Suicaチャージで1.5%還元!ビックカメラSuicaカード

交通系ICを使っている方から見れば、モバイルSuicaへのチャージが有利なカードは必携ですね。
必須と見られているクレジットカードはやっぱり「ビックカメラSuicaカード」ですね。

ビックカメラSuicaカード」の主なスペックは以下のとおりです。
①交通系電子マネーSuicaへ1.5%還元でクレジットチャージできます。
②ビックカメラで最大11.5%の還元率で買い物できます。
③年会費税抜477円は一度でも使えば無料です。
④家族カードないです。
⑤定期券機能ないです。
⑥ETCカードは残念ですが有料477円です。
⑦高還元率な範囲は限られているので、JQ CARD エポスゴールドを保有したら利用頻度かなり落ちます。

①交通系電子マネーSuicaが1.5%還元でチャージできます。

ビックカメラSuicaカード」は、その名の通りビックカメラで使用する場合、最大の効果を発揮するカードですが、それよりもカード発行のきっかけになっているのが交通系IC「Suica」へのクレジットチャージの還元率が高いことです。

Suicaチャージで貯まるポイントはJREポイントです。
ポイントはクレジットチャージが対象で、毎月1~月末までの期間で利用されたチャージ額の1.5%分のJREポイントが翌月の15日に付与されます。
このポイントをSuicaに新たにチャージすることができます。
チャージに対してポイントが適用されるため、チャージされたSuicaは、何に使っても良く、よくあるどこで支払ったら得なのかダメなのかということを考えなくても良いです。
オートチャージにしていたら、もっといろいろ考えなくても良いですね。

②ビックカメラで最大11.5%の還元率で買い物できます。

この「ビックカメラSuicaカード」の通常のクレジットカードとしての還元率は、少しややこしいのですがJREポイントが0.5%+ビックポイント0.5%=1%の還元率となっています。
ビックポイントはビックカメラのポイントでビックカメラのポイントプログラムで、1ポイント=1円として利用できます。

次に、ビックカメラのハウスカードなので、当然ながらビックカメラで決済に利用すると最も得をします。
ビックカメラでは、ビックポイントが現金決済の際に10%、カードだと8%還元なのですが、この「ビックカメラSuicaカード」はカード払いでも10%のビックポイントが貯まります。
クレジットカード自体のJREポイント0.5%+ビックポイント0.5%に関しては対象外となり10%の還元となります。
ですがSuicaのチャージは1.5%なので、「ビックカメラSuicaカード」でチャージしたSuica支払いを行えば、ビックポイント10%の合計11.5%の還元が達成できます。
※Suicaへのチャージは2万円が上限です。

⬇ビックカメラが近くになくても、ビックカメラ.comで自宅でもビックカメラの商品を購入できます。
ビックカメラはダイレクトに購入するよりも、ポイントサイト経由で購入したほうがオトクです。
ビックカメラ.com」は、ポイントサイト「モッピー」経由の購入でサイト内のビックポイントに加えて、「モッピー」から購入金額の1%分のポイントが付与されます。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

③年会費税抜477円は一度でも使えば無料です。

気になる年会費ですが、これは税抜き477円です。
しかし、年間に一度でも使用すると年会費は無料になります。そのため実質年会費無料なカードといっても良いでしょう。

④家族カードないです。

ここまではメリットだらけな点を説明したのですが、このカードは家族カードがないです。
ですので一人ひとり発行するしかないのでそれが不便ですね。

ただしブランド選択時に「Visa」か「JCB」を選べるのですが、 「Visa」 を選ぶと1%還元のプリペイドカード「Kyash Card」が利用可能となります。
Kyash Card」を家族の分も作り、家族の分はクレジットチャージのヒモ付を外して使ってもらえば、プリペイド方式で家族に決済用のお金を渡せます。
これで運用すればチャージするカードは1枚でも良いわけです。

しかし、落とし穴があってApple Pay経由のチャージはVisaブランドはできません。Apple Payを活用したい人にとっては、 「JCB」 ブランド一択になります。
AppleはどうもVisaとの相性が悪く、Visaだとできないことだらけなのでここらへんは修正してほしいですね。

⑤定期券機能ないです。

意外ですが、この「ビックカメラSuicaカード」には定期券機能が実装されていません。
定期機能を使う場合は、「ビュー・スイカカード」「ルミネカード」「JRE CARD」になります。

⑥ETCカードは残念ですが有料477円です。

残念な点が、ETCカードが有料である点です。発行すると年会費とは別に税抜477円が確実に課金されます。
ここらへんは後で記述するJQ CARD エポスに対して劣後する点ですね。

⑦高還元率な範囲は限られているので、JQ CARD エポスゴールドを保有したら利用頻度かなり落ちます。

①~⑦まで見るとメリットが多く、デメリットはETCカードくらいなので、発行しておけば交通系ICとして大抵は(相互乗り入れできる地域)使えるので便利なのですが、エポスゴールドカードJQ CARD エポスゴールドがあると利用頻度がかなり落ちます、というか使わなくなりました。
エポスゴールドカードJQ CARD エポスゴールドは1.5%還元となる選べるポイントアップポイントアップショップが3つ選択できて、それにモバイルSuica・Apple PayのSuicaチャージが選べます。
※Google Payは選べません。Google Payだと0.5%の還元です。
また、年間50万円利用で2,500円相当(0.5%還元)、100万円利用で10,000円相当(1.0%還元)のボーナスで増加し、リボ繰り上げ返済で+0.5%へアップさせることが可能です。
要するにデフォルトで3.0%の還元率を実現できるわけなので、「ビックカメラSuicaカード」は使わなくなりつつあります。
さらにビックカメラは楽天ビックという形式で楽天市場に出店しているため、ビックカメラの家電はそこで購入することも多くなりました。
最後にビックカメラでビックカメラSuicaカードで決済したのは、2年前にエアコンを購入したときぐらいです。

これが保有者の実感です。エポスゴールドカードJQ CARD エポスゴールドを入手すると使わなくなってしまうというのが結論です。

関連記事

①JQ CARD エポス ゴールドはデフォルトでの還元率が飛び抜けて高いクレジットカードです。特に特典として3つの店舗・サービスの還元率を3倍・つまり1.5%にデフォルトで設定できます。そしてさらに還元率を上積みできるのですが、それはこれ[…]

もっともエポスゴールドカードJQ CARD エポスゴールドを手に入れるまでの交通系IC利用のつなぎとして利用するのであれば利用価値は高く、入手するまでの期間中はやはり「ビックカメラSuicaカード」はサブカードの一つとして必携なカードだと思います。

ビックカメラSuicaカードの新規入会キャンペーンは最大8,000ポイント付与の高還元企画

2020年5月1日~9月30日まで「ビックカメラSuicaカード」は最大8,000ポイント付与となる大型のキャンペーンを張っています。
付与されるポイントはSuicaに等価交換可能なJRE POINTです。

ビックカメラSuicaカード新規入会キャンペーン
・入会申し込み期間:2020年5月1日~9月30日
・カード利用期間:2020年11月30日まで
・エントリー:要
・新規入会で1,000pt
・カードの利用30,000円ごとに1,000ptプレゼント(最大4,000pt)
・JCBブランド限定で抽選で300名に3,000ptプレゼント
・ポイント付与時期:2021年1月上旬

※「ビックカメラSuicaカード」の申込みは、ポイントサイト「ライフメディア」経由の発行で、新規入会最大8,000ポイント付与に加えて、「ライフメディア」から2,300円相当のポイントが付与されます。
ライフメディア」への新規登録は下記のバナー経由で、最大500円相当のポイントがプレゼントされます。

ライフメディアへ無料登録