s Cardエグゼクティブ
 ・One’s Cardクラシック
 ・One’s Cardクラシック .A
 ・One’s Cardアミティエ
■特典内容:対象期間中に対象カードの利用でお買い物伝票の中から合計15,000本抽選し、当選した伝票と同額のVポイントをプレゼント
■付与上限:10万円相当
■当選通知日
 ・11月20日
 ・12月18日
 ・2020年1月22日

当方の場合は「エブリプラス」なのですが、最近は新規入会だけでなく、既存の利用者にも手厚いキャンペーンを打ってくれるのは嬉しいですね。



三井住友カードの申込みは、ポイントサイト「ライフメディア」経由で新規入会特典に加えて、
ポイントサイトから3,300円相当のポイントが付与されます。
ライフメディア」の新規登録は下記ボタン経由で最大500円相当のポイント獲得のチャンスです。

Booking.comで対象ホテルを予約してANA JCBプリペイドカードで支払うと10%off

提携タイプのJCBカードの還元率を高めるには、ANA JCB プリペイドカードが欠かせません。

ANA JCB プリペイドカード」の発行は「ANA」です。
そのためマイルも貯めることもできますし、キャッシュバックも選択することができます。
キャッシュバックの際の還元率は0.5%です。

ANA JCB プリペイドカード」は決済した場合の還元率は0.5%に加えて、チャージでクレジットカードのポイントが貯まるため、1%の還元率のカードを利用すると1.5%にまで還元率を増幅できる利点をもっています。

またGoogle Payに登録してQUIC Pay+が利用できますので、スマホ決済に強いプリペイドカードです。

Booking.com特設予約サイトから対象ホテルを選択し、「ANA JCB プリペイドカード」で支払うと、宿泊料金が10%offとなります。

予約期間:2020年3月1日~2021年3月31日
条件:Booking.com特設予約サイトからの予約
予約日範囲:予約日から最大15ヵ月先の月末までが宿泊対象です。

ANA JCB プリペイドカードの基本情報

ANA JCB プリペイドカード」プリペイド方式ですが年齢制限は15歳以上で中学生ではないことが条件です。
信用調査なし、
発行手数料無料(2020年3月31日まで利用開始手数料550円が無料になっています)
年会費無料です。

クレジットカードでチャージすると前述しましたが、チャージの仕方は以下の4通りです。
①ローソン店頭で現金でチャージ
②クレジットカードからチャージ
・JCBのクレジットカードかつJ/secureに対応しているカードであればチャージ可能です。
・ポイントが付与される主な高還元率カードは
 楽天カードJCB・楽天ANA JCB・楽天デビットカードJCB
 ヤフーJCB
 オリコカード・ザ・ポイントJCB
 ビックカメラSuica
③webコンビニでチャージ
ちなみに1枚あたりのチャージ上限額は30万円です。

関連記事

「ANA JCB プリペイドカード」といえば、かつてはnanacoチャージが可能であったため、このルートでクレジットチャージをする手法が大流行しました。もっともANA側にとってこれはなんらメリットもなかったらしく、ブログに記述するや否や穴[…]

JCBの提携カードの還元率をギャップアップできる「ANA JCB プリペイドカード」

10月下旬キャッシュレスキャンペーンまとめ

キャンペーンが途切れるとVisa LINE Pay カード」を装備したLINE Payの還元率の高さが盤石で、最終的に利用する回数が本当に増えますね。

LINE Payでは税金の支払いも対応しつつあり、対応済みの自治体ならLINE Payで最大3%還元で税金の支払いが可能になります。
決済手段の一つとして常備しておくとこういったときに迷いがないです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


クレジットカードランキング