Amazonの利用でオリコモール・OkiDokiランド経由の加算が大幅改悪!対策を解説!

Amazonをよく利用する方にとっては、かなり痛手となりそうな変更がありました。

2021年2月15日以降の商品発送分から、各ポイントモール・ポイントサイト経由のAmazonの利用に対して、ポイントが付与されるのは、AmazonデバイスAmazon Fashionに大幅に変更されています。

それ以外の商品は対象外です。

ポイントサイトでも唯一、メリットのあったECナビでも対象外カテゴリーのショッピングは、「お買い物承認回数」にカウントされなくなったことでメリットが大幅に無くなってしまっています。

今回はこの対策について解説します。

 
cohamizu
結論からいえば、1.5%以上の高還元率のカードを紐付けたKyashCardでチャージしたTOYOTA Walletで3.2%以上の還元率を達成しています。

1.5%以上の還元率のカードはそうそうありませんが、Tカード Primeなら日曜日の利用で1.5%のポイント還元(たまるポイントはTポイントです)になりますのでオススメです。

日曜日の利用は1.5%還元!Tポイントをためるなら「TカードPrime」
4.0

最大1万円分のポイント当たる!

■日曜日の利用で1.5% Tポイント還元
■今なら新規入会特典6,000円相当のTポイントがもらえます。
■auPAYプリペイドカードへのチャージで合計2%、TOYOTA Walletへのチャージで最大3.2%の還元率が狙えるクレカです。
■ポイントサイト「ライフメディア」経由で、2,400円相当のポイントがもらえます。
■下のボタンからのライフメディアへの登録&広告利用で2,500円相当のポイントがもらえます。

ポイントモール・ポイントサイト経由はほとんどポイントがつかなくなった

各カード会社が自社のカードを利用してもらうことを目的にポイントアップモールを運営していますが、Amazonの利用で殆どの商品でポイントがつかないという事態に陥っていますので、大幅にメリットが低下しています。

各クレジットカードの「ポイントモール」やポイントサイト「ECナビ」でも、この措置は一斉に行われているため、Amazonとしてはポイントサイトもポイントモールも集客として必要ないと判断したということなんだと思います。

もっともこういった措置はこれが最初ではなく、2008年には一斉にポイントサイト・ポイントモール経由のポイント付与が消滅しましたが、その後復活しています。

多分売上的にかなりの打撃があったのではないでしょうか。

ですのでこれがずっと同じ状態になるかどうかは不明です。

一番打撃が大きかったのはオリコモールユーザー

これで打撃が大きそうなのが、オリコモール経由で利用しているユーザーです。

オリコカードを保有していれば、決済手段はオリコ系のカードでなくてもオリコモール経由のAmazon利用でポイントが付与されていたため、他の高還元率な決済方法を用いてオリコモールを経由してAmazonを利用していたからです。

これで対応策としてはAmazonで高還元率となるクレジットカードを利用することになってくると思います。

Amazonの利用でお得なカードの存在が急浮上

逆にAmazonのハウスカード「Amazon Mastercardゴールド」は大幅にメリットが大きくなります。

Amazon Mastercardゴールド」は、プライム会員の費用がすでに年会費に含まれているため、マイ・ペイすリボによって年会費を半額に抑えることによってプライム会員年会費を実質割引価格で利用できるからです。

他にもJCBカードでは2券種Amazonの利用で高い還元率を特典としてつけて、新規募集を大々的に行っています。

このAmazon MastercardゴールドとJCBの2券種を比較すると以下のようになります。

  JCB CARD W・JCB CARD W plus L JCBカード/PARTNER WITH POINT Amazon MasterCard Gold
クレジットカードからのポイント還元 2% 2% 2.5%
OkiDokiランド経由のポイント 0.5%→✕ 0.5%→✕
合計 2% 2% 2.5%

※Amazonポイントは、支払い方法に関わらず1%程度付与されていますが、ここではカウントしていません。

基本的には上記のようなAmazonで高還元率となるクレジットカードを用意することを大抵の方が想定していると思います。

ただデメリットとしては、上記の3券種ではいずれももらえるポイントが使い勝手が限定されるため、まったくAmazon専用になってしまうことです。

そこで他の方法は無いか検討してみました。

Amazonで還元率の高い他の支払い方法

多くのAmazonユーザーにとって、ポイントモール経由のポイントがほぼ期待できなくなったのは大問題だと思います。

この問題はドコモユーザーであれば、「d払い」を毎週金・土のd曜日に3,000円以上の決済で利用すれば通常の1%に加えて+2%ですので3%となり還元率的には十分です。

一方で非ドコモユーザーは、Amazon Mastercardゴールド以外の選択肢は2つ方法があると思います。

  1. Amazonギフト券を事前に準備しておく(常設企画のAmazonギフト券 現金チャージで最大2.5%ポイントを利用する)
  2. 高還元率カードを紐付けたKyashCardでチャージしたTOYOTA Walletで3.2%以上の還元率を確保する

一つ一つ順に説明していきます。

①Amazonギフト券を事前に準備しておく

Amazonギフト券は、一般的なデジタルギフト券というよりも、Amazonで使える電子マネーといった位置づけです。

そのためショッピング前に事前にチャージすると優遇措置が受けられます。

優遇措置とは現金での購入の場合、購入した金額によってAmazonポイントが付与されるとものですが、現金ではなくセブンイレブンでnanacoでチャージすれば、nanacoへのクレジットチャージ分、ポイントが上乗せされます。

これを「Amazonチャージ」と呼んでいるようです。

Amazonギフト券


現金によるチャージで付与されるAmazonポイントは金額毎に以下のようになっています。

Amazonギフト券をnanacoでチャージしたときの還元率

Amazonギフト券はセブンイレブン店頭でnanacoで購入できます。

現金での購入となっていますが、セブンイレブンではnanacoで購入することが可能です。

ですのでnanacoにクレジットチャージ(新規で)できる唯一のカード「セブンカード・プラス」でチャージして支払えば、クレジットカードから+0.5%のポイント還元が得られます。

この方法で一気に9万円以上のAmazonギフト券を購入すると還元率は以下のよう3%となり十分な還元率になります。

Amazonポイント2.5%+セブンカード・プラス0.5%=3%

セブンカード・プラスは2枚持ちが可能

一挙に9万円相当のAmazonギフト券を購入しようとしたときこまるのが、nanacoのチャージ上限は5万円までという問題です。

通常はできそうもないのですが、セブンイレブンのレジでは不足の場合は2枚のnanacoを利用することが可能です。

しかもセブンカード・プラスは、nanaco紐付け型と一体型で2枚持ちが可能なので、2枚のnanacoを併用する方法がしやすくなります。

詳しい手順は下記の記事でまとめていますので活用ください。

また「セブンカード・プラス」は、ここ最近は毎月のように大規模なキャンペーンを連発しており、ポイントサイト経由の案件もポイント還元が高騰しているため申し込むにあたっては非常によい時期です。

nanacoへのクレジットカードで唯一新規登録できるクレジットカード「セブンカード・プラス」は、ポイントサイト「ポイントインカム」経由の申込みで新規入会特典に加えて、ポイントインカムから5,700円相当のポイントがもらえます。

関連記事

税金・国民年金保険の支払いでポイントが貯まる方法といえば電子マネーnanacoによる税金・公金の支払いです。nanacoによる税金・公金支払いでは、ポイントはつきませんが、nanacoに対するクレジットチャージ関してポイントが付与される[…]

新規で唯一nanacoへのクレジットチャージができるセブンカード・プラスカード

②高還元率カードを紐付けたKyashCardでチャージしたTOYOTA Wallet

TOYOTA Walletは2021年4月13日より1.5%のキャッシュバックキャンペーンを打ち出しています。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)は、トヨタが運営するスマホ決済の一つで、非接触決済・コード決済・銀行Payがこれ一つでできるすぐれものです。

キャンペーン終了日は未定ですが、KyashCardでもクレジットチャージした残高で1%の還元率を維持できなかったことを考えると、いつまでもできると思えないですね。

万が一改悪した場合の支払い方法は保険で確保しておいたほうが良いので、記事の後半に残しておきます。

毎月毎回1.5%キャッシュバックキャンペーンについて

TOYOTA Walletは、非接触決済・コード決済・銀行Payの3つの支払い方法が使えますが、今回の1.5%キャッシュバックの対象の支払いは、TOYOTA Wallet残高による非接触決済(iPhoneならMasterCardコンタクトレス、AndroidならiD)とオンラインのMasterCard決済です。

毎月毎回1.5%キャッシュバック

このTOYOTA WalletのiD・MasterCardコンタクトレスは、予めチャージしたバーチャルプリペイドカード(MasterCardブランド)から支払いがされていますが、ネットのお店の支払いもMasterCardバーチャルプリペイドカードの番号・有効期限・セキュリティコードを入力すれば可能になります。

  • 期間:2021年4月13日~終了日未定
  • 対象:iD・MasterCardコンタクトレス・オンラインのMasterCard決済の支払い
  • 対象外:TS CUBIC Pay・銀行Pay
  • キャッシュバック方法:当月の支払額の1.5%相当を翌月10日以降「TOYOTA Wallet残高」として自動で付与

上限はTOYOTA Wallet(トヨタウォレット)へのチャージ額は5万円/月間30万円(申し込んで2~3日後)が上限ですので、最大でも30万円までがキャッシュバックの最大値になります。

TOYOTA Walletへのお得なチャージ方法

TOYOTA Wallet残高へのチャージは、3Dセキュア認証されたカードでチャージ可能です。

これにKyashCardをワンクッション入れると、還元率としては最高値になります。

オススメしたい組み合わせは以下の2通りです。

  1. 楽天カード(2%)+KyashCard(0.2%)+TOYOTA Wallet(1.5%)=3.7%
  2. dカード(1.5%)+KyashCard(0.2%)+TOYOTA Wallet(1.5%)=3.2%

①楽天カード+KyashCard+TOYOTA Wallet

楽天カードは還元率1%のカードだと広く認識されていますが、「街の利用でポイント2倍キャンペーン」を活用すれば2倍つまり2%の還元率で使える高還元率カードです。

楽天カード

「街の利用でポイント2倍キャンペーン」にエントリー後、楽天市場で2万円以上の買い物を楽天カードで支払いをすると、楽天市場以外の楽天カードの利用が一部を除いて2倍のポイントになります。

 

注意点は、他のネット通販・公共料金・通信費などは対象にならないことなので、Kyash Cardへのチャージはポイント2倍になります。

もうちょっと内容をブレイクダウンすると以下の条件を把握しておくとよいと思います。

  • 楽天カードを発行している楽天IDごとに
  • 楽天市場で月間20,000円以上(税込)楽天カードでお買い物
  • 街での楽天カード利用でポイント2倍/2%ポイント還元(他のネット通販・公共料金・通信費除く)
  • 上限10万円の利用/特典ポイントは1,000ポイントまで(通常1,000P+特典1,000Pで2倍という意味)

条件をクリアすれば、2倍ポイントで利用できる上限10万円分になるように金額を調整しつつKyash Cardへ紐付けた状態でTOYOTA WalletへチャージすればTOYOTA Wallet残高によるAmazonの支払いは3.7%で支払いできます。

楽天カードの申込みは、ポイントサイト「モッピー」経由が最もポイント還元率が高く、新規入会特典8,000ポイントに加えて、モッピーから11,000円相当のポイントがもらえます。

>>モッピーの新規登録キャンペーンで紹介経由で2,000円をもらう方法

dカードは裏技利用で1.5%+KyashCard+TOYOTA Wallet

一方でdカードなら楽天カードのようなややハードルの高い条件ではなく、「こえたらリボ」で設定した金額をわずかに超えるように利用すれば、少額だけ手数料が発生しますが、還元率が+0.5%アップします。

dcard

この制度を利用して、Kyash Card経由でTOYOTA Walletへチャージを行えば、さらに還元率がアップします。

dカード(1.5%)+Kyash Card(0.2%)+TOYOTA Wallet(1.5%)=3.2%
dカードの「こえたらリボ」活用で還元率を上げる方法は、詳細の説明を別の記事にまとめていますので活用ください。
関連記事

dカード・dカード GOLDの還元率を+0.5%アップさせることができる「こえたらリボ」攻略法を解説します。 過去にはリボにすることで+0.5%になるクレジットカードといえばエポスカード でしたが、リボ払いへの変更によるポイントアップ[…]

dカード・dカード GOLDの還元率をアップする「こえたらリボ」攻略法

年会費無料のdカードの申込みは、ポイントサイト「ECナビ」経由で新規入会特典6,000円相当のdポイントに加えて、ECナビから3,000円相当のポイントがもらえます。

ECナビでは新規入会キャンペーンが行われており、下記のバナー経由で新規登録し90日以内の電話番号認証で150円相当のポイントプレゼントに加えて、ポイント交換まで完了するとAmazonギフト券1,000円分がプレゼントされます。

AmazonでのTOYOTA Walletの利用の仕方

TOYOTA Walletはバーチャルプリペイドカードですので、Amazonなどネットショッピングの利用ができます。

Amazonなどのネットでのショッピングの仕方は、カード番号・有効期限・セキュリティーコードが必要になります。

実物のカードはありませんので、アプリ上でカード番号・有効期限・セキュリティーコードを確認して入力すれば支払いに利用できます。

①「トップ画面」→「設定・その他」

トップ画面の右下に「設定・その他」のアイコンがありますのでタップします。

TOYOTA Walletカード番号確認

②「お支払い方法の設定・変更」

上から4番目の「お支払い方法の設定・変更」をタップします。

トヨタウォレット支払い方法変更

③iD・MasterCard「お支払い方法の設定・変更」

上から2番目のiD・MasterCardの「お支払い方法の設定・変更」をタップします。

iD・MasterCard

④カード番号を確認する

一番下の「カード番号」を確認するをタップ

カード番号を確認する

カード番号・有効期限・セキュリティコード・カード名義

するとカード番号・有効期限・セキュリティコード・カード名義を確認できます。

ネットショッピングの中には3Dセキュア認証を求められるショップもありますが、TOYOTA Walletのパスワードを入力すると支払いできます。

Amazonの利用でオリコモール・OkiDokiランド経由の加算が大幅改悪:まとめ

Amazonを利用する際に、ポイントサイトを経由してもポイントがつかなくなって随分経つので、クレジットカードのポイントモールでもポイントがつかなくなるのは時間の問題だったと思います。

Amazon側とすれば、そういった施策をしなくても、集客は十分できると判断しているのではないでしょうか。

正直、コストコを利用して計画的にまとめ買いをするようになってからは、Amazonの定期便など利用しなくなりましたので当方としては無問題です。

実際、中国からの輸入など支障をきたすようになってから価格が目に見えて高くなっていますので、一部楽天市場に切り替えたり、当方のように月1回まとめ買いでコストコを利用するなど購入方法を切り替える時期にきていると思います。

関連記事

会員制の大型ホールセールクラブ「コストコ」。 現在の日本での展開は27店舗を展開しています。   独自商品も大変魅力ですが、ほぼまとめ買いに対応した大容量の商品が多いです。 大容量であるものの単価が安く上手に利用すれば[…]

コストコで利用できるオススメカード

今回は高還元率カード✕KyashCard✕TOYOTA Walletで3.2%~3.7%もの高還元率を狙う方法を提案しましたが、当方は改悪はつきものですので保険として、以下の方法も確保しています。

Amazonで最もお得に使える6gramに最大2.5%の還元率でチャージできるJQ CARDエポスゴールドは、エポスカードをポイントサイト経由で申し込んで、ポイントの2重どりを完了した上でJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安としてインビテーションが届くのをまちます。

さらにエポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。

当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。

ご紹介番号: 21040188666

ゴールドカードへのインビテーションで最大2.5%の万能の高還元率カードになる「エポスカード」
5

EPOS

①インビテーションで切り替えを行うと年会費無料のゴールドカードが保有できます。
②ゴールドカードの特典Ⅰ「選べるポイントアップショップ」ならポイント3倍の1.5%の還元率へ
③ゴールドカードの特典Ⅱ年間100万円利用で1%相当のボーナスポイントプレゼント
■ポイントサイト「ハピタス」経由の申込みで入会特典に加えて3,500円相当のポイントがもらえます。
■下のボタン経由のハピタス登録と広告利用で1,000円相当のポイントプレゼントです。