年に一度のビッグセール「Amazon Prime Day」

2020年10月13日・14日の両日、ECサイト「Amazon」では、年に一度のビッグセール「Amazon Prime Day」が開催されます。

数多くのお買い得商品も売り出されるのはもちろんですが、以下の2つのポイントアップ企画も付帯しています。

  1. プライムデーポイントアップキャンペーン
  2. プライムデースタンプラリー

これらを活用することにより、「Amazon」で利用できるAmazonポイントを通常よりもはるかに多く獲得することができます。

Amazon Prime Day概要

企画名:「Amazon Prime Day」 
期間:2020年10月13日~2020年10月14日 
※すでに先行セールとしてプライム限定セールが始まっています。

特に注目したいのはFire HD 8タブレットなどのAmazon謹製のデバイス群ですね。
毎度、少しづつこういった機会に買っているような気がします。
しかし、それぞれの単品毎で安い商品が出ているだけではなく、前述のAmazonポイントで①プライムデーポイントアップキャンペーン
②プライムデースタンプラリー
以上の2つの企画がありますので大量のポイントを獲得する好機ですね。

プライムデーポイントアップキャンペーン

プライムデーポイントアップキャンペーン」は、エントリー後、「Amazon Prime Day」期間中に20,000円以上のお買い物をすると、Amazonポイントが最大5,000ポイント付与されるという企画です。

■エントリー期間:2020年9月28日14:00~10月14日23:59
■ポイントアップ買い物期間:2020年10月13日・14日
この企画では、セールの名称通りプライム会員であることで恩恵を受けることができます。
まずは2万円以上の利用でキャンペーン適用となりますが、プライム会員は+3%・アプリで購入+1%です。

Amazonプライム」の年会費は4,900円とだいぶ高額になってきています。
ところが今回の「Amazon Prime Day」でポイントが3.5%も加算される「Amazon MasterCard ゴールド」には、この「Amazonプライム」が付帯しています。

Amazon MasterCard ゴールド」はゴールドカードですので、年会費は11,000円かかります。
しかし、申込時に「マイ・ペイすリボ」の登録で年会費は半額の5,500円となります。
かつ、利用明細は「Web明細」を選択すると2年目の年会費からさらに1,100円割り引かれます。
そのため、「Amazon MasterCard ゴールド」を保有することで通常の年会費4,900円より500円安い4,400円で「Amazonプライム」を利用できます。

昨年では、これ以降も「ブラックフライデー」・「サイバーマンデー」など企画が連続していましたがいずれも「Amazon MasterCard ゴールド」・「Amazon MasterCard クラシック」はポイント還元では優遇されていますので、仮に今回の企画に間に合わないとしても準備しておく価値は十分にあります。
Amazon MasterCard」は「Amazon」以外ではごくごく平凡な還元率のカードであると認識されがちですが、先程の「マイ・ペイすリボ」の利用で1.5%の還元率で利用できる高還元率カードです。
もっともリボですので手数料がかかりますが、三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」のルールでは簡単に手数料が最小化できます。

関連記事

「Amazonプライム」の年会費は4,900円とだいぶ高額になってきています。ところが「Amazon MasterCard ゴールド」には、この「Amazonプライム」が付帯しています。「Amazon MasterCard ゴールド」はゴ[…]

Amazonプライムに入るなら実質割引で特典が使えるAmazon MasterCard ゴールドを活用しよう

プライムデースタンプラリー

新たにセールで加わった新企画がこの「プライムデースタンプラリー」です。
気になる特典は、
■期間:2020年9月28日~2020年10月21日
■スタンプを4つ集めるとプレゼントが当たるチャンスが付与されます。
 気になるスタンプとは?
 ・Amazonプライム配送特典の対象商品を購入
 ・Prime Videoを視聴
 ・Prime Musicを聴く
 ・Prime Readingの本を読む
■プレゼント内容
 ・20,000Amazonポイントが100名にあたる
 ・Echo Dotが2,000名にあたる
 ・1,000Amazonポイントが3,000名にあたる
 ・500Amazonポイントが6,000名にあたる
以上のようにごくごくシンプルな内容になっています。

他社の企画のように無理ゲーな内容を強いていませんので、難易度としてはかなり低めです。
単なる抽選だと思ってもらってよいほどのレベルです。

Amazon Prime Dayの準備

今回の「Amazon Prime Day」では、「Amazonプライム」に登録していなければ利用価値はありませんので、急ぎ登録しておいたほうが良いです。
ですが登録の前にまだ迷っている場合は、以下のメリットを確認いただければと思います。

Amazonプライムはメリットは大きい会員制度

Amazonプライム」は、「Amazon」をより便利に使える特典が多数付帯しています。
一番便利なのは、早く届く無料配送特典が付帯していることですね。「Prime」対象商品であればお急ぎ便・お届け日指定ができしかも無料配送です。

二番目に便利なのは、Prime Videoです。テレビに「Fire TV stick」を差し込んでセッティングして、会員特典対象の映画・TV番組などが見放題です。
家族はすっかり地上波のテレビを見なくなりました。


新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

三番目に便利と思っているのが、Prime Photoですね。スマホで撮った画像がアップロードされて限界なく保存できます。
※動画は15GBまでです。

他にも多数の特典が付帯しています。

2019年4月12日から「Amazonプライム」の登録は年会費4,900円となっています。
これを高いか安いかの判断は利用頻度によりますが、前述の「Amazon MasterCard ゴールド」を準備することにより、実質値引きされて特典を利用し、あわせて「Amazon MasterCard ゴールド」の高い還元率を活用できます。

まずは「Amazonプライム」の登録ですね。

Amazonショッピングアプリをスマホにインストールしておく

今回のポイントアップの条件の中に、ショッピングアプリによる購入で+1%と記載があります。

この機会にインストールし、購入予定の商品をあらかじめ「ほしい物リスト」に追加して買い逃しを防ぎ、手早く購入できるようにしたほうがいいでしょうね。

便利な機能としては、
・店頭で「カメラ」マークをタップして 、カメラでバーコードをスキャンすると「Amazon」で扱っているか、価格はいくらなのかわかります。
・音声でも商品を検索できます。
・気に入った商品は一度「ほしい物リスト」に入れておくとすぐにアクセスできます。

ポイントアップキャンペーンへのエントリー

今回の「Amazon Prime Day」では、ポイントアップキャンペーンへは予めエントリーが必要です。
このあとはAmazonショッピングアプリ経由で2万円の買い物を行うだけとなります。

プライムデースタンプラリーへのエントリー

今回の「Amazon Prime Day」では、ポイントアップキャンペーン同様、プライムデースタンプラリーへは予めエントリーが必要です。
このあとは4つのスタンプをクリアしていくだけです。
 ・Amazonプライム配送特典の対象商品を購入
 ・Prime Videoを視聴
 ・Prime Musicを聴く
 ・Prime Readingの本を読む

Amazonギフト券をオトクな方法で準備しておく

Amazon」では「Amazon MasterCard ゴールド」の支払いが確かに有利ですが、さらに高還元率なクレジットカードを利用したり、Amazonギフト券をより還元率の高い方法で入手しておくことで「Amazon」謹製の「Amazon MasterCard ゴールド」の還元率に肉薄するかあるいは凌駕することができます。

以下ではその方法を一つづつ解説します。

FamiPayで20%還元を利用してAmazonギフト券を入手

ちょうどキャンペーンがバッティングしているため、還元率を高められるのがファミリーマートのスマホ決済「FamiPay」の20%還元キャンペーンですね。

FamiPay」が「Amazon」の支払いになぜ利用できるかといえば、「FamiPay」の20%還元キャンペーンはファミリマートの店頭で販売されている「バニラVISA」というPOSAカードの購入も対象になるからです。

この「バニラVISA」というPOSAカードは1万円まで金額をチャージして、普通のカードのように利用できますので、「Amazon」サイト内でAmazonギフト券を購入することができます。

この「FamiPay」の企画は、「街のお店・ネットのお店のお買い物でも!FamiPay払いで20%戻ってくる!」というタイトルです。

このキャンペーンの概要を記述すると以下のとおりです。
■期間:2020年10月6日~11月2日
■対象店舗:ファミリーマート及びFamiPayが利用できるお店
■還元率:20%
■付与上限:2,000円相当/回・期間
■付与条件:キャンペン終了までに「FamiPay」に銀行口座かファミマTカードを登録していること
■FamiPayボーナス進呈日:11月20日ごろ

これだと還元されるのはFamiPayボーナスなんですが、還元率としては20%ですのでなかなか強力です。
ですが上限は2,000円相当ですので購入金額は1万円が還元率としては最大値となります。

Amazon「d払い」dポイント50倍還元キャンペーン

今月は前述の通りAmazon Prime Day(10月13日・14日)がありますので、すでに何を買うのか物色が始まっていると思います。

そんなAmazonでの「d払い」利用では、今月に限りさらにポイントが上乗せできる大型キャンペーンを繰り出してきているため決済手段として適切だと思います。

このキャンペーンは、Amazonでの「d払い」の利用総額が10,000円(税込)以上であれば対象となる企画です。
通常はAmazonで「d払い」を利用すると、100円につき1ポイント付与されますが、抽選で10,000名にさらに49ポイントつまり100円につき50ポイント(50%還元!)というチャンスになります。

■期間:2020年10月1日~10月31日
■支払い方法:Amazonでの「d払い
■ポイント付与条件①:キャンペーンにエントリー
■ポイント付与条件②:Amazonでの「d払い」の利用総額が10,000円以上
■抽選当選確率が2倍になる条件①:Amazonでの「d払い」の利用総額が20,000円以上
■抽選当選確率が2倍になる条件②:Amazonでの「d払い」でいつで3倍キャンペーンへのエントリー
※抽選当選確率が2倍になる条件①②を両方とも満たすと当選確率が3倍
■当選した場合の還元率:100円につき50ポイント(50%還元)
■当選した場合のポイント還元上限:20,000ポイント(期間・用途限定)
■ポイント着弾日:12月上旬

抽選当選確率が2倍になる条件②のAmazonでの「d払い」でいつで3倍キャンペーンへのエントリーですが、これは2020年4月1日から始まっているドコモのプランの特典です。

ただ抽選当選確率が2倍になる条件の一つとなっているAmazonでの「d払い」でいつで3倍キャンペーンへのエントリーですが、これにはドコモのプランに加入している必要があります。

関連記事

3大キャリア「ドコモ」が運営するスマホ決済サービス「d払い」。強力な還元率施策を次々と打ち出して、dポイント投資をする方にとっては欠かせない決済ツールになっています。とくに「d払い」はキャリアとしての競合である「au PAY」と競ってシェ[…]

【最新】d払いキャンペーンまとめ

「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」特典!Amazonでの「d払い」利用でいつでも3倍還元!

期間:2020年4月1日~2021年2月28日
支払い方法:携帯決済「docomo d払い
還元率:3%(d曜日の併用可)
還元上限ポイント:3,000pt/月間
ポイント付与日程:翌々月上旬予定
エントリー:

このキャンペーンはドコモユーザーの特典ですが、基本的な条件は以下のとおりです。
1)ギガホ、ギガライトに契約し「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」のエントリーが完了している
2)このキャンペーンにエントリーが完了している
3)期間中、Amazonでのお買物で「d払い」を利用
4)dポイントクラブ会員

1.5~5.5%の還元率となるmajica donpen cardを利用する

ドン・キホーテのハウスカードといえば「majica donpen card」です。
一見「Amazon」とは縁もゆかりもなさそうに感じます。
しかし「majica donpen card」で電子マネー「majica」にクレジットチャージを行い、ドン・キホーテ店頭にあるAmazonギフト券「majica」で購入してチャージすると並のクレジットカードの還元率はラクラク凌駕できる上に、利用金額が積み重なると還元率がアップして最大5.5%ものポイント還元率で電子マネー「majica」にクレジットチャージができます。

majica donpen card」で電子マネー「majica」にクレジットチャージを行うと基本は1%のポイントが付与されます。
これにクレジットカードそのもののポイント還元率0.5%が加わって1.5%となります。

ですがこれはドン・キホーテが採用している会員制度のランクによって変わります。
会員制度はmajicaを初めて使った月を1ヶ月目として起算して1年間の購入金額でランク付けされています。
この購入金額が大きくなると最大値は5.5%の還元率になります。

ここで記述しているプラチナ会員というのは年間で200万円購入金額がある人です。
日常だと無理かもしれませんが、仕入れなどで業務で利用する場合は、達成する可能性はありますね。

ランク達成の難易度はともかく、少なくとも最上位になれば5.5%の還元率でAmazonギフト券を購入できることがわかります。

majica donpen card」でクレジットチャージされた電子マネー「majica」では、ここで話題にしているAmazonギフト券だけではなく楽天ポイントギフト・楽天バリアブルカードも購入可能です。

従って可能な限りドン・キホーテの会員制度ランクを向上させるため、ドン・キホーテでのお買物以外のPOSAカード購入による使いみちを提案すると以下のようになります。
・楽天ギフトカード→出光でガソリン給油(灯油も)
・楽天ギフトカード→ 楽天ペイで日常の買い物にも利用
・楽天ギフトカード→ 楽天モバイルの支払い
・楽天ギフトカード→楽天でんきの支払い
Amazonギフト券Amazonでのショッピング

たまるポイントであるmajicaポイントはドン・キホーテでの買い物に利用できるため、日常の利用に困ることはありません。

関連記事

結論から言えば、ドンキホーテでは”間接的”にクレジットカードでAmazonギフト券や楽天ポイントギフト券などのPOSAカードが買えます。間接的というのは、まずドン・キホーテの電子マネーmajicaを購入し、majica残高でAmazonギ[…]

ドンキホーテでオトクにAmazonギフト券などのPOSAカードを購入する方法です。


新規ご入会キャンペーン

※年会費無料でドン・キホーテで最強のカードmajica donpen card(UCS)の申込みは上記のバナー経由で、
最大5,000円相当の入会特典が付与されます。

Amazon Prime Dayまとめ

これからクレジットカードを用意するのは日程上、厳しいかも知れませんが、昨年は11月「ブラックフライデー」・12月「サイバーマンデー」と大型企画が連発していましたので、これを機会にクレジットカードのラインナップは見直しても良いと思います。

Amazon MasterCard ゴールド」なら、年会費が実質割引価格で利用でき、「マイ・ペイすリボ」利用で通常利用でも1.5%の還元率になります。
個人的にはMasterCardブランドなので、コストコの利用に向いていると思います。

当方としては「majica donpen card」を活用すると、ネットショッピングの利用は「Amazon」ですが、楽天ポイントへの応用もでき普段の利用で「楽天ペイ」を活用でき(※ポイント支払いでも楽天ポイントが1%付与されるように改善されています)、ポイントでドンキホーテで日用品消耗品や加工食品を買えるので便利ですね。

新規ご入会キャンペーン

※年会費無料でドン・キホーテで最強のカードmajica donpen card(UCS)申込みは上記のバナー経由で、
最大5,000円相当の入会特典が付与されます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


クレジットカードランキング