7月下旬キャッシュレスキャンペーンまとめ

7月からはマイナポイント事業で登録が可能になっていますが、注意点は一度決めたら変えられない点です。
最初は1,000円分上乗せと言っていた、メルペイもその後さらに1,000円上乗せし、合計7,000円になり、金満企業ドコモの「d払い」も最初は500円でしたが追加して2,500円上乗せの7,500円で勝負してきています。
これを見る限り、なるなど「やっぱりもうちょっと待とうかな」という気分にさせてくれます。
おなじく電波利権で1兆円の営業利益を叩き出している金満企業auが最後にとんでもない上乗せをしてくると想定しています。
先着4,000万人ですので、焦る必要はないでしょう。

2020年4月23日から一般募集が始まった「Visa LINE Pay カード」は2021年4月30日まで3%のポイント還元ですので、「Visa LINE Pay カード」の決済で迷うことなく使えます。
これはスマホ決済「d払い」の支払先に「Visa LINE Pay カード」を選択すると+0.5% dポイント還元となりますのでコード払いできるところは「d払い」で行きましょう。
直近6ヶ月の獲得ポイントが5,000円を超える水準を維持しておけばLINE Pay「チャージ&ペイ」では3%のポイント還元となる「プラチナ」ランクを維持できますので、今後も制度が改悪しない限り3%ポイント還元を享受できます。

2020年7月1日から「楽天ペイ」は、コード決済勢が軒並み還元率を引き下げている中で、わかりやすい1%の還元率にしています。
さらに「楽天ペイ」残高といえる楽天キャッシュ楽天カードでチャージすると+0.5%ですので、合計で1.5%の還元率でショッピングできることになります。
もっともポイントによる「楽天ペイ」の決済も1%ですので、「majica donpen card」でチャージしたmajicaでドン・キホーテ店頭で購入できる「楽天ポイントギフト」・「楽天バリアブルカード」応用で、1.5~5.5% majicaポイントを上積みできます。

ですので心のなかでは、「楽天ペイ」は2.5~6.5%の還元率でショッピングに使える強力な決済手段という認識です。
これはキャンペーンではなく常態化するようなので、7月1日以降は「楽天ペイ」になりそうです。

一覧にまとめると7月下旬のキャッシュレス決済のまとめは以下のようになります。

サービス名期間還元率・額
au Pay「生活応援企画」+「Ponta統合記念」~7月31日4~10%
楽天ペイいつでも最大1.5%還元無期限1.5~6.5%
楽天キャリア決済 Google Play無期限6%
楽天Edy毎月開催スタンプラリー~7月31日4.7~5.2%
Visa LINE Pay カード+d払い来年4月30日3.5%
ウエルシア 月曜日はTポイント2倍6月22・29日4.8%
dカードdカードGold新規25%還元~9月30日25%
セディナカードJiyuda新規20%還元~8月31日20%
三井住友カード新規20%還元無期限20%
LINEショッピング(ポチポチフライデー)7月24・31日10.5%~
ひかりTVショッピング「楽天ペイの日」7月22・23・
29・30日
10.5%~
d払いでポイント最大+5%のd曜日7月24・25・
31日
+5%~

実店舗
・「Visa LINE Pay カード」+「d払い3.5%還元
・「Kyash Card」+「セディナカードJiyu!da!
で最大21%還元
・「楽天ペイ
1.5%還元(実は最大6.5%還元)
・「Edyスタンプラリー 毎月開催
4.74~5.24%還元
上記の内容で大抵の支払いはいけると思います。

カード決済(組合せ可)
dカード(~25%):新規入会
セディナカードJiyu!da!(~20%):新規入会
三井住友カード(20%/8,000円):新規入会

ネット通販
楽天市場お買い物マラソン(19日 20:00~26日 1:59)
LINEショッピング ポチポチフライデー「10.5%~」(期間:24・31日)
d払いでポイント最大+5%のd曜日(24・25・31日)
ひかりTVショッピング「楽天ペイの日」(22・23・29・30日)
以上がキャッシュレスキャンペーンで活用すべき企画一覧ですね。

LINE Pay プラチナランクのクーポンが破壊的なオトクさ!

2021年4月30日までの期間限定とはいえ3%もの飛び抜けたポイント還元率を引っさげて登場した「Visa LINE Pay カード」。

単体でも目下最強ですが、「PayPay」・「d払い」の支払い元に「Visa LINE Pay カード」を設定してもポイントが付与されます。


しかし、本来の力を発揮するのはプラチナランクに昇格したあたりですね。
ウォレットにクーポンが10枚配信されるようになり、スーパーで5%割引とかドラッグストアで10%割引などプラチナランク状態の「LINE Pay」の3%ポイント還元率と相まってかなりの破壊力です。

マイランクはLINE Payの新たなランク制度で直近6ヶ月の獲得ポイント数でランク付けがなされます。
付与されるクーポン枚数は以下のとおりです。

【マイランクごとの特典クーポン獲得枚数】
・レギュラー:1枚
・シルバー:3枚
・ゴールド:6枚
・プラチナ:10枚

早速ですが、ウエルシア・ツルハなどのドラッグストアで利用してきました。
家電量販・ドラッグ・スーパー・コンビニ・外食などで満遍なく配信されているので、どの地域でも大抵は利用できます。

多分、発行から車検代や税金をVisa LINE Pay カード」で払ったという方は早々に、プラチナに昇格しているはずなので、これからも3%の還元率+クーポンによる割引を常時利用できますね。

支払いに充当することも可能なのですが、オススメはLINE証券で全世界株式へ投資できるインデックスファンドか、「S&P500」へ投資するインデックスファンドなどへ定期的に投資を行うことで、資産拡大をすすめるべきですね。
消費に使えばあっという間ですが、ポイントを株式・投資信託・ETFなどの資産にして仮に100万円に達すると1%の資産の上昇で1万円のリターンです。
1日働いて1万円という世界も珍しくない中、資産を形成するのがいかに大事かわかりますね。

関連記事

「Visa LINE Payクレジットカード」は、メッセージアプリLINEのペイメントサービス「LINE Pay」のクレジットカードに登録することで、2021年4月30日まで3%のポイント還元率になります。この還元率は突出しており、比肩で[…]

3%還元!目下最強の還元率「Visa LINE Pay カード」


LINE証券の口座開設は、ポイントサイト「ライフメディア」経由の開設でLINE証券からの新規口座開設の特典に加えてポイントサイトから200円相当のポイントが付与されます。
ライフメディア」新規登録は下記のバナー経由で最大500円相当のポイントが付与されます。

ライフメディアへ無料登録

dカードGold 入会&利用特典増額キャンペーン

「dポイント投資」に欠かせないツールと言えば、「dカードGold」ですね。
dカードGold」を新規で発行すると11,000ptものポイント還元が入会特典の中でも一番強力です。
1)新規入会で1,000pt
2)入会~入会翌月までの利用金額の25%ポイント還元/上限5,000pt
3)入会翌々月中の利用金額の25%ポイント還元/上限5,000pt
以上が11,000ptの内訳ですが、今回のキャンペーンではこれに加えて5,000ptが追加されます。
4)さらに入会から3ヶ月後の月内の利用金額25%ポイント還元/上限5,000pt
以上、合計で16,000ptにもなる大規模キャンペーンです。

dカードGold新規入会キャンペーン】
・期間:2020年7月1日~9月30日
・対象カード:dカードGold
・条件①:キャンペーン期間中に対象カードへの申込み
・条件②:入会翌々月末までに「dカードGold入会&利用特典」へのエントリー
・ポイント着弾日程:1)は入会4ヶ月後、2)は入会5ヶ月後、3)は入会6ヶ月後

メルカリ利用者限定 dカード入会キャンペーン

フリマアプリとして世間に根付いている「メルカリ」。
この「メルカリ」がdカードの特約店として2020年6月15日~8月31日まで200円ごとに4%のポイント還元率となるキャンペーンを開催中です。
加えて2020年7月31日まで購入金額の20%が期間限定dポイントとして還元されます(最大1,000pt)。

またdカードといえば、ドコモユーザー必携のdカードGoldですね。
ドコモの利用料金に対して10%のポイントが還元されるため、dポイント投資のためのかなり強力なツールになっていると思います。

dカードGoldの新規入会特典は、ドコモユーザーであれば公式サイトからの最大12,000ptが現在のMAX値ですが、
2020年8月31日までのメルカリ利用者限定キャンペーンとして、
メルカリアカウントと連携してdカードGoldに新規web入会と各種設定でさらに9,000ptが加算され21,000ptが付与されます。
条件としてはメルカリアカウントとdアカウントのIDwo連携した上でdカードのwed入会を行うというのが条件ですね。

家計まるごとdカードのお支払いがオトク!キャンペーン

6月1日から終了の定めなく、「家計まるごとdカード支払いがおトク!キャンペーン」と題して、最大7カテゴリーの初回引き落とし1加盟店あたりdポイント300ptプレゼントという企画も行われています。

7カテゴリーというのは、電気・ガス・水道・固定電話/通信料金・放送・プロバイダ・新聞です。これで合計2,100pt獲得できます。
新聞だけは厳しいかも知れませんが、他はトライしても良いと思います。

※ドコモ携帯料金が10%還元されるドコモユーザー必携の「dカードGold」発行は、ポイントサイト「ライフメディア」経由の発行で、公式サイトからのiDキャッシュバックに加えてポイントサイトから23,500円相当のポイントが付与されます。
※レギュラータイプの「dカード」の発行は「ECナビ」が最高額3,000円相当のポイント付与となっています。
ライフメディア」は下記バナーからの登録で最大500円相当のポイントが付与されます。

ライフメディアへ無料登録

三井住友カード20%キャッシュバック「キャッシュレスプラン」+「With Cashlessキャンペーン」

三井住友カードで2019年6月から開催されているキャンペーン「キャッシュレスプラン」の20%還元(上限8,000円)は、シンプルな3つの要件を満たせば20%キャッシュバックとなります。

最大8,000円!カード利用の20%還元キャンペーン
対象となる三井住友カードに新規入会
②入会後の2ヶ月後までに、Vpassアプリログイン
③入会後の2ヶ月までにクレジットカードかiDで買物を行う。

肝心の新規入会特典ですが、最大額は先程記述したように8,000円となります。
付与されるタイミングは、毎月の利用金額に20%を乗じた金額をカード利用月+2ヵ月後末迄にプレゼントされます。

ここまでは新規入会キャンペーンでしたが、長年三井住友カードを使っている当方としてはどうかと思うようなキャンペーンが続いていました。

その内なる声が届いたのかそうでないのかは、わかりませんが既存の会員にもチャンスが巡ってきています。
それが「With Cashlessキャンペーン」です。

新たなキャッシュレスキャンペーン「With Cashlessキャンペーン」

三井住友カードは、2020年6月15日~8月31日までの間、あらたなキャンペーンとして「With Cashlessキャンペーン」を開始しています。

期間中、Vpassアプリにログインし、対象のクレジットカードで買い物すると、合計1万本全額キャッシュバック還元キャンペーンとなります。
上限は10万円まで。
以前やっていた「タダチャン」に酷似している企画ですが、違うのは新規入会以外も対象となっていることで、ようやく三井住友カードはこれまでちょっとずれた発想でキャンペーンをシていたことを気づいたようです。

関連記事

「三井住友カード」のプロパーカードを新規発行した方を対象として利用金額の20%を還元(上限8,000円)するキャンペーンが2019年6月1日~実施中です。現在新規発行による還元率がMAXとなる利用額、還元される金額、期間、その他条件は以下[…]

三井住友カード20%キャッシュバック新規入会キャンペーン「キャッシュレスプラン」




三井住友カードの申込みは、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で新規入会特典に加えて、
ポイントサイトから6,000円相当のポイントが付与されます。
ちょびリッチ」の新規登録は下記バナー経由で最大250ptポイント獲得のチャンスです。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

9月から始まるマイナポイントについて

さて、マイナンバーカードさえあれば、25%ポイント還元となるマイナポイント制度で利用するキャッシュレス決済の登録が7月からできるようになっています。

最初はドコモですら500円上積みというセコい内容でしたが、よっぽど反応がシビアだったのか、追加で2,000円を投入し、2,500円上積みの7,500円ポイント還元としてきました。

直近ではメルペイが2,000円、WAONが2,000円の上積みだったので、ドコモのd払いがトップになっています。

しかし、KDDIの「au PAY」が1,000円の上積みで終わるはずはなく、必ず追随してそれを上回る内容にしてくるはずです。

それまでまだ静観しておくつもりです。
なにしろ一度決定したら変更ができませんので、慎重に決定を下すべきですね。
ですので、子供のマイナンバーも無ければ用意するなど、万全の体制でポイントを総取りしたほうが良いでしょう。

関連記事

消費税が2019年10月より2%増税されています。2014年に実行した消費増税が特段対策もなく、消費の落ち込みを招いた反省から政府は様々な消費喚起対策を打っています。当時の政権下の閣僚の予想では消費税引き上げ幅が2%と前回よりも小幅である[…]

マイナンバーカードで25%還元される「マイナポイント」制度

まとめ

振り返ると、一部のクレジットカードのキャンペーンのほうが手厚くなってきていますね。

ここでは作っても長い間つかえるカードしか紹介していません。
というのも、今月はジャックスカードがほぼすべてのカードの還元率を改悪しています。
特にリーダーズカードはひどくて、高い還元率を謳っていたにも関わらず、途中で改悪し新規募集も停止し、ほとぼりが冷めた頃にまた新規発行し、また還元率低下です。
ここまでくると信頼がないですね。

ここではキャンペーン後も、何年も利用できるカードを紹介できるように、一層の情報収集に努めようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログランキングに参加しておりますので、よろしければ応援の程、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村