auカブコム証券新規口座開設で3,200円相当のポイントGET!

auカブコム証券は、かつての名称は「カブドットコム証券」といって、くりっく株の手数料くらいしかメリットのない証券会社でした。

ところが2019年8月にKDDIの子会社であるauフィナンシャルホールディングスに買収され、KDDIの傘下となりau PAYのスーパーアプリ構想に組み入れられて、急速に存在感が増しています。

目下のところauは携帯電話という大きなバックボーンを利益の柱にして、「auじぶん銀行」・auカブコム証券などをグループとして保有しており、au PAYの大規模還元施策を利用して、利用者を増やす目論見のようですね。

ですがauカブコム証券になるとどうしてもSBI証券や・楽天証券に劣後してしまい影が薄めです。

特にモバイル(スマホアプリ)はとても弱く、使い物になりません。
やや変わっているのは投資信託の残高を担保に、信用取引・先物・FXができることでしょうか。
しかし資産形成はインデックスファンドで十分だといえますので、ラインナップにしても現実問題、低コストで全世界の株式に投資できるeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)がラインナップされていれば、資産形成としては十分といえます。

株に全力投資はリスク高めなので、一定程度リスク分散する場合は、
iシェアーズ ゴールドインデックス(H無)のラインナップがあるため、リスク分散された投資が可能ですので多くを求めなければ問題ないと言えます。

関連記事

アメリカの長期金利の低下によるイールドカーブのフラット化→逆イールドは、かなり話題になっています。その主な理由は、この「逆イールド」現象が景気後退の前にかならず現れるものだからです。この逆イールド(長期金利逆転現象)は、通常 「10年国債[…]

auカブコム証券概要

先程SBI証券楽天証券に比べると影が薄いと記述しましたが、全体的には3番手・4番手くらいには位置しており株式の売買手数料・投資信託のラインナップとしても使用に耐えるものです。
ただモバイルのアプリは、苦手なのか、人材が枯渇しているのか、興味がないのかわかりませんがとても使えたレベルではないです。
幹部がアプリに興味がないんでしょうね。

シンプルに他のネット証券と比較すると以下のようになります。

SBIネット証券 楽天証券   auカブコム証券
売買手数料(10万円)0円0円90円
売買手数料(20万円)0円0円180円
売買手数料(50万円)0円0円250円
投資信託本数2,6492,6561,167
外国株式

やっぱり勝てませんね。
KDDIは1兆円もの営業利益があるのに何やっているんでしょうか。

手数料を節減するのは、誰でもできるリターン向上の対策ですので、アクティブに株式の売買をする場合は、SBI証券楽天証券をおすすめします。

ですが投資信託に至っては、先程も述べたように低コスト・全世界の株式市場に分散・インデックスファンドであれば、定期的な拠出を計画的に行っていけば資産形成は十分できると思います。
そういった点では、繰り返すようですが株式に対しては、一本で全世界の株式に投資できて、かつ低コストな
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)一本で十分と言えます。

これ以降インデックスファンドが登場してきても、信託報酬0.1%の単位で争うならともかく0.01%の単位の世界で争うため大差はありません。

関連記事

CFD取引は、レバレッジをかけられる点が強調され投機的な利用と考えられがちです。確かに投機的な利用にも向いています。しかし結論から書くと、30万円以上の運用は、CFDで「S&P500」インデックスをレバレッジ1倍程度でロングしてい[…]

CFDを活用した長期インデックス投資

なんだか褒めているのか貶しているのかわかりませんが、その「auカブコム証券」は新規口座開設キャンペーンを行っており、初期段階なら投資よりもはるかに利益が期待できます。
さすが電波という特権で収益を3大キャリアで仲良く分け合い、携帯電話の解約ビジネスで名を馳せ、昨年は1兆円もの営業利益を叩き出して世間を驚愕させたKDDIグループですね。

ライフメディア経由のauカブコム証券新規口座開設+指定取引完了で3,200円相当のポイントGET!

ポイントサイトライフメディア経由で「auカブコム証券」新規口座開設キャンペーン概要
期間:無期限
・キャンペーン適用条件
1)ポイントサイト「ライフメディア」経由でauカブコム証券新規口座開設
2)付与ポイント:7,000円相当のポイント
3)ポイント付与時期:30~60日程度

たったこれだけで3,200円相当のポイントが付与されますので、下手な投資よりもよっぽど儲かります。

ただし「auじぶん銀行」経由では、auじぶん銀行コネクト経由の初回入金5万円以上で5,000円、投信の積み立て開始で1,000円プレゼントなどのキャンペーンもあります。
色々作業があるので面倒ですが、還元される額としては高額です。

auじぶん銀行のキャンペーンもチェック

auじぶん銀行」を開設している場合、auカブコム証券を開設すると即時に資金を証券口座に無料で移動できるクイック入金に対応しているため、資金移動などが実にスムーズになり便利です。

考えてみれば出金先の口座を工夫すれば、無料で何度でも資金移動ができるわけなので、複数に渡って銀行口座を使い分けている場合は、資金移動が助かりますね。

非常にありがたいことに、こちらもキャンペーンをしておりますので、ちょっとした資金の移動だけで現金を獲得できます。

au PAYチャージでもれなく1,000円プレゼントキャンペーン

au PAYチャージでもれなく1,000円プレゼントキャンペーン

auじぶん銀行」は、「振込入金&au PAY 残高チャージでもれなく現金1,000円プレゼント」キャンペーンを実施中です。
期間は2020年5月15日~8月31日まで。
対象者は、2020 年 3 月以前に 「auじぶん銀行」口座を開設している方。
対象の取引は、「auじぶん銀行」口座へ10万円以上の振込と期間中のau Pay」へのチャージの累計が1万円以上となっていることです。

内容からいくと、今回の特別給付金を対象としたキャンペーンですが、給与や賞与の振込は対象外です。
特典は「auじぶん銀行」口座に9月下旬に振り込まれるスケジュールです。
2020年4月以降に口座開設した方は対象外ですが、いまから口座開設した場合は、「auじぶん銀行」からau PAY残高へのチャージで、WALLETポイント5%プレゼントの特典が用意されてます。

こちらは、単純に「アベノジュウマン」の振込先に指定して、1万円「au Pay」チャージで1,000円ですので、全くのノーリスクです。

関連記事

au じぶん銀行は、「振込入金&au PAY 残高チャージでもれなく現金1,000円プレゼント」キャンペーンを実施中です。期間は2020年5月15日~8月31日まで。対象者は、2020 年 3 月以前に au じぶん銀行口座を開設している[…]

au PAYチャージでもれなく1,000円プレゼントキャンペーン

まとめ

一見使い勝手もイマイチで使いにくいau系のサービスも、それぞれでキャンペーンを立てていますので、一挙に利用してみることで、お得というよりもむしろ儲かります。

また、5月21日でau系のサービスを利用するとPontaポイントがたまり、
ドコモ回線保有者ならばdポイントへの等価交換が可能です。
※9月で終了となります。

したがってそれからdポイント投資・日興フロッギー+docomo投資への道が拓けるわけですので、ポイント投資がはかどりますね。

あるいはauカブコム証券でもPonta系の投資サービスを追加で開発する可能性がありますので、要チェックですね。

auカブコム証券の口座開設は、ポイントサイト「ライフメディア」経由で3,200円相当のポイントが付与されます。
ライフメディア」への新規登録は下記のバナー経由で最大500円相当のポイントが付与されます。

ライフメディアへ無料登録

最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング