au PAYを1つのアカウントで複数端末を使う方法

家族間のお金の管理でプリペイドカードのように残高で管理できて「夫婦で共同のサイフ」として利用できるサービスはないかな~と色々試していましたが今の所ベストだと思ったのが「auPAY」です。

cohamizu
なんでかというと、1つのアカウントで複数の端末にインストールして使うことが可能だからです。

ただ利用規約的にはどう考えても厳しいので、利用に関しては自己責任でお願いしたいのですが、1つのアカウントで複数の端末で使えるということは私・嫁という夫婦で利用する共同のサイフとして利用することが可能なのです。

またauPAYは「auPAYプリペイドカード」と残高を共有していますので、auPAYのコード払いができないところではプリペイドカードで支払いができますので使える場面が多い決済方法ですのでこういった利用方法が一番メリットがありそうです。

auPAYマーケット・auPAYなら「auPAYカード・auPAYゴールドカード」
4.0

ハピタス9月

①auPAYマーケットなら最大16%、ゴールドなら最大18%ポイントがもらえます。
②auPAY残高へのチャージはゴールドなら2%ポイント還元
③ゴールドならau携帯電話料金プランの最大11%をポイント還元

■いまならハピタス経由で一般カード・ゴールドカードとも4,000円相当のポイントが獲得できます。

1つのアカウントで複数端末でauPAYを使う意味

auPAYの大規模キャンペーンを活用するときには、複数のアカウントで利用したほうがオトクですが、1つのアカウントで複数の端末を利用する意味は1つのアカウントの残高を共同で管理するのに向いているからです。

煩わしいかも知れませんが、残高を意識して利用すれば自然と無駄使いは減り、月々で計画的に利用するようにすることができます。

利用の仕方としては、今月はいくら食費として使うか決めて月初にauPAY残高にチャージし、auPAY加盟店ではコード払で支払い、コストコなどMasterCardのみで支払いができるお店ではプリペイドカードで支払っています。

意外とコード決済のほうが利用できる範囲が広い

コード決済は普及のためか、手数料を安くしているか無料化しているところが多く、auPAYも2021年7月31日まで決済手数料が無料になっています。

また導入コストを安くしようと思ったら、QRコードを設置するだけでも可能なので導入コストが抑えられますので、カード払いは対応していないけどPayPay・auPAYはできますというお店が結構ありますね。

こういったところでコード払いで支払えますし、サイフがなくてもスマホ1つで支払えます。

最近では、お店でもオールインワンで様々な決済方法に対応できる「AirPAY(エアペイ)」・「Square(スクエア)」などが登場してきており、導入コストがほぼないので、auPAYなら大抵のところで支払いができると思います。

プリペイドカードはチャージした残高までしか支払えない

家族カードも共同で使っていると言えなくもないですが、クレジットカードは与信枠いっぱいまで利用できてしまいます。

クレジットカードイメージ

そこへくるとプリペイドカードはチャージした残高までしか使えません。

もっともauPAY残高は、auじぶん銀行口座残高・auPAYカードからオートチャージが可能ですので、万一残高不足に陥ってもリアルタイムでオートチャージさせることが可能です。

チャージした残高までとなると、いまどれくらいのペースで使っているのかとか残高が少なくなってきたので、使い方を考えようとか夫婦間で至極まっとうな金銭感覚で利用できます。

利用通知がリアルタイムなので安心

クレジットカードだと利用明細は売上が確定していないと明細に載ってこないので、リアルタイムに利用状況を知ることはできませんが、「auPAY」または「auPAYプリペイドカード」は利用があればリアルタイムでメール通知が来るように設定できます。

auPAYプリペイドカード

万一、不正利用があってもすぐ把握でき、利用履歴をリアルタイムで確認できますので、クレジットカードよりも安心です。

クレジットカードでリアルタイム通知に対応しているのは、エポスカード三井住友カードくらいですのでこういったリアルタイムの履歴・通知に対応しているプリペイドカードを利用するのは大事なことだと思います。

1つのアカウントで複数の端末に導入するやり方

具体的に複数の端末に導入するやり方ですが、au IDを保有している方がメールを受信できる状態になっていれば問題なくできます。

例えばau IDで設定しているメールアドレスがPCで開けるものであれば対応しやすいです。

①アプリストアでauPAYを「インストール」

アプリストアで「au pay」と入力すると、出てきますので「インストール」をタップします。

②au IDでログイン

【au ID】で設定しているメールアドレスとパスワードを入力します。

すると2段階認証確認コードを求められますが、これは【au ID】で設定しているメールアドレスあてにメールが届いており、そのメールに6桁のコードが記載されています。

③メールで2段階認証確認コード通知がとどく

【au ID】で設定しているメールアドレスに「2段階認証確認コード通知」がとどきます。

④6桁の確認コードを入力

「2段階認証確認コード通知」に記載している6桁の番号を入力します。

すると複数の端末でもログインができます。

複数の端末でログインして気づいたこと

複数の端末で同時ログインして支払いに利用できますが、auPAY残高にチャージする際に、再ログインを求められましたのでそういったクレジットカードを扱う部分では牽制は効いているようです。

またローソンなどで出しているPontaポイントカードも同じものが利用できます。

勿論これも同じIDで利用しているものです。

ですので残高もPontaポイントも2人で共用ということになります。

コストコの利用ではauPAYプリペイドカードのほうがむしろ都合が良かった

コストコといえば、大容量で格安で商品を購入できるお店です。

使い方によっては生活費を抑えることができると思いますが、支払い方法は現金・カード(MasterCardのみ)です。

コストコ広島

コストコHP広島倉庫店から引用

当方は大家族なので、ある程度の大きめの冷凍庫や冷蔵庫を持っており、計画的に買って冷蔵・冷凍して保管しておくことが可能です。

むしろしょっちゅう買い物に行くには無駄なコストと労力がかかるので、月1回で「ドン」っと買ったほうがガソリン代・時間が無駄になりません。

そういった環境だと便利なのがこの「コストコ」です。

「別に安くない」と思っている方もいるようですが、「コストコ」の商品はこれがベストの品質といえる商品が厳選して品揃えされています。

例えば、ごま油などでは圧搾されて抽出しているマルホン胡麻油ですので、普通のキャノーラ油と比較したりすれば高いと思うかも知れませんが、普段油に気を使って購入している人にとっては破格の値段であることは気づくはずです。

他にも生鮮食品なら鮭などは破格の価格なので、100g単価で考えると非常に安いことに気づくと思います。

コストコで支払えるカードブランドはMasterCardのみ

「コストコ」で利用できるカードブランドはMasterCardのみです。

ところが「auPAYプリペイドカード」へは、楽天カードでチャージしています。

auPAY残高へのチャージはMasterCardブランドでないとチャージできませんが(リクルートカードはMasterCardでも×)、楽天カードならVisa・JCBであってもバーチャルカードを発行すればMasterCardブランドなのでauPAY残高へチャージできます。

関連記事

auPAYの大規模キャンペーンのときなどクレジットチャージするのに手持ちの楽天カードのブランドがVISA・JCBなんでチャージ不可で「参戦できない!」という嘆きをたまにtwitterなどで見かけます。 実は楽天カードのブランドがVIS[…]

【裏技】楽天カードのブランドに関係なくauPAYにチャージする方法

 

しかも楽天カードは条件が揃えばポイント2倍にできる「街の利用でポイント2倍」キャンペーンを活用すれば2倍つまり2%の還元率でチャージできます。

2倍になるには、エントリーして楽天市場で2万円以上(月間)楽天カードでお買い物をするというのが条件なので、ちょっとハードルは高いですがヘビーユーザーの方なら毎月クリアできているのではないかと思います。

このポイント2倍の状態の楽天カードで「auPAYプリペイドカード」にチャージして利用すれば、合計2.5%の還元率で利用できます。

auユーザーの方なら、auPAYゴールドカードがそういった条件無しでチャージで2%還元で、auの利用料の11%がポイントバックされますので、auPAYゴールドカードの利用がおすすめです。

ですので「auPAYプリペイドカード」なら還元率も高くなりますし、もともと自身も食材を計画的に購入しているので、こういったプリペイドカードに予算分をチャージして購入するという方法はとても向いています。

関連記事

会員制の大型ホールセールクラブ「コストコ」。 現在の日本での展開は27店舗を展開しています。   独自商品も大変魅力ですが、ほぼまとめ買いに対応した大容量の商品が多いです。 大容量であるものの単価が安く上手に利用すれば[…]

コストコで利用できるオススメカード

auPAYならタダ払いも可能

auPAYで支払うと200円ごとに1ポイントのPontaポイントが付与されます。

auPAY残高にはPontaポイントを充当できますので、貯まったポイントを残高に交換できます。

日々お買い物でためたポイントではいくらにもなりませんが、ポイントサイトなどを利用してポイントを稼ぎそのポイントをPontaポイントに交換すればタダ払いも可能だと思います。

Pontaポイントに等価交換できるポイントサイトでオススメの高還元率ポイントサイトは3つあります。

  1. ライフメディア・・・最小単位500円/翌営業日中
  2. ポイントインカム・・・最小単位500円/翌営業日
  3. ポイントタウン・・・最小単位100円/5営業日以内

これ以外のポイントサイトから稼いだポイントであっても、ポイント交換サイト「ドットマネー」を経由すれば最低300円から交換できます。

タダ払いできるほどポイントをもらうには?

ライフメディアポイントインカムポイントタウンでもポイントサイトでたくさんポイントをもらえる広告案件は、クレジットカードが代表的です。

自身が申込みたいと思ったカードがあれば、登録したポイントサイトで広告を検索して掲載されていれば、ポイントサイトを経由して申し込むだけで新規入会特典に加えてポイントサイトからもポイントがもらえます。

例えばauPAY残高へのチャージで例に出した楽天カードなどは、普段は新規入会特典は5,000ポイントくらいなのですが、たまに7,000~8,000ポイントにアップするときがあり、そのときには各ポイントサイトのポイントもアップします。

どれくらいが高いかというと、普段は1,000円相当のポイントくらいが9,000~10,000円相当もポイントアップしていることがあります。

ですが何枚もクレジットカードを発行できるわけではないので、自身に必要なカードを申し込んだ後は、お友達紹介に取り組むと良いです。

ポイントサイトで稼ぐにはお友達紹介制度を活用すること

ライフメディアポイントインカムポイントタウンともにお友達紹介制度が優れており、自身の紹介URL経由で入会があると紹介に対する報酬の他に、紹介した方がポイントサイトで実際に広告を利用してポイントを稼ぐとその数%がダウン報酬としてもらえる仕組みになっています(紹介した方のポイントは減りません)。

  • ライフメディアの場合は、対象となる広告は多いほうですが、紹介した方が月間10名を超えると殆どの広告が対象となるので、そこからだとダウン報酬が稼ぎやすいです。
  • ポイントインカムの場合は、対象となる広告はもともと多く、ダウン報酬率は10%と高く、紹介人数によって変化するわけではないです。
  • ポイントタウンの場合は、ダウン報酬率も高く対象広告の範囲も広いのですが、他のポイントサイトと比べてポイント還元が低いので利用する方が根本的に少ないと思います。

ライフメディアのほうが、広告の還元率が高く、紹介URL経由で入会し合計5,000円以上の広告を利用すると2,500円相当のポイントがもらえますので勧めやすく取り組みやすいかも知れません。

何れにせよお友達紹介が軌道に乗ってくると稼げるポイントが全然違ってきます。

多くの方を紹介することに成功すれば、そこから得られるポイントをPontaポイントに交換してauPAYでタダ払いできることも夢ではないと思います。

au PAYを1つのアカウントで複数端末を使う方法まとめ

色々家族と共同で使うサイフの役割を果たしてくれそうな決済手段を試してみたのですが、今の所auPAYなら利用できる範囲が特に広いので、一番適していると思います。

何度も書きますが、少々の還元率の高さでは無駄使いはカバーできませんので、無駄な支出を抑える意味でちゃんと残高を意識して利用するクセは絶対必用だと思います。

ただauPAYを複数の端末で利用することは利用規約的にはダメだと思いますので、実施は自己責任で行ってください。

auPAYへのチャージは、auユーザーなら利用料金の11%がポイント還元されますので、auPAYゴールドカードがおすすめですが、非auユーザーなら楽天市場で月間2万円利用という条件付きで楽天カードで2%もの高還元率でチャージできますのでオススメです。

楽天市場のお買い物なら「楽天カード」
4

楽天カードバナー

①街の利用ポイント2倍キャンペーンで還元率2%にアップ
②楽天証券の投信積立の決済で1%ポイント還元
③楽天市場の利用&楽天銀行口座引き落としでポイント4倍
■ハピタス経由で新規入会特典に加えて6,000円相当のポイントがもらえます。
■ハピタスは下のボタン経由の登録と広告利用で最大1,000円相当のポイントプレゼントです。

関連記事

楽天カードは基本還元率1%のクレジットカードとして広く知られていますが、ある条件を満たすと楽天市場以外の利用が2%の還元率になります。 楽天カードの還元率を2%にアップする「街での利用分がポイント2倍キャンペーン」について解説します。[…]

楽天カード「街の利用2倍ポイント」が復活!